読み込み中

読み込み中

しばた かついえ

柴田勝家

1522.? 〜 1583.6.14

 
柴田勝家のイラスト
  

柴田勝家は、現在の愛知県西部にあたる尾張の武将・大名です。はじめ信長の弟に仕えますが、信長に敗れて以降、家来となります。出陣したほとんどの戦で先鋒を務め、織田家イチの猛将として知られました。北陸地方の司令官として活躍しますが、信長の死後、羽柴秀吉との権力争いに敗れて北ノ庄城で自害します。享年62歳。

柴田勝家の人物タイプ
猛将

このページでは、柴田勝家が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・柴田勝家のことがきっと好きになります。

  • 出身地:尾張(愛知県)
  • 特 徴:勇猛果敢な正直者
  • あだ名:鬼柴田、かかれ柴田、瓶割り柴田
  • 領 地:越中、能登、加賀、越前
  • 居 城:北ノ庄城

信長の先鋒隊として突撃した親分肌の猛将は最前線で戦った

柴田勝家は織田信長の戦において常に先鋒をつとめ、勇猛果敢に敵陣に突撃し、恐れられた豪傑です。「鬼柴田」と呼ばれており、立派なヒゲをたくわえた肖像画は、さながら鍾馗(しょうき)様のようで、鬼っぽさを感じます。

信長の父・信秀の代から仕えている年長者ですので、信長のデビュー戦から支え、重要な戦いではいつも活躍していたのかと思いきや、柴田勝家が戦場で活躍する機会を得るのは意外にも遅いのです。

柴田勝家は信長の弟びいきのグループだった経緯があり、家督を相続した信長に対して一戦挑んでいます。信長に負けて、降参してからというもの一生懸命働きますが、なかなか戦列に加えてもらえませんでした。

信長に仕えて12年ほど経ったころ、47歳をむかえていたモヤモヤ柴田に出陣のチャンスが訪れます。足利義昭を奉じて京を目指す上洛戦のおり、南近江の六角氏との戦でスタメンに抜擢された柴田勝家は、信長から信頼を得たい一心で奮闘します。
観音寺城の戦いで勝利すると、続く勝竜寺城の戦いでは先陣として三好三人衆の岩成友通を撃破します。

織田氏の最精鋭として、先鋒隊で斬り込み、大活躍をした柴田勝家についたあだ名は「かかれ柴田」。以来、かかれ柴田は、信長の先鋒という大役を与えられ、目覚ましい戦果をあげます。
戦場で先陣をつとめるのはもちろん、上杉謙信という無敗の強敵と戦わなくてはならないハードモードな地域の攻略を任されるなど、柴田勝家は最前線で果敢に戦い続けました。

[生涯] わかりやすい解説

① 稲生の戦い

信長の父・織田信秀のときから織田氏に仕えていました。
信秀が亡くなると、信長の弟・織田信勝の側近として働きます。
信長が織田氏の当主となることに反対して戦いを挑みますが、稲生の戦いで信長に敗れて反省しました。
織田信勝が信長によって殺害されると、勝家は織田信長の家来になりました。

② 転機

足利義昭を京に連れて行く上洛戦で、織田軍の先鋒隊として六角義賢を攻める活躍をしました。
それからは、織田軍の大事な戦いのほとんどに出陣します。

信長の天下統一がすすむと、明智光秀や豊臣秀吉とともに司令官になった勝家は、北陸地方を攻めました。越後の上杉謙信とも戦い、一向一揆を押しのける働きで加賀を攻めとります。

③ 賤ヶ岳の戦い

本能寺の変で信長が亡くなると、後継者を選ぶ清洲会議で豊臣秀吉と対立します。
賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れてしまい、北ノ庄城で腹を十文字に切る切腹をしました。
信長の妹・市を妻に迎え、市の連れ子だった三人の娘たちと少しのあいだ幸せに暮らしましたが、市と一緒に北ノ庄城で最後を迎えています。

柴田勝家の簡単な年表
柴田勝家の領地・勢力図(1583年)

[能力] 勇猛果敢で心やさしい親分さんは正直者すぎた

一人で30もの首をとる活躍をするなど、柴田勝家は無双の豪傑であったことはもちろん、大軍の指揮がとれる有能な司令官でした。曲がったことが嫌いで、人情味にあふれる人柄がうかがえます。賤ヶ岳の戦いで勝家を裏切った前田利家の娘を人質として預かっていましたが、利家を責めなかったうえ、落ちゆく城から娘を逃したといいます。

正直者で、まっすぐな性格の勝家は、感情的で利用されやすくもあり、羽柴秀吉の思惑どおりに動かされてしまった晩年は悔しい思いをしています。

柴田勝家の逸話・面白いエピソード

水瓶を叩き割って決死の突撃をする=瓶割り柴田

「鬼柴田」「かかれ柴田」などの異名で知られた勝家には、ほかにもあだ名が存在します。南近江の六角義賢との交戦で、勝家が守る長光寺城が包囲されました。
六角氏の狙いどおり持久戦に持ち込まれた柴田。城内の水が少なくなると、勝家は兵たちに水をたくさん飲めと命じます。みなが飲み終えたところで、水が入った瓶をパッカーンと叩き割り「このまま城に籠っていても生きる道はない!敵を蹴散らすぞ!」と鼓舞。長光寺城を囲んだ六角軍に突っ込んでいき撃退しました。

