読み込み中

読み込み中

うえすぎ けんしん

上杉謙信

1530.2.18 〜 1578.4.19

 
上杉謙信のイラスト
  

上杉謙信(輝虎、政虎、長尾景虎)は、現在の新潟県にあたる越後国の武将・大名です。領土拡大を目的とせず、義のために戦い、武田信玄や北条氏康を相手に出陣を繰り返しました。天才的な戦術、自ら先陣をきって敵陣に突入するなど、軍神と称されるカリスマ性もあり、ひくてあまたの最強助っ人でした。享年49歳。

上杉謙信と似ている人物
太原雪斎

このページでは、上杉謙信が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・上杉謙信のことがきっと好きになります。

  • 名 前:長尾景虎 → 上杉政虎 → 上杉輝虎 → 上杉謙信
  • 幼 名:虎千代
  • あだ名:越後の龍、毘沙門天、軍神
  • 官 位:弾正少弼
  • 戦 績:58戦 41勝 7敗 10分
  • 出身地:越後国(新潟県)
  • 領 地:上野国、越後国、越中国、能登国
  • 居 城:春日山城
  • 子ども:5養 1猶
  • 跡継ぎ:上杉景勝

毘沙門天の化身と畏れられた越後の龍は義のためにのみ戦った

毘沙門天の『』の旗をかかげて、生涯通算60回出陣した上杉謙信は、決定的な負けはひとつもなかったといいます。他の戦国武将のような領土拡大欲は一切なく、正義のためにのみ戦いました。生涯不犯を通し、助けを求められればどこにでも赴く、一風変わった武将でした。

北の守護神である毘沙門天を崇拝し、越後国にうまれた自らを毘沙門天の生まれ変わりと称していた上杉謙信は、隣接する武田信玄や北条氏康の侵略行為を、断じて許しませんでした。

上杉謙信が武田信玄と5回も戦った川中島の戦いは、戦国史に残る名勝負になりました。


神がかっていた
八幡原の戦い

川中島の戦いのなかでも、第4次合戦・八幡原の戦いは、上杉謙信の卓越した戦術眼が冴えわたった一戦になりました。

武田信玄が部隊を2つに分けた『啄木鳥(きつつき)戦法』で、上杉軍の挟みうちをねらっていることを察知した上杉謙信は、武田軍に対して、幻想的なカウンターアタックを展開します。

未明に上杉本陣を襲撃する予定だった武田軍別働隊を、嘲笑(あざわら)うかのように本陣を捨てて、妻女山をくだり、千曲川をわたって八幡原に移動しました。一方、別働隊に追われてくる上杉謙信を待ち受けるために、武田信玄も八幡原に着陣します。

早朝、深い霧をまとった上杉軍は、武田軍の目の前に突如として現れ、猛然と襲いかかりました。

川中島の戦い(第4次・八幡原の戦い)の図

浮き足立つ武田軍に、上杉謙信は『車懸(くるまが)かりの陣』という珍妙なフォーメーションで、ぐるぐる回りながら攻撃を加えます。

車懸かりの陣とは、後方からフレッシュな部隊が次々と波状攻撃を仕掛ける、竜巻のような戦法です。これに武田軍は耐えきれず、信玄の弟・武田信繁や軍師・山本勘助をはじめ、重臣たちが討ち死にする事態となりました。


一騎駆けして
信玄を斬りつける

極めつけは、渦のなかから抜けでた上杉謙信が単騎で駆けていき、武田本陣に突入して信玄を斬りつけたという一騎討ち『三太刀七太刀』です。

【三太刀七太刀】川中島の戦いで一騎討ちをする上杉謙信と武田信玄

上杉謙信は複数回斬りつけ、これを軍配で受けた武田信玄の肩に一撃ヒットしたといいます。信玄を討ち取るには至らず、戻ってきた武田別働隊が合流して、昼ごろには両軍入り乱れる激戦となりました。

早朝から午後4時までつづいた合戦は、決着がつかないまま痛み分け。2人の名将による戦術の応酬が、第4次川中島の戦いの特徴です。

八幡原決戦の前日、夕刻に海津城からあがる煙がいつもより多かったことが、上杉謙信が武田軍の作戦を見破ったポイントだったといいます。
(煙が多い=飯を炊く → 動く)


