読み込み中

読み込み中

ろっかく よしかた

六角義賢

1521.? 〜 1598.4.19

 
六角義賢のイラスト
  

六角義賢(承禎)は、現在の滋賀県にあたる近江の武将・大名です。近江の大半を所有していましたが、阿波の三好長慶、北近江の浅井長政に敗れ、上洛する織田信長の進撃によって大幅に領地を失います。名門のプライドで信長に挑みますが、敗戦を重ねて、六角氏は滅亡。最期は豊臣秀吉のもとで延命しました。享年78歳。

六角義賢の人物タイプ
文化

このページでは、六角義賢が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・六角義賢のことがきっと好きになります。

  • 出身地:近江(滋賀県)
  • 特 徴:負けて熱くなる
  • 領 地:(近江)
  • 居 城:観音寺城

信長になんど負けてもゲリラ戦を挑み続けて領地をすべて失った

そもそもの立ち位置、家柄では、六角義賢は織田信長のはるか上にいた人物です。悪名高き三好三人衆が起こしたクーデターによって、13代将軍・足利義輝が殺害された事件が名門・六角氏の悲劇の入り口でした。

足利義輝の弟・足利義昭を次の将軍として擁立するため、京都に上洛する織田信長には大義名分がありました。信長の本拠地・美濃(岐阜県)から京都に行くには、六角領の近江(滋賀県)を通るので、六角義賢に協力を求めます。
波風たてずに協力していれば通り過ぎるだけでしたが、六角義賢は「通りたければ俺を倒して行け」というスタンスで返答し、信長を怒らせてしまいます。

信長があっというまに六角領に攻め入ると、六角義賢は居城の観音寺城を捨てて逃亡。信長は苦労せずに近江を通り抜けて、京都に入り、足利義昭を将軍にしました。
その後も六角義賢は、近江の織田領にちょっかいを出しては撃退されるを繰り返し、そのたびに信長に領地を奪われるという負のスパイラルに陥ります。

柴田勝家によって鯰江城が攻め落とされ、菩提寺城と石部城を佐久間信盛に包囲されると、六角義賢は闇夜の雨にまぎれて城から脱出。
こうして近江守護・六角氏は、ひっそりと滅亡しました。

[生涯] わかりやすい解説

① 家督相続

六角定頼の長男として生まれます。
13歳で元服し、六角義賢と名乗ります。
父といっしょに近江と伊賀を治めます。
31歳のときに父・六角定頼が病死、六角氏の15代目当主になりました。
37歳のときに隠居・出家して承禎(じょうがん)と名乗ります。
長男・六角義治に当主をゆずり、自分も政治と軍事に関わりつづけました。

② 観音寺騒動

北近江の浅井氏を服従させますが、浅井長政に反抗されて戦いに敗れます。
長男・六角義治が家来の後藤賢豊を殺してしまう事件があって、怒った家来たちに観音寺城を追い出されてしまう騒動がおこります。
許されてもどりましたが、このような出来事が続いて、六角家は不安定になりました。

③ 晩年

京への上洛戦を開始した織田信長と戦いますが、敗れて観音寺城をとられます。
甲賀郡に逃げて、信長に戦いを挑んでは負けるをくりかえします。
領地をすべて信長にうばわれて、六角氏は滅びました。
晩年は天下統一を果たした豊臣秀吉の話し相手として過ごし、京都で亡くなりました。

六角義賢の簡単な年表
六角義賢の領地・勢力図(1555年)

[能力] あとさき考えずにプライドを優先してしまう

六角義賢は、自ら城を捨てていくスタイルで領地を失ってしまい、その後は信長から旧領を取り戻そうとしますが、兵力差を考えたら無謀です。近江国の守護職である名門のプライドなのか、意地というより、やめ時がわからないギャンブラーのようです。

