読み込み中

読み込み中

あざい ながまさ

浅井長政

1545.? 〜 1573.9.26

 
浅井長政のイラスト
  

浅井長政(賢政)は、現在の滋賀県にあたる近江の武将・大名です。六角義賢に支配されていた父を隠居させると、六角氏から浅井氏を独立させました。織田信長の妹・市と結婚して同盟を結びますが、朝倉氏との関係を優先します。浅井&朝倉の連合軍で、織田&徳川連合軍と争いますが、敗れて自害しました。享年29歳。

浅井長政の人物タイプ
勇士

このページでは、浅井長政が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・浅井長政のことがきっと好きになります。

  • 出身地:近江(滋賀県)
  • 特 徴:意地っぱり
  • あだ名:北近江の鷹
  • 戦 績:15戦 8勝 4敗 3分
  • 領 地:(近江)
  • 居 城:小谷城

信長の妹・お市の方を嫁にもらったけど織田軍とガチで戦った

浅井氏は、長政の祖父・浅井亮政が当主のときに、北近江守護の京極氏から下克上で成り上がった豪族です。ところが、長政の父・浅井久政が南近江の六角義賢との戦いに敗れると、六角氏に従う弱い立場になってしまいます。そこで、家来たちは久政を強引に隠居させて、浅井長政を当主にしました。

就任早々、浅井長政は六角義賢を挑発し、野良田の戦いで見事に勝利します。浅井長政の活躍は「六角氏の支配から浅井氏を解放した」ことで瞬く間に広がり、織田信長の知るところになります。
信長は浅井長政との同盟をつよく望み、天下一の美女といわれた妹・市を嫁がせました。

義理の兄・信長と、祖父が世話になった朝倉氏の関係が悪くなると、浅井長政も困ったことになります。祖父の代からの恩(朝倉氏)に味方すべきという意見と、親戚関係(織田氏)に味方すべきという意見で割れてしまいました。浅井長政は信長につこうとしますが「六角から独立したのに織田の家来になるんかえー!」と猛反対され、悩んだすえに朝倉氏を助けることに決めました。

朝倉義景を攻めた信長の背後を浅井長政は襲い、予想もしていなかった裏切りに織田軍は混乱し、信長は大打撃をうけて退却しました。こうなるともう後に引けなくなった浅井長政は、朝倉義景との連合軍を結成し、信長に徹底抗戦をします。

ついに居城の小谷城を織田軍に包囲された浅井長政のもとに2回、信長から使者がきます。
”今ならまだ許す。降参すれば大和の土地もやる。だからもうやめろ”
魔王ノブナガらしからぬ寛大さで、説得しようとしますが、浅井長政の返答は「NO!」市と子供たちを信長に託すと、最後まで堂々と戦いました。

[生涯] わかりやすい解説

① 六角氏から独立

浅井久政の長男として生まれます。
15歳で元服し、浅井賢政と名乗ります。
六角氏の家来のような状況だった浅井氏を変えるために、16歳のときに父・浅井久政を隠居させて浅井氏の当主になりました。
六角義賢に戦いを挑み、勝って六角氏から独立をしました。

② 織田氏との同盟

織田信長の妹・市と結婚して、織田氏と同盟を結びます。もともと仲がよかった朝倉氏と浅井氏、織田氏との三角関係になりました。

足利義昭をつれて上洛する織田信長に協力して、ともに六角領を攻めて、京都への道をつくりました。京都につくと、信長が約束をやぶって朝倉義景を攻めたので、朝倉氏を助けるために信長と戦います。
浅井氏&朝倉氏の連合軍は、なんども信長と争い、苦しめました。

③ 滅亡

信長は、朝倉氏の越前を一気に攻めて、朝倉義景を自害させると、すぐに兵を近江の浅井氏に向けて、小谷城を囲みました。
抵抗をやめて降参するように伝えますが、長政はこれをことわって信長と戦います。
2日間はげしく戦いましたが、織田軍の豊臣秀吉に城をおとされ、長政と父・久政は自害して浅井氏は滅びました。

浅井長政の簡単な年表
浅井長政の領地・勢力図(1561年)

[能力] 戦国一のイケメンは侠気あふれる若殿さま

父・浅井久政の弱腰にウンザリしていた家臣たちの思いを背負って、父親を隠居させて家督を継いだり、祖父が助けてもらった恩を重んじて朝倉氏の味方をしたり、期待に応えたいという侠気を感じます。そんな心意気と六角氏に打ち勝った長政を信長は気に入りました。

戦うと決めたらとことんやる。信長との戦いにも長政はまったくぶれない侠気で、まさしく死ぬまで意地を通しています。浅井長政が「戦国一のイケメン」といわれるのは、美男子だったというだけでなく、男らしさも魅力的に映ったのでしょう。

浅井長政の逸話・面白いエピソード

べっぴんぞろいの娘たちがスゴイことになる

【長女・茶々】豊臣秀吉がキモいほど愛した側室として知られる淀の方になります。天下の豊臣家の2代目・豊臣秀頼の母として、ご意見番として政治にもたいへんな影響力をもちました。