関東を縦断して
反対側の海まで行く

北条氏を討伐するために行った関東出兵では、なんと越後(新潟県)から鎌倉まで攻めていく大遠征を敢行します。多くの支城ネットワークを誇る北条領をものともせず、日本海側にある春日山城から、太平洋沿いの小田原城まで、縦断していきました。

立場や役職にこだわり、武家とはこうあるべきという、古くからの慣習を重んじる上杉謙信は、戦国時代なら当たり前だった ”他人の領地を奪う行為” が許せませんでした。道理を外れた略奪行為を罰するために、遠く離れた土地にも出陣し、毘の旗をなびかせました。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

上杉謙信の簡単な年表

① 生まれ

上杉謙信は、越後国の春日山城に越後守護代の父・長尾為景と母・虎御前の四男として生まれます。からだが大きく、年上の子も泣かせてしまうほど乱暴でした。頭がよく、大人びた性格で、お城の模型をつかった戦略ごっこが大好きでした。
7歳のころから、城下の林泉寺の光育禅師のもとで修行しました。

② 元服と初陣

14歳で元服して長尾景虎と名乗ります。このころ、兄・長尾晴景が長尾氏の当主でしたが、病弱なこともあって、越後国をまとめられずにいました。一方で、栃尾城に押し寄せた豪族を、まとめてやっつけた景虎の初陣がうわさになって、異常な強さに期待があつまります。つづけて景虎は、兄をうらぎった黒田秀忠を降伏させました。

③ 転機

つよい景虎を長尾氏の当主に、という待望論がおこります。これに本庄実乃が中心になって景虎グループをつくると、晴景は景虎を養子にして、家督をゆずりました。こうして、景虎は19歳で長尾氏9代目当主になりました。
同族の長尾政景が反対しましたが、これを攻めて降参させ、22歳で越後国をまとめました。

④ 川中島の戦い

休むひまもなくトラブルがやってきます。困っている人たちが、つぎつぎと景虎を頼ってきました。信濃国の土地をうばわれた村上義清を助けるため、川中島に出陣します。ここで宿命のライバル・武田信玄と、くりかえし戦うことになります。24歳ではじめて対戦してから、35歳までのあいだに5回も戦いました。つかれて家出したこともありました。

⑤ 関東出兵

川中島の戦いと同じころ、北条氏康にこてんぱんにされた関東管領の上杉憲政が、上野国から越後国に逃げてきました。これを助けて、なんども関東に出陣をくりかえしました。
感謝した憲政から、上杉姓と関東管領の役職をゆずられた景虎は、山内上杉氏16代目当主になって、上杉謙信になりました。

⑥ 北陸出兵

謙信は、一向一揆がつづいている地域を正しにむかいます。越中国で椎名康胤を討ち取り、能登国まで攻めていきました。七尾城を遊佐続光をつうじて調略し、能登国までおさめました。
天下統一をねらう織田信長が北陸に攻めてくるのをむかえうって、猛将・柴田勝家をやっつけました。

⑦ 最後と死因

雪がふるまえに越後国にもどっていた謙信は、冬を越したあと、信長をやっつけにいく予定でした。冬の寒い日にトイレで倒れて、意識がもどらないまま、上杉謙信は春日山城で亡くなりました。脳溢血が死因とされています。49歳でした。

戦国時代で上杉謙信が生きた期間の表
上杉謙信の領地・勢力図(1577年)

性格:人物像・どんな人?

上杉謙信の能力チャート

上杉謙信は「頼まれると断れない人」です。他人のための合戦に明け暮れた結果、戦えども禄は増やせず、家臣の離反や統制に苦労しました。自分も家来も得はしないけど、頼まれたら行くっきゃないのが謙信です。

領土経営にはほとんど興味を示しません。相手が降伏する → 許す → 裏切られるを繰り返しており、やっつけたあとを固めるのが苦手でした。クセが強い家臣団の統制に嫌気がさして、家出をしてしまうナイーブなところも。

合戦では、天才的な嗅覚で相手の戦術を瞬時に見破り、奇想天外な勝負手を打ちます。自分には矢も鉄砲も当たらないと思っているので、単騎でガンガン行ってしまいます。あまりの大胆さに、敵も味方もうっとりしてしまうことがありました。

