読み込み中

読み込み中

しまづ よしひろ

島津義弘

1535.8.21 〜 1619.8.30

 
島津義弘のイラスト
  

島津義弘(惟新斎、義珍、忠平)は、現在の鹿児島県西部にあたる薩摩国の武将・大名です。島津四兄弟の次男。兄弟で九州統一を目指しました。関ヶ原の戦いでみせた決死の敵中突破など、戦国史でも随一の猛将として知られています。文禄・慶長の役では、敵将を討ち取る活躍で、東アジアでも恐れられました。享年85歳。

島津義弘は何をした人?どんな人?このページでは、島津義弘のハイライトとなった出来事や逸話を紹介しています。あなたもきっと島津義弘のことを誰かに話したくなります。

  • 名 前:島津忠平 → 島津義珍 → 島津義弘 → 島津惟新斎
  • あだ名:鬼島津、鬼石曼子
  • 官 位:兵庫頭、参議
  • 戦 績:49戦 36勝 7敗 6分
  • 出身地:薩摩国(鹿児島県)
  • 領 地:薩摩国、大隈国
  • 居 城:飯野城 → 松尾城
  • 正 室:北郷忠孝の娘、相良晴広の娘(亀徳)、園田実明の娘(実窓夫人)
  • 子ども:5男 2女
  • 跡継ぎ:島津忠恒
  • 父と母:島津貴久 / 雪窓夫人

関ヶ原で魅せた退き口や鬼石曼子など最強の名を馳せた

島津四兄弟の次男・島津義弘のことを、祖父・島津忠良は「雄武英略をもってほかに傑出」と評しています。実際、四兄弟のなかでも特に大きな戦果と伝説を残したのが島津義弘でした。

強烈な武勇伝を残した島津義弘は鹿児島で最も愛されている武将であり、神さまのような存在として崇められています。

島津義弘の伝説のなかでも有名なのが、1600年の関ヶ原の戦いでの出来事です。敵のど真ん中を通る大胆な退却劇が『島津の退()き口』として語り継がれます。


意地でも帰る!
敵中突破

関ヶ原の戦いで、島津義弘は石田三成が率いた西軍に与していました。西軍がまとまりを欠いたことも影響して、6時間という短時間で徳川家康の東軍が勝利しました。

わずか1,600の兵で参戦していた島津義弘のまわりは、数万の敵だらけになっていました。

振り返ってみれば、島津義弘は不本意の連続で西軍に居ました。そもそも京都に居合わせただけで、戦に巻き込まれたのです。手勢だけでは足りず「薩摩から兵を送ってほしい」と兄・義久に頼んでも拒否され、東軍に味方しようと伏見城を訪ねたら仲間に入れてもらえませんでした。

それでしかたなく西軍に居たのです。

おまけに開戦前夜の作戦会議で、西軍の指揮官である石田三成に夜襲を献策しますが「夜襲は田舎武士がやること」と却下されていました。このような思いから、いっそ数百メートル前方の徳川本陣に突撃して死んだろかと考えました。

そこは甥・島津豊久に諭されて、死ぬための突撃ではなく生きるために突撃することにし、島津義弘と一行は敵中を突破するのでした。

【島津の退き口】関ヶ原の戦いで島津義弘が敵中突破したルート

決死の島津隊は福島正則を蹴散らして、徳川四天王である本多忠勝と井伊直政を突破。徳川家康の眼前をかすめるように突き進みました。この様子に「天晴れ!シマヅ!」と、家康も鳥肌もので大興奮しました。

徳川軍きっての猛将・井伊直政のしつこいプレスにあいますが、後方部隊が命果てるまで戦う『捨て(がまり)』戦法で対抗しました。甥・豊久が戦死する犠牲を伴いましたが、島津義弘はなんとか薩摩に帰国します。島津兵で生還できたのは、わずか80人ほどだったといいます。


大陸を震撼させた
鬼石曼子

豊臣秀吉が行った文禄・慶長の役で、島津義弘は朝鮮半島に出兵しています。兄・義久との連携ミスと領内で一揆が起こった事情から大遅刻をしてしまいますが、朝鮮での働きぶりは圧巻でした。

1598年の泗川の戦いでは、日本軍の泗川倭城に押し寄せた20万もの明&朝鮮の連合軍に対して、島津義弘は7千の部隊で迎え撃ちました。兵力差は歴然でした。

島津義弘は臆することなく敵を引きつけると、鋭いカウンターで応戦。敵の火薬庫に火を放って大爆発させる会心の一撃で連合軍を大混乱に陥れ、仕上げに城から出撃して快勝しました。この戦いにおける連合軍の被害は3万とも8万とも言われています。

文禄・慶長の役での苛烈な戦いぶりから、明国や朝鮮国でも『鬼島津』や『鬼石曼子(グイシーマンズ)』と恐怖され、海を超えた大陸でも島津義弘の武名が轟きました。

どっぷりと戦国時代を味わう
信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!

