読み込み中

読み込み中

さなだ まさゆき

真田昌幸

1547.? 〜 1611.7.13

 
真田昌幸のイラスト
  

真田昌幸(武藤喜兵衛)は、現在の長野県にあたる信濃国の武将・大名です。武田家臣でしたが、主家が滅ぶと信濃国衆をまとめて独立。強国に囲まれながらも、ズル賢く立ち回り、真田の家を守ります。上田合戦で2度も徳川軍を撃退しますが、関ヶ原の戦いで敗軍に属したため、九度山に流罪となりました。享年65歳。

真田昌幸と似ている人物
毛利元就
竹中半兵衛
島津家久

このページでは、真田昌幸が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・真田昌幸のことがきっと好きになります。

  • 名 前:武藤喜兵衛 → 真田昌幸
  • 幼 名:源五郎
  • あだ名:表裏比興の者、稀代の横着者
  • 官 位:安房守
  • 出身地:信濃国(長野県)
  • 領 地:上野国、信濃国
  • 居 城:上田城
  • 正 室:菊亭晴季の娘(山手殿)
  • 子ども:4男 7女
  • 跡継ぎ:真田信之

表裏比興にあっちこっち寝返りながら真田の家を生き残らせた

真田昌幸は他家を利用して立ち回る名人芸で、真田の家を守ります。主家だった武田氏の滅亡後は、上杉氏、北条氏、徳川氏、豊臣氏を渡り歩いて生き残りました。
そんな真田昌幸を、豊臣秀吉は『表裏比興(ひょうりひきょう)の者』と畏れ嫌いました。

嫌われながらも大国を手玉にとって、真田昌幸は真田の家を存続させました。

目的はあくまでも真田家の存続ファーストです。真田昌幸のハイライトは、徳川氏を2回もカモにした上田合戦のキテレツな籠城戦です。


上田合戦その1
スーパーコンボ炸裂

1回目の上田合戦は、北条氏と徳川氏のあいだで交わされた講和条件が、真田の土地であることに反発して籠城します。

鳥居元忠が率いる徳川軍を、少数の(おとり)隊でおびき寄せ、城内に深入りしたところを、千鳥掛け(交互に並んだ柵)で足止めし、物陰から鉄砲と弓で撃ちかけました。

第1次・上田合戦の図

上田城内の罠にあわてた徳川兵が逃げると、城下に火を放ち、混乱して敗走したところを、真田信幸が攻撃しました。われ先に川を渡って逃げる徳川兵に、堰き止めておいた神川の水を大放流して、濁流で飲み込むスーパーコンボで圧勝しました。

すべてをあらかじめ計算していた真田昌幸は、城下の住民を上田城に非難させ、物陰から鉄砲を撃つ民兵としていました。


上田合戦その2
関ヶ原に行かせない

2回目の上田合戦の目的は、関ヶ原の戦いに向かう徳川秀忠の軍勢を足止めさせることでした。徳川本隊3万8千を上田城に集め、またも大軍を翻弄します。

真田昌幸は降参する意思をみせながら、上田城を開け渡さない嫌がらせをして、秀忠を怒らせます。ムキになって攻める秀忠に、またしても神川大放流のコンボで勝利します。大敗を喫した徳川秀忠は、関ヶ原に間に合わず、徳川本隊が遅刻する失態を家康にプレゼントしました。

この上田城は、家康のお金で作った城でした。徳川氏に従っていたころ、越後の上杉景勝に備える城として、真田昌幸が家康にお金を出させたのです。

徳川家康に2度の屈辱をお見舞いしましたが、関ヶ原の戦いで味方した西軍が敗れたため、勝利した家康から罰せられてしまいます。真田昌幸は九度山に幽閉(監禁・封印)され、ふたたび世に出ることはありませんでした。こんなこともあろうかと、徳川氏に仕えさせていた長男・真田信之(信幸)の頑張りによって、信州真田氏は存続しました。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

真田昌幸の簡単な年表

① 生まれ

真田昌幸は、信濃国に父・真田幸隆と母・恭雲院の三男として生まれます。7歳のときに人質として武田氏に預けられますが、武田信玄に気に入られて家来になります。
信玄の遠縁にあたる武藤氏の養子になって、武藤喜兵衛を名乗りました。

② 武田信玄の時代

15歳のときに川中島の戦いで初陣します。20歳になるころには、山県昌景たちと同じ重臣になって、馬場信春などの信玄の側近に加わります。合戦では作戦会議でよく発言し、ふだんは信玄のそばで政治にも関わりました。
北条氏との戦いや、駿河攻めで活躍し、徳川領を攻めた三方ヶ原の戦いにも参加しました。

③ 武田勝頼の時代

信玄が亡くなったあと、武田勝頼に仕えます。長篠の戦いで兄2人が戦死してしまい、高坂昌信の助けもあって、真田氏に復帰します。29歳のときに真田氏4代目当主になり、真田昌幸を名乗ります。勝頼の命令で、叔父・矢沢頼綱をつかって沼田城を北条氏政から奪い、鈴木重則を調略して名胡桃城をとりました。

