読み込み中

読み込み中

六角家に関連するページ

六角家について

家紋・隅立て四つ目鶴の丸
隅立て四つ目
鶴の丸
  • 根拠地:近江国
  • 出 自:守護
  • 家 祖:六角泰綱
  • 最盛期:六角定頼
  • その後:滅亡

六角氏は宇多源氏佐々木氏の家系で、源頼朝の親戚にあたります。鎌倉幕府の創立にも貢献しました。佐々木氏の兄弟で所領問題が生じて、家が4つに分裂したため、嫡流の泰綱が六角氏を名乗るようになりました。応仁の乱以降は、畿内の争乱の渦中にあり、織田氏の台頭によって滅亡しました。

六角義賢のイラスト
六角義賢のハナシを読む

六角義賢(承禎)は、現在の滋賀県にあたる近江国の武将・大名です。南近江などを所領としましたが、北近江の浅井長政に敗れ、上洛する織田信長の進撃によって大幅に領地を失います。名門のプライドで信長に挑みますが、敗戦を重ねて、六角氏は滅亡。最期は天下人になった豊臣秀吉のもとで過ごしました。享年78歳。