最終的に義賢は信長の邪魔をすることに固執しています。上級意識が強く、弱肉強食の戦国に適合できなかったのか、あるいは信長にかまってもらいたかったのかもしれません。

六角義賢の戦い・有名な合戦

野良田の戦い のらだのたたかい 1560.8.? 六角軍2万5千 vs 浅井軍1万1千

六角氏の支配下から浅井長政が独立を計画し、実行した。これに激怒した六角義賢は、肥田城に対して水攻めを行うが失敗。肥田城の救援に向かった浅井軍と六角軍が野良田(滋賀県彦根市野良田町)で激突した合戦。浅井長政は初陣だったが、見事に勝利で飾った。

野良田の戦いで六角義賢は敗れています。支配下にあった浅井氏の独立を阻止しようとしましたが、返り討ちにあってしまいます。

観音寺城の戦い かんのんじじょうのたたかい 1568.9.12 織田&徳川&浅井軍6万 vs 六角軍1万1千

京に上洛する織田信長が、途上にある観音寺城(滋賀県近江八幡市)を攻めた合戦。18からなる支城で構成された難攻不落の山城だったが、わずか1日で要所であった箕作城と和田山城が陥落した。六角義賢は観音寺城を放棄して甲賀郡に逃亡し、城兵たちは降伏した。

観音寺城の戦いで六角義賢は敗れています。日本五大山城の一つとされる観音寺城をあっさり手放したことが悔やまれます。体制を立て直して奪還するはずだったプランはことごとく上手くいかず、16代つづいた名門・六角氏が凋落していくターニングポイントになってしまいました。
なお、天然の要害に囲まれた地の利を活かして、織田信長は観音寺城のほど近くに豪華絢爛な安土城を築いて、自身の権力を表すシンボルとしました。

六角義賢の年表を詳しく

六角義賢は西暦1521年〜1598年(大永元年〜慶長3年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。
浅井長政の24歳上、豊臣秀吉の16歳上、朝倉義景の12歳上です。
織田信長より13年さきに生まれています。

15211六角定頼の嫡男として近江に生まれる。
153313元服 → 六角義賢
154929”江口の戦い”三好長慶との戦に参加。
155232父・六角定頼の死去により家督を相続。
155535伊賀に侵攻して三好長慶と争うが、敗れる。
155737家督を子・義治に譲り隠居。後見として政治・軍事に関わり続ける。
出家 → 六角承禎
155838将軍・足利義輝と細川晴元を保護。将軍家と三好長慶との和睦を仲介する。
六角領に侵攻してきた浅井久政を撃退する。
浅井久政が服属する。
156040”野良田の戦い”浅井氏の反抗を受けて肥田城を攻めるが、浅井長政に敗れる。
156141”将軍地蔵山の戦い”畠山氏とともに三好氏を京都から駆逐する。
156242三好氏と争う畠山氏の援軍を無視。畠山氏の敗北をうけて三好長慶と和睦。
156343子・六角義治が重臣・後藤賢豊を惨殺。反発した家臣によって観音寺城から追い出されるが、蒲生定秀のはからいで戻る。【観音寺騒動】
156545将軍・足利義輝が暗殺され、義輝の弟・義秋(義昭)が近江に逃れてくる。これを歓迎する。
浅井長政と織田信長の妹(市)の結婚を仲介する。
156646三好三人衆と手を組む。これを知った足利義秋が近江から越前に逃げる。
浅井長政が六角領に侵攻してくる。これに応戦する。
156848”観音寺城の戦い”上洛する織田信長の従軍要請を拒否して戦うが大敗し、甲賀郡に逃れる。
157050”野洲河原の戦い”近江の織田領を攻めるが、敗れる。
157252織田信長にゲリラ戦を挑み、抗戦する。
157353六角義治が篭る鯰江城が織田氏に攻略される。
157454菩提寺城、石部城が織田氏に攻略され、甲賀郡南部の信楽に逃れる。六角家滅亡
158161キリシタンの洗礼を受ける。
豊臣秀吉の側近(御伽衆)として仕える。
159878死去。
六角義賢のページの先頭に戻る