読み込み中

読み込み中

いしだ みつなり

石田三成

1560.? 〜 1600.11.6

 
石田三成のイラスト
  

石田三成は、現在の滋賀県にあたる近江国の武将です。小姓として幼い頃から豊臣秀吉に仕えて、町割りや太閤検地など、早くから多くの政務を執り行います。外交の窓口として諸勢力と交渉をする豊臣家の頭脳でした。秀吉の死後、日に日に権力を増す徳川家康と対立し、関ヶ原の戦いに敗れて処刑されました。享年41歳。

石田三成は何をした人?どんな人?このページでは、石田三成のハイライトとなった出来事や逸話を紹介しています。あなたもきっと石田三成のことを誰かに話したくなります。

  • 名 前:石田三成
  • 幼 名:佐吉
  • あだ名:平懐者
  • 官 位:治部少輔
  • 出身地:近江国(滋賀県)
  • 居 城:佐和山城
  • 正 室:宇喜多頼忠の娘(皎月院)
  • 子ども:3男 3女
  • 跡継ぎ:石田重成
  • 父と母:石田正継 / 瑞岳院

家康の不忠義を許さず豊臣家のために関ヶ原に挑んだ

1598年に豊臣秀吉が没し、豊臣家を継いだ秀頼はまだ5歳でした。幼君の将来を案じた秀吉は、死に際に『五大老・五奉行』による統治サポートシステムを制定しました。

五大老とは、徳川家康を筆頭とした5人の大大名。五奉行とは、石田三成をふくむ行政官5人からなるグループ。奉行たちが行う行政に、大老たちが顧問として関わるイメージでした。


不届き者の台頭と
頼れる親分の死

秀吉の没後、さっそくルールをやぶる不届き者があらわれます。

秀吉は生前、豊臣家を頂点とした世の中が続くように、いくつかのルールを設けていました。そのうちの一つが ”大名同士が勝手に結婚しちゃダメ” というもの。

ところが、秀吉が亡くなると、伊達政宗、福島正則、加藤清正、黒田長政など、有力な大名の縁者と、徳川家康の身内によるウエディングラッシュが起こります。

あからさまな「家康さんを囲む会」が結成されるのを黙って見ていられません。石田三成は、五大老のひとり前田利家と相談して家康を問いただしました。利家親分の威光のおかげもあって、家康に「もうしません」の誓書を出させました。

しかし、秀吉の死から8か月後、徳川家康に唯一対抗できる存在だった前田利家が亡くなってしまいました。


脳筋たちの暴走
痛恨の失脚劇

利家が亡くなった直後、これを待っていたように加藤清正、福島正則、藤堂高虎、細川忠興、浅野幸長、黒田長政の七人の脳筋たちが石田三成の屋敷を襲撃します。

武断派と呼ばれるこの七将は、朝鮮出兵でろくすっぽ槍働きもせず偉そうに振る舞う石田三成を嫌っていました。

ぶっ殺せー!的な勢いで襲いかかる脳筋たちからなんとか逃れ、徳川家康の仲介で騒動は収まりました。が、この騒動で石田三成は奉行職を解かれ蟄居(ちっきょ)(家でじっとしてろ)を命じられてしまいました。


豊臣家一の忠臣か
混乱を招いた逆臣か

石田三成が不在になった豊臣家では、徳川家康が天下乗っ取りモードに入ります。そんなおり、五大老・上杉景勝と家康のあいだでトラブルが起こります。

これはチャンス。石田三成は上杉重臣の直江兼続と共同作戦を計画します。家康を上杉氏の会津に向かわせ、石田三成が京で挙兵して挟み討ちにする『東西挟撃作戦』を決行するのでした。

これが、1600年に起こった天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いのはじまりです。

関ヶ原の戦いで石田三成と徳川家康が対立した図

大老のうち、毛利輝元、宇喜多秀家、上杉景勝の3人を味方につけた石田三成は、大谷吉継らと挙兵。西側の諸大名を巻き込んで西軍を結成しました。一方で、徳川家康は東側の諸大名をすでに傘下に加えており、こちらも東軍を結成します。両軍は美濃国・関ヶ原で激突しました。

この戦いはわずか6時間で東軍の圧勝に終わり、石田三成は家康に敗れました。

関ヶ原の戦いは、豊臣家を二分した内部抗争であり、このときの徳川家康は(まだ)豊臣家の家臣でした。これと争い、敗れた石田三成は ”豊臣家に内乱を起こした反逆者” として裁かれます。

石田三成は、関ヶ原の敗戦から3か月後に田中吉政の追捕隊に捕らわれ、大津城の城門で生きさらしされたのち、家康と無言の会見を行いました。それから9日後、京都の六条河原で西軍に与した小西行長、安国寺恵瓊とともに斬首。石田三成の首は三条河原にさらされました。


なぜ、西軍は
あっさり負けた

石田三成の西軍は、どうしてあっさり負けてしまったのか?

