読み込み中

読み込み中

とくがわ いえやす

徳川家康

1543.1.31 〜 1616.6.1

 
徳川家康のイラスト
  

徳川家康(松平元康)は、現在の愛知県東部にあたる三河の武将・大名です。今川氏の人質から独立すると織田信長とともに天下統一を目指し、信長の死後は豊臣秀吉のもとで国家運営に携わります。秀吉の死後、征夷大将軍に就任し、江戸で幕府を開き、泰平の世が265年つづいた江戸時代の開祖となりました。享年75歳。

徳川家康の人物タイプ
英雄

このページでは、徳川家康が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・徳川家康のことがきっと好きになります。

  • 名 前:松平元信 → 松平元康 → 松平家康 → 徳川家康
  • 幼 名:竹千代
  • あだ名:狸おやじ
  • 官 位:三河守、左京大夫、右近衛権少将、左近衛権中将、参議、権中納言、権大納言、左近衛大将、左馬寮御監、内大臣、右大臣、征夷大将軍、太政大臣、源氏長者
  • 戦 績:74戦 52勝 10敗 12分
  • 出身地:三河(愛知県)
  • 領 地:日本全国
  • 居 城:岡崎城 → 駿府城 → 江戸城
  • 正 室:関口親永の娘・築山殿、豊臣秀吉の妹・朝日姫
  • 子ども:11男 5女 25養 1猶
  • 跡継ぎ:徳川秀忠

戦国時代を終わらせて天下泰平が265年つづく江戸幕府を開いた

1467年の応仁の乱から続いた戦国時代は、織田信長の登場で加速し、豊臣秀吉が全国統一を果たしました。しかし、いずれも政権を長く維持することはできませんでした。
信長には人望が伴わず、秀吉には統一国家のプランがなかったのです。

先駆者たちの失敗を近くで見ていた徳川家康は、長く続く政権のかたちをつくります。

このような狂歌があります。
”織田がつき 羽柴がこねし天下餅 座りしままに食うは徳川”

織田がつき、羽柴がこねし天下餅、座りしままに食うは徳川

徳川家康の天下は「我慢のすえにつかんだ勝利」です。もちろん、ただ座っていただけでごっつぁんゴールを決めたわけではありません。

織田政権下では、不平等で理不尽な要求にも応え続けて我慢。豊臣政権下では、慣れ親しんだ領地から沼地への引っ越しを強要されても我慢しました。
ぐっとこらえながら、自分がつくる幕府のイメージをもらっていました。


幕府のために その1
経済を独り占め

徳川政権を長く存続する仕組みとして、貨幣鋳造機関である金座、銀座、経済拠点となる京、堺などを幕府直轄としました。これにより、経済・財政を幕府がガッチリ握る仕組みをつくります。

江戸幕府の経済抱え込み政策

江戸幕府の幕藩制度を織りなすうえで、基盤となったのは「関ヶ原の戦い」です。

関ヶ原の戦いは、石田三成を中心とした豊臣氏の天下を主張するグループを徳川家康がやぶった決戦ですが、ここで徳川氏に味方した勢力は大幅に加増。
逆に豊臣氏に加勢したものは厳罰としています。

但し、加増した大名の多くは江戸から離れた場所に領地替えを行っています。これは豊臣秀吉が採用した統治方法の応用です。遠く離れていれば、いざ攻めてこられてもすぐには江戸城に到達しません。徳川家康はここにスパイスを加えます。


幕府のために その2
参勤交代の基盤づくり

外様大名を江戸で勤務させる「参勤交代」のシステムによって、各大名が幕府よりも力をつけることを抑制しました。

参勤交代のベースは、織田信長が安土城に大名屋敷を与えたこと、豊臣秀吉が大坂城、聚楽第、伏見城の屋敷に大名の妻子を住まわせたことがヒントになっています。

【参勤交代】外様大名は交代で江戸に来て勤務する

江戸幕府の参勤交代も、はじめのうちは江戸城下に屋敷をもった大名たちが忠誠を示すために妻子を置き、江戸に参勤しますが、あくまでも自発的な動きでした。のちに3代将軍・徳川家光が制度としました。


