読み込み中

読み込み中

たいげん せっさい

太原雪斎

1496.? 〜 1555.11.23

 
太原雪斎のイラスト
  

太原雪斎(崇孚、九英承菊)は、現在の静岡県にあたる駿河の武将・僧侶です。今川義元が幼少のころから教育係をつとめ、当主となったあとは執権として辣腕を振るった今川家の大黒柱です。政治と軍事に関わり、外交能力が高く、武田氏や北条氏といった強国を利用して、義元の海道制覇に大きく貢献しました。享年60歳。

太原雪斎と似ている人物
上杉謙信

このページでは、太原雪斎が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・太原雪斎のことがきっと好きになります。

  • 名 前:九英承菊 → 太原崇孚
  • あだ名:黒衣の宰相
  • 出身地:駿河(静岡県)

黒衣の宰相と呼ばれた縁組み外交の達人が今川氏の最盛期を築いた

あと5年、太原雪斎が生きていれば、桶狭間で今川義元が織田信長に討たれることはなかった。あるいは、桶狭間の戦いなど起こらなかった、とまで言われる僧侶が、今川義元の傍に居ました。

ただの坊さんではありません。本職である仏門のスペシャリストなのはもちろん、室町幕府から独立を宣言した今川国家の法律を制定、かんたんには首を縦に振ってくれなさそうな強国に「それでいいよ」って言わせる交渉力を備えたチート和尚です。

今川義元の功績のほとんどは、太原雪斎が創出・演出したものでした。


隣国をつかって
防衛網を張る

義元が家督を継いだころの今川氏は、先代のせいで甲斐の強国・武田氏とケンカ中でした。ここに出向いた太原雪斎は、なんと武田当主・武田信虎の娘(定恵院)を、義元の嫁さんにする縁組みを決めます。おまけに、嫡男・晴信(武田信玄)に今川氏の遠縁の娘さんを嫁入りさせました。

武田氏との同盟を成立させると、北条氏を挟んだむこう側にいる上野の関東管領・山内上杉氏に「北条ってムカつかね?」と持ちかけて、共闘の約束をとりつけます。

こうして隣接する強国、武田氏と北条氏の動きを封じた太原雪斎は、三河の支配権を争う織田氏と対決し、信長の父・織田信秀を小豆坂の戦いで粉砕します。

気がつけば、今川義元は、海道沿いの駿河、遠江、三河の3か国の太守になっていました。

さらに太原雪斎は、今川家の分国法『今川仮名目録』に21箇条を加えて、民衆が暮らしやすい法整備を行い、隣国と争いが起きないように同盟を強化します。


マッチング和尚の
ウェディング同盟

武田氏は信濃を取りたい。北条氏は関東を制圧したい。今川氏は尾張の織田氏に備えたい。三者が背中を合わせることで、お互いの目標に集中できる WinWinWin の「甲相駿三国同盟」を立案し、相互結婚の縁組みを行いました。

残念ながら、太原雪斎はここで他界してしまいます。太原雪斎の死から5年後、桶狭間の戦いで織田信長に敗れた今川氏は没落します。

のちに、徳川家康は「義元公は雪斎和尚としか相談せずに政治をしてたから、ほかの家老を軽くみてた。和尚が亡くなったらダメになるのは当然」と話し、武田信玄の参謀・山本勘助も「今川家は、あの坊さん次第」と評していました。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

駿河国の庵原城に父・庵原政盛と母・興津氏の子として生まれます。
10歳で駿河にある善得寺に入って、14歳のときから九英承菊と名乗って、お坊さんの修行をはじめます。

② 僧侶として

27歳のころから、今川氏親の三男・芳菊丸(今川義元)の教育係をつとめます。
2人はとても相性がよく、師匠と弟子ですが、父子のように過ごし、京都の有名なお寺で、およそ14年ほど修行をしました。
駿河に臨済寺をつくったり、京都の妙心寺の住職になるなど、位の高いお坊さんでした。

③ 今川義元の参謀として

今川家の当主・今川氏輝が亡くなり、弟の芳菊丸が継ぐことになります。これを支援して、家督争いの花倉の乱に勝ち、芳菊丸は今川義元になりました。
あたらしく当主になった義元をささえて、政治と軍事と外交に腕をふるいました。
48歳のときから、太原崇孚、雪斎(号)を名乗りました。

④ 三河の攻防

松平領の三河をめぐって織田信秀と攻防を繰り返します。
織田氏から松平広忠を助けるかたちで介入し、松平氏を今川氏の配下にします。
今川軍を指揮して戦い、織田氏を三河から追い出しました。

⑤ 最後

織田氏との戦いに専念するために、近くにいる強敵が今川領に攻めてこないようにします。
甲斐の武田信玄の長男と義元の娘を結婚させて、相模の北条氏康の娘と義元の長男を結婚させて、今川家と強国同士による「甲相駿三国同盟」を成立させました。
60歳で、駿河にある長慶寺で亡くなりました。死因は病気でした。

太原雪斎の簡単な年表

性格:人物像・どんな人?

