読み込み中

読み込み中

ほそかわ はるもと

細川晴元

1514.? 〜 1563.3.24

 
細川晴元のイラスト
  

細川晴元は、現在の徳島県にあたる阿波の武将・大名です。同族の細川高国との争いを制して、室町幕府の中枢に君臨し、幕政を意のままにしました。しかし、細川京兆家の内紛に明け暮れ、盛衰を繰り返すうち、家臣の三好長慶によって政権から遠ざけられます。復権を悲願としましたが、かないませんでした。享年50歳。

細川晴元と似ている人物
斎藤義龍
松永久秀
斎藤道三

このページでは、細川晴元が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・細川晴元のことがきっと好きになります。

  • 名 前:細川晴元
  • 幼 名:聡明丸
  • 官 位:右京大夫
  • 出身地:阿波(徳島県)
  • 領 地:丹波、山城、摂津、和泉、阿波、讃岐
  • 居 城:勝瑞城 → 芥川山城
  • 正 室:三条公頼の娘、六角定頼の娘
  • 子ども:2男 3女 1養
  • 跡継ぎ:細川昭元

将軍を京都から追い出して幕府にかわって堺公方府を開いた

細川京兆家(ほそかわけいちょうけ)は、室町幕府のナンバー2である管領職を世襲してきた家系であると同時に、幕政の実権を握ってきたフィクサー(黒幕)です。名門・細川家では「誰が権力者になるか」で、将軍家も巻き込んだ同族の内紛が起きていました。

細川氏の争いは基本的に、幕府管領になった人の勝ち。やりやすいように将軍をつぎの人に取り替えて、ズブズブの幕府を牛耳りました。
室町幕府31代管領・細川高国も、足利義晴を12代将軍にして、幕府を支配しました。
その高国から権力を奪おうと、将軍もろとも京都から追い出したのが細川晴元です。

現職の将軍を無視して、細川晴元は堺で新政権をおっぱじめてしまいます。


堺につくろう
あたらしい幕府

細川高国と足利義晴が率いる幕府軍を、三好元長と細川晴元が追い出したため、もぬけのからになった京都・幕府は機能しなくなりました。
そこで細川晴元は、将軍が不在の京都にかわって、堺に新政権をつくることにします。

足利義晴の弟・足利義維を将軍に見立てて、細川晴元が管領、三好元長が軍事司令官として「堺公方府」という幕府っぽいものを開きます。停止中の京都の幕府を差し置いて、堺公方府は幕府気取りで政治を行いました。

【堺公方府】細川晴元と三好元長が足利義維を担いで堺に擬似幕府を開いた

いわば、政権の強奪によって、現職の将軍と幕府管領に取って代わったのです。


用が済んだら
乗り捨てる

細川高国を自害に追い込んだあとは、細川晴元が室町幕府の管領に就任したため、ぐだぐだになった堺公方府を乗り捨てます。これまでの功労者である家臣の三好元長のことも、不要になると乗り捨てました。

とうぜん三好元長は怒り、争うようになると、本願寺の一向一揆を扇動して元長を始末させますが、暴徒化してしまった一揆衆が炎上。すると今度は、一揆騒動の火消しのために本願寺の寺社に火をつける斜め上な消火方法で鎮圧しました。

むちゃくちゃな方法で己の権力に固執した細川晴元も、家臣の三好長慶(元長の息子)に利用され、乗り捨てられ、幕府の実権を奪われる因果応報に泣きます。
戦国時代の幕開けになった応仁の乱で、東軍を率いた細川勝元の嫡系(ひ孫)という血筋に生まれた細川晴元もまた風雲児でした。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

阿波国の勝瑞城に幕府管領の父・細川澄元と母・清泰院の長男として生まれます。
代々、幕府のえらい役職につく細川京兆家の14代目だった父は、15代目になる細川高国になんども嫌な目にあわされ、幕府から追い出されて、阿波の国で亡くなりました。

② 家督相続と堺公方府

7歳で家督を継ぎ、14歳のときに12代将軍・足利義晴と高国がひきいる幕府軍をやっつけて、摂津国の堺に移ります。
義晴の弟・足利義維に次期将軍を名乗らせて「堺公方府(さかいくぼうふ」というあたらしい幕府をひらきました。

③ 室町幕府を支配

細川同士の争いがつづきましたが、ケンカ別れした家臣の三好元長を呼びもどすと、18歳のときに大物崩れの合戦に勝って高国を討ち、細川京兆家の17代目になりました。
将軍もさからえないほどの権力をもった晴元は、室町幕府を思うままにしました。
このころから、堺公方府のことはどうでもよくなりました。

④ 法華一揆

畠山家臣・木沢長政の反乱に手をかすと、ややこしいことになりました。家臣の三好元長が、畠山氏の味方をしたので、やっつけようとしますが勝てません。
本願寺にお願いして、一向一揆の集団をぶつけたら、元長ほか、じゃまな人たちが戦死しましたが、あばれる一揆衆がコントロールできなくなります。そこで、本願寺のお寺を燃やしました。

⑤ 三好長慶と対立

三好元長の息子・三好長慶を家来にしていましたが、35歳のときに裏切られ、追い出されます。
若狭や丹波を転々としたのち、13代将軍・足利義輝と協力して三好氏と戦いますが、負けてしまいます。
将軍・義輝も長慶と手を組むようになり、幕府は三好氏が支配するようになりました。

⑥ 最後

48歳のときに三好長慶を仲直りをして、摂津の普門寺城に閉じ込められます。
権力を取りもどせないまま、ほどなくして亡くなりました。
死因は病死とされていますが、松永久秀に暗殺された説もあります。50歳の生涯でした。

細川晴元の簡単な年表
細川晴元の領地・勢力図(1534年)

性格:人物像・どんな人?

