読み込み中

読み込み中

しばた かついえ

柴田勝家

1522.? 〜 1583.6.14

 
柴田勝家のイラスト
  

柴田勝家は、現在の愛知県西部にあたる尾張国の武将です。織田四天王のひとり。はじめ、信長の弟・信行に仕えます。信長と争い、敗れたのち家来になります。先鋒隊で抜群の強さを発揮し、出陣した多くの戦で先陣をつとめました。信長の死後、羽柴秀吉との権力争いに敗れて妻・市とともに自害しました。享年62歳。

柴田勝家と似ている人物
吉川元春
榊原康政
前田利家
島津義弘
山県昌景

このページでは、柴田勝家が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・柴田勝家のことがきっと好きになります。

  • 名 前:柴田勝家
  • 幼 名:権六
  • あだ名:鬼柴田、かかれ柴田、瓶割り柴田
  • 官 位:左京大進、修理亮
  • 出身地:尾張国(愛知県)
  • 領 地:越中国、能登国、加賀国、越前国
  • 居 城:北ノ庄城
  • 正 室:織田信長の妹(お市の方)
  • 子ども:2男 9養
  • 跡継ぎ:柴田勝政

秀吉の台頭に毅然と立ち向かい最後まで信長のために戦い抜いた

柴田勝家は、織田信長の戦において常に先鋒をつとめ、勇猛果敢に敵陣に突撃し、恐れられた豪傑です。『鬼柴田』と呼ばれており、立派なヒゲをたくわえた容姿は、さながら鍾馗(しょうき)様のようで、肖像画から鬼っぽさを感じます。

鬼の風貌とは裏腹に、柴田勝家は優しさと正義感あふれる漢でした。

信長が本能寺の変で討たれたあと、織田家中は騒然となりました。柴田勝家、丹羽長秀、羽柴(豊臣)秀吉、池田恒興といった織田家の重臣たちで、後継者を決める『清洲会議』が行われ、ここで影響力を強めた秀吉が、天下取りの野心を抱きます。


孤軍奮闘
ひとりぼっちのあいつ

信長から受けた恩義を忘れた、秀吉の不義理な野望が許せません。柴田勝家は、滝川一益と協力して、羽柴秀吉に対抗します。ところが、冬になり、雪が降り積もったころ、秀吉軍が滝川一益を攻めました。

現在の福井県にあたる越前国に本拠をかまえていた柴田勝家は、冬になると雪で動けません。そこを狙った秀吉の作戦でした。

柴田派には、佐久間盛政と前田利家といった猛将がいましたが、秀吉の指示で動いた丹羽長秀の参戦によって孤立した佐久間盛政は生け捕りにされ、前田利家にいたっては秀吉派に寝返る始末。いずれも秀吉の思惑どおりになってしまいました。

ちからがある者に飲み込まれていくのは戦国の世の常。かつて全国に覇を唱えた信長の威光をなくした織田家の家臣たちは、信長の家来だった秀吉に従うようになりました。ひとりぼっちの柴田勝家に、もはや勝ち目はありませんでした。

「サルめの天下など見たくもないわっ!」柴田勝家は織田氏のプライドを抱いて、最後まで信長の家臣として戦い、気高い死を選びました。


信長の先陣で奮闘
かかれ柴田!

信長の最精鋭として「かかれえーっ!」の掛け声とともに先鋒隊で斬り込み、大活躍した柴田勝家は『かかれ柴田』と呼ばれました。

しかしながら、柴田勝家が信長の戦列に加わるのは、意外にも遅かったのです。というのも、柴田勝家はかつて信長の弟・織田信行びいきのグループでした。家督を継いだ信長に合戦を挑んで負けた経緯があります。

なかなか信頼が得られず、モヤモヤ柴田に出番が回ってきたのは信長に仕えて12年たってから。京に向かう上洛戦でスタメンに抜擢された柴田勝家は、鬼神のごとく奮闘し、先陣を任されるようになりました。