幕府のために その3
ツートンカラーの幕藩体制

重要な拠点と直轄領は、徳川家の身内と関ヶ原以前(三河時代)から徳川家康に仕えている譜代の大名で固めています。幕府の直轄領と外様大名の諸藩で構成された二極構造が幕藩体制です。

つまり、徹底した中央政権を構築して、幕府の力を衰えさせない仕組みにしました。いわば幕府の一人勝ちともいえる政策です。


幕府のために その4
強制撤去!一国一城令

さらに、一国一城令によって、居城以外の城の破却を義務づけ&天守の建築を禁止します。
「もう戦争しないんだから、戦うための城はいらないよね?」という統制を行い、諸藩が軍事能力を持てないようにしました。伊達政宗が築いた仙台城に天守がないのはこのためです。


幕府のために その5
徳川将軍の世襲を開始

早めの世代交代も、もちろん計算です。
征夷大将軍に就任してからわずか2年で退任、息子・徳川秀忠に将軍職を譲ります。驚くことに、天下人・豊臣秀吉から跡を継いだ幼君・豊臣秀頼が大坂城にいるのに、秀忠を将軍に据えています。

2代目となる秀忠が征夷大将軍を継いだことで「これからも徳川が仕切っていきます」と、世襲制を明確に示しました。

1603年にイエヤス・メイクス・江戸幕府を樹立した徳川家康は、仕上げに大坂城の豊臣氏を滅ぼし、1615年に戦国時代を終わらせました。

このように徹底した抑制・牽制策で、ペリーの黒船が訪れるまで、徳川幕府による日本人だけの平和な時代が長〜くつづきました。

[生涯] わかりやすくまとめ

① 生まれ

三河国の岡崎城に父・松平広忠と母・於大の方の長男として生まれます。
8歳のころ、父・広忠がとつぜん亡くなり、松平氏の9代目当主になりますが、織田氏と今川氏の人質として過ごします。

② 今川氏から独立

14歳で元服して今川義元から一字をとった松平元康と名乗り、19歳で参戦した桶狭間の戦いでは、今川軍の先鋒隊をやらされます。
最前線で織田軍と戦って活躍しましたが、今川義元が討ち取られるハプニングが発生。今川氏から独立し、三河一向一揆の試練を乗り越えて、名前を徳川家康に改めました。

③ 清洲同盟

今川義元を倒した織田信長と清洲同盟を結び、タッグを組む約束をします。
しかし、浅井氏&朝倉氏との争いなど、信長の戦いに借り出されてばかりでした。
でも、信長は怒ると怖いので、言うことをきくほかありませんでした。

④ 武田氏と対立

弱くなった今川氏を攻めて領地をひろげますが、武田信玄と取り合いになります。
31歳のときに三方ヶ原の戦いでさんざんに負けてしまいますが、信玄の急な病死に助けられます。
信玄を継いだ武田勝頼とも戦い、織田信長と協力して長篠の戦いでやぶりました。

⑤ 織田氏のおわり

41歳をむかえたころ、天下統一に近づいていた織田信長から接待を受けていると、明智光秀が本能寺の変をおこして信長を殺してしまいます。
なんとか逃げ帰ったあと、豊臣秀吉が織田氏にとってかわろうとしたので、信長の次男・織田信雄に味方して戦います。

⑥ 豊臣政権

秀吉との戦いは引き分けでした。なんどもお願いされて、豊臣秀吉の家来になりました。それからすぐ、秀吉は天下統一を果たしました。
東海道にあった徳川領は沼地だらけの関東に移されますが、めげずに江戸を開拓しました。
秀吉が亡くなると、豊臣家臣で一番えらい五大老の筆頭になります。

