読み込み中

読み込み中

ほうじょう うじやす

北条氏康

1515.? 〜 1571.10.21

 
北条氏康のイラスト
  

北条氏康は、現在の神奈川県にあたる相模国の武将・大名です。若い頃から、老獪な智略を武器に関東の諸勢力を打ち破ります。河越夜戦で扇谷・山内の上杉氏、古河公方による大連合軍を撃破して、関東地方の大半を制圧しました。上杉謙信や武田信玄とも互角以上に渡り合い、後北条氏最大の版図を築きました。享年57歳。

北条氏康と似ている人物
佐竹義重
伊達政宗
島津義久
今川義元
武田信玄

このページでは、北条氏康が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・北条氏康のことがきっと好きになります。

  • 名 前:北条氏康
  • 幼 名:千代丸
  • あだ名:相模の獅子、相模の虎、相模の亀
  • 官 位:相模守、左京大夫
  • 戦 績:50戦 34勝 8敗 8分
  • 出身地:相模国(神奈川県)
  • 領 地:関東地方
  • 居 城:小田原城
  • 正 室:今川氏親の娘(瑞渓院)
  • 子ども:6男 6女 1養
  • 跡継ぎ:北条氏政

夜戦の名人で老練な策士は冷静さと度胸で関東最大の勢力を築いた

関東地方は、北部を山内(やまのうち)上杉氏、東部を古河公方(こがくぼう)足利氏、南部を扇谷(おうぎがやつ)上杉氏といった、鎌倉時代から続く家柄が統治している地域でした。

北条氏康の北条氏は、鎌倉幕府の執権をしていた北条氏ではありません。もとは伊勢姓を名乗る家柄で、父・伊勢氏綱が改姓して北条を名乗った『後北条氏(ごほうじょうし)』と呼ばれる新興勢力でした。そのため、格で劣る後北条氏を関東の名家は嫌い、結託して敵視していました。

北条氏康は、大軍を相手にしても動じない肝っ玉の強さ、ふてぶてしさと冷静さで関東を制しました。


得意の夜戦で
名家を撃破

小沢原の戦いと河越夜戦という2つの夜戦で、北条氏康は扇谷上杉氏を破ります。自分のターンが来るのを待って、北条氏康は鋭い奇襲をかけました。どちらの合戦も、序盤はほどほどにやり過ごし、相手が楽勝ムードになって、ダレたところで寝込みを襲うパターンで勝利します。

河越夜戦では、山内+扇谷+古河公方の連合軍8万の大軍に対して、逃げる&ウソの降伏をして油断させるコンボを発動して、相手の楽勝ムードを誘いました。

河越城に籠城する北条綱成の救援に駆けつけた北条氏康に、上杉軍が戦いを挑みますが、交戦せずに府中まで逃げます。北条氏康は、府中あたりをウロウロしたのち、降伏(うそ)を申し出ました。これに連合軍は「んだよヘタレ〜」と、兜の緒を緩めてしまいます。

まんまと北条氏康の作戦にのってしまった扇谷当主・上杉朝定は、勝利宣言を出して、兵を休ませました。河越城に引きこもって動かない北条軍の消極的な態度に、もともとダレていた連合軍は、すっかり油断して就寝します。

今だっ!」北条氏康は、鎧を着けずに待機させていた自軍の兵たちを率いて、音もなく忍び寄り、お休み中の敵陣に襲いかかりました。

河越夜戦の図

この戦いで上杉朝定を討ち取る戦果を挙げ、山内上杉氏と、古河公方にも壊滅的な打撃を与えることに成功した北条氏康は、一夜にして関東の覇者になりました。
河越夜戦は、桶狭間の戦いや厳島の戦いとともに『日本三大奇襲』に挙げられる、戦国時代を代表するジャイアントキリングとなりました。


後北条氏
最大の版図を築く

上杉謙信や武田信玄といった列強と、互角以上に戦った北条氏康は、難攻不落の小田原城をはじめ、堅固な城を活かした網の目のような支城を構築して、関東一帯に、後北条5代史で最大となる版図を築きました。