信長の天下統一事業でも、最前線の指揮官をつとめて、軍神と畏れられた上杉謙信や、死をも恐れぬ一向宗がひしめく、ハードモードな北陸の攻略を進めました。
土一揆の刀を没収してつくった鎖で船をつないだ舟橋をかけるなど、統治にも知恵を発揮しています。秀吉の刀狩りに先駆けた試みとして『知恵柴田』とも呼ばれました。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

柴田勝家の簡単な年表

① 生まれ

柴田勝家は、尾張国の愛知郡上社村に父・柴田勝義の子として生まれます。母は不明です。信長の父である織田信秀に仕えていました。まじめで正直者の勝家は、織田信行の教育を任されました。

② しくじり

信秀が病気で亡くなり、織田信長が当主になりますが、反対する声があがります。このころ35歳の勝家は、信長の弟・信行を当主に推すグループのリーダーでした。信長と戦いますが、林通具が討ち取られるなど、あべこべにやられてしまいます。反省した勝家は、丸坊主になってあやまり、信長の家来になりました。

③ 不遇のとき

信行がふたたび争う準備をしていることを、信長に知らせました。信行は信長に殺され、しばらくのあいだ勝家もおとなしくしました。
桶狭間の戦いや美濃国攻めなどがありましたが、あまり出陣させてもらえませんでした。

④ 転機

47歳のとき、京を目指して上洛する織田軍のメンバーに選ばれます。先鋒隊として、六角義賢や、三好三人衆の岩成友通との戦いで活躍しました。すっかり信長から信頼された勝家は、織田軍になくてはならない存在になりました。55歳で北陸攻めの指揮官になって、上杉謙信とも戦いました。勝家は信長の家来のなかで、一番えらくなりました。

⑤ 豊臣秀吉と対立

信長が本能寺の変で討たれたあと、勝家や丹羽長秀たちが集まって、跡継ぎを決める清洲会議をしました。その会議で、織田家をあやつろうとする豊臣秀吉がゆるせなくなりました。秀吉をやっつけようとしますが、味方の滝川一益が負けてしまう、かわいがっていた前田利家が戦わないなど、うまくいかず、賤ヶ岳の戦いで負けてしまいました。

⑥ 最後と死因

追いかけてきた秀吉が城に攻めてきました。80人ほどの家来と家族を集めて、天守で宴会をしたあと、柴田勝家は妻・市といっしょに北ノ庄城で自害しました。腹を十文字に切る切腹でした。
少しのあいだでしたが、信長の妹・市と結婚して、市と3人の娘たちと北ノ庄城で暮らしました。62歳でした。

戦国時代で柴田勝家が生きた期間の表
柴田勝家の領地・勢力図(1583年)

性格:人物像・どんな人?

柴田勝家の能力チャート

柴田勝家は「無骨でまっすぐ正直な人」です。若手から慕われる親分で、親父どのと呼ばれて親しまれました。人情味あふれる人柄で、すべてを包み、許せる懐のひろさがあります。キリスト教の布教にも寛大で、助けないけど邪魔もしないというスタンスが、宣教師からも好かれました。

一生を軍事に費やした人、信長の時代でもっとも勇猛で果敢な武将と評される闘将で、一人で30もの首をとったこともあります。戦場での突進力は半端ないものでした。

身長185cmでがっしりした体格。肖像は、いずれも髭モジャです。仕事の鬼で趣味はありません。不器用で教養が浅く、信長にお願いして茶器をもらったものの、茶会は許可されませんでした。
曲がったことが大嫌い。悪知恵が回る秀吉とは犬猿の仲でした。

信長の妹・市にずっと憧れていました。61歳まで独身でしたが、念願叶って、市と25歳差という歳の差婚をします。10か月ほどの結婚生活でした。

自害する直前、城にいたすべての人に逃がして、人々が生き延びることを喜んだといいます。市の連れ子だった3人の娘は、命乞いをして秀吉に預けました。

柴田勝家の逸話・面白いエピソード

水瓶を叩き割って決死の突撃をする瓶割り柴田

勝家が守っていた長光寺城が六角義賢に包囲されました。持久戦に持ち込まれ、城内の水が少なくなると、城兵たちに水をたくさん飲めと命じます。

みんなが水を飲み終えたところで、水瓶をパッカーンと槍で叩き割り「城に籠っていても生きる道はない!敵を蹴散らすぞ!」と鼓舞しました。「かかれー!」と、長光寺城を囲んだ六角軍に突っ込んで、撃退しました。

