読み込み中

読み込み中

いしだ みつなり

石田三成

1560.? 〜 1600.11.6

 
石田三成のイラスト
  

石田三成は、現在の滋賀県にあたる近江国の武将です。小姓として幼い頃から豊臣秀吉に仕えて、町割りや太閤検地など、早くから多くの政務を執り行います。外交の窓口として諸勢力と交渉をする豊臣家の頭脳でした。秀吉の死後、日に日に権力を増す徳川家康と対立し、関ヶ原の戦いに敗れて処刑されました。享年41歳。

石田三成と似ている人物
丹羽長秀
上杉憲政
高坂昌信

このページでは、石田三成が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・石田三成のことがきっと好きになります。

  • 名 前:石田三成
  • 幼 名:佐吉
  • あだ名:平懐者
  • 官 位:治部少輔
  • 出身地:近江国(滋賀県)
  • 居 城:佐和山城
  • 正 室:宇喜多頼忠の娘(皎月院)
  • 子ども:3男 3女
  • 跡継ぎ:石田重成

豊臣氏への家康の不義理を摘発して関ヶ原で立ちはだかった

豊臣秀吉の死後、豊臣氏を継ぐ秀頼はまだ5歳でした。幼君を支えるために秀吉は『五大老・五奉行』による統治サポートシステムを制定します。

五大老とは、徳川家康を筆頭とした5人の大大名。五奉行とは、石田三成ら政治官僚5人からなるグループ。奉行たちの政治に、大老たちが顧問として関わるかんじです。

秀吉の死後、さっそくルールをやぶる不届き者を、石田三成は糾弾します。


豊臣は絶対
ルールは正義

秀吉は生前、豊臣氏を頂点とした世の中が続くように、いくつかのルールを設けていました。そのうちの一つが ”大名同士が勝手に結婚しちゃダメ” というもの。

ところが、秀吉が亡くなると、伊達政宗、福島正則、加藤清正、黒田長政など、超有力な大名の縁者と、徳川家康の身内が結婚するウエディングラッシュが起こります。

あからさまな家康さんを囲む会が結成されるのを、石田三成は黙って見ていられません。五大老のひとり前田利家と相談して、家康を問いただします。

すったもんだあって、徳川家康に「もうしません」の誓書を出させますが、家康に感化された福島正則ら武断派に石田三成の屋敷が襲撃されます。
しらじらしく仲介に入った家康によって、石田三成は奉行職を解かれ、蟄居(ちっきょ)(家でじっとしてろ)を命じられてしまいました。


豊臣一の忠臣か
混乱を招いた逆臣か

完全に豊臣の天下を乗っ取るモードの家康に、そうはさせまいと、石田三成は上杉氏の重臣・直江兼続と協議し、家康をおびきだして挟み撃ちにする大博打を計画します。これが天下分け目の決戦・関ヶ原の戦いのはじまりです。

毛利輝元と宇喜多秀家、2人の大老と3人の奉行を味方につけた石田三成は挙兵し、徳川方の鳥居元忠が守る伏見城を落とします。しかし、石田三成が率いた西軍は、このあとの足並みが揃わず、関ヶ原の戦いは、徳川家康が率いた東軍が勝利しました。

このとき、徳川家康は(まだ)豊臣氏の家臣です。家康と争い、これに敗れた石田三成は ”豊臣家の治世を乱した反逆者” として処刑されました。

秀吉が生きていたころ、石田三成は豊臣氏の地盤固めと発展に尽くしました。全国の領地をくまなく調べる太閤検地、経済の重要拠点である堺、博多、京都の奉行職を歴任。朝鮮出兵のおりには、明国との停戦交渉という難題も担当しています。
戦での槍働きはありませんが、物資の管理と補給、諜報部隊を指揮して援護しました。

石田三成の生涯のすべては、豊臣家のためでした。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

石田三成の簡単な年表

① 生まれ

石田三成は、近江国の坂田郡石田村に父・石田正継と母・瑞岳院の次男として生まれます。近くにある観音寺で、子どもの頃から僧侶になるための修行をしていました。

② 転機

15歳のころ、鷹狩りの途中でひと休みしにきた豊臣秀吉に気に入られて、その日から仕えるようになりました。24歳のときに、賤ヶ岳の戦いで情報をあつめる部隊を率いて初陣します。
秀吉が関白になると、同じタイミングで三成も治部少輔という役職をもらいました。

