読み込み中

読み込み中

さたけ よししげ

佐竹義重

1547.3.7 〜 1612.5.19

 
佐竹義重のイラスト
  

佐竹義重は、現在の茨城県にあたる常陸の武将・大名です。16歳で佐竹氏の当主になり、常陸の国人衆を斬り従えて、北条氏や伊達氏と争いました。剛力無双の武勇に加えて、外交術にも秀でており、まとまりがなく混沌としていた地域の制圧に成功して、奥州一統を果たし、関東から東北南部に勢力を拡げました。享年66歳。

佐竹義重の人物タイプ
侵略

このページでは、佐竹義重が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・佐竹義重のことがきっと好きになります。

  • 名 前:佐竹義重
  • 幼 名:徳寿丸
  • あだ名:鬼義重、坂東太郎
  • 官 位:常陸介
  • 出身地:常陸(茨城県)
  • 領 地:陸奥、常陸、下野
  • 居 城:太田城 → 六郷城
  • 正 室:伊達晴宗の娘・宝寿院
  • 子ども:5男 1女 1養
  • 跡継ぎ:佐竹義宣

鬼と呼ばれた坂東太郎がカオスを束ねて奥州一統を果たした

室町時代中期、現在の栃木県と福島県にあたる下野と陸奥南部には、絶対的な統治者がおらず、諸勢力が乱立したまとまりがない土地でした。
かつては名門だった宇都宮氏も、白河結城氏も、この地域を収められず、内紛による分裂を繰り返していました。

北条氏と争っていた佐竹義重は、関東での領土拡大に限界を感じて、この空白地を佐竹カラーに染めることを画策します。

佐竹義重は、武力と巧みな外交術で、混沌とした地域をひとつの勢力圏にまとめてみせました。


武力と講和
絶妙なちから加減

白河結城氏を攻めて、ちからずくで下した佐竹義重は、支配力を失っていた名家を配下に置きます。佐竹義重の祖父である岩城重隆と親子関係を結び、実質的な当主となって、陸奥南東部に進出しました。

宇都宮広綱に佐竹義重の姉が嫁いでいる縁をつかって宇都宮氏を懐柔すると、抗争をつづけていた那須資房とは講和を結び、下野の大半を支配または味方につけました。


奥州一統
連合軍を結成

近隣の有力大名である蘆名氏や二階堂氏と連合軍を結成し、佐竹義重がリーダーとなって、さらに奥州の支配力を強めました。周辺の勢力を力攻めと懐柔や連合によって巧みに支配して、100年ちかく未統治だった地域を、佐竹義重が見事にまとめあげて奥州一統を果たしました。

【奥州一統】佐竹義重が実効支配と同盟でひとつの大きな勢力圏を築いた

奥州一統を成したあとも意欲的に領土拡大を目指し、蘆名氏に世継ぎが不足する問題が発生すると、次男を養子に入れて後継者に据えるなど、ファミリーカードをビシバシつかって勢力圏を拡大しました。


先を見越して
先行投資

のちに台頭する伊達政宗に奥州を奪われてしまいますが、佐竹義重は織田家臣でしかなかった羽柴(豊臣)秀吉と、かなり早い段階から友好を深めていたおかげで、天下をとった秀吉に好条件で召し抱えられます。結果として、伊達氏は移封(約80万石ダウン)になりますが、佐竹義重は領有権の加増を認められました。

まだ鉄砲が数少ないころから集めて、800丁からなる関東最強の鉄砲隊を組織していました。これにかかる多大な軍資金は、積極的に開発を行って金山でまかなっていました。
武勇一辺倒ではなく、佐竹義重には優れた先見性がありました。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

常陸国の太田城に父・佐竹義昭と母・岩城氏の次男として生まれます。
12歳で元服して、佐竹義重と名乗り、16歳のときに父・義昭が隠居、家督を継いで佐竹氏18代目当主になりました。

② 勢力を拡大

常陸の敵対勢力と戦い、上杉謙信の協力もあって、小田氏治をやっつけます。
下野や陸奥に攻めていって領地を増やし、祖父の縁戚を利用して、岩城氏も支配すると、26歳までにすごい速さで勢力を広げました。

③ 外交戦略

関東の北条氏政が、蘆名氏と相談して佐竹氏をやっつけようとしたので、下総の結城氏と下野の宇都宮氏と同盟を結んで対抗します。当主の交代で潮目が変わった蘆名盛隆に接近して、味方につけました。
おなじ頃、織田家臣として力をつけてきた西の豊臣秀吉とも仲良くなりました。