【瓶割り柴田】水瓶を割って決死の覚悟を示す柴田勝家

このパフォーマンスで、柴田勝家は『瓶割り柴田』とも呼ばれるようになります。”飲め柴田” でも ”水!柴田” よかった気がしますが、とにかくニックネームが多い愛され柴田です。

心で会話した前田利家との最期

勝家を「親父どの」と呼んで慕っていた前田利家が、賤ヶ岳の戦いで持ち場から動かず、勝手に府中城に帰ってしまいました。かわいがっていた部下の思わぬ戦線離脱によって、勝家は羽柴秀吉に敗れてしまいます。

ボロボロになって北ノ庄城に退却する途中、勝家は府中城の利家を訪ねました。裏切った理由など聞かず、利家にこれまで働いてくれたことを感謝する思いを伝えます。利家は黙っていましたが、勝家は湯漬け(お茶漬け)を一杯たべると「お前と秀吉は友達なんだから、降参して家来にしてもらえ」と、告げて帰りました。

居城の北ノ庄城に戻った勝家は、預かっていた利家の娘(当時の習わしで部下は上司に人質を出す)に「利家のところに帰れ」と城から逃します。ほどなくして、秀吉から勝家攻めの先鋒を命令された前田利家の部隊を迎えうち、自害しました。

柴田勝家の戦い・有名な合戦

稲生の戦い いのうのたたかい 1556.9.27 ● 織田信行軍1千7百 vs 織田信長軍7百 ○

織田信長の家督相続を不満とする弟・織田信行が挙兵、稲生原(愛知県名古屋市西区名塚町)付近で行われた合戦。序盤、柴田勝家を擁する信行軍が優勢に進めるが、戦線にいた織田信長が大声で叫ぶと柴田隊が混乱。信長が林通具を討ち取ると信行軍は敗走した。

稲生の戦いで柴田勝家は敗れています。
柴田勝家のターニングポイントになった戦いです。
終生の主君となる織田信長との合戦は、生涯を左右するものになりました。この敗戦以降は、信長に対して絶対的な忠誠を誓っています。

観音寺城の戦い かんのんじじょうのたたかい 1568.9.12 ○ 織田&浅井軍6万 vs 六角軍1万1千 ●

京に上洛する織田信長が、途上にある観音寺城(滋賀県近江八幡市)を攻めた合戦。18からなる支城で構成された難攻不落の山城だったが、丹羽長秀らの活躍により、わずか1日で要所であった箕作城と和田山城が陥落。六角義賢は観音寺城を放棄して甲賀郡に逃亡した。

観音寺城の戦いで柴田勝家は勝っています。
勝家がようやく戦列に加わることができた合戦です。森可成と観音寺城の攻略にあたりましたが、これといった戦闘はありませんでした。緒戦での活躍が信長に認められました。

手取川の戦い てどりがわのたたかい 1577.11.3 ● 織田軍4万 vs 上杉軍2万 ○

加賀に侵攻した織田軍の柴田勝家は、七尾城が上杉軍に落とされたことを知り、撤退を開始。これを上杉謙信が急襲し、手取川(石川県白山市湊町)で粉砕した合戦。パニックの様子を伝える「上杉に逢うては織田も手取川、はねる謙信逃げるとぶ長」という狂歌が残っている。

手取川の戦いで柴田勝家は敗れています。
引き際を軍神・上杉謙信に襲撃されて潰走しました。雨で河川が増水していたこと、羽柴秀吉が無断で部隊から離脱するなど、開戦前から良くない状況でした。

加賀平定戦 かがへいていせん 1580.? ○ 織田軍1万5千 vs 一向一揆軍? ●

加賀平定を目指す柴田勝家が一向一揆と争った合戦。勝家は、兵を二手に分けて尾山御坊(現在の金沢城・石川県金沢市丸の内)の支城や砦に猛攻撃をしかけ、次々と攻略。本山である尾山御坊を正面と側面から攻め、一揆衆を混乱に陥れた。敵将を討ち取る大勝だった。

