読み込み中

読み込み中

しまづ よしひろ

島津義弘

1535.8.21 〜 1619.8.30

 
島津義弘のイラスト
  

島津義弘(惟新斎、義珍、忠平)は、現在の鹿児島県西部にあたる薩摩の武将・大名です。島津四兄弟の次男。兄・義久と九州統一を目指しました。関ヶ原の戦いでみせた決死の敵中突破など、戦国史でも随一の猛将として知られています。文禄・慶長の役では、敵将を討ち取る活躍で、東アジアでも恐れられました。享年85歳。

島津義弘の人物タイプ
猛将

このページでは、島津義弘が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・島津義弘のことがきっと好きになります。

  • 名 前:島津忠平 → 島津義珍 → 島津義弘 → 島津惟新斎
  • あだ名:鬼島津、鬼石曼子
  • 官 位:兵庫頭、参議
  • 戦 績:49戦 36勝 7敗 6分
  • 出身地:薩摩(鹿児島県)
  • 領 地:薩摩、大隈
  • 居 城:飯野城 → 松尾城
  • 正 室:北郷忠孝の娘、相良晴広の娘・亀徳、園田実明の娘・実窓夫人
  • 子ども:5男 2女
  • 跡継ぎ:島津忠恒

島津の退き口や鬼石曼子の異名で東アジアまで武勇を轟かせた

祖父・忠良いわく「雄武英略をもってほかに傑出」と、島津義弘を評しています。鬼島津の異名で知られ、明国や朝鮮国との戦いでも大活躍し、現地では鬼石曼子(グイシーマンズ)と恐れられました。
数々の武勇伝を残した島津義弘は、鹿児島で最も愛されている武将であり、今も神さまのような存在として崇められています。

島津義弘の武勇伝でも有名なのは、島津の退き口と呼ばれる壮絶な撤退戦です。

関ヶ原の戦いで島津義弘は東軍として伏見城に入る予定だったのですが、徳川家臣の鳥居元忠の手違いで入城できませんでした。やむをえず西軍に加わり、関ヶ原に参陣。作戦会議で夜襲を提案しますが、石田三成に ”田舎武士は引っ込んでろ” と罵られてしまいます。しかたなく合戦の序盤を静観していたら、西軍が敗れてしまいました。

不本意の連続だったうえ、まわりを見渡せば敵だらけで、なんじゃこりゃあな状況。いっそ徳川家康の陣に突っ込んで討ち死にしたろうかと玉砕を覚悟しますが、甥・豊久に説かれて思い止まります。「みんなで薩摩に帰っど」ということになり、敵陣の中央を突破して帰国することにしました。

一丸となった島津軍は猛然と突撃を開始し、福島正則を一蹴すると、本多忠勝と井伊直政を突破、徳川家康の眼前をかすめるように突き進みました。1,600ほどの島津軍が東軍数万の真ん中を駆け抜けるさまを見て、家康も大興奮したといいます。

【島津の退き口】関ヶ原の戦いで島津義弘が敵中突破したルート

主力部隊を逃すために、後方部隊の命が果てるまで戦う「捨て奸(すてがまり)」と呼ばれる戦法で、徳川軍きっての猛将・井伊直政の追撃を食い止め、二手に別れて豊久隊が井伊隊を引きつけました。
深手を負った島津豊久が絶命する犠牲を伴いましたが、まさに九死に一生を得た島津義弘は薩摩に帰国しました。薩摩に着いたとき、島津の兵は80人ほどしか生存していなかったそうです。

敵中突破して戦線を抜けた勇気ある行動に、東軍の多くの武将が感服したといい、しつこく追撃した井伊直政も島津義弘の助命を家康に嘆願しました。

敵将も惹きつける島津義弘の戦いぶりは、島津の退き口のほかにも、九州の桶狭間と呼ばれる木崎原の戦いなど、スペクタクルな武勇伝を残しています。
朝鮮出兵のおりに7千の兵で20万の敵軍をやぶる大活躍をみせた泗川の戦いは、ペルシア戦争におけるテルモピュライの戦いでの苛烈なスパルタ兵を彷彿とさせます。