生涯をざっくり振り返る

1535年、島津義弘は薩摩国・伊作城に守護大名である島津貴久の次男として生まれます。島津四兄弟(義久、義弘、歳久、家久)の二番目です。家臣・伊集院忠朗の一宇治城で育ちました。伊東氏や大友氏と争い、兄弟と協力して九州地方を席巻します。九州統一まであと一歩のところで、豊臣秀吉に敗れて降伏しました。

秀吉からは島津家当主として扱われ、慶長・文禄の役にも参加しました。秀吉の没後、西軍に与した関ヶ原の戦いで、東軍に敗れて桜島に蟄居します。三男・島津忠恒に家督を譲り、兄・義久との『三殿体制』で領内統治をし、1619年に大隈国・加治木館で亡くなりました。死因は老衰です。85歳でした。

長男と次男を早くに亡くした島津義弘は、晩年は青年の育成に尽力して、年上の男児が年少の男児を鍛錬する『郷中教育ごちゅうきょういく』を江戸時代に伝えました。この縦割り教育システムから西郷隆盛や大久保利通を輩出しています。

島津義弘の領地・勢力図(1587年)

日向国と大隈国を合わせた30万石ほどが島津義弘の領地でした。これは豊臣家に降伏した後で秀吉から与えられた領地で、兄・義久には薩摩国が与えられました。兄弟を分断させるための秀吉の策略でした。

島津義弘の性格と人物像

島津義弘は「強くて人望があるやさしい人」です。

下っ端の兵たちといっしょになって囲炉裏で暖まり、大将なのに夜間の見回りローテーションにも加わりました。上下隔てなく気を配っていた義弘の陣営だけが朝鮮出兵で凍死者を出しませんでした。やさしく人情味がある人物として知られています。

家臣に子どもが産まれると屋敷に招いて祝い、抱きあげて言葉をかけてあげたといいます。部下との関係は良好で、島津義弘が亡くなったときには殉死禁止令に違反して13人が殉死しました。

5本もの矢を受けながら奮戦するなど、いくさとなれば勇猛果敢です。伊東祐信との一騎討ちで、タイミングよく愛馬がかがんで救われたことがあります。このときの馬を『膝突栗毛(ひざつきくりげ)』と名付けて大切にし、大事な合戦には必ずつれていきました。

老いて衰えた最晩年、食事もままならないところに家臣が(とき)の声(えいえいおー)をあげると、シャキッと背筋を伸ばしてもりもりご飯を食べたといいます。

千利休や古田織部といった一流の茶人から指導を受けています。茶の湯のほか、医術や学問にも通じた文化人でもありました。

家庭を大事にするマイホームパパで、陣中から奥さんに何通もの手紙を送った愛妻家です。もちろん側室はいません。

能力を表すとこんな感じ

島津義弘の能力チャート

ズバ抜けた統率力で戦況を覆せるのが島津義弘の強みです。兵たちの団結力に支えられた部分も大きく、一兵卒に至るまで日頃から声をかけていた義弘の人柄や人望が強固な組織を生み出しています。

島津義弘の逸話やエピソード

猫のための神社とヤス猫の由来

猫の眼は明るいと細くなり、暗いと丸くなります。この性質を利用すれば、慣れない土地で猫が時計の役割をしてくれるだろうと考えた義弘は、朝鮮出兵に7匹の猫を連れていきました。7年ものあいだ過酷な環境で戦い続けた義弘と島津軍、そして猫。7匹いた猫も朝鮮から帰国するころにはヤスとミケの2匹だけになっていました。

義弘は一緒に帰国した猫のヤスとミケを祀り、現地で亡くなった猫たちを弔うための神社を建てました。仙巌園にあるこの神社は、現在も猫好きの人々から『猫神神社』と親しまれています。

義弘の次男・島津久保(ひさやす)は、日本に帰ることなく朝鮮の地で病死しました。まだ21歳でした。久保が ”ヤス” と呼んでかわいがっていた猫が茶色いトラ模様であったことから、茶トラ猫を『ヤス猫』と呼ぶようになりました。

薩摩焼の陶磁器が生まれるルーツになった人

薩摩焼は鹿児島県でつくられる陶磁器で、種類が多いことが特徴です。細かく分けると、竪野系、龍門司系、苗代川系、西餅田系、平佐系、種子島系があり、それぞれに個性があります。

