読み込み中

読み込み中

さなだ ゆきむら

真田幸村

1567.? 〜 1615.6.3

 
真田幸村のイラスト
  

真田幸村(信繁、好白)は、現在の長野県にあたる信濃国の武将です。関ヶ原の戦いのあとで九度山に流罪、不遇を過ごします。大坂の陣で戦国史に登場し、真田丸で徳川軍を相手に完封勝利を収めました。夏の陣では、玉砕覚悟で徳川本陣に突撃し、徳川家康を追いつめた苛烈な戦いぶりが伝説になりました。享年49歳。

真田幸村と似ている人物
足利義輝
浅井長政

このページでは、真田幸村が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・真田幸村のことがきっと好きになります。

  • 名 前:真田信繁 → 真田好白
  • 幼 名:弁丸
  • あだ名:日本一の兵
  • 官 位:左衛門佐
  • 出身地:信濃国(長野県)
  • 正 室:大谷吉継の娘(竹林院)
  • 子ども:3男 9女
  • 跡継ぎ:片倉守信

大坂の陣で超ド級のインパクトを残して日本一の兵と称された

大坂の陣で、真田幸村の戦いぶりをみた初代薩摩藩主・島津忠恒は「真田日本一の(つわもの)(いにしえ)よりの物語にもこれなき(よし)」と称えています。(超訳:あんなの見たことねえ)

黒田長政は、大坂夏の陣図屏風に真田隊の勇猛果敢な姿を描かせたといい、対戦した徳川方の武将から、真田幸村に惜しみない賛辞がおくられました。

真田幸村は、戦国時代の最期におこなわれた合戦で後世に語り継がれる見事な戦いをしました。

… ときは戦国のおわり、天下をねらう徳川家康。そうはさせじと真田左衛門佐幸村、バッタバッタと斬り倒し、徳川本陣に突入せり。「狙うは家康の首ー!」ついに追いつめたり!…

大坂の陣を題材にした『難波戦記』が、江戸時代の庶民のあいだで大ヒットしました。物語のなかで、徳川家康を追いつめるヒーローの名前が「真田幸村」だったため、本名の真田信繁ではなく、幸村が定着しました。


幸村の伝説 その1
真田丸の戦い

徳川家康が、豊臣氏を攻め滅ぼそうとした大坂冬の陣で、真田幸村は大坂城のウイークポイントだった南側に『真田丸』を築きます。真田丸は、奥行き270m・幅280mほどで、不定形の城郭を成していました。

真田丸で多くの敵兵を仕留めるため、真田幸村は少数を率いて、篠山に布陣した前田利常を挑発します。

真田丸の戦い(大坂冬の陣)の図

ちょっかいを出されて怒った前田隊を、真田丸まで連れてくると、急勾配の空堀に誘い込んで、雨のような銃弾を浴びせました。前田隊につられて押し寄せてきた、井伊直孝、松平忠直の部隊を、同じように真田丸で壊滅させました。

大坂冬の陣でメインステージとなった、真田丸の戦いを目撃したイエズス会は、”かつてないほどの大虐殺。鉛の涙をみるくらい信じられないものだった” と、想像を絶する惨状を伝えています。


幸村の伝説 その2
天王寺口の戦い

戦国時代最後の決戦となった大坂夏の陣は、豊臣 vs 徳川の総力戦となりました。ここでも真田幸村は、圧巻のパフォーマンスをみせます。

徳川方の伊達政宗を追い散らして、向かってこない伊達勢にむかって「関東の兵に男はおらんのかーい!」と、かっこいい台詞で勝利します。歴戦の雄である政宗も、あれこれと理由をつけて、真田隊との交戦を嫌がりました。

すべり出しは順調だった豊臣軍ですが、次第に敗報が届くようになります。豊臣秀頼の出陣がままならず、勝機を逸して、敗色濃厚となってしまいました。

毛利勝永の中央突破に機をみた真田幸村は、徳川家康の本陣に特攻をします。何重もの布陣を突破して、すさまじい勢いで家康を目指しました。

天王寺口の戦い(大坂夏の陣)の図

前方から聞こえる喧騒の正体もわからぬうちに、真田隊がロケットのように突っ込んできたので、徳川本陣の旗本衆は総崩れ。わけがわからず、パニックを起こした家康は、陣を捨てて逃げ出しました。