細川晴元の能力チャート

細川晴元は「権力欲にまみれた独裁者」です。
利用できるものはなんでも利用する実用主義で、多少の危険分子でも利用価値があれば気にしません。しかしながら、自害まで追い詰めた相手の息子(三好長慶)まで利用しようとしたのはまずかった。

かつて追いやったものたちを集めてリベンジしようとする強メンタルで、なんど負けてもリスポーンします。

自分にとって都合が良いほうの味方をするので、倫理とか道徳もなんのその。道理を説かれても、馬の耳に念仏。聞く耳を持ちません。
本願寺の一向一揆を焚き付けておいて、炎上したら寺ごと燃やして片付けようとする始末です。

人心は離れるばかりで、謀(はかりごと)と抗争に明け暮れた人生でした。近寄る人間もまた、晴元を利用しようというくわせ者ばかりでした。

細川晴元の戦い・有名な合戦

桂川原の戦い かつらかわらのたたかい 1527.2.12 〜 2.13 ○ 波多野&細川晴元軍? vs 足利幕府軍? ●

将軍を擁して幕府軍を率いる細川高国に対して反旗を翻した柳本賢治ら波多野勢に、細川晴元が加勢した合戦。丹波と阿波から摂津に侵攻した波多野・晴元勢が、京の桂川一帯で幕府軍を撃破した。細川京兆家の家督をめぐる争いで、両細川の乱と総称される戦いのひとつ。

桂川原の戦いで細川晴元は勝っています。
波多野勢に加わるため、阿波から三好長家と三好政長を派兵します。摂津を制圧した晴元は、阿波から堺に移り、このあと堺公方府を開きました。

大物崩れ だいもつくずれ 1531.7.17 ○ 堺公方軍1万 vs 細川高国&浦上軍2万 ●

幕府管領の細川高国と、堺公方軍を率いる三好元長が天王寺、大物城(兵庫県尼崎市大物町)一帯で争った。堺公方に内応した赤松政祐が、背後から浦上村宗を討ち取り、三好勢と挟撃して勝負を決めた。地名と、権力者の没落にかけて大物崩れと呼ばれる合戦。天王寺崩れとも。

大物崩れで細川晴元は勝っています。
細川晴元のターニングポイントになった戦いです。
桂川原の敗戦以来、権威を失っていた幕府管領・細川高国を自害に追いやり、長らく続いていた両細川の乱に決着をつけました。
これを契機に、晴元は室町幕府の実権を得ました。

飯盛城の戦い いいもりじょうのたたかい 1532.6.15 ● 畠山&三好軍? vs 木沢&細川&本願寺軍10万 ○

畠山氏に下克上を謀る木沢長政の飯盛城(大阪府大東市北條)を、畠山義堯が攻撃。木沢氏の支援をするため、細川晴元は山科本願寺の門徒を投入。10万にものぼった一向一揆軍の圧勝。細川氏から離反した三好元長が敗死。暴徒化した一揆勢は、天文の錯乱を起こした。

飯盛城の戦いで細川晴元は勝っています。
晴元派から離反し、脅威となっていた三好元長は、一向一揆勢に敗れたのちに自害。加えて、畠山当主の義堯も自害するなど、有力者の排除に成功しました。

江口の戦い えぐちのたたかい 1549.6.12 〜 6.24 ○ 三好範長軍3千 vs 三好政長軍3千 ●

三宅城で細川晴元と合流した三好政長は、江口(大阪府大阪市東淀川区)に陣を構えて、六角定頼の援軍を待った。江口の渡しを分断する三好長慶の急襲によって、孤立した政長は討ち死に。晴元は足利将軍を連れて京から近江に逃亡。晴元戦死の誤報が流れ、六角軍も退却した。

江口の戦いで細川晴元は敗れています。
三好政長を支援していた晴元は、政長の敗死で京から撤退を余儀なくされます。京を三好長慶と細川氏綱に占拠され、下剋上を許す屈辱的な敗戦となりました。

相国寺の戦い しょうこくじのたたかい 1551.7.14 〜 7.15 ● 足利幕府軍3千 vs 三好軍4万 ○

三好軍が京の奪回をはかる足利義藤を迎撃した合戦。相国寺(京都府京都市上京区)に陣をとった晴元派の三好政勝に対し、4万の大軍を率いた松永久秀がこれを撃退した。戦いに勝利した三好長慶は権威を増し、幕府管領・細川晴元の失脚が決定的なものとなった。

