読み込み中

お待ちくだされ

くろだ かんべえ

黒田官兵衛

1546.12.22 〜 1604.4.19

 
黒田官兵衛のイラスト
  

黒田官兵衛(如水、孝高、小寺孝隆、祐隆)は、現在の兵庫県南西部にあたる播磨国の武将です。豊臣秀吉の参謀として尽力し、中国大返しにはじまり、四国九州征伐、小田原城の無血開城をつぎつぎと成功させ、天下統一に大きく貢献しました。並外れた頭脳を持った野心家であったため、秀吉から疎まれました。享年59歳。

黒田官兵衛は何をした人?このページは、黒田官兵衛のハイライトになった出来事をなるべく正しく、独特の表現で紹介しています。きっと黒田官兵衛が好きになる「秀吉と天下を取った軍師が関ヶ原の裏で大博打をした」ハナシをお楽しみください。

  • 名 前:小寺祐隆 → 小寺孝隆 → 黒田孝高 → 黒田如水
  • あだ名:黒田の瘡天窓、黒勘、両兵衛
  • 官 位:従五位下、勘解由次官、贈従三位
  •  藩 :中津藩主
  • 出身地:播磨国(兵庫県)
  • 領 地:豊前国
  • 居 城:中津城 → 福岡城
  • 正 室:光(小寺政職の姪)
  • 子ども:2男 2養
  • 跡継ぎ:黒田長政
  • 父と母:黒田職隆 / 岩

秀吉と天下を取った軍師が関ヶ原の裏で大博打をした

1582年6月のこと。織田信長が本能寺の変で明智光秀に討たれたとき、黒田官兵衛は毛利氏の備中(びっちゅう)高松城を攻める羽柴(豊臣)秀吉の陣中に居ました。

信長の死を聞いて「ゔえざまぁああ(上様)」とジタバタ号泣(ごうきゅう)する秀吉を気の毒に思い、家来の誰も近寄れずにいると、黒田官兵衛がスッと近寄ります。そして「天下への道がひらけましたな」と秀吉に耳打ちしました。

頭の良い秀吉のこと。信長の死を聞いた瞬間に、天下という野望を抱いたに違いありません。あるいは、それ以前から野心を隠していたのかもしれません。いずれにしても秀吉は ”悲しんでみせた” のです。

黒田官兵衛だけが秀吉のそれをパフォーマンスと見抜きました。

この男に薄気味悪さを感じつつも、平静を取り戻した(ふりをして)秀吉は、高松城攻めを中止して『中国大返(ちゅうごくおおがえ)』と呼ばれる大行軍で京に急行し、山崎の戦いで明智光秀を討ちました。

ここから秀吉と黒田官兵衛は、さながら双六(すごろく)の駒を進めるように天下取りへと突き進みます。

黒田官兵衛と秀吉の天下取りスゴロク

ふたりは、信長の後継者を決める清洲会議(きよすかいぎ)、ライバルの柴田勝家を討ち果たす賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い、徳川家康との小牧(こまき)長久手(ながくて)の戦いなどを経て、主家である織田家を乗っ取ることに成功します。


四国・九州征伐で
強豪をやぶる

織田家を吸収した秀吉が天下取りに向けて本格始動した頃、四国は長宗我部(ちょうそかべ)氏がほとんど統一しており、九州は島津氏が大部分を取っていました。当然、天下統一のためにはこれらを倒さなければなりません。黒田官兵衛はどちらの地方征伐にも従軍します。

1585年に行われた四国征伐で、讃岐国(さぬきのくに)から攻め込んだ黒田官兵衛は、巧妙に植田城に誘い込もうとする長宗我部(ちょうそかべ)軍のねらいを見破り、挟み撃ちされる危機を回避します。つづいて、守りの固い岩倉城を水攻めにし、4万の大軍による大声と銃声で夜も眠らせず、精神的に弱らせて開城させました。

兵を減らさずに重要拠点を攻略したことで四国征伐を優勢に進め、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を降伏させるに至りました。

1586年から1587年にかけて行われた九州征伐では、屈強な島津軍を相手に正面から戦わず、調略で降していきます。追い詰められた島津義弘が夜襲をかけてくることを予測して、あべこべに奇襲で壊滅させました。