④ 伊達氏と対立

35歳で南陸奥を支配して奥州一統を果たします。
しばらくして蘆名氏の当主問題が発生し、このチャンスに介入しますが、伊達氏が割って入ります。強引なやりかたをする伊達政宗に、連合軍で対抗しました。
しかし、あと一歩勝ちきれずにいるうちに、政宗に南陸奥を取られてしまいました。

⑤ 豊臣政権と徳川政権

豊臣秀吉が天下統一を果たすと、以前から仲がよかった秀吉の家来になり、この機会をいかして常陸を統一しました。
秀吉が亡くなり、徳川家康の天下になると、佐竹氏は冷たくされ、せっかく統一した常陸から、出羽に引っ越しさせられました。

⑥ 最後

長男・佐竹義宣に家督をゆずって父子で統治していましたが、出羽に移ったあとは悠々自適な隠居生活を楽しみました。
鷹狩りにいった帰り道で落馬してしまい、脳挫傷で亡くなりました。66歳でした。

佐竹義重の簡単な年表
佐竹義重の領地・勢力図(1583年)

性格:人物像・どんな人?

佐竹義重の能力チャート

相手の実力を見極めるのが上手い人です。
過小に見誤ることがなく、力量差を判断して対策できる頭脳を持っています。
戦場に出れば勇猛そのもの。7人の敵を一瞬で斬り伏せたり、頭から一刀両断にするなど、近寄るのも恐ろしい豪傑です。

用心深い性格で、頭上からの襲撃に備えて毎日寝る位置をずらしていたといい、斬り合いに備えて敷布団は使わず、身動きがとりやすい薄い布を敷いていました。

武具、とくに刀に特別な思い入れがあったようで、入念に手入れをしています。愛用した『八文字長義』のほかにも、上杉謙信から送られた太刀など、好んでコレクションしていました。
帰り道での落馬が死因になってしまいましたが、趣味は鷹狩りでした。

甲冑:所用の兜と鎧

佐竹義重の甲冑『黒塗紺糸縅具足』

出典:【戦国時代展】特集⑦戦国ハイセンス!兜を毛虫デザインにしたホントの理由|戦国王 blog

『黒塗紺糸縅具足(くろぬりこんいとおどしぐそく)』
秋田市指定有形文化財として、佐竹義重が着けていたものが秋田市佐竹資料館に所蔵されています。

兜の前立てにデザインされているモジャモジャは「毛虫」です。毛虫は前にしか進まないという理由で、不退転の覚悟を表していました。毛虫は葉っぱを食べるので「葉を食う」=「刃を喰う」という魔除けのおまじないの意味もあったとか。

佐竹義重の逸話・面白いエピソード

愛刀・八文字長義の名前の由来がエグい

「鬼義重」「坂東太郎」と呼ばれた佐竹義重は、刃長78.3の太刀で戦いました。
北条氏政との合戦で、騎馬武者を頭上から一刀両断にしたことがあります。騎馬武者は兜ごと八の字に割れて馬から落ちたといい、以来この刀を『八文字長義(はちもんじちょうぎ)』と名付けました。

ちなみに、上杉謙信から送られた名刀『備前三郎国宗』を長男・佐竹義宣に譲っています。刀の魂とか武士の心意気とかを伝えたかったのですが、義宣は「この刀、なげえ」といって短く削り、脇差にしてしまったそうです。

秋田に美人が多いのはこれが理由かもしれない

関ヶ原の戦いでどっちつかずな印象を与えてしまった義重の長男・佐竹義宣のせいで、佐竹領は先祖代々受け継いできた常陸(茨城県)から、出羽(秋田県)に移されてしまいます。

このとき義重は、とびっきりの美人たちを連れて引っ越したといわれており、彼女たちの子孫が現在の秋田美人という話。
タレントの佐々木希さん、壇蜜さんなどが代表的な秋田美人です。

佐竹義重の戦い・有名な合戦

御代田合戦 みよだかっせん 1580.3.? 〜 1581.4.? ○ 佐竹&蘆名&二階堂軍? vs 田村軍? ●

陸奥の御代田城(福島県郡山市田村町)をめぐって、佐竹氏と呼応した蘆名盛隆らが加わった連合軍と、田村清顕が争った合戦。数で勝っていた連合軍は、二階堂盛義の負傷離脱などで足並みが揃わずに苦戦するが、佐竹義重の出陣によって連合軍が優勢となった。

御代田合戦で佐竹義重は勝っています。
佐竹義重のターニングポイントになった戦いです。
領土拡大のターゲットを陸奥方面にシフトした合戦で、勝利した連合軍を率いた佐竹氏は、陸奥南部の勢力をことごとく支配下に置き、奥州一統を果たしました。