自信があるあまり、決断を他者に委ねることはせず、独断専行で謙信が決めます。時折、人を人とも思わぬ振る舞いをしてしまうのが玉にきずです。

ふくよかな体型で、身長156cmくらい。切れ長の目は威圧感があったそうです。
派手な色を好み、いつも違う服装をするお洒落さん。愛読書は『源氏物語』で、恋の歌が好き。琵琶も上手に弾きます。お酒が大好きで、梅干しで晩酌するのがルーチンでした。

上杉謙信が身につけた甲冑は多数残っており、怒った顔が3つも付いた兜『三宝荒神形張懸兜(さんぽうこうじんなりはりかけかぶと)』や、スタイリッシュな銀色の南蛮具足など、いずれもハイセンスで、変わり兜と呼ばれる凝った装飾のものを好みました。
刀剣マニアで、佐竹義重など気に入った相手にプレゼントしています。

心を奮い立たせるような名言を多く残しています。

上杉謙信の逸話・面白いエピソード

じつは女性だったかもしれない「謙信女性説」

謙信には実の子どもがいなかったので、姉の子・上杉景勝が上杉氏をつぎました。スペインの船乗りが記した報告書に ”カゲカツ・ウエスギは叔母が開発した金山のカネをしこたま持ってる” という記述があり、上杉景勝の叔母=謙信? ← え?女性だったの?という『謙信女性説』が浮上しました。

いわれてみると、謙信のものとして伝わる物の数々があやしく見えてきます。
たとえば、鮮やかな赤に羽模様の着物、お気に入りの馬上杯は水色のお花柄、オレンジ色のパッチワークが施されたガーリーな馬の鞍。

上杉謙信は女性だったという説がある

諸将に宛てたレターは繊細で美しい文字で、毎日ちがうファッションを楽しみ、源氏物語屏風(恋愛もの)を織田信長からプレゼントされて喜ぶかわいい人柄。

どれも髭モジャのおじさんではない気がします。
そもそも、髭モジャ謙信の肖像画は、江戸時代になってから描かれたもので、実像を模写したものではありません。上杉家の菩提寺・林泉寺には、髭がなく女性っぽい肖像画が伝わっています。

松平忠明が記した『当代記』で、謙信の死因は大虫(おおむし)と書かれており、これは婦人病のことだったりします。無敵の謙信も、毎月10日前後ひどい腹痛に悩まされていたとか、民衆が謙信の強さを称えて ♪男もおよばぬ大力無双♪ と歌っていた話も残っており、もはや女性としか思えません。

上洛したおりに招かれた歌会で、謙信が詠んだ恋の歌が参加者から絶賛されました。

”つらかりし 人こそあらめ祈るとて 神にもつくすわかこころかな”
(超訳:あの人を想うと切ない!でも私は神さまのものなの)

敵に塩を送るツンデレで大嫌いな信玄を助けてしまう

謙信は、呪いをかけてしまうほど武田信玄のことが嫌いでした。しかし、そんな信玄が今川氏真と関係が悪化し、経済制裁をうけて流通を止められてしまいます。山国の甲斐では塩がとれず、信玄が困っていると、謙信は塩を送ってあげました。

合戦でカタをつければいいものを、塩なんぞで弱らせようとする今川氏のやりかたが、謙信は気に入らなかったとか。感激した信玄は、立派な刀をお礼として謙信に贈り『塩留めの太刀』と呼ばれて現在も保管されています。

「べっ別にそんなんじゃないんだからっ」謙信が送った塩の話は、”たとえ敵でも困っていたら助ける” という意味のことわざとして、言い伝わりました。

上杉謙信の戦い・有名な合戦

栃尾城の戦い とちおじょうのたたかい 1544.? ● 越後豪族衆? vs 長尾軍? ○

15歳の城主・長尾景虎の実力を甘く見ていた越後の豪族が、栃尾城(新潟県長岡市栃尾町)に対して力攻めを強行した。景虎は兵を二手に分け、一方で守勢を演じ、もう一方で敵の背後を突いた。豪族衆が混乱したところで城内から突撃し、快勝で初陣を飾った。

栃尾城の戦いで上杉謙信は勝っています。
誰かのために戦う謙信のスタイルは、デビュー戦の栃尾城の戦いからはじまっていました。兄のために戦った15歳の見事な采配は、豪族たちを魅了し、越後のリーダーとして期待が高まりました。