義弘の壊滅で島津軍は戦闘不能になり、島津義久は降伏。西日本に秀吉の敵はいなくなりました。


小田原城を
無血開城させる

関東の北条氏政・氏直父子は、難攻不落の小田原城に籠城。ふつうに攻めても落とせない城を、秀吉は20万と言われる大軍で包囲します。

1590年の小田原征伐では、北条父子を説得する交渉人として召喚されます。

黒田官兵衛は、まず北条氏直の弟・氏房を説得して、小田原城内に酒と(さかな)の贈り物を届けました。すると、北条方からはお返しとして(なまり)と弾薬が送られてきました。黒田官兵衛はこれを「北条に戦う気なし。今だ」と機が熟したことを確信します。

礼装した黒田官兵衛は刀は持たずにスタスタと小田原城へ入っていきます。北条父子のプライドを尊重しつつ説得し、戦うことなく小田原城を開城させました。

わざとらしい大泣き演技から8年後、ここに豊臣秀吉の天下統一が成りました。

2代将軍・徳川秀忠は、のちに黒田官兵衛を漢の皇帝・劉邦(りゅうほう)の覇業を支えた軍師になぞらえて『今世(こんせい)張良(ちょうりょう)』と評し、秀吉に天下を取らせた最大の功労者と称えたといいます。


どさくさまぎれ
九州の関ヶ原

1598年に秀吉が亡くなり、徳川家康と対立した石田三成が1600年に関ヶ原の戦いを起こします。このどさくさに紛れて、黒田官兵衛は九州地方を乗っ取ろうと(くわだ)てます。こんなこともあろうかと、ケチと(ののし)られながらも必死で私財を貯めていたのです。

黒田官兵衛は、すべての財産をはたいて1万の兵をかき集めます。

九州乗っ取りを家康に気づかれては元も子もない。怪しまれないよう、長男・長政を家康の陣営に参加させました。おまけに家康の養女を長政の嫁にもらう念の入れようでした。

関ヶ原の戦いで家康と三成が激突する2日前、石垣原(いしがきばる)の戦いで大友義統(よしむね)を撃破した黒田官兵衛は、諸城を落としながら九州を南下。家康には「敵勢力をやっつけてます!取った土地はもらっていいすよね?」と申し入れて、返事も待たずにバンバン進撃しました。

しかし、数ヶ月はつづくと思っていた関ヶ原の戦いが、たったの半日で決着がついてしまいます。家康の勝利という知らせが入りますが、黒田官兵衛はこれを無視。九州の最南端に位置する島津氏を討伐に向かいます。

鍋島直茂、立花宗茂、加藤清正まで味方に引き入れ、4万ほどの軍勢に膨れ上がっていましたが、ここで家康からストップされてしまいました。

関ヶ原から帰ってきた長男・長政に、なぜこんなに早く決着がついたのか?(たず)ねます。

すると長政は「俺が小早川秀秋を寝返らせたからだよ!やったよ、俺!」と答えました。家康さんが手を握って喜んでくれたと話す息子に、黒田官兵衛は「どうして反対の手で家康を刺し殺さなかったのか」と毒づきました。

吉川広家に宛てた黒田官兵衛の手紙に「関ヶ原の戦いがあと1か月続いていれば京にも攻め上るつもりだったのに」とつづられていました。

人生最後の博打(ばくち)が終わった黒田官兵衛は、その後おとなしく余生を過ごしました。

生涯を簡単に振り返る

1546年、黒田官兵衛は播磨国(はりまのくに)・姫路城に黒田職隆(もとたか)の長男として生まれます。小寺氏に仕える身でしたが、織田氏が畿内(きない)に進出すると信長麾下(きか)の豊臣秀吉に従い、播磨国(はりまのくに)平定に尽力します。本能寺の変を機に秀吉の天下統一を大きく助けました。しかし、次第に豊臣政権から遠ざけられ、不遇を過ごします。

朝鮮の(えき)で石田三成ともめてから折り合いが悪く、秀吉が没したあとに起こった関ヶ原の戦いでは徳川家康に(くみ)します。九州で挙兵し、石垣原(いしがきばる)の戦いで大友義統(よしむね)をやぶると勢力を増して、九州制圧を目論(もくろ)みますが、島津氏の薩摩国(さつまのくに)に迫ったところで家康から軍の解散命令を受けて撤退しました。

最後と死因

関ヶ原の戦いの後は隠居して筑前国(ちくぜんのくに)で過ごし、病気療養のために有馬温泉を訪れた翌年、黒田官兵衛は山城国(やましろのくに)・京の伏見藩邸で亡くなりました。1604年4月19日、死因は病気。59歳でした。葬儀は簡素に行うよう遺言したといいます。