加賀平定戦で柴田勝家は勝っています。
難敵が多い北陸戦線を攻略するカギとなった合戦で、尾山御坊を攻略し、一向宗を制圧します。この戦いの勝利によって、信長と勝家にとって悲願だった加賀平定を達成しました。

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 ○ 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万 ●

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの加藤清正ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで柴田勝家は敗れています。
織田家を二分していた羽柴秀吉との決戦に挑みましたが、前田利家の離脱という誤算もあり、これが勝家の命運を決めてしまいました。
柴田勝家の敗北は織田氏の終焉を意味しました。ここから、豊臣秀吉の天下統一が始まります。

柴田勝家の詳しい年表・出来事

柴田勝家は西暦1522年〜1583年(大永2年〜天正11年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15221柴田勝義の子として尾張国に生まれる。幼名:権六
織田信長の弟・織田信行の家老になる。
155433”安食の戦い”織田信友との戦に織田信長の軍として参加。
155635”稲生の戦い”織田信行を後継者にするため、織田信長に対して挙兵するが敗れる。信行ともども許され、これより信長に仕える。
155837織田信行が兄・信長に再び謀反を画策し、これを信長に知らせる。
織田信行が信長に誅殺される。
156342”新加納の戦い”斎藤龍興との戦に参加。
156847”観音寺城の戦い”六角義賢・義治父子との戦に参加。
156948”大河内城の戦い”北畠具教・具房父子との戦に参加。
157049”金ヶ崎の戦い”朝倉義景との戦に参加。森可成らとともに天筒山城を攻略。
”野洲河原の戦い”近江国に進出してきた六角義賢・義治父子を撃退する。
”姉川の戦い”浅井氏&朝倉氏との戦に参加。
157150長島一向一揆の鎮圧に向かうが激しく抵抗されて退却。
”比叡山焼き討ち”比叡山延暦寺の殲滅戦に参加。
157251織田氏を離反した松永久秀が交野城を襲撃、これを撃退する。
157352”槙島城の戦い”足利義昭との戦に参加。二条城の三渕藤英を説得、開城させる。【室町幕府の滅亡】
”一乗谷城の戦い”朝倉義景との戦に参加。朝倉家滅亡
”小谷城の戦い”浅井長政との戦に参加。浅井家滅亡
六角義賢・義治父子が篭る鯰江城を攻略。
長島一向一揆の鎮圧に向かうが苦戦し、撤退する。
157453”長島一向一揆”数年続いていた一向一揆を焼き討ちにて制圧。
157554”高屋城の戦い”三好康長、石山本願寺との戦に参加。
”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。
越前一向一揆の殲滅戦に参加。
織田信長から北ノ庄城を拝領する。
157655織田信長から加賀国の攻略を命ぜられる。
信長の命令により、前田利家、佐々成政が配下に加わり、北陸方面軍の司令官になる。
157756指揮下にいた羽柴(豊臣)秀吉と意見が対立し、秀吉が戦線を離脱してしまう。
”手取川の戦い”加賀国に侵攻してきた上杉謙信に惨敗する。
158059”加賀平定戦”北陸地方の一向一揆の本山である尾山御坊を制圧。
加賀国を平定。
158160京都で行われた軍事パレードに参加。【京都御馬揃え】
158261”魚津城の戦い”越中国・上杉景勝の魚津城を攻略。
主君・織田信長が死亡。【本能寺の変】
本能寺に向かおうとするが、上杉景勝が領内を脅かしたため、これに応戦し、明智光秀を討伐する機会を逃す。
清洲城で柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人で会議を行い、三法師(信長の孫)を後継者とする。信長の三男・織田信孝を推挙したが賛同を得られず。【清洲会議】
信長の妹(市)と結婚する。
織田信孝、滝川一益と結束するが、養子・柴田勝豊が秀吉に懐柔され、織田信孝、滝川一益も羽柴秀吉に攻撃され、降伏する。
158362”賤ヶ岳の戦い”羽柴秀吉と近江国で争うが敗れ、北ノ庄城に退却する。
”北ノ庄城の戦い”羽柴秀吉に北ノ庄城を攻められ、落城。妻・市とともに自害。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!