読み込み中

読み込み中

とうどう たかとら

藤堂高虎

1556.2.16 〜 1630.11.9

 
藤堂高虎のイラスト
  

藤堂高虎は、現在の滋賀県にあたる近江国の武将です。生涯で7回も主君を変え、風見鶏と揶揄されました。豊臣秀長との出会いによって非凡な才能が開花し、足軽から大名、江戸時代には藩主まで出世します。秀長の死後は徳川家康に仕えて、絶大な信頼を得ました。築城名人として知られ、江戸城を築きました。享年75歳。

藤堂高虎と似ている人物
福島正則
加藤清正
酒井忠次
滝川一益
池田恒興

このページでは、藤堂高虎が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。きっと藤堂高虎のことが好きになります。

  • 名 前:藤堂高虎
  • 幼 名:与吉
  • あだ名:槍の高虎、戦場の高虎
  • 官 位:左近衛権少将、佐渡守、和泉守
  • 出身地:近江国(滋賀県)
  • 領 地:伊賀国、伊勢国、伊予国
  • 居 城:宇和島城 → 今治城 → 津城
  • 正 室:一色義直の娘(久芳院)、長続久の娘(松寿院)
  • 子ども:3男 7女
  • 跡継ぎ:藤堂高次
  • 父と母:藤堂虎高 / 於虎

築城名人はキャリアも積み重ねて転職するたび出世した

藤堂高虎は、和歌山城、今治城、津城、伊賀上野城、江戸城などの建築に関わり、加藤清正や黒田官兵衛と並んで築城名人として知られています。なんと20以上の城の築城に携わっています。

藤堂高虎の一生は波乱に満ちており、7回も主君を変えています。若いうちから理想の働き口を求めたリクルート武将ですが、転職するたびに彼の価値は高騰していきました。


上司ガチャで
当たりを引く

藤堂高虎が仕えたのは、浅井長政、阿閉貞征、磯野員昌、津田信澄、豊臣秀長、豊臣秀吉、徳川家康の7名です。1576年から、豊臣秀長に仕えたことで運命がひらけて、藤堂高虎は急速にブレイクしていきます。

豊臣秀長は、大柄で粗暴な藤堂高虎に仕事を通して教育を施します。はじめに写経、合戦では補給部隊となる兵站(へいたん)、鉄砲隊、さらには水軍の指揮も行わせました。藤堂高虎も、期待に応えたい一心で必死に取り組みました。

槍をふるうだけが取り柄だった荒くれものは、気がつけばあらゆる部隊を動かせる指揮官になっていました。藤堂高虎は、秀長のもとで大きな戦功を挙げて、その名を轟かせました。

20年ちかく仕えた秀長、秀吉につづいて、1598年から徳川家康に仕えます。関ヶ原の戦いでも果敢に戦った藤堂高虎を家康は高く評価し、最終的に津藩32万石の大名にまで出世しました。

藤堂高虎のキャリア積み上げグラフ

豊臣秀長という、藤堂高虎の強烈な個性を理解してくれる上司に出会っていなければ、名も知られない足軽のまま生涯を終えていたかもしれません。さらに秀長は、藤堂高虎のなかに眠っていた建築家の才能を覚醒させました。


築城は趣味
シンプル・イズ・ベスト

豊臣秀長に命じられて、藤堂高虎は1576年に築城が開始された安土城の普請現場に行きました。これをキッカケに、藤堂高虎は築城にのめりこむようになります。安土城の現場では、石垣づくりのトップ集団『穴太衆(あのうしゅう)』や、中井正清などの建築家と仲良くなりました。

藤堂高虎が築く城の特徴は、弓矢の射程ぎりぎりの50m幅の堀と、10階建てに匹敵する30mの高石垣です。城を前にした敵を大きさで圧倒し、そもそも攻めようとすら思わせないのが狙いでした。算木積みによって強度が高い高石垣を、穴太衆の技術で実現させました。