老いて衰えた最晩年、食事もままならないところに家臣が鬨の声(えいえいおー)をあげると、シャキッとしてご飯を食べたという、根っからのいくさ人です。

[生涯] わかりやすくまとめ

① 生まれ

薩摩国の伊作城に薩摩守護大名の父・島津貴久と母・雪窓の次男として生まれます。
島津四兄弟(義久、義弘、歳久、家久)の二番目です。
12歳で元服して忠平と名乗りますが、島津義弘に改名します。

② 九州統一へ

島津氏16代目当主になった長兄・島津義久を支えて戦いました。
38歳のとき、攻めてきた伊東義祐を少ない兵でやぶる活躍で、いくさ上手で知られました。
九州統一と目指して、耳川の戦いや阿蘇合戦などに勝って、末弟・島津家久と協力しながら島津氏の領地を広げました。

③ 豊臣政権

50歳までに戦いをかさねて、島津氏は九州統一まであと少しでした。ところが、天下統一を目指す豊臣秀吉が九州に攻めてきて、ものすごい大軍を前に根白坂の戦いで負けてしまいます。
豊臣氏に降参すると、秀吉は長兄・義久ではなく、義弘を島津氏17代目当主としてあつかいました。

④ 文禄・慶長の役

58歳のときに朝鮮へ出兵することになりますが、兵がそろわず、出発に遅刻するハプニングがありましたが、朝鮮にわたってからは大活躍します。
明国&朝鮮国の連合軍になんども逆転勝ちをして、敵将も討ち取りました。泗川の戦いでは、20万の大軍を7千の兵でやっつけました。
7年過ごした朝鮮では、病気で次男が亡くなる悲しいこともありました。

⑤ 島津の退き口

参勤で京都にいた66歳のころ、関ヶ原の戦いが起こります。東軍に手ちがいがあって、西軍として参加しますが、指揮官をつとめる石田三成と意見があいません。
西軍が負けてしまい、敵中をとおって薩摩に帰ります。徳川軍の猛将・井伊直政のはげしい追撃にあい、甥・島津豊久を失いますが、このときの退却戦が伝説になりました。

⑥ 最後

関ヶ原の戦いのあと、三男・島津忠恒に家督をゆずって、桜島に蟄居します。
長兄・義久といっしょに後見として関わりつづけて「三殿体制」を支えました。
晩年は若者の育成にかかわり、85歳まで長生きして、加治木館にて老衰で亡くなりました。

島津義弘の簡単な年表
島津義弘の領地・勢力図(1587年)

[性格] どんな人?人物像

島津義弘の能力チャート
長所
逆境に強い、家来を大事にする
短所
命懸けすぎる

武勇だけでなく、強くて徳があるやさしい人です。劣勢でも冷静に戦況を見極めて、大胆な行動ができる統率力は戦国随一です。一糸乱れぬチームワークで複雑な作戦行動を加納にしたのは、信頼で結ばれたコミュニティの賜物。家臣に子供が産まれたら抱きあげて言葉をかけてあげるなど、家族のような接し方をしています。下っ端の兵が寒さに凍えていたらいっしょに暖をとらせて、陣の見張りローテーションには自分も加わって夜間の見回りをしました。
慕われ、尊敬された義弘が亡くなったとき、13人の家来が殉死したそうです。

側室はいません。愛妻家として知られており、陣中からたくさんの手紙を書き送っています。
朝鮮出兵では、敵味方の将兵を供養する塔を高野山に建設したり、連れて行った猫たちを弔うなど、鬼はおろかハートウォーミングな人格者です。

