読み込み中

読み込み中

さいとう よしたつ

斎藤義龍

1527.7.8 〜 1561.6.23

 
斎藤義龍のイラスト
  

斎藤義龍(一色義龍、范可、高政、利尚)は、現在の岐阜県にあたる美濃の武将・大名です。蝮と呼ばれた斎藤道三を父に持ち、自身の出生に悩んだすえ、長良川の戦いで道三を討って国主の地位を固めます。父親ゆずりの謀略で織田信長に対抗し、勢力の拡大に乗り出しますが、奇病により急死しました。享年35歳。

斎藤義龍と似ている人物
細川晴元
松永久秀
斎藤道三

このページでは、斎藤義龍が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・斎藤義龍のことがきっと好きになります。

  • 名 前:斎藤利尚 → 斎藤高政 → 斎藤范可 → 斎藤(一色)義龍
  • 幼 名:豊太丸
  • 官 位:治部大輔、左京大夫、美濃守
  • 出身地:美濃(岐阜県)
  • 領 地:美濃
  • 居 城:稲葉山城
  • 正 室:浅井久政の養女・近江の方
  • 子ども:2男
  • 跡継ぎ:斎藤龍興

毒をもって毒を制す、マムシの息子は父親を殺して美濃を治めた

美濃守護職である土岐氏を追い出して、国主の座を奪った斎藤道三を父に持ち、追い出された土岐頼芸の妾だった母から、斎藤義龍は生まれました。
そして、父を討ち、弟を2人殺害して、美濃の国主に君臨しました。

マムシの子はマムシ。彼もまた、美濃のマムシと呼ばれた父を凌駕して、改革を行いました。

美濃を治めるために、斎藤義龍は父親にも勝る謀略を駆使します。


親兄弟も
食い殺す

道三から家督を継いだ斎藤義龍は、隠居したとはいえ、強い影響力を持つ父の排除を画策します。父に味方する2人の弟を、病気を装って見舞いに来させて殺害しました。これを父への宣戦布告として、道三との対立を宣言しました。

父の代から仕えている家臣たちの多くを、自身の味方につけることに成功すると挙兵し、長良川の戦いで、道三との親子対決をします。
圧倒的な兵力差で臨んだ斎藤義龍は、父である斎藤道三を討ち取る戦果をあげました。


織田信長の
邪魔をする

次なる敵は美濃のとなり、尾張の織田信長でした。信長は斎藤義龍の妹婿ですが、長良川の戦いでは道三の味方についており、協力的な関係は望めそうにありません。
しかも、道三は「自分が死んだら美濃を信長に譲る」といった遺書っぽいものを遺していました。

これは捨て置けない。斎藤義龍は、信長に従わない織田氏の分派に調略を仕掛けます。

斎藤義龍の謀略は見事に功を奏します。嫌われ者の信長ではなく、弟の織田信勝を織田氏の当主にする動きがヒートアップして、ついに兄弟対決が勃発。織田家に暗雲をもたらしました。


あかるい
統治改革

道三のワンマン統治から変革を行い、6人の側近を立てて合議制で美濃を治めました。
家臣に与える領地も、土地に根付いた従来の荘園制を廃止。石高をベースとした貫高制を導入しました。この貫高(かんだか)制は、戦国時代の常識となりますが、この時点ではかなり先行した試みでした。

由緒ある一色姓を名乗る許可を幕府からとりつけ、南近江の守護職で各式高い六角氏と同盟を結び、北近江に侵攻するなど、父の頃よりも斎藤氏を繁栄させました。
斎藤義龍が、もう少し長く生きていれば、織田信長は美濃をとれなかったかもしれません。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

斎藤義龍は、美濃国の稲葉山城に父・斎藤道三と母・深芳野の子として生まれます。母は、父が追い出した美濃守護・土岐頼芸の妾でした。父のところにきてすぐに、義龍が生まれました。
長男ですが、母が側室のため、庶子でした。体格がよい子どもで、10歳のときに元服しました。

② 葛藤

父はいつも、正室が産んだ弟たちばかりを可愛がりました。
義龍のことは嫌って、馬鹿にしていました。義龍は、自分が斎藤道三の子どもではないと考えることがありました。

③ 転機

父に不満をもつ家来たちと協力して、父・道三を隠居させます。28歳のときに、義龍が斎藤氏2代目当主になりました。
あるとき、父が可愛がっていた2人の弟(孫四郎と喜平次)を、長井道利と相談して殺してしまいます。これに怒った父を、長良川の戦いで討ち取りました。このころから義龍は、范可(はんか)を名乗ります。

④ 外交と調略

北近江の浅井久政を攻めるために、南近江の六角義治と同盟をします。幕府とも仲良くして、将軍・足利義輝から、由緒ある一色姓を名乗る許可をもらうなど、着々と進めました。
尾張国の妹婿・織田信長に対して、織田家で内乱が起こるようにして、美濃国に攻めて来られないようにしました。

⑤ 最後

美濃国の政治を良くするために、あたらしい体制や国づくりに取り組みました。しかし、これからというときに、35歳の若さで斎藤義龍は、とつぜん亡くなります。
奇病にかかり、妻と息子もいっしょに死亡しました。死因は、タンパク質異常のマルファン症候群でした。

斎藤義龍の簡単な年表
斎藤義龍の領地・勢力図(1560年)

性格:人物像・どんな人?

