読み込み中

読み込み中

あけち みつひで

明智光秀

1528? 〜 1582.7.2

 
明智光秀のイラスト
  

明智光秀は、現在の岐阜県にあたる美濃の武将・大名です。織田四天王のひとり。足利義昭を将軍にするために、織田信長との接点になって尽力します。次第に信長の参謀として働くようになり、近畿地方の制圧に大きく貢献しますが、本能寺の変で信長を襲撃して殺害。豊臣秀吉との戦いに敗れて死亡しました。享年55歳。

明智光秀の人物タイプ
参謀

このページでは、明智光秀が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・明智光秀のことがきっと好きになります。

  • 名 前:明智光秀
  • 幼 名:彦太郎
  • あだ名:キンカ頭
  • 官 位:日向守
  • 戦 績:22戦 16勝 2敗 4分
  • 出身地:美濃(岐阜県)
  • 領 地:近江、丹波、山城
  • 居 城:坂本城、亀山城
  • 正 室:妻木範煕の娘・煕子
  • 子ども:3男 4女

敵は本能寺にあり。信長の参謀は天下統一を目前に待ったをかけた

日本史最大の謎といわれる本能寺の変は、織田家臣・明智光秀が、天下統一を目前にしていた主君・織田信長を襲撃し、殺害した事件です。

天下に野心を抱いたのか、追い込まれて殺意を抱いたのか、明智光秀が本能寺の変で織田信長を討った理由はよくわかっていません。そもそも明智光秀は、10年ほどでしたが信長と二人三脚で歩んできた参謀です。

明智光秀こそ、織田信長の天下を演出した功労者なのに、とつぜん凶行を起こします。

明智光秀と織田信長の接点は「足利義昭を将軍に擁立して室町幕府を復興させる」というミッションでした。当初、明智光秀は幕府の家臣でしたが、有能な人材を欲した信長のスカウトにより、織田家臣になります。

天下を狙う信長に、明智光秀は信長が天下をとるシナリオを提案します。明智光秀も出世に野心を抱いていましたので、2人の思想はすぐにシンクロしました。

明智光秀が示した室町幕府復興と織田信長の天下統一の指標

この計画に乗るかっこうで、信長は足利義昭を利用して大ブレイクを果たしました。中途採用の明智光秀も一気に出世して、織田家No.2といわれるまでになります。

信長は明智光秀を重要な拠点が集中する畿内(京都周辺の地域)の司令官にしました。細川藤孝らをサポートに配属し、明智グループの総石高は240万石ほどになりました。
武田信玄のピーク時でも120万石、織田家では柴田勝家や羽柴秀吉が50万石ほどですので、破格の厚遇です。

なぜ本能寺の変を起こした?
諸説ありますが、本能寺の変の動機で有力とされているのは、つぎのような説です。


天下をねらった
「野望説」

シンプルに「ワンチャンいける」と天下取りを狙った可能性あり。しかし、頭脳派の明智光秀にしては、あまりにも無計画で、多くの疑問が残ります。


信長のパワハラ
「怨恨説」

みんなの前で信長に「テメーゴルァ」とフルボッコにされた。大量の酒をイッキ飲みさせられて急性アルコール中毒になった。などのパワハラを恨んでいた可能性あり。ドラマなどで定説とされてきた動機です。


苦労が水の泡
「四国問題説」

四国を統一した長宗我部氏をあざむき、信長は討伐軍を派兵しようとした。織田氏に従属するよう長宗我部氏との交渉にあたっていた明智光秀は、これを力ずくで止めようとした可能性あり。わりと可能性高めな動機です。


おぬしも悪よのう
「黒幕説」

秀吉の野望のために利用された、信長に妻子を殺された家康の復讐に利用された、幕府や朝廷が実行させた可能性あり。頭脳明晰な明智光秀を踊らせることができたのって誰よ?という点で疑問が残ります。

このほかにも、織田家・筆頭家老の佐久間信盛(勤続30年)が突然追放されたり、さんざん協力してくれていた徳川家康を恫喝したり、あげく自分のことを神だと言いはじめたり、信長は確実にヤバい人になっていたという背景も無視できません。