【瓶割り柴田】水瓶を割って決死の覚悟を示す柴田勝家

このパフォーマンスで柴田勝家は「瓶割り柴田」とも呼ばれるようになります。”飲め柴田” でも ”水!柴田” よかった気がしますが、とにかくニックネームが多い愛され柴田です。

柴田勝家の戦い・有名な合戦

稲生の戦い いのうのたたかい 1556.9.27 織田信勝軍1千7百 vs 織田信長軍7百

織田信長の家督相続を不満とする弟・信勝が挙兵、稲生原(愛知県名古屋市西区名塚町)付近で行われた合戦。序盤、柴田勝家を擁する信勝軍が優勢に進めるが、戦線にいた織田信長の怒号により柴田隊が混乱。信長が林通具を討ち取ると信勝軍は敗走、信長が勝利した。

稲生の戦いで柴田勝家は敗れています。終生の主君となる織田信長との合戦は、柴田勝家の生涯を左右する大きなターニングポイントになりました。この敗戦以降は、信長に対して絶対的な忠誠を誓っています。

加賀平定戦 かがへいていせん 1580.? 柴田軍1万5千 vs 一向一揆軍?

加賀平定を目指す柴田勝家が一向一揆と争った合戦。勝家は、兵を二手に分けて尾山御坊(現在の金沢城・石川県金沢市丸の内)の支城や砦に猛攻撃をしかけ、次々と攻略。本山である尾山御坊を正面と側面から攻め、一揆衆を混乱に陥れた。敵将を討ち取る大勝だった。

加賀平定戦で柴田勝家は勝っています。難敵が多い北陸戦線を攻略するカギとなった合戦で、尾山御坊を攻略し、一向宗を制圧します。信長と勝家にとって悲願だった加賀平定を達成しました。

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの加藤清正ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで柴田勝家は敗れています。織田家を二分していた羽柴秀吉との決戦に臨みましたが、前田利家の離脱という誤算もあり、これが勝家の命運を決めてしまいました。
信長家臣団には秀吉に対抗する勢力がなく、柴田勝家の敗北は織田氏の終焉を意味しました。ここから、豊臣秀吉の天下統一が始まります。

柴田勝家の年表を詳しく

柴田勝家は西暦1522年〜1583年(大永2年〜天正11年)まで生存しました。戦国時代中期に活躍した武将です。
豊臣秀吉の15歳上です。
織田信長より12年さきに生まれています。

15221尾張に生まれる。幼名:権六
織田信長の弟・信勝の家老になる。
155433”安食の戦い”織田信友との戦に織田信長の軍として参加。
155635”稲生の戦い”織田信勝を後継者にするため、織田信長に対して挙兵するが敗れる。信勝ともども許され、これより信長に仕える。
155837織田信勝が兄・信長に再び謀反を画策し、これを信長に知らせる。
156847”観音寺城の戦い”六角氏との戦に参加。
織田信長の上洛戦のすべてで先鋒を務める。
156948”大河内城の戦い”北畠氏との戦に参加。
157049”野洲河原の戦い”南近江に進出してきた六角義賢を撃退する。
”姉川の戦い”浅井氏&朝倉氏との戦に参加。
157150長島一向一揆の鎮圧に向かうが激しく抵抗されて退却。
”比叡山焼き討ち”比叡山延暦寺との戦に参加。
157251織田氏を離反した松永久秀が交野城を襲撃、これを撃退する。
157352足利義昭が挙兵。二条城の三渕藤英を説得・開城させ、槙島城を攻略して義昭を降伏させる。【室町幕府の滅亡】足利家滅亡
”一乗谷城の戦い”朝倉氏との戦に参加。朝倉家滅亡
”小谷城の戦い”浅井氏との戦に参加。浅井家滅亡
六角義治が篭る鯰江城を攻略。
長島一向一揆の鎮圧に向かうが苦戦し、退却する。
157453”長島一向一揆”数年続いていた一向一揆を焼き討ちにて制圧。
157554”高屋城の戦い”石山本願寺との戦に参加。
”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。
織田信長から北ノ庄城を拝領する。
157655織田信長から加賀攻略を命ぜられる。
信長の命令により、前田利家、佐々成政が配下に加わり、北陸方面軍の司令官になる。
157756指揮下にいた羽柴秀吉と意見が対立し、秀吉が戦線を離脱してしまう。
”手取川の戦い”加賀に侵攻してきた上杉謙信に惨敗する。
158059”加賀平定戦”北陸地方の一向一揆の本山である尾山御坊を制圧。
加賀を平定。
158261”魚津城の戦い”越中・上杉景勝の魚津城を攻略。
本能寺の変を知り、丹羽長秀とともに明智光秀の討伐を画策するが、上杉景勝が領内を脅かしたため、これに応戦。光秀を討つ機会を逃す。
信長の後継者を決める会議で三男・織田信孝を推挙する。羽柴秀吉が推した三法師(信長の孫)を後継者とし、織田信孝は三法師の後見人となる。【清洲会議】
信長の妹(市)と結婚する。
織田信孝、滝川一益と結束するが、養子・柴田勝豊が秀吉に懐柔され、織田信孝、滝川一益も羽柴秀吉に攻撃され、降伏する。
158362”賤ヶ岳の戦い”羽柴秀吉と北近江で争うが敗れ、北ノ庄城に退却する。
”北ノ庄城の戦い”勢いに乗る秀吉に攻められ落城。妻・市とともに自害。
柴田勝家のページの先頭に戻る