⑦ 関ヶ原の戦い

天下を取るチャンスがきたのは57歳のときです。伊達政宗をはじめ、多くの大名と婚姻関係を結んで、じぶんの味方を増やします。
すると、石田三成が反発しました。豊臣家臣で同じくらいえらい立場だった前田利家が亡くなるのを待って、上杉景勝を攻め、関ヶ原の戦いで石田三成をやっつけました。

⑧ 江戸幕府をひらく

62歳で征夷大将軍になり、江戸で幕府をひらきます。
大名たちの領地替えをして、徳川氏が統治しやすいように編成しました。
それからすぐに三男・徳川秀忠に将軍職をゆずりました。

⑨ 最後

わずかに残っていた大坂の豊臣氏を攻めます。必死の抵抗をする真田幸村の奮闘に苦戦しますが、豊臣秀頼を自害させて滅ぼしました。
その翌年、徳川家康は駿府城で亡くなりました。鯛の天ぷらを食べて死んだといわれますが、死因は、食中毒、胃がん、膵がんなどが考えられています。75歳でした。

徳川家康の簡単な年表
徳川家康の領地・勢力図(1615年)
徳川家康と関わりが深い人物

[性格] どんな人?人物像

徳川家康の能力チャート
長所
忍耐強い、家来を信用する
短所
ケチ、自決を覚悟しがち

健康を武器に長生きしてでもチャンスを待てる人です。
「鳴くまで待とうホトトギス」は、家康のがまん強さを謳ったものですが、実際はちょっかいを出しながら鳴くのを待っています。相手に手を出させて自分のターンにもっていく駆け引きが得意で、ボロを出すまで待ついやらしさこそ、狸おやじの本領です。

贅沢のかぎりを尽くした秀吉とは正反対に、健康志向で質素倹約。汚れが目立たないという理由から、浅黄色の下着を身につけて節約していたそうです。

びびりエピソードが多いので臆病な印象ですが、そうでもありません。いくさ好きだったようで、年老いても戦場に立ち続けています。
柳生宗矩など4人の師範から剣術を習っていますので、剣の腕前もなかなかのものでした。

健康に気づかうあまり、自分で薬を処方するほど薬学の知識がありました。食事は麦飯と豆味噌が中心の粗食。冷たいものはダメ、肉もほどほどに食べたそうです。
身長159cm、恰幅(かっぷく)が良く、筋肉質で力持ち。丸顔で大きな耳がチャームポイントでした。好物は鯛の天ぷらです。

徳川家康の逸話・面白いエピソード

あまりの恐怖でうんちをもらしてしまい肖像画を描かせる

徳川氏と武田氏は領地が隣あわせていたため、一触即発の状態がつづいていました。
西上作戦を開始した武田信玄がついに徳川領に侵攻してきます。

はじめて信玄と対峙した家康は、三方ヶ原でこれを迎え討ちます。ところが、疾風怒濤の武田軍の前になすすべなくKOされて敗走。猛烈な追撃に遭い、背後に迫る山県昌景の恐怖を感じながら浜松城に逃げ帰りました。

馬からおりた家康公から、なにかがボトッと落ちます。
家来「殿ー??(くさっ)」
家康「これは、うんちじゃなくて味噌じゃ」

あまりの恐怖で脱糞(うんちもらし)してしまった家康公は、絵師に今の自分の姿を描かせるように命じます。

【徳川家康三方ヶ原戦役画像(しかみ像)】恐怖で脱糞してしまった家康公を描かせた絵

なんとも複雑な表情で正面を向く家康の肖像画は『しかみ像』と呼ばれ、今も大切に保管されています。この悔しさを忘れないように描かせたとのことです。

意地でも長生きすると決めた健康オタク

薬草や薬木を栽培し、戦場には自分で調合した生薬を持っていきました。
医薬に対する情熱がすさまじく、知識もハンパないドクター家康。孫・家光が幼いころ、医者も手の施しようがないと投げ出してしまう大病にかかりますが、なんと自分が調合した薬で家光の病気を治してしまいます。