③ 奉行の働き

頭の良さをいかして、25歳ころから太閤検地や経済都市の開発など、たくさんの仕事をします。豊臣氏の財務(お金のこと)は、ぜんぶ三成が管理しました。
キリスト教の弾圧や、関白・豊臣秀次の切腹事件など、嫌なことも担当しました。朝鮮出兵では、日本軍の監督として、秀吉からの命令や指示を伝える役目をしました。

④ 合戦での活躍

合戦では、物資を管理する兵站(へいたん)を担当しました。弾薬や食料などの物資を戦地に届けるのが得意で、秀吉の四国攻めや九州攻めでは、三成の物流ルートが大活躍しました。
兵の指揮をしたことがなかった三成は、31歳のときに忍城攻めをまかされますが、成田長親に苦戦し、城を落とせませんでした。

⑤ 秀吉の死後

39歳のときに豊臣秀吉が亡くなり、幼い豊臣秀頼を支えます。ところが、徳川家康が勝手なふるまいをして、決まりを守りません。同じころ、三成のことをえらそうだと嫌っていた、福島正則たちに屋敷をおそわれます。
家康に助けてもらいますが、かわりに佐和山城でおとなしく過ごすようにいわれました。

⑥ 関ヶ原の戦い

三成がいなくなった豊臣家では、徳川家康が天下をとる準備をすすめていました。これまで頼みにしていた五大老の前田利家が亡くなると、家康をおさえられなくなりました。
三成は、上杉家臣・直江兼続と相談して、家康をやっつけようとします。しかし、関ヶ原の戦いで負けてしまいました。

⑦ 最後と死因

豊臣家内で争いをおこした悪者として、石田三成は六条河原で斬首され、三条河原にさらされました。「大義を思う者は最後まで命を大事にするもの」と話し、処刑される直前でも堂々としていたといいます。41歳でした。

戦国時代で石田三成が生きた期間の表

性格:人物像・どんな人?

石田三成の能力チャート

石田三成は「子どものような正義感がある人」です。1にも2にも規則が大事。曲がったことが許せず、まるで融通がききません。規律を重んじるあまり、見下したような態度をとってしまうことがあり、横柄な奴=何様?と嫌われてしまいますが、本人はまったく意に介しません。

頭がよく、血気盛んな豊臣家臣たちのなかでも少数派のインテリだったため、奉行職をテキパキこなす様子が疎んじられています。いくさ下手と馬鹿にされるので、凄腕の島左近をスカウトして弱点を補いますが「(左近は)三成には勿体ない」とディスられてしまいます。

関ヶ原の戦いでは、経験豊富な諸将の意見を聞き入れず、名将・島津義弘が提案した夜襲作戦を「田舎もののやること」と却下してしまう残念さも露見しています。

人望が薄く、親友の大谷吉継も「お前には求心力がない。お前の呼びかけじゃ誰も従わない」とキッパリ。そうは言っても、吉継は命懸けで一緒に戦ってくれる良い友人でした。

与えられた予算は正しく使い切ることがモットー。不必要な費用をかけず、居城には畳も植木もありませんでした。自分の給料の多くを家来の給与に充てるなど、人材を大切にしていました。

身長156cmくらい、華奢な体格で武芸は得意ではありません。好きな食べ物は柿。鷹狩りが趣味で、鷹の能力を数値化したデータベースをつくる凝りようでした。
石田三成が太閤検地に使った『検地基準尺』は、現物が残っています。

石田三成の逸話・面白いエピソード

気味よし!秀吉も感服した心づかいの三献茶

佐吉と名乗っていた頃の三成と、のちに豊臣秀吉となる羽柴秀吉が、出会ったお話。
鷹狩りの帰り道、喉がかわいた秀吉はお寺に立ち寄ります。寺小姓が出てきたので、秀吉は「のどカラッカラやねん」というと、寺小姓はお茶を持ってきました。

大きな茶碗にぬるいお茶。これをぐいーっと飲み干し「気味よし!おかわり!」と、秀吉。
2杯目は少し小さな茶碗に温かいお茶。これも飲み干し「おかわり」と、秀吉。
3杯目は小さくて風情がある茶碗に熱いお茶