逃げる徳川家康を、真田幸村は11kmにわたってしつこく追撃します。あまりの恐怖で、徳川家康は2回も自害しようとしたといいます。

真田日本一の兵と綴った島津忠恒は「御所様(家康)の御陣へ、真田左衛門(幸村)仕かかり(そうろう)。三度目に真田も討死にて(そうろう)」と振り返っています。

家康の陣に3回も突撃した真田幸村は、あと少しおよばず戦死しました。その勇姿は、人々の心に深く刻まれ、真田幸村の首実検には、多くの武将が見物に訪れて「真田の武勇にあやかりたい」と、髪の毛を持ち帰ったそうです。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

真田幸村の簡単な年表

① 生まれ

真田幸村は、信濃国の小県に父・真田昌幸と母・山手殿の次男として生まれます。1歳上に仲がいい兄・真田信之がいました。
幸村が15歳のときに、武田氏が滅亡します。武田家臣だった父が、上杉氏に仕えるようになると、人質として、越後国の上杉景勝にあずけられました。

② 青年期

しばらく越後国で過ごしたのち、父が豊臣氏の家来になったので、幸村は21歳で豊臣秀吉の馬廻り衆になりました。それから10年ほどの期間を、大坂城で過ごします。
豊臣秀吉が病気で亡くなると、父がいる信濃国の上田城にもどりました。

③ 九度山に流罪

上田城にもどって2年後、関ヶ原の戦いが起こります。幸村は父といっしょに、上田城で徳川秀忠と戦いますが、真田親子が味方した西軍は、徳川家康の東軍に負けてしまいます。
父と幸村は、徳川氏のじゃまをした罪を問われて、流罪になりました。

④ 転機

九度山で長い年月を過ごすうちに、父が病気で亡くなります。そうして14年が経ったころ、48歳の幸村に、徳川氏と決戦をする豊臣秀頼からSOSが届きます。幸村は九度山を抜け出して、ふたたび大坂城に入りました。

⑤ 最後と死因

秀頼のSOSで、大坂城には後藤又兵衛など、大勢の武将があつまり、徳川氏を迎えうちます。毛利勝永とともに、幸村は徳川家康の本陣に突撃しますが、一歩およびません。ボロボロになって、安居神社の境内で休んでいたところを、西尾宗次に発見されて、真田幸村は討ち取られました。49歳でした。

戦国時代で真田幸村が生きた期間の表

性格:人物像・どんな人?

真田幸村の能力チャート

真田幸村は「サムライのイメージどおりの人」です。義を大事にし、主君筋である豊臣秀頼の呼びかけに命を賭けて応えますが、徳川家康の引き抜きには断固として応じません。

柔和で辛抱強く、物静か。めったなことでは怒らない優しい性格です。兄・信之いわく「幸村こそ国を治めるにふさわしい本当の侍」と評する人格者でした。

幽閉された九度山では、父と軍略についてよく話し合っていました。必ず徳川氏と戦う機会がくると予想して、攻略法を議論したといいます。つねに兵法の勉強や、武術の鍛錬を怠らず、近所の人たちをあつめて訓練していました。

額と口に、小さな傷が2つ3つありました。大坂城に入るころは、歯は欠けて髭も白くなったと手紙に書いています。入城時の様子から、背が低かったこともわかっています。
お酒好きで、兄に焼酎をせがむ手紙をたびたび送っています。

大坂の陣では、赤く染めた鎧で統一した『赤備え』を率いていました。これは、武田氏に伝わる最強部隊を意味する装備でした。残念ながら、幸村が身につけたという、鹿角脇立の甲冑は残っていません。

幸村は別名で、本名は真田信繁です。

真田幸村の逸話・面白いエピソード

家康の引き抜きに「もう来ないで」

真田丸に苦戦した徳川家康は、幸村を引き抜くため、叔父・真田信尹を交渉役として、徳川家に来るよう誘いました。真田氏ゆかりの「信濃の土地を10万石あげるから」と、もちかけますが、幸村はこう答えます。

「家康公に九度山へ流され、なんとか生きていた私に、秀頼さまは兵あずけてくれた。領地よりも、信頼してもらえたのが嬉しかった」

すると、家康は「信濃国をまるごとあげるから」と、報酬をぐっと上げました。ところが、幸村は「日本の半分くれるといっても嫌です。もう来ないでください」とキッパリ。

とりつく島もない様子に、さすがの家康も真田幸村の引き抜きを諦めたといいます。
ちなみに、幸村が大坂城入りしたときの豊臣秀頼からのオファー額は、黄金200枚と銀30貫(およそ10億円)だったそうです。

