読み込み中

読み込み中

島津家に関連するページ

島津家について

家紋・丸に十文字
丸に十文字
  • 根拠地:薩摩国、大隅国
  • 出 自:守護
  • 家 祖:島津忠久
  • 最盛期:島津義久
  • その後:維持

源頼朝から、薩摩国・大隅国・日向国の守護を任された島津氏は、南九州に700年続く名族です。一貫して、本拠地を変えていない唯一の武家です。同族による闘争の歴史を経て、16代目・義久が率いる四兄弟が九州を席巻しました。幕末の薩摩藩は、倒幕派として、維新回天の中心になります。

島津義弘のイラスト
島津義弘のハナシを読む

島津義弘(惟新斎、義珍、忠平)は、現在の鹿児島県西部にあたる薩摩国の武将・大名です。島津四兄弟の次男。兄弟で九州統一を目指しました。関ヶ原の戦いでみせた決死の敵中突破など、戦国史でも随一の猛将として知られています。文禄・慶長の役では、敵将を討ち取る活躍で、東アジアでも恐れられました。享年85歳。