読み込み中

お待ちくだされ

宇喜多家に関連するページ

宇喜多家について

家紋・児文字
児文字
  • 根拠地:備前国
  • 出 自:国人
  • 家 祖:宇喜多信宗
  • 最盛期:宇喜多秀家
  • その後:滅亡

宇喜多氏のルーツは、百済王族の子孫など諸説があります。応仁の乱で下克上をした浦上氏の家臣でしたが、宇喜多直家が浦上宗景を追い出して大名になります。直家の没後、豊臣秀吉に養育された宇喜多秀家が五大老になりますが、関ヶ原の戦いに敗れ、江戸時代に入ると改易され、滅亡しました。

宇喜多秀家のイラスト
宇喜多秀家のハナシを読む

宇喜多秀家(成元、家氏、浮田久福)は、現在の岡山県南東部にあたる備前国の武将です。豊臣五大老のひとり。豊臣秀吉の猶子になり、朝鮮の役で日本軍の総大将を務めるなど将来を嘱望されます。西軍の副大将として関ヶ原の戦いに参戦しますが、敗れて流罪になりました。八丈島に流された最初の人物です。享年84歳。