相国寺の戦いで細川晴元は敗れています。
京の奪還に失敗しただけでなく、幕政から完全に失脚してしまいました。

東山霊山城の戦い ひがしやまりょうぜんじょうのたたかい 1553.8.1 ○ 三好軍2万5千 vs 足利幕府軍? ●

西院小泉城を包囲した足利義藤の軍勢をよそに、大軍を率いて上洛した三好長慶が、幕府の東山霊山城(京都府京都市東山区清閑寺霊山町)を攻めた合戦。不意をついた三好軍のカウンターが決まり、幕府軍の守備にあたっていた松田監物が自決。霊山城は炎上し、陥落した。

東山霊山城の戦いで細川晴元は敗れています。
西院城のまわりに放火するなどしたものの、霊山城が落城したため、足利義藤(義輝)に伴って近江に逃げました。

細川晴元の詳しい年表・出来事

細川晴元は西暦1514年〜1563年(永正11年〜永禄6年)まで生存しました。
戦国時代中期に活躍した武将です。

戦国時代で細川晴元が生きた期間の表
15141細川澄元の子として阿波に生まれる。幼名:聡明丸
15207父・細川澄元の死去により家督を相続。
152714”桂川原の戦い”細川高国と12代将軍・足利義晴が率いる幕府軍を破る。
将軍の弟・足利義維を擁立して堺に擬似幕府を開く。【堺公方府】
152916家臣・三好元長が離反する。
153017細川高国と浦上村宗が摂津に侵攻してくる。
153118三好元長と和解し、帰参させる。
”中嶋の戦い”細川高国&浦上氏の連合軍と交戦。
”大物崩れ”赤松氏の内応を誘い、細川高国&浦上氏の連合軍を撃破。
逃亡していた細川高国を捕縛、自害させる。
12代将軍・足利義晴と和睦。幕府の実権を得る。
足利義維を旗頭としていた堺公方府がグダグダになる。
家臣・三好元長と不和になる。
153219”飯盛城の戦い”畠山氏から守護職を奪おうとする木沢長政に加担する。畠山氏の援軍に加わった三好元長と交戦。本願寺に要請して、山科本願寺から一向一揆軍を投入。畠山義堯、三好勝宗、三好元長を自害に追い込む。
一向一揆が暴徒化する。【天文の錯乱】
”山科本願寺の戦い”法華宗&六角氏と協力して山科本願寺に放火、全焼させる。【法華一揆】
153320本願寺と連動して挙兵した細川晴国を法華宗の一揆軍を使って破る。
石山本願寺と争って敗れ、阿波に逃げる。
153421三好元長の嫡男・三好利長(長慶)と和睦し、家臣に加える。
153522摂津・池田城に復帰。
本願寺と和睦。
153623”天文法華の乱”法華宗と争う比叡山延暦寺に加担し、法華宗の壊滅に助勢する。
※この頃、幕府管領になったかもしれない。
153724三条公頼の娘(六角定頼の猶子)と結婚。
153926三好政長に肩入れして、三好利長(長慶)と不和になるが、足利義晴と六角定頼の仲介で和睦。
154229”大平寺の戦い”畠山稙長を攻めた木沢長政を討つ。
154330故・細川高国の養子・細川氏綱が和泉で反晴元の挙兵。
154532氏綱派の上野元治・元全父子を撃退する。
丹波に侵攻し、氏綱派の内藤国貞を攻めて世木城を攻略。
154633畠山氏の支援を受けた細川氏綱が再び挙兵。摂津を奪われ、丹波に逃げる。
不在のあいだに、12代・足利義晴から13代・足利義藤(義輝)に将軍職を譲る儀式が行われてしまう。
154734”舎利寺の戦い”細川氏綱から摂津を奪い返す。
154835三好政長の進言で、摂津国人・池田信正に切腹を命じる。
三好長慶と摂津国人衆が離反する。
154936”江口の戦い”三好長慶が三好政長を攻める。支援した政長が敗死したため、足利義晴・義藤父子を連れて近江に逃げる。
三好長慶が離反して独立。
三好長慶と細川氏綱に京を制圧され、幕府の実権を失う。
155037”中尾城の戦い”足利義藤と立て篭って三好長慶に抵抗するが、敗れる。中尾城を焼却して逃げる。
155138”相国寺の戦い”再び幕府軍を派兵するが、三好氏に敗れる。
155239将軍・足利義輝が三好長慶と和睦。細川京兆家当主が細川氏綱に移される。
出家し、若狭の武田氏を頼る。
155340丹波で三好氏を破る。
”東山霊山城の戦い”三好長慶と決別した将軍・足利義藤と連携して、三好軍と戦う。霊山城が陥落し、足利義藤と一緒に近江に逃げる。
155845”北白川の戦い”幕府軍に加担して三好氏と戦うが、敗れる。
156148将軍・足利義輝の勧告で三好長慶と和睦。普門寺城に幽閉される。
156350死去。

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!