読み込み中

読み込み中

斎藤家に関連するページ

斎藤家について

家紋・二頭波頭立波
二頭波頭立波
  • 根拠地:美濃国
  • 出 自:守護代
  • 家 祖:斎藤祐具
  • 最盛期:斎藤義龍
  • その後:滅亡

油売りから国盗りを成功させた道三で知られる斎藤氏は、美濃国守護代の家系です。守護・土岐氏の内乱による影響で、斎藤氏も弱体化します。ここに道三が現れて、名跡を奪いました。道三が土岐氏を追い出して、斎藤氏が国主になりますが、統制がとれず、義龍の死後、織田氏に滅ぼされました。

斎藤道三のイラスト
斎藤道三のハナシを読む

斎藤道三(利政、長井規秀、西村正利、松波庄五郎)は、現在の岐阜県にあたる美濃国または京都府南部にあたる山城国の武将・大名です。油売りから武士に転身し、土岐氏に仕えると、謀略によって下克上を果たします。美濃国の国主になりますが、長男・斎藤義龍との合戦で、奮闘のすえに討ち死にしました。享年63歳。