関ヶ原の戦いで西軍が敗れた最大の焦点は、開戦から4時間後に小早川秀秋が東軍に寝返ったことでした。1万5千の小早川隊に1千5百の大谷隊が壊滅させられ、西軍は精神的支柱を失います。

西軍として参加した島津義弘が戦闘に加わらない、総大将を務めた毛利輝元が消極的だったことなど、西軍派は足並みが揃わず、統率が不十分な状態で家康との決戦になってしまったことが敗因でした。

どっぷりと戦国時代を味わう
信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!

生涯をざっくり振り返る

1560年、石田三成は近江国・坂田郡に武士の次男として生まれます。観音寺の寺小姓をしていたところを豊臣秀吉に見出されます。加藤清正らと切磋琢磨しながら成長し、やがて行政を担う奉行職で能力を発揮。豊臣秀吉が実施した太閤検地刀狩りなどの政策のほとんどに携わり、豊臣家のスポークスマンとして諸大名に秀吉の意向を伝えました。

朝鮮の役では総奉行を務めて、朝鮮国や明国との交渉にあたりました。秀吉の没後、徳川家康との対立が深まり、1600年に徳川打倒の兵を挙げますが、関ヶ原の戦いに敗れて捕縛されます。山城国・京の六条河原で斬首となりました。41歳でした。

秀吉の日本統一の頃から対外的に豊臣家の顔となっており、とくに毛利氏や島津氏との交渉で影響力を持ちました。結果的に両家が関ヶ原で西軍に与する関係性を築いています。とはいえ、石田三成に与えられた職権は限定的で、五奉行での序列は三番手ないし四番手でした。

石田三成の領地・勢力図(1595年)

近江国・佐和山19万石が石田三成の領地でした。豊臣秀吉が九州に加増を提案しますが、これを断って馴染みがあるこの土地を離れませんでした。

石田三成の性格と人物像

石田三成は「子どものような正義感がある人」です。

1にも2にも規則が大事。曲がったことが許せず、まるで融通がききません。規律を重んじるあまり、ルールからはみ出すものを見下す態度をとってしまうことがあり、横柄な奴=何様?と嫌われますが、本人はまったく意に介しません。

血気盛んな武者が多い豊臣家臣のなかでも少数派のインテリだったため、効率よく仕事をこなす様子が疎んじられています。いくさ下手と馬鹿にされるので、凄腕の島左近をスカウトして弱点を補いますが「(左近は)三成には勿体ない」とディスられてしまいます。

関ヶ原の戦いでは、経験豊富な諸将の意見を聞き入れず、名将・島津義弘が提案した夜襲作戦を「田舎もののやること」と却下してしまう残念さも露見しています。

人望がなく、親友の大谷吉継も「お前には求心力がない。お前の呼びかけじゃ誰も従わない」とキッパリ。そうは言っても、吉継は命懸けで一緒に戦ってくれる良い友人でした。

与えられた予算は正しく使い切ることがモットー。自分のことに関して極端な倹約家で、居城には畳も植木もありませんでした。自分の給料の多くを家来の給与に充てるなど、つねに他者を優先しました。

身長156cm、華奢な体格で武芸は得意ではありません。好きな食べ物は柿。鷹狩りが趣味で、鷹の能力を数値化したデータベースをつくる凝りようでした。

関ヶ原で身につけた『乱髪天衝脇立兜黒糸威らんぱつてんしょうわきだてくろいとおどし』は残っていませんが、石田三成が太閤検地に使った『検地基準尺』は現物が残っています。

死に際して命をとうとぶ名言を多く残しています。

能力を表すとこんな感じ

石田三成の能力チャート

不正を見逃さない正義感が誠実な行政官である石田三成の長所です。頭の良さを活かした兵站へいたんなどの軍事行動は得意でしたが、いかんせん武力に乏しいのは本人も認めているところです。