しみいるように茶を飲むと、ふうっと一息つき、秀吉は寺小姓の心づかいに感心しました。

はじめの一杯は喉の渇きを満たすもの。2杯目は茶を味わうもの。3杯目は気を落ち着けるもの。佐吉というこの寺小姓の雇用を、秀吉はその場で決めたといいます。

石田三成の戦い・有名な合戦

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 ○ 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万 ●

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの加藤清正ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで石田三成は勝っています。
味方の行軍を助けるため、夜間でも移動できるように松明(たいまつ)で道を灯し、秀吉から一番槍の手柄をもらいました。

忍城の戦い おしじょうのたたかい 1590.7.17 〜 8.17 ○ 豊臣軍5万 vs 北条軍2千 ●

天下統一に迫る豊臣秀吉による、小田原征伐の前哨戦のひとつ。成田長親が篭る忍城(埼玉県行田市)を石田三成が水攻めにした合戦。無勢ながら、籠城軍は徹底抗戦したが、小田原城の降伏により決着した。28kmにおよぶ堤防が築かれ、この石田堤は現在も残っている。

忍城の戦いで石田三成は勝っています。
圧倒的な兵力で忍城を水攻めにするも、落とせず、いくさ下手のレッテルを貼れらてしまいます。頑強に戦った成田長親ら将兵は、最後まで屈せず、さきに小田原城が降伏したため、開城となりました。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで石田三成は敗れています。
石田三成のターニングポイントになった戦いです。
上杉景勝の動きが鈍かったこと、小早川秀秋が東軍に寝返るなどのイレギュラーもあって、わずか半日で決着がつく予想外の展開になりました。
三成の死は豊臣氏の凋落につながり、これより15年後に滅亡します。

石田三成の詳しい年表・出来事

石田三成は西暦1560年〜1600年(永禄3年〜慶長5年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15601石田正継の次男として近江国に生まれる。幼名:佐吉
157415羽柴(豊臣)秀吉の小姓になる。父と兄も羽柴氏に仕える。
157718羽柴秀吉の中国攻めに帯同する。
158324”賤ヶ岳の戦い”柴田勝家に奇襲をかける策を講じ、一番槍の手柄を挙げる。
158425”小牧・長久手の戦い”徳川家康との戦に帯同。
近江国の検地を実施。
158627自分の知行から半分を与えて島左近を登用。
堺奉行を任ぜられ、堺を完全に従属させる。
堺を兵站基地として整備し、九州征伐にかかる輸送能力を強化する。
158930美濃国の検地を実施。
159031”忍城の戦い”成田長親が籠城する忍城を水攻めする。
北条氏の降伏により小田原城が開城、豊臣秀吉が天下統一を果たす。北条家滅亡
奥州の検地を実施。
159233朝鮮出兵の総奉行になる。【文禄の役】
159334”碧蹄館の戦い”明・朝鮮軍との戦に参加。
”幸州山城の戦い”朝鮮軍との戦に参加。
159435島津領、佐竹領の検地を実施。
159536豊臣秀吉から秀吉の甥・豊臣秀次を謀反の嫌疑によって糾問するよう命ぜられる。【秀次切腹事件】
近江国・佐和山城の城主となる。
159637豊臣秀吉からキリスト教の弾圧を命ぜられる。
159738再度行われた朝鮮出兵を国内から支援する。【慶長の役】
159839主君・豊臣秀吉が死去。
秀吉の死後、豊臣氏を支える五大老・五奉行制度の行政奉行になる。
朝鮮から兵を帰国させる撤退業務を行う。
159940細川忠興、加藤清正、福島正則ら7将に大坂屋敷を襲撃されるが、事前に伏見に逃れる。殺気立つ7将を鎮めるとして、徳川家康が仲介し、佐和山城に蟄居を命ぜられる。
家臣・島左近の提案により徳川家康の暗殺を計画するが徳川氏に察知され、暗殺計画への関与を疑われた大老・前田利長と奉行・浅野長政が職を解任される。以後、豊臣政権の主導権は徳川家康が握る。
160041”関ヶ原の戦い”東軍・西軍にわかれた大大名同士の決戦。西軍の実質的な指揮官を担うが、東軍・徳川家康に敗れる。
戦場を逃れるが捕縛され、六条河原で斬首。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!