領地と居城

黒田官兵衛の領地・勢力図(1587年)

豊前国(ぶぜんのくに)6郡12万石が黒田官兵衛の領地でした。天下を取らせる働きをした軍師にしては寂しい報酬です。黒田官兵衛を恐れていた豊臣秀吉は、大坂城から遠く離れたわずかな土地を与えました。

黒田官兵衛の性格と人物像

黒田官兵衛は「大きな夢に野心を抱く人」です。

抜群の頭脳でなんでもお見通しです。しかし、頭が良すぎるがために嫌われ、気持ち悪いとすら思われてしまいます。孔子(こうし)孟子(もうし)孫子(そんし)呉子(ごし)などの兵法書を熟読しており「戦わずして勝つ」を実践しました。

いらなくなった物を家臣に買い取ってもらう倹約家。「使わなければ金も瓦礫(がれき)と同じ」と話していました。そうして貯めた私財を軍資金に、人生の最後に挙兵しました。

好物は(たい)、黒豆、だんご。茶道は武士のすることではないと嫌っていましたが、茶室が密談にも使われる場所であると知って、お茶に興味を持ちました。交友範囲がひろく、高山右近や小西行長、毛利家の小早川隆景や吉川広家と仲良しでした。

ドン=シメオンという洗礼名を持っています。好奇心から入信したキリスト教でしたが熱心に信仰していました。死に際に神の子羊の祈祷文(きとうぶん)とロザリオを胸の上に置いて、教会を建てる資金を寄付する遺言を残しています。

有岡城(ありおかじょう)に投獄されて以来、頭部に痘瘡(とうそう)が広がり、左足の(ひざ)が曲がってしまい歩行障害が残りました。これらの症状から梅毒性骨髄炎(ばいどくせいこつずいえん)の可能性が指摘されています。

子ども時代はやんちゃ坊主でした。思春期に母を亡くし、寂しさから和歌づくりに没頭するようになり、ひとりで書物を読む時間が増えました。

(わん)を返した兜『朱塗合子形兜(しゅぬりごうすなりかぶと)』ほか、黒田官兵衛が着用した甲冑が現存しています。織田信長からもらった名刀『へし切り長谷部』は国宝として保管されています。小田原城を開城させたときに北条氏からもらった法螺貝(ほらがい)『北条白貝』も残っています。

官兵衛は通称で、本名は黒田孝高(よしたか)です。

能力を表すとこんな感じ

黒田官兵衛の能力チャート

秀吉も警戒した智謀が黒田官兵衛の持ち味です。あらゆる兵法書から得た知識で用兵術にも長けていました。播磨(はりま)衆を説得した弁舌(べんぜつ)は超一流で、小田原城の無血開城や加藤清正らを味方につけた九州軍でも活かされました。

信長の野望シリーズに登場する黒田官兵衛の能力値も参考にしています。

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ひかえめに言って傑作

黒田官兵衛の面白い逸話やエピソード

天下を取らせたのに豊臣秀吉から嫌われてしまう

あるとき、豊臣秀吉が側近たちに「わしの次に天下を取るのは誰だと思う?」と(たわむ)れで問いました。家来たちは徳川家康の名を挙げて、対抗馬は前田利家などと話しました。

すると秀吉は「どれも違う、官兵衛よ」と言いました。

豊臣秀吉は黒田官兵衛を警戒して小さな領地しか与えなかった

家来たちは不思議そうに「黒田官兵衛は10万石ちょっとですよ?」と聞き返します。秀吉は首を横に振りながら「あやつに50万石でも与えたら天下を取られてしまうわ」と答えました。

1596年の慶長伏見地震で秀吉の伏見城が倒壊しました。心配した官兵衛が駆けつけますが、秀吉は「わしが死なずに残念であったろう」と辛辣(しんらつ)な言葉をかけます。官兵衛は生死を確かめに来たのだと勘ぐられてしまいました。

「側に置いておそろしいやつは遠くに飛ばす」という秀吉の言葉があります。まさしく官兵衛のことであり、実際に大坂から遠く離れた豊前(ぶぜん)(福岡県)を領地として与えました。お隣りには五大老の小早川隆景を配置して官兵衛を監視させました。