④ 転機

36歳のとき、武田氏が織田信長に滅ぼされてしまいます。それからすぐに本能寺の変で信長が死んでしまい、甲斐国と信濃国は空白地になりました。これを取り合う上杉氏、北条氏、徳川氏の争いに巻き込まれます。はじめ上杉景勝に従いますが、北条氏直に降参、つぎに徳川氏に従い、裏切って上杉氏に戻り、上田城で徳川軍をやっつけました。

⑤ 豊臣秀吉の時代

上杉氏に人質に出していた次男・真田幸村が、豊臣氏に渡されたことをきっかけに、40歳のころから、豊臣秀吉に従います。このころ、昌幸の名胡桃城を北条氏が攻めたことが原因で、小田原征伐がはじまり、これに勝った秀吉が天下統一をしました。
豊臣軍として、前田利家のもとで昌幸も北条領を攻め落としました。

⑥ 犬伏の別れ

秀吉が亡くなると、関ヶ原の戦いが起こりました。昌幸たち真田父子は犬伏で家族会議をします。徳川家康に仕えていた長男・真田信之は東軍に。昌幸と幸村は西軍に味方することにしました。どちらが勝っても、真田家は残る作戦でした。
西軍が負け、上田城で徳川秀忠をじゃました昌幸と幸村は、九度山に流罪になりました。

⑦ 最後と死因

それから11年、真田昌幸は九度山で亡くなりました。晩年は、うつ病と貧困に苦しみ、亡くなる1か月ほど前に、信之に会いたいという手紙を送りましたが、かないませんでした。64歳でした。

戦国時代で真田昌幸が生きた時期の表
真田昌幸の領地・勢力図(1582年)

性格:人物像・どんな人?

真田昌幸の能力チャート

真田昌幸は「飄々(ひょうひょう)として掴みどころのない人」です。ズルくて老獪な駆け引き上手ですが、けっこう行き当たりばったりな博打をします。信玄の戦略や外交術を模範としており、調略を用いて戦わずに勝つのが得意です。

武田信玄から「わしの目のごときもの」と信頼されていた昌幸は、信玄の墓所を真田領につくろうとしたことがあります。表裏比興といわれる昌幸も、信玄にだけは深い忠義と憧れを抱いていました。

囲碁が趣味です。上田合戦のときも徳川軍が押し寄せるなか、囲碁をしていたといいます。根っからの戦略家で、幽閉された九度山でも、ふたたび徳川氏を倒す作戦を立てていました。もう一度、徳川氏と豊臣氏の決戦が起こることを予見していたといいます。

銅丸にハシゴを模した甲冑を愛用しており、実際に身につけていたものが現存しています。筆まめで、長男・信之に宛てた手紙も多く残っています。

真田昌幸の逸話・面白いエピソード

死後も家康を震えあがらせた徳川キラー

ちいさな真田をやっつけようと思ったら、えげつない策略で負ける屈辱を2回も味わった徳川家康は、真田昌幸のことを『稀代の横着者』(超訳:ずるい奴)と嫌いました。そんな昌幸も、関ヶ原で西軍に与して徳川氏の邪魔をした罪で、九度山に封印されます。

それから14年経ち、豊臣氏との決戦を前にした家康陣営に、真田が九度山を抜け出して大坂城に入ったという情報が届きます。これを聞いた徳川家康は取り乱します。

家康「どっちの真田だ!?親か?子のほうか?」
家来「子(幸村)のほうです。親(昌幸)は4年前に死んだじゃないですか」
家康「ああ、そうか…よかった

大御所と呼ばれた徳川家康のトラウマだった真田昌幸は、このときすでに亡くなっており、大坂城に入ったのが昌幸ではないことを知ると、家康は胸をなでおろしたといいます。

しかし、大坂城に入った真田幸村によって、このあと家康は人生最大の恐怖を味わうことになります。

真田昌幸の戦い・有名な合戦

三増峠の戦い みませとうげのたたかい 1569.10.8 ○ 武田軍2万 vs 北条軍2万 ●

北条氏の本拠地を攻めて、甲斐に引き揚げる武田信玄を、三増峠(神奈川県愛甲郡愛川町)で北条軍が迎撃した合戦。北条綱成の鉄砲隊の攻撃で、浅利信種が討ち死にするなど、序盤は北条有利。しかし、山県昌景の奇襲が成功すると、武田軍が勢いづき、北条軍を押し退けた。

三増峠の戦いで真田昌幸は勝っています。
武田四天王のひとり馬場信春の補佐を務めて、一番槍の働きをしました。

上田合戦 うえだかっせん 1585.8.2 ● 徳川軍8千 vs 真田軍2千 ○

徳川軍によって2回行われた真田征伐の合戦。真田昌幸が設計・築城した上田城(長野県上田市二の丸)で大打撃を与え、敗走させたところを真田信幸の別働隊が追撃。鳥居元忠が率いる徳川軍を数で劣る真田軍が圧勝した。関ヶ原の戦いおりには、徳川秀忠を翻弄している。