これは、朴平意や金海といった朝鮮人陶工たちが、スタイルの異なるさまざまな陶磁器の製作を行い、次第に流派が分かれたことに由来しています。

文禄・慶長の役は『焼き物戦争』と呼ばれている側面があり、陶器に夢中だった豊臣秀吉の命令で、朝鮮から陶器づくりの職人が日本に大勢連れてこられました。薩摩にも80人の朝鮮人陶工を島津義弘が連れ帰り、そのときの職人たちの技術が『薩摩焼』に伝わっています。

島津義弘の有名な戦い

木崎原の戦い きざきばるのたたかい 1572.6.14 ● 伊東軍3千 vs 島津軍3百 ○

島津氏の加久藤城を伊東祐安が攻めた合戦。島津義弘がわずか300の兵で迎撃。少ない手勢をいくつかに分けて、木崎原(宮崎県えびの市)周辺に配置した義弘は、伊東軍を誘導し、囲み討ちにした。伊東祐安をはじめ、多くを討ち取った。九州の桶狭間といわれている奇襲戦。

木崎原の戦いで島津義弘は勝っています。
島津義弘のターニングポイントになった戦いです。
寡兵で勝利する義弘のスタイルが確立された合戦で、釣り野伏せで伊東氏を退けました。自らも伊東祐信を一騎討ちで討ち取っています。両軍の被害は大変なもので、義弘は六地蔵塔を建てて弔いました。

耳川の戦い みみかわのたたかい 1578.10.20 〜 11.12 ● 大友軍4万 vs 島津軍3万 ○

日向を制圧した島津氏に対して、大友宗麟が進軍。大筒を投入し、耳川ちかくの高城(宮崎県児湯郡木城町)を積極的に攻めた合戦。島津義久は伏兵を配備して迎撃する。島津義弘と、高城から出撃した島津家久が伏兵によって大友軍を一網打尽にした。高城川の戦いとも。

耳川の戦いで島津義弘は勝っています。
義弘らの追撃で混乱した大友軍は、耳川に流されて溺死したものも続出しました。耳川での勝利は、大友氏の戦力を大きくダウンさせ、島津氏の北九州進出の足掛かりとなりました。

根白坂の戦い ねじろざかのたたかい 1587.4.17 ○ 豊臣軍15万 vs 島津軍3万5千 ●

惣無事令に違反して大友領を攻めた島津氏の討伐軍を豊臣秀吉が派兵した。豊臣秀長を総大将とした15万の大軍を相手に、島津義弘が奮戦するが、敗れて後退。根白坂(宮崎県児湯郡木城町)で決戦となった。豊臣軍の黒田官兵衛が島津軍の夜襲を見抜いて返り討ちにした。

根白坂の戦いで島津義弘は敗れています。
義弘は自ら抜刀して敵陣に斬り込む気迫を見せますが、奮戦も虚しく豊臣氏の大軍に敗れました。根白坂の敗戦後、島津氏は豊臣秀吉に服従します。

泗川の戦い しせんのたたかい 1598.10.30 ● 明&朝鮮軍4〜20万 vs 日本軍7千 ○

董一元が率いる明&朝鮮の連合軍に攻められた泗川倭城(大韓民国慶尚南道泗川市)を、島津義弘が寡兵で防衛した合戦。引きつけてからの一斉射撃と、敵軍の火薬庫を大爆発させる工作で、3万人以上の被害を与えた。明国の記録では、この戦いで8万人が戦死したとある。

泗川の戦いで島津義弘は勝っています。
泗川倭城は、釜山と日本軍の最左翼にある順天倭城、南海倭城をつなぐ中間にある重要拠点でした。ここを防衛しただけでなく、明&朝鮮軍に信じられないほどの大打撃を与えたことで、異国でも畏怖されるようになりました。

露梁海戦 ろりょうかいせん 1598.12.16 ○ 明&朝鮮軍5百隻 vs 日本軍5百隻 ●

露梁津(大韓民国慶尚道露梁津)海域から、小西行長の撤退を島津義弘らが援護した大規模な開戦。立花宗茂など、日本軍は奮闘し、小西隊の退却に成功。明軍副将・鄧子龍、朝鮮軍総督・李舜臣ら多くの将官が戦死したものの、戦果としては連合軍が勝利した。

露梁海戦で島津義弘は敗れています。
義弘のミッションであった、小西行長を戦闘海域から逃れさせるという目的は成功させています。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで島津義弘は敗れています。
本領を発揮したのは西軍が敗れたあとでした。井伊直政や本多忠勝といった徳川軍の猛将を相手に壮絶な撤退戦を展開しました。