島津義弘の逸話・面白いエピソード

猫のための神社とヤス猫の由来

猫の眼は、明るいと細くなり、暗いと丸くなるため、慣れない土地で時計の役割をしてくれるだろうと考えた義弘は、朝鮮出兵のおりに7匹の猫を連れて現地に渡りました。7年ものあいだ、過酷な環境で戦い続けた義弘と島津軍、そして猫。7匹いた猫も、帰国するころにはヤスとミケの2匹だけになっていました。
義弘は、一緒に帰国した猫のヤスとミケを祀り、現地で亡くなった猫たちを弔うための神社を建てます。仙巌園にあるこの神社は、猫好きの方々に猫神神社と親しまれています。

義弘の次男・島津久保(ひさやす)は、日本に帰ることなく朝鮮の地で、21歳で病死しました。久保がヤスと呼んでかわいがっていた猫が茶色いトラ模様であったことから、現在でも茶トラ猫を「ヤス猫」と呼びます。

島津義弘の戦い・有名な合戦

木崎原の戦い きざきばるのたたかい 1572.6.14 ● 伊東軍3千 vs 島津軍3百 ○

島津氏の加久藤城を伊東祐安が攻めた合戦。島津義弘がわずか300の兵で迎撃。少ない手勢をいくつかに分けて、木崎原(宮崎県えびの市)周辺に配置した義弘は、伊東軍を誘導し、囲み討ちにした。伊東祐安をはじめ、多くを討ち取った。九州の桶狭間といわれている奇襲戦。

木崎原の戦いで島津義弘は勝っています。釣り野伏せの戦法で伊東氏の当主・祐安を討ち取りました。この勝利によって、日向の情勢が大きく変わり、島津氏の勢力拡大の糸口をつくりました。

耳川の戦い みみかわのたたかい 1578.10.20 〜 11.12 ● 大友軍4万 vs 島津軍3万 ○

日向を制圧した島津氏に対して、大友宗麟が進軍。大筒を投入し、耳川ちかくの高城(宮崎県児湯郡木城町)を積極的に攻めた合戦。島津義久は伏兵を配備して迎撃する。島津義弘と、高城から出撃した島津家久が伏兵によって大友軍を一網打尽にした。高城川の戦いとも。

耳川の戦いで島津義弘は勝っています。兄・義久、弟・家久とともに大友宗麟を返り討ちにします。体勢を整えるために撤退した大友軍は、耳川に流されて溺死したものも多く、義弘らの追撃によって撃退しました。
耳川での勝利は、九州最大の勢力だった大友氏を大きく戦力ダウンさせ、北九州進出の足掛かりとなったターニングポイントです。

根白坂の戦い ねじろざかのたたかい 1587.4.17 ○ 豊臣軍15万 vs 島津軍3万5千 ●

惣無事令に違反して大友領を攻めた島津氏の討伐軍を豊臣秀吉が派兵した。豊臣秀長を総大将とした15万の大軍を相手に島津義弘が奮戦しますが、敗れて後退、根白坂(宮崎県児湯郡木城町)で決戦となった。黒田官兵衛は島津軍の夜襲を見抜いて返り討ちにした。

根白坂の戦いで島津義弘は敗れています。義弘が率いた島津軍は、緒戦をよく戦いましたが、圧倒的な兵力差に敵わず敗走しました。根白坂の敗戦後、島津氏は豊臣氏に服従します。

泗川の戦い しせんのたたかい 1598.10.30 ● 明&朝鮮軍4〜20万 vs 日本軍7千 ○

慶長の役で、董一元が率いる明&朝鮮の連合軍を島津義弘が泗川倭城(朝鮮慶尚道泗川)で迎え撃った合戦。引きつけてからの一斉射撃と、敵軍の火薬庫を大爆発させる工作で、3万人以上を討ち取りました。明の記録では、この戦いで8万人が戦死したとあります。