給料アップの誓約書を竹中半兵衛に燃やされる

織田家に来てしばらく経った頃、官兵衛の人事権を持つ豊臣秀吉から給料アップを約束されました。ところがいつまで待っても給料が上がりません。官兵衛は秀吉のハンコが押された誓約書(せいやくしょ)を持って抗議しました。

くどくど文句をいう黒田官兵衛の様子をみていた竹中半兵衛が、サッと誓約書(せいやくしょ)を取り上げると燃やしてしまいました。唖然(あぜん)とする官兵衛に、半兵衛は「こんなものを持ってるから不満を感じるのだ」と一喝(いっかつ)。官兵衛は(しか)られてしまいました。

官兵衛は自分より先に秀吉に仕えていた半兵衛にやきもちを焼いていました。これより後、半兵衛に息子(黒田長政)を助けてもらう機会があり、このときのことも生涯感謝したといいます。

黒田官兵衛の有名な戦い

英賀合戦 あがかっせん 1577.5.? ● 毛利軍5千 vs 小寺軍5百 ○

毛利氏の小早川水軍を率いる乃美宗勝が姫路に進軍。英賀(兵庫県姫路市飾磨区)周辺で、小寺官兵衛が迎撃した合戦。10倍ほど兵力差があったが、上陸したばかりで疲弊していた小早川水軍を急襲し、農民に旗を持たせて数を多く見せた官兵衛の奇策によって撃退した。

英賀合戦で黒田官兵衛は勝っています。
黒田官兵衛のターニングポイントになった戦いです。
毛利氏攻めの糸口を得た織田信長は、官兵衛の勝利に喜びました。指揮官としてやってきた秀吉に官兵衛は姫路城を提供します。ここから軍師・官兵衛の飛躍がはじまります。

三木合戦 みきかっせん 1578.3.29 〜 1580.1.17 ○ 織田軍?万 vs 別所軍7千5百 ●

織田氏に叛いた別所長治が篭る三木城(兵庫県三木市上の丸町)を羽柴秀吉が2年ちかく包囲した合戦。竹中半兵衛が考案した補給ルートを断つ作戦で、三木城を孤立させた。餓死者であふれた城内は凄惨をきわめ、開城降伏となった。三木の干し殺しとも。

三木合戦で黒田官兵衛は勝っています。
竹中半兵衛が指揮する包囲戦に加わりました。途中、信長に反旗を(ひるがえ)した荒木村重の説得に向かいましたが、捕われて有岡城(ありおかじょう)に閉じ込められてしまいます。

備中高松城の戦い びっちゅうたかまつじょうのたたかい 1582.4.15 〜 6.4 △ 織田軍3万 vs 毛利軍5千 △

織田氏の羽柴秀吉が、備中高松城(岡山県岡山市北区高松)を攻めた合戦。秀吉は蜂須賀正勝に命じて、足守川の水をせきとめる高8m、幅12mの堤防を構築し、清水宗治が篭る高松城を水没させた。しかし、本能寺の変が起こったため、毛利氏と和睦することとなった。

備中高松城の戦いで黒田官兵衛は引き分けています。
低湿地に手を焼く秀吉に、高松城を水没させる策を進言します。この戦いの最中に織田信長が本能寺で討たれたため、官兵衛が毛利氏との和睦(わぼく)を成立させて秀吉は明智討伐に向かいます。

山崎の戦い やまざきのたたかい 1582.7.2 ○ 羽柴軍4万 vs 明智軍1万6千 ●

本能寺で織田信長を討った明智光秀と駆けつけた羽柴秀吉が山崎(京都府長岡京市)で激突した合戦。天王山の戦いとも呼ばれる。秀吉は中国地方で毛利氏と交戦中だったが、これを停戦し、急行した。予想外の速さで現れた羽柴軍に明智軍は劣勢となり、敗走した。

山崎の戦いで黒田官兵衛は勝っています。
羽柴軍の左翼を率いて戦いました。この勝利は秀吉の生涯を大きく変えることになり、これを機に天下取りへと動きます。

四国征伐 しこくせいばつ 1585.5.4 〜 8.6 ○ 羽柴軍10万 vs 長宗我部軍4万 ●

四国地方を制していた長宗我部元親を、阿波、讃岐、伊予の三方向から、羽柴秀長を総大将とした大軍が攻めた。讃岐方面から進軍した黒田官兵衛が諸城を攻略して、阿波に侵攻。小早川隆景が伊予を制圧した。四国全体で戦火が上がったが、長宗我部氏の降伏により終戦した。