藤堂高虎の奥行きがある堀と高石垣の図

サイズが異なる四角い箱を積み上げるシンプルな構造の層塔型天守を採用しました。造りが簡単なので、工期の短縮が可能なうえ、主人が変わっても使いやすい親切設計でした。層塔型天守の工法によって、通常3年かかるところを1年で和歌山城を完成させています。

1605年からはじまった『天下普請』では、本丸、二の丸、三の丸に至る江戸城のすべての設計を徳川家康から任されました。城下にたくさん人が住めるように工夫して、城下町もふくめて城郭と考えた藤堂高虎の築城論は、徳川時代の城の基準になりました。

藤堂高虎の生涯をふりかえる

藤堂高虎は、1556年に近江国・犬上郡藤堂村の貧しい家に生まれます。はじめ浅井長政の足軽になり、磯野員昌や津田信澄に仕えます。出奔、放浪を経て、豊臣秀吉の弟・豊臣秀長に仕えると、指揮官や築城の才能が開花。秀長とその子・豊臣秀保が亡くなり、藤堂高虎は武士をやめますが、豊臣秀吉のもとで復帰します。

秀吉の没後は徳川家康に仕え、初代・今治藩主と津藩の藩主を歴任します。関ヶ原以後に家臣になった外様大名でありながら、譜代大名と同格で重用されました。秀忠の娘・和子を内裏に入れる際、後水尾天皇を恫喝するなどの無茶もした藤堂高虎は、1630年に病気により武蔵国・江戸の藤堂藩邸で亡くなりました。75歳でした。

世渡り上手、薄情者、おべんちゃらなどの風評もありますが、藤堂高虎とは、惚れたらとことん尽くすひたむきなバカでした。

藤堂高虎の領地・勢力図(1615年)

伊勢国の一部と伊賀国を合わせた32万石が藤堂高虎の領地でした。もとは伊予国の一部を所領としましたが、1608年に移封+加増されました。

もっとくわしく戦国時代を知る本
戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がよくわかる!

戦国 忠義と裏切りの作法

ユニークな視点で深掘りする戦国武将の作法!

藤堂高虎の性格と人物像

藤堂高虎は「チャレンジすることに意欲的でポジティブな人」です。朝目覚めたら ”その日が人生最後の日” と思って生きていました。未経験の仕事でも、どんどん自分から行動し、良くも悪くもがむしゃらに取り組みます。結果として、効率が良い作業ルーチンを発見したりします。

短気で乱暴で負けず嫌い。怪我をしても痛いとは言いません。口論でカッとなって同僚を斬り殺す事件を二度も起こしています。そんなことがあったからか、どんな場合でも理詰めで相手を責めてはいけないと振り返っています。

去る部下は快く送り出し、出戻りを希望すれば快く迎えました。自身の経験から、人が働くうえで大事なのは、給料ではなく環境であると気づき、情をかけることが肝要だと遺訓に残しています。

戦場では一番先に駆けていき、最後まで戦っていたため、全身は傷だらけ。右手の薬指と小指がちぎれ、左手の中指と左足の指の爪はなくなっていました。からだは槍や鉄砲のキズが無数にあり、傷がない部分を探すのが難しいほどでした。晩年は眼病で失明していました。

平均160cmほどの当時、高虎の身長は6尺2寸=190cmもありました。母も ”お虎上臈(じょうろう)” と呼ばれた長身の美人でした。生まれつき図体が大きく、3歳のときには餅を5つ6つ食べることもふつうでした。

大きなうさ耳が左右に突き出した『黒漆塗唐冠形兜(くろうるしぬりとうかんなりかぶと)』のほか、藤堂高虎の甲冑は、数点が現存しています。子孫のために200か条を超える家訓を残しています。