次男・北条氏政と親子で統治し、測量につかう枡を領内で統一した検地や、税制改革で領民の負担を減らしたり、凶作や飢饉のときは税を免除するなど、良政を行っています。目安箱を設置して、領民の声を聞いたりもしました。
小田原早川上水をつかった上水道をつくり、城下はゴミひとつ落ちていない清潔な都市だったといいます。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

北条氏康の簡単な年表

① 生まれ

北条氏康は、相模国の小田原城に父・伊勢氏綱と母・養珠院宗栄の長男として生まれます。氏康が生まれてすぐに、父が伊勢から北条に改姓し、後北条氏と呼ばれるようになります。
おとなしい子どもだったので、氏康が跡継ぎになれるか心配されていました。

② 青年期

15歳で元服した氏康が守る小沢原城に、これを甘くみた扇谷上杉朝興が攻めてきます。氏康は相手が油断したころをに夜襲をしかけ、見事にやっつけて初陣をかざりました。
父と氏康は、武蔵国をめぐって、山内上杉氏、扇谷上杉氏、古河公方足利氏と争いました。甲斐国の武田信虎や、下総国の里見義堯とも戦いました。

③ 転機

氏康が27歳のときに、父が病気で亡くなったため、後北条氏3代目当主になります。駿河国の今川義元と争い、領地の一部をとられてしまいます。ピンチが続き、山内上杉氏、扇谷上杉氏、古河公方足利氏の大軍に河越城を包囲されますが、北条綱成とともに迎えうち、上杉朝定を討ち取って勝ちました。この河越夜戦の勝利で、武蔵国を支配しました。

④ 領土拡大

山内上杉氏を攻めて、30代のころに、どんどん領地をひろげました。すると、関東の国人たちの多くが、北条氏の配下になりました。上野国を攻めとり、関東管領の上杉憲政を越後国に追い出しますが、これがあとあと面倒なことになります。
また、このころ起きた関東大地震によって、生活に困っている民衆のために、税を軽くしました。

⑤ 上杉謙信と対立

上杉憲政が越後国を頼ったことで、氏康に怒った上杉謙信が、なんども関東まで攻めくるようになります。氏康の本拠地の相模国・小田原城や、鎌倉まで攻め込まれて、大変な目にあいました。
氏康が38歳から55歳になるまでのあいだ、くりかえし攻められますが、六男・北条三郎を謙信の養子にすることで、怒りをしずめました。

⑥ 甲相駿三国同盟

氏康が40歳のときに、甲斐国の武田氏、相模国の北条氏、駿河国の今川氏のあいだで、おたがいの子ども同士を結婚させました。この甲相駿三国同盟は、おたがいに領地の安全を保障するものでした。ところが、桶狭間の戦いで今川義元が死亡すると、約束をやぶった武田信玄が、今川領と北条領を攻めるようになり、同盟は壊れました。

⑦ 最後と死因

氏康は長男・北条氏政にあとを継がせて、父子で北条氏を治めていました。
歳をとり、子どもの見分けもつかないほど衰え、北条氏康は小田原城で亡くなりました。晩年は中風をわずらっていて、脳卒中などに起因する手足の麻痺もみられたようです。57歳でした。

戦国時代で北条氏康が生きた期間の表
北条氏康の領地・勢力図(1556年)

性格:人物像・どんな人?

北条氏康の能力チャート

北条氏康は「いつもマイペースであわてない人」です。もともと臆病な性格ですので、無茶はしません。派手さよりも機能性を優先し、兜には前立てを付けず、目立たないようにしていました。

北条傷』あるいは『氏康傷』と呼ばれる向こう傷が、顔面に2つありました。前にキズがあっても、背中にはキズがなかったといい、敵に背後を見せずに勇敢に戦った証でした。意外と血の気が多く、我を失って敵を深追いする氏康を、家来が止めたこともあります。

歌道を学び、著名な歌人を感嘆させるほどの腕前でした。後水尾天皇勅撰の『集外三十六歌仙』にも一首えらばれています。蹴鞠の作法も学んでいます。

ご飯に味噌汁を二度がけした息子をみて「飯にかける味噌汁の量くらい見極めろ」と説教したり、深酒で失敗した経験から「酒は朝に飲め」という家訓を残すなど、かわいらしいところもあります。