四国征伐で黒田官兵衛は勝っています。
宇喜多秀家らと讃岐国さぬきのくにから上陸して喜岡城きおかじょうを攻略、高松頼邑よりさとを討ち取っています。つづいて香西城こうざいじょう牟礼城むれじょうを攻め落とし、植田城のわなにかからず岩倉城を陥落させました。

根白坂の戦い ねじろざかのたたかい 1587.4.17 ○ 豊臣軍15万 vs 島津軍3万5千 ●

惣無事令に違反して大友領を攻めた島津氏の討伐軍を豊臣秀吉が派兵した。豊臣秀長を総大将とした15万の大軍を相手に、島津義弘が奮戦するが、敗れて後退。根白坂(宮崎県児湯郡木城町)で決戦となった。豊臣軍の黒田官兵衛が島津軍の夜襲を見抜いて返り討ちにした。

根白坂の戦いで黒田官兵衛は勝っています。
九州征伐の最終決戦で島津軍が夜襲をしかけてきますが、これを予測していた官兵衛はあべこべに島津義弘を壊滅させました。

小田原征伐 おだわらせいばつ 1590.4.3 〜 7.5 ○ 豊臣軍21万 vs 北条軍5万6千 ●

天下統一に迫る豊臣秀吉が小田原城(神奈川県小田原市)を大軍で包囲した合戦。籠城する北条氏直と、隠居の北条氏政、重臣たちは「小田原評定」と揶揄された結論がでない会議を繰り返した。北条父子を黒田官兵衛が説得し、降伏開城した。小田原攻め、小田原の役とも。

小田原征伐で黒田官兵衛は勝っています。
小田原城を開城させる大役を任され、北条氏政・氏直父子を降伏させました。

石垣原の戦い いしがきばるのたたかい 1600.9.13 ○ 黒田軍1万 vs 大友軍2千 ●

九州の関ヶ原と呼ばれる合戦。大友氏の再興を目指す大友義統と、石垣原(大分県別府市)で黒田官兵衛が激突した。序盤、伏兵を使った鉄砲攻撃で、大友勢が黒田勢の先兵を総崩れさせる。黒田勢は官兵衛の本隊が合流すると数で圧倒し、夕方までに大友兵を蹴散らした。

石垣原の戦いで黒田官兵衛は勝っています。
徳川家康と石田三成の決戦の裏で、官兵衛は九州奪取(だっしゅ)に動きました。石垣原(いしがきばる)での勝利を皮切りに、(またた)く間に九州を席巻(せっけん)しましたが、予想外の早さで関ヶ原の決着がついてしまいました。