人取橋の戦い ひととりばしのたたかい 1586.1.6 △ 伊達軍7千 vs 反伊達連合軍3万 △

二本松城を攻めた伊達政宗と、伊達氏に対抗する南陸奥の勢力が、人取橋(福島県本宮市)で戦った合戦。父・伊達輝宗の弔い合戦とする政宗が、11歳の二本松国王丸に攻撃。これを救援するため、佐竹義重を中心とした連合軍が伊達軍を追い払おうとした。

人取橋の戦いで佐竹義重は引き分けています。
義重は連合軍を率いて戦い、序盤から伊達軍を圧倒しました。しかし、佐竹領を北条氏と里見氏が狙う動きがみられたため、やむをえず撤退しました。
二本松城を伊達政宗に押さえられる結果になってしまいました。

郡山合戦 こおりやまがっせん 1588.2.? 〜 7.18 △ 蘆名&相馬軍? vs 伊達軍? △

大崎合戦に敗れた伊達政宗を叩くべく、蘆名&相馬軍が伊達領の城を攻略。大内定綱の先鋒隊が次々と侵攻し、郡山城(福島県郡山市西ノ内)一帯を攻撃。伊達成実が防衛をしつつ、蘆名氏から大内氏を味方につける。局地戦が群発する混戦となり、蘆名義広と和睦した。

郡山合戦で佐竹義重は引き分けています。
連戦で弱っている伊達政宗の領地を脅かす作戦行動に加わりましたが、長期化のため和議、撤退となりました。

佐竹義重の詳しい年表・出来事

佐竹義重は西暦1547年〜1612年(天文16年〜慶長17年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で佐竹義重が生きた期間の表
15471佐竹義昭の嫡男として常陸に生まれる。幼名:徳寿丸
155812元服 → 佐竹(次郎)義重
156216父・佐竹義昭の隠居により家督を相続。
156418”小田城の戦い”上杉輝虎(謙信)の援軍を得て、小田氏治を敗走させる。
156620小田氏治を攻めて小田領の大半を奪う。
下野に侵攻し、那須郡を攻める。
武茂守綱が降伏、配下になる。
156923”手這坂の戦い”太田資正、真壁久幹と協力して小田氏治に大勝、小田城を奪取する。
157125佐竹配下の多賀谷政経を攻めた北条氏を撃退する。
157226白河結城氏が配下になる。
岩城氏の実権を握り、事実上支配する。
157327小田氏治と争い、小田領をさらに奪う。
157529結城(小峰)義親を攻撃。白河城を奪取する。
佐竹氏の急速な領土拡大を牽制する北条氏、蘆名氏と関係が悪化。
結城氏、宇都宮氏と婚姻同盟を結ぶ。
羽柴(豊臣)秀吉と友好的な関係を築く。
157832上杉謙信の死去により、関東の支配を断念。南陸奥に領土を拡大する方針に変更する。
158135”御代田合戦”蘆名盛隆ら連合勢力と呼応して、御代田城の田村清顕を攻撃。
宇都宮国綱が配下になる。
会津、仙道、海道の諸勢力を支配下に置き、奥州一統を為す。
158438”沼尻の合戦”下野に侵攻してきた北条氏直を宇都宮氏とともに迎え撃つが、長沼城を奪われる。やむなく和睦する。
158539”人取橋の戦い”二本松城を攻める伊達政宗に、連合軍を指揮して対抗する。有利に戦ったが、江戸重通が不穏な動きをしたため撤退する。
158741次男・白河義広を蘆名氏の養嗣子にする。蘆名氏を支配下に置く。
158842”郡山合戦”蘆名氏&相馬氏の連合軍と呼応して伊達領を攻める。
158943次男・蘆名義広が摺上原の戦いで伊達政宗に大敗する。蘆名家滅亡
佐竹氏の配下にあった小峰義親、石川昭光、岩城常隆が伊達氏に寝返り、南陸奥の支配を失う。
家督を子・義宣に譲り隠居。後見として政治・軍事に関わり続ける。
159044”忍城の戦い”石田三成の指揮下で成田泰季が籠城する忍城を攻める。【小田原征伐】
豊臣秀吉から常陸54万石を安堵される。【奥州仕置】
江戸重通を攻撃。水戸城から追い出す。
大掾清幹が篭る府中城を攻略する。大掾氏族の鹿島清秀を謀殺する。大掾家滅亡
小野崎昭通が篭る額田城を攻撃。退城勧告をして追放する。
常陸を平定。
160256徳川家康の命令で佐竹領は出羽20万石に減封される。
161266死去。

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

佐竹義重のページの先頭に戻る