石田三成の逸話やエピソード

気味よし!秀吉も感服した心づかいの三献茶

佐吉と名乗っていた頃の石田三成と、のちに豊臣秀吉となる羽柴秀吉が出会ったお話です。

鷹狩りの帰り道、喉がかわいた秀吉はお寺に立ち寄ります。寺小姓が出てきたので、秀吉は「のどカラッカラやねん」というと、寺小姓はお茶を運んできました。

はじめは大きな茶碗にぬるいお茶
これをぐいーっと飲み干し「気味よし!おかわり!」と、秀吉。

2杯目は少し小さな茶碗に温かいお茶
これも飲み干し「おかわり」と、秀吉。

3杯目は小さくて風情がある茶碗に熱いお茶

【三献茶】豊臣秀吉と石田三成が出会った逸話

しみいるように茶を飲むと、秀吉はふうっと一息ついて、寺小姓の心づかいに感心しました。

はじめの一杯は喉の渇きを満たすもの。2杯目は茶を味わうもの。3杯目は気を落ち着けるもの。佐吉というこの寺小姓の雇用を秀吉はその場で決めたといいます。

大谷吉継に見せたとびっきりの優しさ

大坂城でひらかれた茶会でのこと。石田三成は大谷吉継と同席していました。大谷吉継は皮膚にかゆみを伴う結節や斑紋ができるハンセン病を患っており、顔はひどい膿におおわれていました。そのため、参加者は吉継を敬遠しました。

茶会の作法として、たてられたお茶を参加者が順番に飲む「回し飲み」が行われます。すると、茶碗を手にしていた吉継の顔から膿が垂れて茶碗に入りました。

一同はそれを見てドン引き。誰も吉継から茶碗を受け取ろうとしません。吉継が申し訳なさそうにしていると、三成がすっと近寄り、吉継の手から茶碗を取り上げて一気に飲み干しました。

三成は「おいしかったので飲みきってしまいました。もう一杯たてていただけますか」と爽やかに言いました。石田三成のこの対応に大谷吉継は深く感謝しました。

石田三成の有名な戦い

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 ○ 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万 ●

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの福島正則ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで石田三成は勝っています。
味方の行軍を助けるため、夜間でも移動できるように松明(たいまつ)で道を灯し、秀吉から一番槍の手柄をもらいました。

忍城の戦い おしじょうのたたかい 1590.7.17 〜 8.17 ○ 豊臣軍5万 vs 北条軍2千 ●

天下統一に迫る豊臣秀吉による、小田原征伐の前哨戦のひとつ。成田長親が篭る忍城(埼玉県行田市)を石田三成が水攻めにした合戦。無勢ながら、籠城軍は徹底抗戦したが、小田原城の降伏により決着した。28kmにおよぶ堤防が築かれ、この石田堤は現在も残っている。

忍城の戦いで石田三成は勝っています。
圧倒的な兵力で忍城を水攻めにするも、城を攻め落とせませんでした。とはいえ、成田長親ら籠城軍は最後まで屈せず、頑強でした。先に小田原城が降伏したため、開城となりました。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで石田三成は敗れています。
石田三成のターニングポイントになった戦いです。
上杉景勝が動かなかった、小早川秀秋が東軍に寝返るなどのイレギュラーもあって、予想に反して早期に決着がついてしまいました。三成の死は豊臣氏の凋落につながり、秀吉が築いた栄華も滅びます。