平均寿命が50歳だった時代に家康は75歳まで健康に過ごしています。薬学に加えて、粗食をこころがけるなど、とにかく健康に気をつかった賜物です。
年上の二人(信長、秀吉)よりも長生きしたことでチャンスを得たのは偶然ではありません。

徳川家康の戦い・有名な合戦

桶狭間の戦い おけはざまのたたかい 1560.6.12 ● 今川軍2万5千 vs 織田軍3千 ○

尾張の織田領に侵攻してきた今川義元を田楽間(愛知県名古屋市緑区)で織田信長が討ち取った合戦。10倍近い圧倒的な兵力差があり、局面的に織田勢が不利だったが、今川の本陣を強襲し、義元の首級をあげる快挙となった。戦国史上もっとも有名なジャイアントキリング。

桶狭間の戦いで徳川家康は敗れています。
今川氏の先鋒隊として、家康は織田領の丸根砦を攻略しました。今川義元の討ち死にを契機として、今川氏から独立を果たします。

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 ○ 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万 ●

浅井&朝倉軍と、織田信長の援軍で参陣した徳川家康が姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。徳川軍の活躍が目覚ましく、本多忠勝が一騎打ちで真柄直隆を討ち取り、榊原康政が突撃して朝倉軍を敗走させた。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで徳川家康は勝っています。
織田氏と朝倉氏&浅井氏のいざこざに助勢した合戦でしたが、戦局を動かしたのは徳川軍でした。本多忠勝や榊原康政の活躍で、三河武士の強さを知らしめました。

三方ヶ原の戦い みかたがはらのたたかい 1573.1.21 ○ 武田軍3万 vs 織田&徳川軍1万5千 ●

西上作戦で遠江に侵攻した武田信玄と織田徳川の連合軍が三方ヶ原(静岡県浜松市北区三方原町)で激突した合戦。徳川の本拠地・浜松城をスルーして進軍した信玄の策略にかかった徳川家康が、城から出て野戦をしかけた。山県昌景の猛攻を受けて徳川軍は壊滅、敗走した。

三方ヶ原の戦いで徳川家康は敗れています。
まさに蹴散らされるような惨敗を喫した合戦ですが、三方ヶ原の敗戦と武田信玄が、後年の徳川家康を用心深くて狡猾な駆け引き上手にしました。

長篠の戦い ながしののたたかい 1575.6.29 ● 武田軍1万5千 vs 織田&徳川軍3万8千 ○

長篠城(愛知県新城市)をめぐって、織田徳川連合軍と武田勝頼が争った。この合戦で織田信長は、武田騎馬隊を馬防柵によって封じ、3,000挺からなる鉄砲隊で絶え間なく銃弾を浴びせる近代戦術を使った。山県昌景が戦死した武田騎馬隊は壊滅、被害は1万人とも。

長篠の戦いで徳川家康は勝っています。
織田信長のサポートを受けて臨んだ対武田の合戦で主役になったのは織田軍の鉄砲でした。戦国時代の合戦スタイルを変えた一戦です。

小牧・長久手の戦い こまき・ながくてのたたかい 1584.3.13 〜 11.12 △ 羽柴軍10万 vs 織田&徳川軍3万 △

信長の死後、羽柴秀吉に不満を持つ信長の次男・織田信雄と徳川家康が小牧山城(愛知県小牧市、長久手市)で一進一退の局地戦を展開した。秀吉が別部隊で三河の徳川領を突こうとするが、家康に裏をかかれて大敗。秀吉と信雄が和議を結び、痛み分けとなった。