上田合戦で真田昌幸は勝っています。
真田昌幸のターニングポイントになった戦いです。
見事な策略で徳川軍を2度も撃退し、特大のインパクトを放ちました。
第2次上田合戦では、関ヶ原に向かう徳川本隊の足止めに成功しますが、皮肉にも勝利したことで流罪が言い渡されました。

八王子城の戦い はちおうじじょうのたたかい 1590.7.24 ○ 豊臣軍1万5千 vs 北条軍3千 ●

小田原征伐の前哨戦のひとつ。北条氏の八王子城(東京都八王子市)を前田利家を総大将とした豊臣軍5万が攻撃した合戦。籠城していたのは主に領民、女、子どもであったが、豊臣秀吉から「見せしめにせよ」の命令により、真田昌幸の指揮下で容赦のない殲滅戦が行われた。

八王子城の戦いで真田昌幸は勝っています。
得意の策略を駆使して、わずか4時間ほどで八王子城を落としますが、将兵ではない者を多く手にかけた後味の悪い戦いになりました。

真田昌幸の詳しい年表・出来事

真田昌幸は西暦1547年〜1611年(天文16年〜慶長16年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15471真田幸隆の三男として信濃国に生まれる。幼名:源五郎
15537武田氏の人質になる。
武田晴信(信玄)の奥近習になる。
156115”第4次川中島の戦い”上杉政虎(謙信)との戦に参加。
156418菊亭晴季の娘(山手殿)と結婚。
156923”三増峠の戦い”北条氏康・氏政父子との戦で一番槍の手柄を挙げる。
157226”三方ヶ原の戦い”徳川家康との戦に参加。
157327主君・武田信玄が死去。次代・武田勝頼に仕える。
157428父・真田幸隆が死去。長兄・真田信綱が家督を相続。
157529”長篠の戦い”織田氏&徳川氏の連合軍との戦に参加。兄・真田信綱と真田信輝が討ち死にする。
兄の死に伴って復姓し家督を相続。
157933北条領の沼田城を調略を駆使して攻める。
名胡桃城の鈴木重則、小川城の小川可遊斎を調略によって降し、両城を手に入れる。
158034沼田城を降伏開城させる。
猿ヶ京城を陥落させる。
158236織田氏&徳川氏の連合軍によって武田勝頼が敗れる。武田家滅亡
織田氏の滝川一益の配下になる。次男・源二郎(真田幸村)を人質として預ける。
織田信長が死亡。【本能寺の変】
滝川氏の配下から離脱する。元・武田家臣をまとめる。
旧・武田領を徳川氏、上杉氏、北条氏が取り合う。上杉景勝 → 北条氏直 → 徳川家康と臣従を転々とする。
158337上杉景勝に備えるため、徳川家康に上田城の築城を命じられる。
158438北条氏と小競り合いを展開し、沼田ならびに吾妻を所領にする。
室賀正武を謀殺し、上杉景勝に引き渡す。
信濃国・小県を所領にする。
158539徳川家康と北条氏直が和睦。真田領の沼田を北条氏に渡すよう求められ拒否する。
徳川氏から離反して、上杉景勝に臣従する。次男・真田幸村を人質として上杉氏に預ける。
”第1次上田合戦”鳥居元忠らが率いる徳川軍を撃退する。同時に、北条軍から沼田城を守りきる。
羽柴(豊臣)秀吉に臣従する。次男・真田幸村を上杉氏から豊臣氏に移す。
158640北条氏直が沼田城を攻めてくるが撃退する。
徳川家康が真田征伐を行うが、豊臣秀吉の調停によって和解。
徳川家康の与力になる。
158741徳川家康の養女で本多忠勝の実娘を長男・真田信幸の嫁にもらう。
158943豊臣秀吉が定めた条例を無視した北条氏に名胡桃城を強奪される。
159044”八王子城の戦い”前田利家、上杉景勝に従って八王子城を攻略する。
”忍城の戦い”石田三成の指揮下で成田長親が籠城する忍城を攻める。
北条氏が降伏し、豊臣秀吉によって天下統一が成される。北条家滅亡
159246朝鮮出兵に備えて、長男・真田信幸、次男・真田幸村と名護屋城に入る。【文禄の役】
159852主君・豊臣秀吉が死去。
160054徳川家康と対立する石田三成が挙兵する。
真田昌幸・幸村父子は石田三成に加勢。長男・真田信幸は徳川家康に加勢。【犬伏の別れ】
”第2次上田合戦”徳川本隊を率いて関ヶ原に向かう徳川秀忠を翻弄し、足止めする。
関ヶ原の戦いで石田三成の西軍が敗れたため、次男・幸村とともに九度山に流罪となる。
161165九度山で死去。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!