北条氏康が使用していた『阿古陀形(あこだなり)』と呼ばれる形式の兜が現存しています。闇夜に紛れるのに最適な漆黒の逸品です。

北条氏康の逸話・面白いエピソード

部屋のすみで丸まっている臆病な子どもだった

少年期の北条氏康は、一日中部屋に篭ってばかりの内向的な子どもでした。おまけに臆病で、カミナリが光っただけでも、部屋のすみで丸まっていたそうです。

ある日、鉄砲の実演を見学した氏康少年は、ズドォーン!という発砲音に驚き、耳をふさいで座り込んでしまいます。家臣たちはクスクスと笑い、氏康少年は「恥ずかしい!腹を切る!」と取り乱します。家来の一人がそっと近づいて「勇敢な人ってのは音に敏感なもんですぜ」と慰めると、氏康少年は落ち着きました。

元服したのちも家臣たちから、このエピソードを持ち出されて、他家出身の北条綱成のほうが、当主に相応しいと噂されてしまうほどのヘタレっぷりでした。

北条氏康の戦い・有名な合戦

小沢原の戦い おざわはらのたたかい 1530.7.16 ● 扇谷上杉軍? vs 北条軍? ○

小沢城に進軍する上杉朝興を北条軍が金程(神奈川県川崎市麻生区金程)で迎え討った合戦。兵力が劣る北条氏康は、休息中の扇谷上杉軍に夜襲をしかけて撃退した。これが初陣だった氏康が「勝った!」と歓喜して駆け上がった麻生区千代ヶ丘の坂が、勝坂となった。

小沢原の戦いで北条氏康は勝っています。
夜襲によって兵力差を覆し、居城を守っただけでなく、後年の北条氏康の戦略につながる、重要な意味を持った一戦となりました。

河東の乱 かとうのらん 1545.7.? 〜 11.? ○ 今川&武田&山内上杉連合軍? vs 北条軍? ●

駿河東部(静岡県沼津市あたり)をめぐり今川氏と北条氏が2回行った合戦。はじめ、今川義元が家督を継いだばかりの今川領を北条氏が奪った。第2次の戦いでは、武田晴信とともに義元が北条氏康を攻撃、上杉憲政が北条領を脅かす挟み撃ちによって河東を取り返した。

河東の乱で北条氏康は敗れています。
父・北条氏綱のころから続く、今川義元との因縁の対決でしたが、義元の策略によって、多方面から挟撃に遭い、領地の一部を失ってしまいます。

河越夜戦 かわごえやせん 1546.5.19 ● 山内上杉&扇谷上杉&古河足利軍8万 vs 北条軍1万1千 ○

山内、扇谷の上杉氏、古河公方足利氏の大連合軍で北条綱成が守る河越城(埼玉県川越市郭町)を包囲した合戦。北条氏康は鎧兜を装備しない兵士たちを率いて夜襲を決行。半年にわたる包囲戦で油断していた連合軍を大混乱に陥れ、扇谷の当主・上杉朝定を討ち取った。

河越夜戦で北条氏康は勝っています。
北条氏康のターニングポイントになった戦いです。
劣勢にも関わらず、関東の大連合軍を一網打尽にし、扇谷上杉氏を滅亡させるビッグボーナスで、関東地方の勢力図をガラリと塗り替えました。

小田原城の戦い おだわらじょうのたたかい 1561.3.3 〜 4.? ● 上杉&長尾軍10万 vs 北条軍?万 ○

北条氏を討伐するため北条氏政が篭る小田原城(神奈川県小田原市城内)を長尾景虎が包囲した合戦。関東の諸将を募って10万を越える兵で迫った。関東勢の太田資正が蓮池門に突入したが、隠居した北条氏康らの粘り強い守りもあって、1か月攻めても落城する気配はなかった。