島津義弘の詳しい年表と出来事

島津義弘は西暦1535年〜1619年(天文4年〜元和5年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15351島津貴久の次男として薩摩国に生まれる。
154612元服 → 島津(又四郎)忠平
改名 → 島津義珍 → 島津義弘
155420”岩剣城の戦い”蒲生氏、祁答院氏、入来院氏、菱刈氏との戦に参加。
155723”西大隅の戦い”蒲生氏との戦に参加。日本で初めて鉄砲が実戦使用された。
156430日向国・飯野城の城主となる。
156632築城中の三ツ山城を攻めるが、伊東義祐に敗れる。
父・島津貴久が隠居。次代・島津義久を支える。
157238”木崎原の戦い”薩摩国に侵攻してきた伊東氏と寡兵で破る。一騎討ちで伊東祐信を討ち取り、伊東義祐を退ける。
157642嫡男・鶴寿丸が亡くなる。
157743伊東氏との戦に参加。伊東義祐を追放する。伊東家滅亡
日向国を平定。
157844”耳川の戦い”末弟・家久とともに大友氏と激しく争い、撃破する。
158248龍造寺氏から離反した有馬晴信を末弟・家久とともに援護し、千々石城を攻略する。
158551”阿蘇合戦”阿蘇惟光を撃破。
肥後国を平定。
※この頃、兄・島津義久から家督を相続したかもしれない。
158753”戸次川の戦い”九州征伐軍に末弟・家久が勝利する。
末弟・家久が大友氏の鶴賀城を開城させ、鏡城、小岳城、府内城を攻略。大友宗麟が篭る臼杵城を包囲。
末弟・家久が豊臣秀長に降伏し、単独講和する。
末弟・島津家久が急死。
”根白坂の戦い”豊臣氏の九州征伐軍に連敗。豊臣秀吉に降伏する。
九州地方を豊臣秀吉に統一され、島津家は義久に薩摩国、義弘に日向国と大隈国が与えられた。【両殿体制】
豊臣秀吉から島津氏の当主として扱われるようになる。
159258”梅北一揆”*島津家臣・梅北国兼が肥後国で一揆を扇動する。
宇喜多秀家を総大将とした日本軍の4番隊として朝鮮国に侵攻。梅北一揆の影響を受けて大幅な遅参をする。【文禄の役】
江原道に向かい春川を制圧する。
”春川の戦い”元豪、朴渾が春川城に侵攻してくる。甥・豊久が出撃して撃破。朴渾を討ち取る。
”金北の戦い”朝鮮軍を撃破。次男・久保が元豪を討ち取る。
豊臣氏に対する不服従を問われた長弟・歳久が自害。
159359次男・島津久保が病死。
朝鮮国から帰国。
159460豊臣秀吉の検地をきっかけに島津氏の主要地を拝領する。
159763小早川秀秋を総大将とした日本軍の5番隊で朝鮮国に侵攻。【慶長の役】
”漆川梁海戦”朝鮮軍との戦に参加。小西行長と陸上部隊を率いて水軍を援護する。
”南原城の戦い”明&朝鮮の連合軍が篭る南原城を総攻撃で陥落させる。北面から攻め入る。
159864”泗川の戦い”董一元が率いる明&朝鮮の連合軍20万を7千の兵で撃退する。
主君・豊臣秀吉が死去。
帰国命令が出る。泗川の倭城から軍を撤収。
”露梁海戦”明&朝鮮の連合軍に包囲さらた小西行長を救出する。立花宗茂らと水軍を率いて明水軍の副将・鄧子龍、朝鮮水軍の主将・李舜臣ほか複数の将官を戦死させる。
朝鮮国から帰国。
159965島津氏の次代をめぐって家中が分裂し、三男・忠恒が重臣・伊集院忠棟を惨殺。伊集院忠真が島津氏に叛く。武力衝突し抗争が大きくなる。徳川家康が仲裁に入る。【庄内の乱】
160066伊集院忠真の反乱軍が降伏する。
”関ヶ原の戦い”伏見藩邸に滞在中、石田三成が徳川家康に挙兵する。石田方に加勢し西軍として参加。敗戦後、敵陣で孤立し敵中を突破して退却。【島津の退き口】
西軍に加担したことで兄・義久から桜島に蟄居を命じられる。
160268隠居、加治木館に移る。
三男・島津忠恒が家督を相続。義久、義弘が後見になる。【三殿体制】
161985大隈国・加治木館で死去。
戦国時代で島津義弘が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がよくわかる!

戦国 忠義と裏切りの作法

ユニークな視点で深掘りする戦国武将の作法!

太閤立志伝V DX

大ヒット中の出世ゲーム!戦国の世で成り上がれ

島津義弘の顔イラスト