藤堂高虎の能力を考えてみる

藤堂高虎の能力チャート

体格に恵まれた藤堂高虎は個の強さが売りです。転職を重ねるたびに信頼が増していることから、人心を掴むのが上手い世渡り上手さが見えます。

藤堂高虎のエピソードや逸話

大御所・徳川家康とのイイ話

藤堂高虎のことを、徳川家康は深く信頼していました。高虎の心づかいを象徴する2つのエピソードがあります。


家康邸を
勝手に変更

京都・聚楽第に家康の屋敷を建てるよう、豊臣秀吉から命じられた高虎は、勝手に図面を変更してしまいました。出来上がった屋敷をみた家康が、図面とちがうことに気づいて理由を尋ねます。

すると高虎は「図面どおりの建物では家康さまの警護に難点がございました。不慮があっては主人の面目に関わります。私の一存で変更しました」と答えます。

家康の身を案じたばかりか、変更にかかった費用は高虎が出しました。これを知って、家康は感心しました。


来世でも
一緒ですよ

家康が晩年をむかえ、気弱に過ごす日が増えたころ、家康はさびしそうに「わしが死んだら、高虎とは宗派がちがうから来世は会えないね」と言いました。

日蓮宗だった藤堂高虎は、家康とおなじ天台宗に改宗します。そして、家康のもとに訪れると「これで生まれ変わっても家康さまにお仕えできます」と伝えました。家康はうれしくて涙しました。

徳川家康は「国に大事が起こったら、先手を高虎に任せよ」と息子や家臣に言い残しました。

貧乏すぎてお餅を無銭飲食してしまう

働き先が決まらず高虎が放浪していたころ、生活に困窮し、餅屋の店先にあった20個ほどの餅を食べてしまいました。代金を払えず、お金がないことを店主に告げます。

店主はおどろいた様子で「こんな見事に餅をたいらげる人はいない!銭がないなら仕方ない」と許してくれました。そればかりかお金を手渡して「家に戻って親孝行しなさい」と励ましてくれました。

それから30年ほど経ち、藩主になった高虎は、江戸に参勤に向かう途中で餅屋に立ち寄ります。そして「あのとき情けをかけていただいた者です。これは餅のお代です」と、すっかり白髪になった主人に代金を支払いました。

藤堂家の旗印には3つの丸が描かれています。これは白い餅であり、餅屋への恩を印していました。”白餅=城持ち” をかけた願掛けでもありました。

藤堂高虎の有名な戦い

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 ○ 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万 ●

浅井&朝倉軍と、織田信長の援軍で参陣した徳川家康が姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。本多忠勝が一騎討ちで真柄直隆と渡り合うなど、徳川軍の活躍が目覚ましく、榊原康政の突撃で朝倉軍は敗走。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで藤堂高虎は敗れています。
浅井方の足軽一兵卒として参戦して、徳川方の酒井忠高を討ち取りました。

三木合戦 みきかっせん 1578.3.29 〜 1580.1.17 ○ 織田軍?万 vs 別所軍7千5百 ●

織田氏に叛いた別所長治が篭る三木城(兵庫県三木市上の丸町)を羽柴秀吉が2年ちかく包囲した合戦。竹中半兵衛が考案した補給ルートを断つ作戦で、三木城を孤立させた。餓死者であふれた城内は凄惨をきわめ、開城降伏となった。三木の干し殺しとも。

三木合戦で藤堂高虎は勝っています。
三木城の支城として最後に残っていた鷹尾山城攻めに参戦しています。加古六郎右衛門と1時間も戦って討ち取り、六郎右衛門の馬・加古黒を得ました。見事な戦いぶりで「槍の高虎」の異名をとりました。

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 ○ 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万 ●

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの福島正則ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで藤堂高虎は勝っています。
1万5千の敵兵に襲われた味方を、5百の手勢で救出する働きをしました。鬼玄蕃の異名で知られる佐久間盛政を銃撃して追い散らすなど、豊臣秀吉から絶賛されます。