【次女・初】名門・京極家に嫁入りします。旦那さんの京極高次は、関ヶ原の戦いで手柄をあげて、徳川幕府では初代・小浜藩主になりました。

【三女・江】徳川2代将軍・徳川秀忠に嫁入りし、3代将軍になる徳川家光、後水尾天皇の正室で明治天皇の母となる中宮源和子を産みます。
浅井長政の血脈は、その後も残ったどころか、どセンターの家系に受け継がれています。

浅井長政の戦い・有名な合戦

野良田の戦い のらだのたたかい 1560.8.? 六角軍2万5千 vs 浅井軍1万1千

六角氏の支配下から浅井長政が独立を計画し、実行した。これに激怒した六角義賢は、肥田城に対して水攻めを行うが失敗。肥田城の救援に向かった浅井軍と六角軍が野良田(滋賀県彦根市野良田町)で激突した合戦。浅井長政は初陣だったが、見事に勝利で飾った。

野良田の戦いで浅井長政は勝っています。この勝利によって、六角氏の支配から独立し、六角家と縁がある嫁と離縁します。そのあとで織田信長の妹・お市を正室に迎えることとなります。

金ヶ崎の戦い かねがさきのたたかい 1570.4.28 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万5千

越前の朝倉義景を攻めていた織田信長を朝倉軍と浅井軍が金ヶ崎(福井県敦賀市金ヶ崎町)で挟み撃ちにした戦い。浅井長政の裏切りによって、織田軍は撤退を余儀なくされる。木下藤吉郎が、客将として参戦していた明智光秀ととも撤退戦の殿を担い、信長を無事に逃げさせた。

金ヶ崎の戦いで浅井長政は勝っています。織田軍に攻められる朝倉氏を救援したことで、義理の兄・信長を敵にまわした合戦です。結果的に浅井氏が滅びの道を歩むターニングポイントになりました。

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万

金ヶ崎の敗戦から2か月、織田信長と援軍として参陣した徳川家康が浅井&朝倉軍と姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。徳川軍の本多忠勝が単騎で朝倉軍に突入、真柄直隆を一騎打ちで討ち取った。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで浅井長政は敗れています。朝倉氏との連合軍で織田&徳川軍と激しく戦いますが、榊原康政に側面を崩されて敗走しました。

小谷城の戦い おだにじょうのたたかい 1573.8.8 〜 9.1 織田軍3万 vs 浅井軍5千

信長に叛いた浅井長政を殲滅するべく、織田信長が小谷城(滋賀県長浜市湖北町)を攻めた合戦。小谷山を要害とした堅城を攻略するため、織田軍の羽柴秀吉は、城内を分断する作戦を考案する。崖を登って奇襲に成功し、小谷城を陥落させた。これにより、浅井氏は滅亡した。

小谷城の戦いで浅井長政は敗れています。ここに至る経緯として、将軍・足利義昭、浅井氏の盟友・朝倉義景が、それぞれ滅ぼされました。なぞらえるように、浅井氏も続いて滅亡しました。
小谷城の戦いのおり、長政は妻であり信長の妹の市と、3人の娘を織田氏に託しています。

浅井長政の年表を詳しく

浅井長政は西暦1545年〜1573年(天文14年〜天正元年)まで生存しました。戦国時代中期に活躍した武将です。
豊臣秀吉の8歳下、朝倉義景の12歳下、六角義賢の24歳下です。
織田信長より11年あとに生まれています。

15451浅井久政の嫡男として近江に生まれる。幼名:猿夜叉丸
母とともに南近江の六角氏の人質として過ごす。
155915元服 → 浅井賢政
六角氏の家臣・平井定武の娘と結婚。
156016父・浅井久政を強制的に隠居させて家督を相続。
”野良田の戦い”六角氏に攻められた肥田城の救援に向かい、六角義賢を撃破する。
六角氏の家臣・平井定武の娘と離縁。
156420織田信長の妹(市)と結婚。同盟を結ぶ。
改名 → 浅井長政
156824足利義昭を奉じて京都に進軍する織田信長の上洛戦を援護する。
157026”金ヶ崎の戦い”朝倉氏との不戦の誓いを破った織田信長が、越前・朝倉領に侵攻。背後から織田軍を攻撃し、撃退する。
”姉川の戦い”朝倉氏とともに織田氏&徳川氏の連合軍と戦うが、敗れる。
朝倉氏とともに近江の織田領を攻める。
”志賀の陣”朝倉氏とともに比叡山に立て篭もって織田信長に抵抗する。【第1次信長包囲網】
将軍・足利義昭の調停によって、織田信長と和睦する。
157127朝倉氏とともに近江の織田領を攻めるが、敗れる。
157228将軍・足利義昭の要請により織田信長討伐の挙兵をする。【第2次信長包囲網】
157329織田信長が近江に侵攻してくる。朝倉氏の援軍を要請するが、朝倉義景は織田氏との戦闘を避けて撤退する。
”小谷城の戦い”織田氏に攻められ、籠城して徹底抗戦するが敗れる。浅井久政・長政父子は自害。妻・市と三人の娘は織田信長に預けられる。浅井家滅亡
浅井長政のページの先頭に戻る