読み込み中

読み込み中

さなだ まさゆき

真田昌幸

1547.? 〜 1611.7.13

 
真田昌幸のイラスト
  

真田昌幸は、現在の長野県にあたる信濃の武将・大名です。武田家臣でしたが主家が滅亡すると信濃の国衆をまとめて独立します。強国に囲まれながらも、ズル賢く立ち回り、真田の家を守ります。上田合戦で2度も徳川軍を撃退した策謀家ですが、関ヶ原の戦いで西軍が敗れたため、九度山に流罪となりました。享年65歳。

真田昌幸の人物タイプ
策士

このページでは、真田昌幸が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・真田昌幸のことがきっと好きになります。

  • 出身地:信濃(長野県)
  • 特 徴:コロコロ態度を変える
  • あだ名:表裏比興の者、稀代の横着者
  • 領 地:(上野、信濃)
  • 居 城:上田城

表裏比興にあっちこっち寝返りながら真田ブランドの価値を上げた

真田昌幸は、ちからのある他家を利用して立ち回る名人芸で、真田という家を守ります。主家だった武田氏が滅亡すると、飄々(ひょうひょう)と、上杉氏、北条氏、徳川氏、豊臣氏と状況によって次々と従属先を変えて生き残りました。
豊臣秀吉は、老獪で賢い戦略家の真田昌幸を「表裏比興(ひょうりひきょう)の者」と評して警戒しています。

天下を獲ろうなどと真田昌幸は考えていません。後世に家を残すために「真田の価値を高めた」ことが、真田昌幸のすごいところです。徳川軍を2回も撃退した上田合戦でみせたキテレツな籠城戦の勝利によって、真田昌幸とサナダ・ブランドは高騰しました。

1回目は、北条氏と徳川氏のあいだで交わされた講和条件が真田の土地であることに反発して、上田城に立て篭もります。
鳥居元忠を総大将とした徳川軍と上田城周辺で戦闘、囮隊で城内におびき寄せます。城内に深入りした徳川兵を千鳥掛け(交互に並んだ柵)で足止めし、物陰から鉄砲と弓で撃ちかけました。

第1次・上田合戦の図

罠に気づいて退却しようとする徳川兵を追い討ち、大混乱になったところで、堰きとめておいた神川の水を大放出。濁流に徳川兵を飲み込ませるスーパーコンボで真田昌幸は完勝しました。

2回目は、関ヶ原の戦いのおり、徳川秀忠が3万8千の大軍で押し寄せますが、真田昌幸が守る上田城を攻め落とせず、徳川本隊を率いていた秀忠が関ヶ原に遅刻するという失態を家康にプレゼントしました。

痛快なのは、上田城は徳川氏のお金で築かれた城であること。真田家が徳川家に臣従していたころ、上杉景勝に備える城をつくるように家康から命令をうけた真田昌幸が築城した城なのです。

[生涯] わかりやすい解説

① 武田家臣

真田幸隆の三男として生まれます。
はじめは武田家の人質でしたが、信玄の家来になりました。
15歳のころ元服し、真田昌幸と名乗ります。
武田信玄から「信玄の眼ごときもの」と信用され、合戦ではアイデアを出すこともありました。
信玄が亡くなると、武田勝頼の家来になりますが、織田信長によって武田家が滅ぼされます。

② 権力者に従属

本能寺の変で信長が死亡すると、ぽっかり空いた旧・武田領をねらう上杉氏、北条氏、徳川氏の争いに巻きこまれます。
昌幸は勢いがある大名にすり寄りながら、信濃の領地を守りました。
上杉景勝を頼って北条氏政と関東で争い、徳川家康と戦うために豊臣秀吉に服従するコバンザメのような方法で生き残ります。

③ 犬伏の別れ

秀吉が亡くなると、石田三成が徳川家康と関ヶ原の戦いで争います。
三成の西軍か家康の東軍か。なやんだ昌幸は、自分と次男・真田幸村は西軍、長男・真田信之は東軍に味方することにします。
どっちが勝っても真田は残る作戦でした。

真田親子は犬伏の地で別れたあと、関ヶ原で西軍が敗れたため、昌幸と幸村は徳川家康によって九度山に閉じ込められてしまいます。
最後まで家康をやっつけることを夢にみながら亡くなりました。

真田昌幸の簡単な年表
真田昌幸の領地・勢力図(1582年)

[能力] 徹底したリアリズムと逆境に燃えるメンタル

上田合戦で真田昌幸は、民兵をつかったゲリラ戦を見事に成功させているトップクラスの軍略家です。自分で城下に火を放ったり、川の水を放出する奇想天外な戦術も、戦争に勝つという徹底したリアリズムから生まれたアイデアです。生き残る執念こそ昌幸の真骨頂で、嫌いな徳川氏に長男・信之を送り込んだのもそのためです。

強国のあいだでもがいた真田家ですが、智謀に優れた昌幸にはゲームを楽しんでいるような余裕さえ感じられます。昌幸は現実主義者ですが、肝心なところの判断は運任せで出たとこ勝負に賭けてしまうおちゃめな一面があります。

真田昌幸の逸話・面白いエピソード

大御所・家康を震えあがらせた徳川キラー

真田をやっつけてやろうと思ったら、えげつない策略で負ける(2回も)という辛酸を味わった徳川家康は、真田昌幸のことを「横着者=一筋縄ではいかない・ムカつく」と嫌っていました。