根白坂の戦い ねじろざかのたたかい 1587.4.17 ○ 豊臣軍15万 vs 島津軍3万5千 ●

惣無事令に違反して大友領を攻めた島津氏の討伐軍を豊臣秀吉が派兵した。豊臣秀長を総大将とした15万の大軍を相手に、島津義弘が奮戦するが、敗れて後退。根白坂(宮崎県児湯郡木城町)で決戦となった。豊臣軍の黒田官兵衛が島津軍の夜襲を見抜いて返り討ちにした。

根白坂の戦いで藤堂高虎は勝っています。
島津軍の猛攻を受ける根白坂の砦で、宮部継潤らが危機に瀕しました。軍艦・尾藤知宣は砦を見捨てるよう決定しますが、命令を無視した高虎は、5百の兵で島津義弘に奇襲をかけて翻弄。味方の窮地を救い、戦況を一変させました。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで藤堂高虎は勝っています。
藤堂高虎のターニングポイントになった戦いです。
大谷吉継、石田三成の陣営と続けざまに戦い、調略でも活躍。戦後、徳川家康から絶大な信頼を得て、伊予国今治20万石の大名になりました。寝返りを実行しない小早川秀秋の陣に発砲し、催促したといいます。

藤堂高虎の詳しい年表

藤堂高虎は西暦1556年〜1630年(弘治2年〜寛永7年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15561藤堂虎高の次男として近江国に生まれる。幼名:与吉
156914浅井長政に仕える。
北近江の一揆鎮圧に勝手に加わり敵首を取る。
”大河内城の戦い”北畠領に侵攻した織田氏に加勢する浅井軍に勝手に加わる。兄・藤堂高則が討死。
157015”姉川の戦い”初陣。織田氏&徳川氏との戦に参加。磯野員昌隊で戦い、酒井忠高を討ち取る。
”宇佐山城の戦い”織田領・宇佐山城攻めに参加。
157217勲功をめぐって争論になった同僚を切り捨てる。父が謹慎になる。
157318”小谷城の戦い”主君・浅井長政が織田信長に敗れる。浅井家滅亡
織田氏に内応した浅井旧臣・阿閉貞征に仕えるが、指示に従わない同僚を切り捨てて去る。
織田氏に降った浅井旧臣・磯野員昌に仕える。
157621磯野員昌に代わった津田信澄に仕えが、給料に不満を抱いて出奔する。
羽柴(豊臣)秀長に仕える。
羽柴秀長の代理で安土城の普請に参加し、中井正清、甲良宗広、穴太衆などの建築家と交流する。
157722”竹田城の戦い”山名領・竹田城攻めに参加。奇襲に成功する。
157823”三木合戦”別所長治との戦に参加。
158025別所領・鷹尾山城を攻める。加古六郎右衛門を討ち取る。
158126小代一揆の討伐に向かう。股を負傷するなど苦戦したが、これを鎮圧する。
一色義直の娘(久芳院)と結婚。
158227”備中高松城の戦い”清水宗治との戦に参加。
”山崎の戦い”明智光秀との戦に参加。
158328”賤ヶ岳の戦い”柴田勝家との戦に参加。佐久間盛政を敗走させる。
158429”小牧・長久手の戦い”織田信雄&徳川家康との戦に参加。峰城、松ヶ島城を攻める。
158530”第2次紀州征伐”雑賀衆との戦に参加。湯川直晴を降伏させる。雑賀衆頭領・鈴木重意を謀略により切腹させる。龍松山城に篭る山本康忠を謀殺する。
羽柴秀長から紀伊国・粉河を拝領する。
猿岡城の築城奉行を務める。
和歌山城の築城奉行を務める。
”四国征伐”長宗我部氏の討伐戦に参加。
158631聚楽第に徳川家康の邸宅を作るよう任じられる。
158732”根白坂の戦い”島津義弘との戦に参加。根白坂砦の宮部継潤を救援する。