小牧・長久手の戦いで徳川家康は引き分けています。
織田家を飲み込もうとする羽柴秀吉と衝突した合戦です。家康は優位な戦果をあげましたが、信雄が秀吉と和睦をしてしまったため、戦う理由がなくなりました。これが響いてしまい、のちに家康は豊臣政権に加わります。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで徳川家康は勝っています。
徳川家康のターニングポイントになった戦いです。
豊臣氏から政権を奪う決戦で勝利し、徳川氏を中心とした世の中にシフトチェンジを成功させます。幕藩体制の制定でも関ヶ原という分岐点をかなり重要視しており、日本史に与えた影響も大きな出来事です。

大坂冬の陣 おおさかふゆのじん 1614.11.19 〜 12.20 △ 徳川軍20万 vs 豊臣軍9万 △

方広寺鐘銘事件を発端に、徳川氏と豊臣氏がついに衝突。徳川家康は20万の大軍で大坂城(大阪府大阪市中央区)に迫った。豊臣秀頼は、浪人を集めて籠城。真田幸村が考案した真田丸で徳川勢を撃退した。しかし、徳川軍の大砲の威力を前に、豊臣氏は和睦を申しでた。

大坂冬の陣で徳川家康は引き分けています。
予想外に苦戦することとなった戦いで、和睦交渉を有利にすすめるため、イギリスから購入したカルバリン砲を淀殿がいる大坂城本丸に向けて撃ち込みます。はじめて大砲が使われました。

大坂夏の陣 おおさかなつのじん 1615.4.26 〜 5.7 ○ 徳川軍16万5千 vs 豊臣軍5万5千 ●

大坂冬の陣から半年後、徳川家康による豊臣氏の殲滅戦。大坂城付近(大阪府藤井寺市、阿倍野区など)で激しい局地戦が行われた。毛利勝永が奮闘し、徳川本陣に真田幸村が決死の突撃をしたが、数で勝る徳川軍が押し切った。大坂城は落城。豊臣秀頼は出陣の機会なく自害した。

大坂夏の陣で徳川家康は勝っています。
徳川幕府として、豊臣氏を討伐する戦いとなった大坂の陣は、戦国時代で最後の戦です。
天下人・豊臣氏を滅亡させた勝利によって、完全に徳川の世に移り変わりました。