唐沢山城の戦い からさわやまじょうのたたかい 1560.? ● 北条軍3万5千 vs 長尾軍? ○

下野の唐沢山城(栃木県佐野市富士町)を北条氏政が3万の大軍で包囲。城主・佐野昌綱は絶対絶命の窮地に立たされた。槍だけを持ち、鎧もつけずに現れた長尾景虎は、40騎ほどの手勢で北条軍の中央を突破し、唐沢山城の救援に駆けつけ、北条軍を撤退させてしまった。

唐沢山城の戦いで上杉謙信は勝っています。
北条軍の真んなかを鎧も着けずに通り抜け、3万の兵の目の前で馬に水を飲ませたという、謙信の豪胆さを伝えるエピソードが残っています。

小田原城の戦い おだわらじょうのたたかい 1561.3.3 〜 4.? ● 上杉&長尾軍10万 vs 北条軍?万 ○

北条氏を討伐するため北条氏政が篭る小田原城(神奈川県小田原市城内)を長尾景虎が包囲した合戦。関東の諸将を募って10万を越える兵で迫った。関東勢の太田資正が蓮池門に突入したが、隠居した北条氏康らの粘り強い守りもあって、1か月攻めても落城する気配はなかった。

小田原城の戦いで上杉謙信は敗れています。
関東の勢力を結集して、北条氏の居城・小田原城を攻めますが、強固な城を落とせませんでした。とはいえ、小田原城の城門を破壊する、周辺の支城をあっという間に陥落させるなど、謙信の恐ろしさを印象づけるには十分でした。

川中島の戦い かわなかじまのたたかい 1561.10.18 △ 上杉軍1万3千 vs 武田軍2万 △

北信濃を国人衆のもとに取り戻そうとする上杉謙信と、これを支配しようとする武田信玄の合戦。千曲川(長野県長野市小島田町)を挟んで5回対戦したが、決着はつかず。激戦となった第4次・八幡原の戦いでは、謙信が武田本陣に突撃し、信玄を斬りつけたエピソードがある。

川中島の戦いで上杉謙信は引き分けています。
上杉謙信のターニングポイントになった戦いです。
武田信玄との因縁対決は、壮絶な痛み分けとなりました。川中島の戦いは、戦国時代に興味がない人でも聞いたことがある有名な戦いで、合戦史のベストゲームのひとつです。民衆の娯楽として語り継がれました。

七尾城の戦い ななおじょうのたたかい 1577.7.? 〜 9.15 ○ 上杉軍2万 vs 畠山軍1万5千 ●

能登の征圧を目指す上杉謙信が畠山氏の七尾城(石川県七尾市古屋敷町)を2回にわたって攻めた合戦。城内で疫病(腸チフス)が蔓延し、城兵が次々と死亡。畠山氏を操っていた長続連を遊佐続光が殺害し、開城・降伏した。日本最大級の山城に篭る鉄砲隊に謙信も苦戦した。

七尾城の戦いで上杉謙信は勝っています。
信長討伐のために、上洛ルートの確保が急務だった謙信は、能登を制圧する必要がありました。堅城に苦戦しましたが、謙信としては珍しく調略を駆使して、粘り強く戦いました。夏場の籠城戦で城内が不衛生になったことが、決め手となりました。

手取川の戦い てどりがわのたたかい 1577.11.3 ● 織田軍4万 vs 上杉軍2万 ○

加賀に侵攻した織田軍の柴田勝家は、七尾城が上杉軍に落とされたことを知り、撤退を開始。これを上杉謙信が急襲し、手取川(石川県白山市湊町)で粉砕した合戦。パニックの様子を伝える「上杉に逢うては織田も手取川、はねる謙信逃げるとぶ長」という狂歌が残っている。

手取川の戦いで上杉謙信は勝っています。
信長は参戦していませんでしたが、猛将で知られる柴田勝家が率いる織田軍を瞬殺しました。この戦いが上杉謙信の最後の合戦となり、来春に予定していた信長討伐は叶いませんでした。
謙信が亡くなったことで、織田信長は窮地を脱しました。