丹羽長秀の三男を養子(藤堂高吉)にする。
158833赤城城の築城奉行を務める。
158934北山一揆に与した農民たちを田平子峠で処刑する。
159136主君・豊臣秀長が死去。次代・豊臣秀保に仕えて後見役になる。
159237九鬼嘉隆、加藤嘉明らと水軍を率いて朝鮮国に侵攻。【文禄の役】
”玉浦海戦”李舜臣を堀内氏善とともに迎撃するが、敗れる。
159338朝鮮国から帰国。
159540主君・豊臣秀保が死去。
失意のあまり高野山に出家。
生駒親正の説得で豊臣秀吉に仕える。
豊臣秀吉から伊予国・板島を拝領する。
板島丸串城を改修して宇和島城の築城を開始、居城にする。
159742小早川秀秋を総大将とした日本軍の6番隊で朝鮮国に侵攻。【慶長の役】
”漆川梁海戦”朝鮮軍との戦に参加。加藤嘉明らと水軍を指揮して朝鮮水軍に圧勝する。敵将・元均を討ち取る。
”南原城の戦い”明&朝鮮の連合軍が篭る南原城を総攻撃で陥落させる。南面から攻め入る。
”鳴梁海戦”李舜臣が率いる朝鮮水軍と戦う。左軍より出撃するが苦戦し、負傷する。
全羅道西岸を制圧。姜沆、鄭希得などを捕虜にする。
朝鮮国から帰国。
159843主君・豊臣秀吉が死去。
徳川家康に仕える。
159944徳川家康のもとに次弟・正高を人質として預ける。
160045”会津征伐”上杉氏の討伐戦に参加。
”木曽川・合渡川の戦い”織田秀信との戦に参加。合渡川に布陣して織田方への援軍を迎撃する。
”関ヶ原の戦い”石田三成との戦に東軍として参加。大谷吉継と交戦し、石田三成を攻める。脇坂安治、朽木元綱など西軍の武将を東軍に寝返らせる。毛利輝元が伊予国で扇動した一揆を鎮圧する。
徳川家康から伊予国・今治を拝領する。
今治城を改築し、居城にする。
160146宇和島城が完成。従弟・良勝を入れる。
膳所城を築城する。
160348伊予国・今治藩の藩主になる。【江戸幕府の創設】
160449伏見城を修築する。
160550徳川家康のもとに継室(松寿院)と長男・高次を人質として預ける。
江戸城の築城を開始する。【天下普請】
江戸城の縄張りをする。二の丸、三の丸、天守閣の設計をする。
160752江戸城の天守が完成。
160853伊賀国ならびに伊勢国に移封。
伊勢国・津藩の藩主になる。
津城を居城にする。
160954篠山城を改築する。
亀山城を改築する。
161156伊賀上野城を改築する。
津城を改築する。
徳川家康と豊臣秀頼の会見を接待する。【二条城会見】
肥後国・熊本藩の視察に行く。
161257禁裏仙洞御所を改築する。
161459”大坂冬の陣”豊臣氏の討伐戦に参加。片桐且元と先陣を命じられる。
161560”大坂夏の陣”豊臣氏の討伐戦に参加。河内路から攻める先陣を務める。長宗我部盛親に撃退される。豊臣家滅亡
161661主君・徳川家康が死去。次代・徳川秀忠に仕える。
151964後水尾天皇を恫喝して徳川秀忠の娘(和子)を内裏に入れる。【およつ御寮人事件】
163075武蔵国・藤堂藩邸で病死。
戦国時代で藤堂高虎が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

キャラ絵で学ぶ!織田信長図鑑

ゆるいイラストが面白い!内容も申し分なしの一冊!

すごいヤバい 戦国武将図鑑

戦国武将のぶっとんだ逸話!すごいとやばいを知る一冊!

信長の野望・大志 with パワーアップキット

定番の歴史シミュレーションゲームで天下をねらえ!

戦国無双5

爽快アクション!戦国武将になって無双しろ!

藤堂高虎の顔イラスト