小田原城の戦いで北条氏康は引き分けています。
長尾景虎(上杉謙信)が率いる大軍と戦い、放火や城門破壊といったダメージを受けるものの守り抜きました。いっさいの挑発行為にも乗らず、氏康は決して出撃しませんでした。

北条氏康の詳しい年表・出来事

北条氏康は西暦1515年〜1571年(永正12年〜元亀2年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15151伊勢(北条)氏綱の嫡男として相模国に生まれる。幼名:伊豆千代丸
152915元服 → 北条(新九郎)氏康
153016”小沢原の戦い”北条領に侵攻してきた上杉朝興を夜襲で撃退。
153521今川氏親の娘(瑞渓院)と結婚。
”山中の戦い”武田領・甲斐国に侵攻、武田信虎の弟・勝沼信友を撃破。上杉朝興が北条領を脅かしたため撤兵する。
153723”河越城の戦い”上杉朝定との戦に参加。
153824”第1次国府台合戦”足利氏&里見氏の連合軍との戦に参加。総大将・足利義明を討ち取る。
154127父・北条氏綱の死去により家督を相続。
154531”第2次河東の乱”今川氏&上杉氏の連合軍の挟撃に遭い、武田氏を加えた今川軍に敗れる。武田晴信(信玄)の仲介で和睦し、今川義元に駿河国の東部を奪還される。
154632”河越夜戦”上杉憲政&上杉朝定&足利晴氏の連合軍に河越城を包囲される。計略と奇策によってこれを撃退、上杉朝定を討ち取る。扇谷上杉家滅亡
155036前年に起きた関東大地震の影響で領民の生活が困窮。税制改革を行う。【公事赦免令】
155137山内上杉領・上野国に侵攻。平井城、厩橋城、白井城つづけてを攻略し、上杉憲政を追い詰める。
155238上杉憲政が越後国に逃亡、長尾景虎(上杉謙信)を頼る。
長尾景虎が上野国に侵攻してくる。旧・山内上杉領を奪還され、北条領・武蔵国まで攻め込まれる。
155440今川義元の嫡男・氏真に娘を嫁がせて同盟を結ぶ。【相駿同盟】
武田晴信(信玄)の娘を嫡男・氏政の嫁にもらって同盟を結ぶ。【甲相同盟】
武田氏、北条氏、今川氏が互いに婚姻関係を結ぶ同盟を結成。【甲相駿三国同盟】
四男・氏規を人質として今川氏に預ける。
155945家督を次男・北条氏政に譲り隠居。後見として政治・軍事に関わり続ける。
上野国の横瀬氏、斎藤氏、沼田氏を降伏させる。
156046長尾景虎(上杉謙信)が上野に侵攻してくる。旧・山内上杉領を奪還され、北条領・武蔵、相模まで攻め込まれる。
景虎が関東の諸将に北条討伐の檄を飛ばす。家臣・太田資正がこれに従い挙兵する。
156147”小田原城の戦い”長尾景虎に居城・小田原城をはじめ諸城を攻撃されるが守り切る。
156349武田信玄の協力を得て、上野国の松山城、厩橋城を攻略。
上杉輝虎(謙信)が北条領に侵攻してくる。上野国、下野国、武蔵国、常陸国、下総国など、関東各地で争う。
156450”第2次国府台合戦”上総国に侵攻し、里見義堯・義弘父子を撃破。
娘婿・太田氏資と共謀して氏資の父・太田資正を追放する。
156551上杉輝虎(謙信)が里見氏の救援のために北条領に侵攻してくる。上野国・箕輪城が武田信玄によって攻略されたため輝虎は撤退。
成田氏長ら関東の豪族が服属する。
156854武田信玄が今川領・駿河国に侵攻。甲相駿三国同盟が破綻。
娘婿・今川氏真を支援する。
武田氏から駿河国の東部を奪取する。甲相同盟が破綻。
156955上杉輝虎(謙信)と和睦し、同盟を結ぶ。【越相同盟】
武田信玄が武蔵国に侵攻してくる。籠城戦でこれを撃退する。
157056駿河国の武田領に侵攻。深沢城を攻略。
六男・三郎(上杉景虎)を上杉謙信の養子にする。
157157小田原城で死去。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!