泗川の戦いで島津義弘は勝っています。義弘が入る泗川倭城は、釜山と日本軍の最左翼にある順天倭城、南海倭城をつなぐ中間にある重要拠点でした。ここに押し寄せた明&朝鮮の大軍を釣り野伏せで破り、敵の火薬庫を狙った計略で大打撃を与えました。島津義弘の名は「鬼石曼子(グイシーマンズ)」として東アジアに伝わり、恐れられています。

露梁海戦 ろりょうかいせん 1598.12.16 ○ 明&朝鮮軍5百隻 vs 日本軍5百隻 ●

慶長の役で、露梁津(朝鮮国慶尚道露梁津)海域から、小西行長の撤退を島津義弘らが援護した大規模な開戦。立花宗茂など、日本軍は奮闘し、小西隊の退却に成功。明軍副将・鄧子龍、朝鮮軍総督・李舜臣ら多くの将官が戦死したものの、戦果としては連合軍が勝利した。

露梁海戦で島津義弘は敗れています。しかし、小西行長を戦闘海域から逃れさせるという義弘のミッションは成功させています。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで島津義弘は敗れています。義弘が本領を発揮したのは、西軍が敗れたあとです。井伊直政や本多忠勝といった徳川軍の猛将と競り合いながら壮絶な撤退戦を展開します。決死隊を率いて敵中突破する義弘の勇姿は多くの武将を魅了しました。

島津義弘の年表・出来事

島津義弘は西暦1535年〜1619年(天文4年〜元和5年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で島津義弘が生きた期間の表
15351島津貴久の次男として薩摩に生まれる。
154612元服 → 島津(又四郎)忠平
改名 → 島津義珍 → 島津義弘
155420”岩剣城の戦い”薩摩・大隈の国衆との戦に参加。
157238”木崎原の戦い”薩摩に侵攻してきた伊東義祐を撃退する。
157642嫡男・鶴寿丸が亡くなる。
157743伊東氏との戦に参加。伊東義祐を追放する。伊東家滅亡
日向を平定。
157844”耳川の戦い”島津家久とともに大友氏と激しく争い、撃破する。
158248龍造寺氏に叛いた有馬晴信を島津家久とともに援護し、千々石城を攻略する。
158551”阿蘇合戦”阿蘇惟光を撃破。
肥後を平定。
※この頃、兄・島津義久から家督を相続したかもしれない。
158753”根白坂の戦い”豊臣氏の九州征伐軍に連敗。豊臣秀吉に降伏する。
九州地方を豊臣秀吉に統一され、島津家は義久に薩摩、義弘に日向と大隈が与えられた。
豊臣秀吉から島津氏の当主として扱われるようになる。
159258朝鮮に渡る。【文禄・慶長の役】
領内で梅北一揆が起こり、大幅な遅参となる。
159359次男・島津久保が病死。
159460豊臣秀吉の検地をきっかけに島津氏の主要地を拝領する。
159763”漆川梁海戦”藤堂高虎とともに朝鮮水軍と戦う。敵将・元均を討ち取る。
”南原城の戦い”宇喜多秀家の指揮下で明&朝鮮の連合軍と戦う。
159864”泗川の戦い”董一元が率いる明&朝鮮の連合軍20万を7千の兵で撃退する。
”露梁海戦”立花宗茂とともに明&朝鮮の連合水軍と戦う。明水軍の副将・鄧子龍、朝鮮水軍の主将・李舜臣ほか複数の将官を戦死させる。小西行長の退却を助ける。
朝鮮から帰国。
160066”関ヶ原の戦い”西軍として参加。西軍の負けが確実となった終盤、敵陣で孤立。敵中を突破して退却した。【島津の退き口】
西軍に加担したことで兄・島津義久から桜島に蟄居を命じられる。
160268隠居、加治木館に移る。
三男・島津忠恒が家督を相続。義久、義弘が後見になる。【三殿体制】
161985死去。

オールカラーの武将ビジュアルがカッコイイ!入門書として最適!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

武将になって戦場を駆けろ!一人称視点で無双する爽快アクション!

島津義弘のページの先頭に戻る