石田三成の詳しい年表と出来事

石田三成は西暦1560年〜1600年(永禄3年〜慶長5年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15601石田正継の次男として近江国に生まれる。幼名:佐吉
157415羽柴(豊臣)秀吉の小姓になる。父と兄も仕える。
157718羽柴秀吉の播磨国攻めに同行する。
158324”賤ヶ岳の戦い”柴田勝家との戦に参加。斥候部隊を率いる。美濃国から近江国に引き返す秀吉本隊の高速移動を助けて一番槍の手柄をあげる。【美濃大返し】
158425”小牧・長久手の戦い”徳川家康との戦に同行する。
近江国の検地を行う。【太閤検地】
158627島左近を熱心に勧誘して召し抱える。
堺奉行を任じられ、堺を完全に従属させる。堺を兵站基地として整備し、九州征伐にかかる輸送能力を強化する。
158728黒田官兵衛とともに筑前国・博多の町割りをする。
158829島津義久と豊臣秀吉の謁見を斡旋する。
158930美濃国の検地を行う。【太閤検地】
159031”小田原征伐”北条氏の討伐戦に参加。
北条領・館林城を開城降伏させる。
”忍城の戦い”成田長親が篭る忍城を水攻めにするが落せず。
豊臣秀吉が小田原城を開城降伏させる。北条家滅亡
忍城が開城降伏。
豊臣秀吉の天下統一が成る。
奥州の検地を行う。【太閤検地】
159132”九戸政実の乱”九戸政実の鎮圧戦に参加。佐竹義重と相馬口方面から制圧する。【奥州仕置】
159233大谷吉継、増田長盛と朝鮮出兵の総奉行を務める。豊臣秀吉の意向を前線に伝える司令官を担う。【文禄の役】
日本国と明国のあいだで講和交渉が行われる。
漢城で軍議を開き豊臣秀吉の朝鮮入り中止が決まる。
159334”碧蹄館の戦い”明・朝鮮軍との戦に参加。
”幸州山城の戦い”宇喜多秀家の指揮下で朝鮮軍との戦に参加。
日本軍の戦況悪化を受けて、加藤清正に咸鏡道の撤退を命じる。
”第2次晋州城攻防戦”宇喜多秀家の指揮下で朝鮮軍が篭る晋州城を攻める。
小西行長と共謀して豊臣秀吉に加藤清正を讒言する。
明国の謝用梓、徐一貫を伴って小西行長、大谷吉継らと名護屋城に帰還する。
159435島津領の検地を行う。【太閤検地】
佐竹領の検地を行う。【太閤検地】
159536関白・豊臣秀次に謀反の疑いがあり、糾問する。豊臣秀吉から切腹を命じられた秀次の助命を嘆願をするが叶わず。秀次の遺臣を預かる。【秀次切腹事件】
豊臣秀吉から近江国・佐和山を拝領する。
佐和山城を居城にする。
159637京都奉行に任じられる。
豊臣秀吉からキリスト教の弾圧を命じられる。京と大坂で捕縛した信徒を長崎で処刑する。助命を嘆願するが叶わず。【日本二十六聖人】
159738再度行われた朝鮮出兵を国内から支援する。戦況を豊臣秀吉に報告した結果、処分を受けた武断派から恨まれる。【慶長の役】
159839主君・豊臣秀吉が死去。次代・豊臣秀頼に仕える。
豊臣秀吉の遺命により五大老・五奉行による合議制が敷かれる。
浅野長政、石田三成、増田長盛、長束正家、前田玄以が五奉行に任じられる。
朝鮮から兵を帰国させる撤退業務を行う。
159940徳川家康の婚姻政策に反発して騒動になる。前田利家の仲裁で誓書を交わす。
五大老上首・前田利家が亡くなる。
加藤清正、福島正則、黒田長政、細川忠興、浅野幸長、池田輝政、加藤嘉明に屋敷を襲撃される。佐竹義宣の助けで脱出。徳川家康の仲裁で7将と和談。奉行職の退任と佐和山城に蟄居を命じられる。【石田三成襲撃事件】
家臣・島左近の提案により徳川家康の暗殺を計画するが察知され、暗殺計画への関与を疑われた大老・前田利長と奉行・浅野長政が職を解任される。以後、豊臣政権の主導権は徳川家康が握る。
160041上杉家臣・直江兼続と協議して徳川家康の打倒を計画する。
徳川家康を挑発して陸奥国・会津の上杉討伐に向かわせる。
大谷吉継と挙兵。
”伏見城の戦い”*宇喜多秀家らに鳥居元忠が篭る伏見城を攻め落とさせる。
伊勢国ならびに美濃国に侵攻する。
”杭瀬川の戦い”*島左近、明石全登が中村一栄を敗る撃破。
”関ヶ原の戦い”徳川家康に与する勢力を東軍。石田三成に加担する勢力を西軍として決戦に臨む。美濃国・関ヶ原で両軍が激突。内部不和もあり6時間ほどで決着、大敗する。
逃れたのち捕縛。小西行長、安国寺恵瓊と六条河原で斬首。
戦国時代で石田三成が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がよくわかる!

戦国 忠義と裏切りの作法

ユニークな視点で深掘りする戦国武将の作法!

太閤立志伝V DX

大ヒット中の出世ゲーム!戦国の世で成り上がれ

石田三成の顔イラスト