斎藤義龍の能力チャート

斎藤義龍は「シビアな判断ができる人」です。家臣団を統制するために、肉親をも排除する冷ややかで、現実的な判断をします。マムシを父にもったからこそ、生き抜く厳しさを熟知していました。

道三の実子ではないという噂を逆手にとって、もっと良い家柄である土岐氏や一色氏の血縁であると流布し、父ではなく逆賊を成敗したのだとして、父殺しの汚名を回避します。結果として、2万人近い美濃の国人の賛同を得ました。

流言をつかった計略で、織田兄弟を争わせて、信長に弟を始末させています。失敗しましたが、信長の暗殺を企てて、スナイパーを使った日本初の狙撃を試みるなど、悪知恵が働きます。

身長6尺5寸(197cmくらい)の大男でした。馬に乗っても地面に足がついたといいます。戦国武将でNo.1の高身長です。

斎藤義龍の逸話・面白いエピソード

父親殺しと言われるが、悪いのは父・道三のほう

道三は隠居して義龍に家督を譲ったのではなく、道三の方針に従えない家臣たちに、強引に稲葉山城から追い出されてしまいます。家臣たちは、斎藤氏の次期当主に義龍を立てました。
であれば、家督を取り戻そうと挙兵した斎藤道三を、義龍が迎え討ったのが真実です。

斎藤義龍は、家督を継いだころから「范可(はんか)」と名乗ります。これは、やむをえない事情で父親を殺した中国・唐の人物にあやかった名前とのこと。父を討たなければならない自分の境遇と重ねていたとされています。

道三の子ではなかったかもしれない

義龍の母・深芳野は、もとは美濃守護・土岐頼芸の妾でした。これを義龍の父・斎藤道三が強奪しました。義龍が産まれたタイミング的に、土岐頼芸の子では?という憶測がありました。

土岐頼芸を追放した悪党・斎藤道三を、土岐家の血をひく斎藤義龍が成敗するために立ち上がったとする説があります。このような発想に至った背景には、道三が弟ばかり可愛がる寂しさもありました。

つねづね、道三は義龍を「暗愚(おろか者)」と罵っていましたが、討たれるときになってはじめて「さすが我が息子」と認めました。

斎藤義龍の戦い・有名な合戦

長良川の戦い ながらがわのたたかい 1556.4.20 ○ 斎藤義龍軍1万7千 vs 斎藤道三軍3千 ●

斎藤家前当主・斎藤道三を討ち果たすべく挙兵した息子・斎藤義龍による父子の合戦。長良川(岐阜県)を挟んで対峙した両者は、午前8時頃に激突した。槍の名手だった道三も奮闘したが討ち死に。義理の息子にあたる織田信長は道三の援軍に向かったが間に合わなかった。

長良川の戦いで斎藤義龍は勝っています。
斎藤義龍のターニングポイントになった戦いです。
道三の非道なやりかたに賛同できなかった義龍ですが、結果的に自身も親殺しという残忍な行為をしてしまいます。このときの義龍の采配は、じつに見事なもので、道三派を余さず成敗しました。

斎藤義龍の詳しい年表・出来事

斎藤義龍は西暦1527年〜1561年(大永7年〜永禄4年)まで生存しました。
戦国時代中期に活躍した武将です。

戦国時代で斎藤義龍が生きた期間の表
15271斎藤道三の庶子として美濃に生まれる。幼名:豊太丸
153610元服 → 斎藤(新九郎)利尚
改名 → 斎藤高政
155428父・斎藤道三の隠居により家督を相続。
155529弟・孫四郎と喜平次を殺害。父・道三に宣戦布告する。
改名 → 斎藤范可
155630”長良川の戦い”父・道三を討つ。道三に味方した明智などの家臣も討ち果たす。
15583113代将軍・足利義輝から一色姓を許される。
改名 → 斎藤義龍 または 一色義龍
155933南近江の六角義治と同盟を結ぶ。
北近江に侵攻し、浅井久政と争う。
156135死去。

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!