太原雪斎の能力チャート

どんな苦境でも組織に安心感を与える人です。
理念、弁舌に富み、ファイティングポーズをとる相手にも、拳をおろさせることができます。不要な争いを避けて、互いの利益を主張して手を結ばせるなど、合理主義的な戦略を好みます。

「形式や位などに惑わされず、徳がある僧であれば尊敬すること。どんなに偉くても、立場にあぐらをかいて堕落しているものを有り難がらぬこと」主君であり弟子でもある今川義元に、太守として人間の価値を見誤らないように心得を遺しています。

法衣の上から鎧を着て、坊主頭に鉢巻きをして戦ったといい、僧侶でありながら自身も戦場に赴いて戦う豪快なキャラクターです。
肖像画のほか、雪斎がひらいた臨済寺に、威厳がある座り姿の木像があり、いずれも警策を持った僧侶姿をしています。まじめに修行しない義元は、よく叱られていたそうです。

太原雪斎の逸話・面白いエピソード

教え甲斐がある竹千代少年を手塩にかけて育てた

松平竹千代は、人質として今川氏に捕らわれたあわれな少年でした。否!少年が育った環境には、雪斎和尚がいたのです。
竹千代をみた太原雪斎は、すぐに少年の才能を見抜いたといいます。

本や字の読み書きを教え、すこぶる覚えが良い竹千代に、太原雪斎は仏教、政治的思考、さらには軍学や兵法を伝授しました。少年も雪斎の話に興味を持ち、つぎつぎと知識を吸収しました。

太原雪斎が亡くなった年に、竹千代少年は今川家で元服して、松平元康と名乗ります。さらに5年後に、少年は今川氏から独立を果たす、徳川家康でした。
野戦上手で知られた家康の軍学と、江戸幕府の政治基盤は、太原雪斎の教えによって培われていました。

太原雪斎の戦い・有名な合戦

花倉の乱 はなくらのらん 1536.6.13 〜 6.28 ●玄広恵探軍? vs 栴岳承芳軍? ○

今川氏10代目・今川氏輝ならびに彦五郎が謎の死を遂げ、当主不在となったことで勃発した今川氏の内乱。正当な後継者として栴岳承芳を推した太原雪斎らが、玄広恵探の派閥を花倉城(静岡県藤枝市)で打ち破った合戦。勝利した承芳は当主となり、今川義元と名乗った。

花倉の乱で太原雪斎は勝っています。
太原雪斎のターニングポイントになった戦いです。
恵探派を退けつつ、武田氏や北条氏とのパイプを生かして、勝利を呼び込みました。
これ以降、太原雪斎は今川義元の絶対的な執権となります。

河東の乱 かとうのらん 1545.7.? 〜 11.? ○ 今川&武田&山内上杉連合軍? vs 北条軍? ●

駿河東部(静岡県沼津市あたり)をめぐり今川氏と北条氏が2回行った合戦。はじめ、今川義元が家督を継いだばかりの今川領を北条氏が奪った。第2次の戦いでは、武田晴信とともに義元が北条氏康を攻撃、上杉憲政が北条領を脅かす挟み撃ちによって河東を取り返した。

河東の乱で太原雪斎は勝っています。
上杉憲政との同盟をまとめる、武田晴信を動かして仲介させる雪斎の交渉力によって、駿河東部を奪還しました。

小豆坂の戦い あずきざかのたたかい 1548.4.27 ● 織田軍4千 vs 今川&松平軍1万 ○

三河・岡崎城の攻略を目指す織田信秀と守る今川氏と松平氏の連合軍が小豆坂(愛知県岡崎市羽根町)で争った合戦。数で劣る織田軍も奮戦したが、今川軍の伏兵によって崩された。太原雪斎を大将とした今川軍は、坂上の地形を活かしつつ粘り強く戦って大勝した。

小豆坂の戦いで太原雪斎は勝っています。
伏兵戦術を駆使した見事な采配で、織田信秀を敗走させました。これにより、織田氏との西三河争奪戦に勝利しました。

太原雪斎の詳しい年表・出来事

太原雪斎は西暦1496年〜1555年(明応5年〜弘治元年)まで生存しました。
戦国時代初期から中期に活躍した武将です。

戦国時代で太原雪斎が生きた期間の表
14961庵原政盛の子として駿河に生まれる。
150510駿河・善得寺に入る。
150914剃髪して、九英承菊と名乗る。
152227芳菊丸(今川義元)の養育係になる。
152934芳菊丸とともに京都・建仁寺に入る。
153641今川氏輝と彦五郎が死亡。芳菊丸とともに駿河に帰る。
”花倉の乱”今川氏の家督争いが勃発。玄広恵探との争いに勝って芳菊丸が当主になる。
芳菊丸が今川義元に改名。義元の参謀になる。
153742武田信虎の娘と今川義元の縁組をする。武田晴信(信玄)と今川氏の遠縁の娘の縁組をする。【甲駿同盟】
”第1次河東の乱”武田氏との同盟に反発した北条氏綱が駿河東部に侵攻してくる。
154348改名 → 太原崇孚
154550”第2次河東の乱”上杉憲政と同盟を結ぶ。上杉氏と結託、北条氏を挟撃して窮地に追い込む。
武田晴信を介して、北条氏康に駿河東部を返還させる。
駿河に臨済寺をひらく。
154651織田信秀に攻められた松平広忠の救援に向かう。西三河に大軍を送り込む。
154752田原城を攻略。戸田康光を討ち取る。
154853”第2次小豆坂の戦い”三河にて織田信秀を破る。
154954安祥城を攻略。織田信広を捕縛し、織田氏に捕われていた松平竹千代(徳川家康)と人質交換する。
155055京都の妙心寺の住職になる。
155257今川義元の娘と武田晴信の嫡男・義信の縁組をする。【甲駿同盟の強化】
155358今川仮名目録33箇条に21箇条を追加制定する。
今川領内の寺社と宗教の統制、在来商人を保護する商業政策を行う。
155459今川義元の嫡男・氏真と北条氏康の娘の縁組みをする。【相駿同盟】
武田氏・北条氏・今川氏が互いに婚姻関係を結ぶ同盟を結成。【甲相駿三国同盟】
155560死去。

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!