関ヶ原の戦いのあと、昌幸・幸村父子を九度山に封印してひと安心。しかし、大坂冬の陣のまえ「九度山を抜け出した真田が大坂城に入った」という知らせを受けます。
家康は取り乱して「どっちの真田だ!?親のほうか子のほうか!?」と顔面蒼白。
家来が「親(昌幸)は4年前に死んだじゃないすかー、子のほうですよ」と大坂城に入ったのが真田幸村だと知ると、ほっと胸をなでおろしたそうです。
…真田幸村にも大変な目にあわされてしまうのですが。

真田昌幸の戦い・有名な合戦

上田合戦 うえだかっせん 1585.8.2 徳川軍8千 vs 真田軍2千

徳川軍によって2回行われた真田征伐の合戦。真田昌幸が設計・築城した上田城(長野県上田市二の丸)を活用し、真田幸村が囮部隊を使ってゲリラ戦を展開。鳥居元忠が率いる徳川軍を数で劣る真田軍が圧勝した。関ヶ原の戦いおりには、徳川秀忠を撃退している。

上田合戦で真田昌幸は勝っています。国力・兵力ともに徳川氏には大きく及ばない真田氏が、見事な策略で徳川軍を2度も撃退したという事実は、全国に特大のインパクトを放つターニングポイントになりました。これを機に「真田には、うかつに手を出さないほうが良い」という劇薬のような印象を与えるとともに、サナダ・ブランドの価値をあげました。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 西軍(豊臣)8万 vs 東軍(徳川)10万

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで真田昌幸は敗れています。関ヶ原の戦場に昌幸はいませんでしたが、第2次・上田合戦で関ヶ原に向かう徳川秀忠が率いる徳川本隊を足止めしました。しかし、西軍が敗れたため、昌幸と幸村父子は流罪になりました。

真田昌幸の年表を詳しく

真田昌幸は西暦1547年〜1611年(天文16年〜慶長16年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。
上杉景勝の9歳上、徳川家康の4歳下、北条氏政の9歳下です。
豊臣秀吉より10年あとに生まれています。

15471真田幸隆の三男として信濃に生まれる。幼名:源五郎
15537武田氏の人質になる。
武田晴信(信玄)の奥近習になる。
156115”第4次川中島の戦い”上杉政虎(謙信)との戦に参加。
156418菊亭晴季の娘(山手殿)と結婚。
156923”三増峠の戦い”北条氏康・氏政父子との戦で一番槍の手柄を挙げる。
157226”三方ヶ原の戦い”徳川家康との戦に参加。
157327武田信玄が死去。家督を継いだ武田勝頼に仕える。
157428父・真田幸隆が死去。
157529”長篠の戦い”織田氏&徳川氏の連合軍に大敗。兄・真田信綱と信輝が討ち死にする。真田の家督を相続。
157933北条領の沼田城を調略を駆使して攻める。
名胡桃城の鈴木重則、小川城の小川可遊斎を調略によって降し、両城を手に入れる。
158034沼田城を降伏開城させる。
猿ヶ京城を陥落させる。
158236織田氏&徳川氏の連合軍によって武田勝頼が敗れる。【甲州征伐】武田家滅亡
織田氏の滝川一益の配下になる。次男・源二郎(真田幸村)を人質として預ける。
本能寺の変で織田信長が死亡。滝川氏の配下から離脱する。元・武田家臣をまとめる。
旧・武田領を徳川氏、上杉氏、北条氏が取り合う。上杉景勝 → 北条氏直 → 徳川家康と臣従を転々とする。
158337上杉景勝に備えるため、徳川家康に上田城の築城を命じられる。
158438北条氏と小競り合いを展開し、沼田ならびに吾妻を所領にする。
室賀正武を謀殺し、上杉景勝に引き渡す。信濃・小県を所領にする。
158539徳川家康と北条氏直が和睦。真田領の沼田を北条氏に渡すよう求められ拒否する。
徳川氏から離反して、上杉景勝に臣従する。次男・真田幸村を人質として上杉氏に預ける。
”第1次上田合戦”鳥居元忠らが率いる徳川軍を撃退する。同時に、北条軍から沼田城を守りきる。
豊臣秀吉に臣従する。次男・真田幸村を上杉氏から豊臣氏に移す。
158640北条氏直が沼田城を攻めてくるが撃退する。
徳川家康が真田征伐を行うが、豊臣秀吉の調停によって和解。秀吉の命令で家康の配下になる。
158741徳川家康の養女で本多忠勝の実娘を嫡男・信之の嫁にもらう。
158943豊臣秀吉が定めた条例を無視した北条氏に名胡桃城を強奪される。
159044上杉景勝、前田利家らと北条領に侵攻。【小田原征伐】
”八王子城合戦”農民と婦女子が籠城した八王子城を陥落させる。
”忍城の戦い”成田泰季が籠城する忍城を石田三成の指揮下で攻める。
北条氏が降伏し、豊臣秀吉によって天下統一が成される。北条家滅亡
159852豊臣秀吉が死去。五大老筆頭になった徳川家康に従う。
160054徳川家康と対立する石田三成が挙兵する。【関ヶ原の戦い】
真田昌幸・幸村父子は石田三成に加勢。嫡男・真田信之は徳川家康に加勢。【犬伏の別れ】
”第2次上田合戦”徳川秀忠が率いる大軍を翻弄し、撃退する。
関ヶ原の戦いで石田三成の西軍が敗れたため、降伏・開城する。
次男・幸村とともに九度山に流罪となる。
161165死去。
真田昌幸のページの先頭に戻る