こどもの未来を伊達政宗に託した

大坂夏の陣で伊達政宗と戦い、これを退けた幸村ですが、自分が亡くなったあとの家族の命運を、政宗に賭けました。直接対決があった晩、幸村は伊達家臣・片倉重長の陣に使いを出します。

絶世の美少女として伝わる娘・阿梅(12)を重長に嫁がせ、仙台の地で暮らせるよう嘆願すると、伊達政宗もこれを快諾します。真田幸村の娘・阿梅と次男・真田守信を伊達家に迎えました。

真田守信は、伊達家臣の片倉氏に仕え、片倉守信に改名。その後、守信の嫡男・真田辰信の代に真田姓に復し、仙台真田氏として脈々と幸村の血を受け継ぎました。

真田幸村の戦い・有名な合戦

大坂冬の陣 おおさかふゆのじん 1614.11.19 〜 12.20 △ 徳川幕府軍20万 vs 豊臣軍9万 △

方広寺鐘銘事件を発端に、徳川氏と豊臣氏がついに衝突。徳川家康は20万の大軍で大坂城(大阪府大阪市中央区)に迫った。豊臣秀頼は、浪人を集めて籠城。真田幸村が考案した真田丸で徳川勢を撃退した。しかし、徳川軍の大砲の威力を前に、豊臣氏は和睦を申しでた。

大坂冬の陣で真田幸村は引き分けています。
真田幸村のターニングポイントになった戦いです。
幸村が率いた真田丸の戦いだけをみれば、豊臣方の完勝でした。和睦の条件として、真田丸は壊され、大坂城の外堀が埋められてしまい、豊臣氏は城で戦えなくなりました。

大坂夏の陣 おおさかなつのじん 1615.4.26 〜 5.7 ○ 徳川幕府軍16万5千 vs 豊臣軍5万5千 ●

大坂冬の陣から半年後、徳川家康による豊臣氏の殲滅戦。大坂城付近(大阪府藤井寺市、阿倍野区など)で激しい局地戦が行われた。毛利勝永が奮闘し、徳川本陣に真田幸村が決死の突撃をしたが、数で勝る徳川軍が押し切った。大坂城は落城。豊臣秀頼は出陣の機会なく自害した。

大坂夏の陣で真田幸村は敗れています。
敗れはしましたが、徳川家康を追いつめた武将として、真田幸村は伝説になりました。
豊臣氏は滅亡し、これ以降は徳川幕府によって、泰平の世が続きました。

真田幸村の詳しい年表・出来事

真田幸村は西暦1567年〜1615年(永禄10年〜慶長20年)まで生存しました。
戦国時代後期に活躍した武将です。

15671真田昌幸の次男として信濃国に生まれる。幼名:弁丸
158519越後国の上杉氏の人質になる。
158721豊臣氏の人質になる。越後国から大坂城に移る。
豊臣秀吉の馬廻衆に加わる。
159024”忍城の戦い”石田三成の指揮下で成田泰季との戦に参加。【小田原征伐】
159226朝鮮出兵に備えて、父・昌幸、兄・信幸と名護屋城に入る。【文禄の役】
159428大谷吉継の娘(竹林院)と結婚。
159832主君・豊臣秀吉が死去。
大坂城から信濃国・上田城に戻る。
160034徳川家康と対立する石田三成が挙兵する。【関ヶ原の戦い】
真田昌幸・幸村父子は石田三成に加勢。嫡男・真田信之は徳川家康に加勢。【犬伏の別れ】
”第2次上田合戦”徳川秀忠との戦に参加。
関ヶ原の戦いで石田三成の西軍が敗れたため、父・昌幸とともに九度山に流罪となる。
161246出家 → 真田好白
161448豊臣秀頼の呼びかけで九度山を抜け出して大坂城に入る。
”大坂冬の陣”大坂城に攻めてきた徳川氏を出丸(真田丸)で迎撃、撃退する。
豊臣氏と徳川氏が講和。大坂城の外堀の埋め立てとあわせて真田丸が撤去される。
161549”大坂夏の陣”再び攻めてきた徳川氏を迎撃、家康の本陣に3回突撃したのち、戦死。
次男と娘を伊達政宗に託す。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!