上杉謙信の詳しい年表・出来事

上杉謙信は西暦1530年〜1578年(享禄3年〜天正6年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15301長尾為景の四男として越後国に生まれる。幼名:虎千代
15367春日山城下の林泉寺に入る。
父・長尾為景が死去。兄・長尾晴景が家督を相続。
154314元服 → 長尾(平三)景虎
三条城 ならびに 栃尾城の城主になる。
154415”栃尾城の戦い”兄・晴景に対して謀反を起こした豪族を撃退する。
154516”黒滝城の戦い”兄・晴景に対して謀反を起こした黒田秀忠を降伏させる。
154819兄・長尾晴景の養子になり家督を相続。
155122”坂戸城の戦い”謀反を起こした長尾政景を降伏させる。
越後国を平定。
155223関東管領・上杉憲政が北条氏康に領地を追われて頼ってくる。山内上杉領を奪還し、北条氏を追い払う。
155324”第1次川中島の戦い”信濃国の小笠原長時、村上義清が武田晴信(信玄)に領地を追われて頼ってくる。武田晴信の討伐を決意する。
155425”北条城の戦い”北条高広の謀反を鎮圧、帰参を許す。
155526”第2次川中島の戦い”武田晴信と200日あまり対陣するが決着はつかず。
155627突然、出奔する。家臣の説得により帰る。
”駒帰の戦い”離反した大熊朝秀を打ち破る。
155728”第3次川中島の戦い”信濃国に侵攻。武田晴信の援軍として参戦した北条綱成と交戦、撤退する。
上杉憲政の養子になる。
156031越中国の椎名康胤が神保長職に攻められ、頼ってくる。神保氏を追い払う。
上野国の北条領に侵攻し、上杉憲政の旧領を取り戻す。
”唐沢山城の戦い”下野国・唐沢山城の佐野昌綱が北条氏に攻められ、これを助ける。
関東の諸勢力に北条討伐の檄を飛ばす。
156132北条討伐のため、武蔵国、相模国に進撃する。
松山城、鎌倉を攻め落とす。
”小田原城の戦い”1か月ほど攻め続けるが、武田信玄が不穏な動きをしたため撤退する。
”松山城の戦い”反旗を翻した上田朝直を撃破、落城させる。
上杉憲政から関東管領職と山内上杉氏の家督を相続。
改名 → 上杉政虎
”第4次川中島の戦い”武田信玄と八幡原で激突。壮絶な痛み分け。
改名 → 上杉輝虎
156233越中国に出陣。神保長職を降伏させる。
156334武蔵国に侵攻し、忍城・成田長康を降伏させる。
下野国に侵攻し、唐沢山城・佐野昌綱を降伏させる。
下総国に侵攻し、結城晴朝を降伏させる。
156435”山王堂の戦い”北条氏に寝返った小田氏治を制圧、小田城を攻略。
反旗を翻した唐沢山城の佐野昌綱を降伏させる。
”第5次川中島の戦い”武田信玄と対峙。にらみあいに終わる。
長尾政景の次男(実姉の子)を養子にする。
156536里見氏が北条氏に攻められ、救援のために下総国に出陣する。
156839”放生津の戦い”越中国に出陣。一向一揆と椎名康胤の制圧が目的だったが、本庄繁長が越後国で謀反を起こしたため、引き返し、鎮圧する。
156940北条氏康と和睦し、同盟を結ぶ。【越相同盟】
157041北条氏の要請を受け、武田氏と交戦。
北条氏康の七男を養子にする。
改名 → 上杉(不識庵)謙信
157142北条氏康が死去。次代・北条氏政によって同盟を破棄されてしまう。
157243”尻垂坂の戦い”武田信玄の調略によって扇動された一揆衆を鎮圧する。
157647一向一揆に支配されていた越中の諸城を次々と攻略。蓮沼城を陥落させ、椎名康胤を討ち取る。
越中国を平定。
”第1次七尾城の戦い”能登国に侵攻し、七尾城を包囲するが撤退。
将軍・足利義昭の織田信長討伐に加勢する。【第3次信長包囲網】
157748”第2次七尾城の戦い”疫病の蔓延や遊佐続光の内通によって七尾城が開城・降伏。
末森城を攻略。
能登国を平定。
”手取川の戦い”柴田勝家を総大将とする織田軍を撃破。
157849春日山城で死去。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!