徳川家康の年表・出来事

徳川家康は西暦1542年〜1616年(天文11年〜元和2年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で徳川家康が生きた期間の表
15421松平広忠の嫡男として三河に生まれる。幼名:竹千代
15476松平氏から今川氏に人質として送られる最中、織田氏に奪われ、そのまま尾張に連れていかれる。
15498父・松平広忠が死去。
今川氏と織田氏の人質交換で織田から今川に引き渡される。
155514元服 → 松平(次郎三郎)元信 のちに 松平元康
関口親永の娘(瀬名姫=築山殿)と結婚。
156019”桶狭間の戦い”先鋒隊として、織田氏の丸根砦を攻略。今川義元が織田信長に討たれると、今川領・岡崎城に入城する。
156120今川領・牛久保城を攻撃、今川氏から独立。
織田信長と同盟を結ぶ。【清洲同盟】
156322”三河一向一揆”一向宗門徒と半年ほど戦い、鎮圧する。松平氏族の内紛に発展し、多くの家臣を失う。
改名 → 松平家康
156625三河の今川勢力を排除。三河を平定し国主となる。
改名 → 徳川家康
156827武田信玄と同盟を結ぶが1ヶ月ほどで解消されてしまう。
今川領への侵攻を開始する。曳馬城を攻略、掛川城を包囲して今川氏真を降伏させる。三河に加えて遠江を徳川氏の領土にする。今川氏と和睦。
武田氏が領内に侵攻してくるが、北条氏康の協力を得て防衛に成功。
157029浜松城が完成、居城を移す。
今川氏真を浜松城に擁護する。今川家滅亡
織田信長の要請を受けて朝倉氏との戦に参戦。
”姉川の戦い”織田信長の要請を受けて参戦、浅井氏&朝倉氏を撃破する。
157231武田信玄が遠江に侵攻を開始。各地で防衛戦を展開する。
”一言坂の戦い””二俣城の戦い”武田軍に完敗し、二俣城を奪われる。
”三方ヶ原の戦い”三河に侵攻してきた武田信玄を織田氏とともに迎え撃つが大敗する。
157332”野田城の戦い”武田氏に野田城を奪われる。
武田信玄が急死したため武田軍が徳川領から撤退した。
奥平貞能・貞昌親子を調略。長篠城を攻略、武田氏から奪還した。
157534”長篠の戦い”三河に侵攻してきた武田勝頼を織田氏&徳川氏の連合軍で迎え撃ち、圧勝する。
光明城、犬居城、二俣城を武田氏から奪還。武田氏の補給路を封じる。
織田信長に服属する。
157938北条氏政と同盟を結ぶ。
正室・築山殿と嫡男・信康に武田氏との内通疑惑ありと織田信長から追求される。築山殿を殺害し、信康を切腹させる。
158140高天神城を武田氏から奪還する。
158241織田氏の甲州討伐に呼応して駿河・武田領に侵攻。木曾義昌、穴山信君を調略、武田領・駿河を手中に納める。武田家滅亡
甲州討伐の恩賞として織田氏の居城・安土城で接待を受ける。
本能寺の変で織田信長を討った明智光秀の軍勢に襲われ三河に逃げ帰る。【伊賀越え】
信長の死亡により、旧・武田領が空白地となったため、甲斐に侵攻する。
158443”小牧・長久手の戦い”織田信雄を支援し、尾張北部を中心に周辺地域で羽柴秀吉(豊臣秀吉)と争う。次男。於義丸を羽柴秀吉の養子に出すことで和議を結ぶ。
158544”第1次上田合戦”信濃・上田城を攻撃するが真田昌幸に敗れる。
158645豊臣秀吉の実妹(朝日姫)と結婚。
豊臣秀吉の配下になる。
駿府城に居城を移す。
159049”小田原征伐”北条領を攻略する豊臣軍に参加。
豊臣秀吉の命令でこれまでの所領(中部地方)から関東地方に移封され、江戸城を居城にする。
159150奥州再仕置軍に従軍し、一揆勢を鎮圧する。
159857豊臣秀頼を支える五大老・筆頭に任ぜられる。
豊臣秀吉が死去。
身内と有力大名との婚姻を進める。
160059”関ヶ原の戦い”東軍・西軍にわかれた大大名同士の決戦。東軍総大将として指揮をとり、西軍・石田三成に完勝する。
東軍に属した大名の加増および西軍に属した大名の移封、減封、没収などのペナルティを含む領地整備を行う。
西軍として参戦した島津義弘の責を問い、当主・島津義久に上洛を命じるが実現せず。九州の大名たちに島津氏の討伐を命じるが、開戦せずに撤退させる。
160261スペインと国際貿易を開始する。
160362征夷大将軍に任官。徳川幕府を開く。【江戸幕府の創設】
160564征夷大将軍を辞職し、三男・秀忠に継がせる。
160766江戸城から駿府城に移る。
豊臣秀吉の朝鮮出兵から断絶していた朝鮮との国交を回復させる。
161473豊臣氏に方広寺の再建をすすめる。寺の鐘に彫られた「国家安康」をめぐって豊臣氏を追求する。【方広寺鐘銘事件】
”大坂冬の陣”20万の大軍で豊臣氏の大坂城を包囲。大坂城の堀を埋めさせることで和睦する。
161574”大坂夏の陣”15万の大軍を動員して大坂城を攻撃、落城させる。豊臣家滅亡
諸大名統制のための法令を制定。【武家諸法度・一国一城令】
161675死去。

オールカラーの武将ビジュアルがカッコイイ!入門書として最適!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

武将になって戦場を駆けろ!一人称視点で無双する爽快アクション!

徳川家康のページの先頭に戻る