黒田官兵衛の詳しい年表と出来事

黒田官兵衛は西暦1546年〜1604年(天文15年〜慶長9年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15461黒田職隆の嫡男として播磨国に生まれる。幼名:万吉
156116小寺政職の近習になる。
156217元服 → 小寺(官兵衛)祐隆
156722父・黒田職隆から家督を相続。
小寺政職の姪(光)と結婚。
姫路城代になる。
156924”青山・土器山の戦い”赤松政秀に姫路城を攻められるが、織田氏の支援を受けて撃退する。
157530主君・小寺政職に織田氏への従属を勧めて織田信長に会う。
157732”英賀合戦”毛利水軍が播磨国に侵攻してくるが、撃退する。
織田家臣・羽柴秀吉に姫路城を提供し、従軍する。
別所長治をはじめ播磨国の諸将を調略して織田氏に従わせる。
”第1次上月城の戦い”羽柴秀吉の指揮下で赤松政範との戦に参加。竹中半兵衛と佐用城を攻略。
157833”三木合戦”別所長治が織田氏に叛く。小寺氏も同調する。羽柴秀吉の指揮下で三木城の包囲戦に参加。
荒木村重が織田氏に叛く。説得に向かい捕縛され、有岡城に幽閉される。
157934有岡城が開城降伏。土牢から救出される。
158035三木城が開城降伏。
主君・小寺政職が毛利輝元を頼って備後国に亡命する。小寺家滅亡
織田信長に仕える。羽柴秀吉の与力になる。
姫路城を改築。
改名 → 黒田孝高
”第1次鳥取城攻め”山名豊国との戦に参加。
158136”第2次鳥取城攻め”吉川経家との戦に参加。人家を襲撃して城内に追い込む。凄惨な兵糧攻めを指揮する。
”馬ノ山の対陣”吉川元春と対陣。羽柴秀吉に撤退を提言する。
158237”備中高松城の戦い”毛利輝元との戦に参加。水攻めを献策する。
主君・織田信長が死亡。【本能寺の変】
羽柴秀吉に交戦中の毛利輝元との講和を勧め、京に向かうよう提言する。【中国大返し】
”山崎の戦い”明智光秀との戦に参加。羽柴秀長と天王山に布陣。松田政近らと交戦する。
158338”賤ヶ岳の戦い”柴田勝家との戦に参加。
摂津国・石山本願寺の跡地で大坂城の縄張りをする。
158439”小牧・長久手の戦い”織田信雄&徳川家康との戦に参加。大坂城の守備を担当。合戦の終盤では小牧山から撤退する最後尾を担う。
158540”四国征伐”羽柴(豊臣)秀長の指揮下で長宗我部氏の討伐戦に参加。宇喜多秀家に帯同して軍監を務め、諸城を陥落させる。讃岐国から侵攻して阿波国を攻略。長宗我部元親の策を打破する。
高山右近らに勧められてキリスト教に入信する。洗礼名:ドン=シメオン
158641”九州征伐”島津氏の討伐戦に参加。征伐軍の軍監として豊前国から侵攻。諸城を陥落させる。
158742”根白坂の戦い”豊臣秀長の指揮下で島津義久との戦に参加。小早川隆景とともに島津軍を挟撃して島津忠隣と猿渡信光を討ち取り、壊滅させる。
石田三成とともに筑前国・博多の町割りをする。
豊臣秀吉から豊前国の一部を拝領する。
中津城の築城を開始する。
”肥後国人一揆”肥後国人衆の鎮圧戦に参加。
158944長男・黒田長政に家督を譲る。
159045”小田原征伐”北条氏の討伐戦に参加。籠城を続ける北条氏政・氏直父子を説得して開城降伏させる。北条家滅亡
豊臣秀吉の天下統一が成る。
159146朝鮮出兵の拠点となる肥前国・名護屋城の縄張りをする。
159247宇喜多秀家を総大将とした日本軍の軍監として朝鮮国に侵攻。【文禄の役】
漢城で軍議を開き豊臣秀吉の朝鮮入り中止が決まる。
病を理由に帰国する。
159348朝鮮国に戻るが、石田三成と対立して帰国する。
激怒した豊臣秀吉に朝鮮国に送られる。
出家 → 如水軒円清
朝鮮国・晋州城の和式城郭の縄張りをする。
159752小早川秀秋を総大将とした日本軍の軍監として朝鮮国に侵攻。【慶長の役】
朝鮮遠征に加わろうとした次男・熊之助を乗せた船が転覆、溺死する。
小早川秀秋に伴って朝鮮から帰国。
159853主君・豊臣秀吉が死去。
嫡男・長政と糸姫を離縁させる。
徳川家康の養女・保科正直の娘を嫡男・長政の嫁にもらう。
160055石田三成、大谷吉継が反徳川の挙兵。
関ヶ原の戦いが勃発。徳川氏を支持して豊前国で挙兵。敵方の石田三成と九州7か国を恩賞に味方する交渉を秘密裏に行う。
”石垣原の戦い”豊後国・杵築城を攻めていた大友義統を撃退する。
徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利する。徳川家康に領地切り取り次第を申し出て九州制圧を続行する。
”佐賀関の戦い”豊後国に侵攻する。大友義統を退けながら諸城を攻め落とす。
鍋島直茂・勝茂父子を勢力に加えて筑後国・久留米城を攻める。
加藤清正と立花宗茂を勢力に加えて島津氏の討伐に向かう。徳川家康に止められ軍を解散。
長男・黒田長政に家督を譲って隠居。
160459山城国・伏見藩邸で病死。
戦国時代で黒田官兵衛が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

どうする家康 前編(NHK大河ドラマ・ガイド)

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」の公式ガイド!電子版もあり

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ひかえめに言って傑作

太閤立志伝V DX

戦国リコエイションゲーム!立身出世をどっぷり楽しめ

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

超ビジュアル!戦国武将大事典

110万部突破のベストセラー!オールカラー武将図鑑

戦国武将の解剖図鑑

有名武将50人以上を収録!図解とデータがわかりやすい

戦国武将に学ぶ究極のマネジメント

三英傑の言動にみる発想や知恵から学ぶ!仕事に役立つ

黒田官兵衛の顔イラスト