秀吉の指揮下に入るよう命じられたのが嫌だったとか、家康の接待で言いがかりをつけられたとか、枚挙にいとまがありません。

突如として織田信長の天下を阻んだ明智光秀も、信長襲撃から13日後に、羽柴秀吉のスーパープレーによって命を落とす数奇な運命をたどります。

本能寺から織田信長の遺体は発見されておらず、明智光秀も複数の遺体があり、真偽不明です。こういった後味の悪さも本能寺の変のミステリーたる所以です。

[生涯] わかりやすくまとめ

① 生まれ

美濃国の明智荘・明智城に父・明智光綱と母・お牧の方の長男として生まれます。
8歳のときに父・光綱が亡くなり、家督を継ぎます。
叔父・明智光安といっしょに斎藤道三の家臣として働きました。

② 放浪

29歳のころ、斎藤道三が息子・斎藤義龍と争って長良川の戦いで敗死。道三の味方をした光秀は美濃から逃げます。さまよったすえ、朝倉義景を頼って越前に落ち着き、10年ほど過ごします。
しばらくすると、京で将軍が暗殺された事件によって、将軍の弟・足利義昭が越前に逃げてきました。

③ 室町幕府の再興

40歳ころから細川藤孝たちに加わり、幕府の家臣になります。室町幕府をたてなおすため、織田氏に協力を頼み、信長とともに京に攻めのぼって、足利義昭を将軍にしました。
40〜45歳ごろまで、幕府と織田氏の両方の家来でした。三好三人衆の襲撃から足利義昭を守り、金ヶ崎の戦いで織田信長の退却を助ける活躍をします。

④ 織田信長に仕える

比叡山との争いに借り出されるなど、しだいに信長の仕事が増えていました。
将軍・義昭と信長は仲が悪くなり、足利義昭は信長との戦いに負けて京を追放され、光秀は織田信長の家来になります。数々の戦いで活躍して出世し、大きな軍団を率いて、むずかしい地域だった丹波と丹後を攻め落としてみせました。

⑤ 最後

中国地方を攻めていた豊臣秀吉の援軍に行く途中、とつぜん進路をかえて、織田信長が数百名で宿泊していた京都の本能寺を襲いました。
本能寺の変を知って駆けつけた豊臣秀吉に山崎の戦いでやぶれ、逃げる道中で落武者狩りにおそわれて絶命しました。55歳の生涯でした。

明智光秀の簡単な年表
明智光秀の領地・勢力図(1582年)

[性格] どんな人?人物像

明智光秀の能力チャート
長所
オールマイティ、気品がある
短所
嘘つき、薄情

ふつふつとした野心を秘めた人です。
知識や技能の習得に労を惜しまず、自分磨きに熱心です。スキルを活かしたセルフプロモーションが得意で、鉄砲の技術が高く、45m先の的に6割の確率で当てられる腕前をみせて朝倉氏に就職しました。連歌や茶の湯など、教養深い文化人であり、薬学の知識も豊富。

嘘つきで密会を好み、冷酷で策を弄すると評される策謀家。頭脳派ですが、剣術に秀でているうえ、合戦で組み合いになった相手の鞍橋を引きちぎるほどの怪力の持ち主でもあります。

占領した土地の国人衆にそのまま統治を任せたり、合理主義で能力を重んじる、規則正しい生活を好むなど、信長とよく似ているところがあります。

身長170cmくらいで威厳があり、家族もふくめてルックス(品格)が良かったようで、光秀ファミリーを見たルイス・フロイスは「王侯貴族のようだ」と伝えています。
好きな食べ物は粽(ちまき)。お酒はまったく飲めません。
愛妻家で、側室はいませんでした。

明智光秀の逸話・面白いエピソード

秀吉に敗れたあとも生きていた?天海=生存説

京都宇治の専修院と神明神社、大阪の本徳寺には、山崎の戦いのあとで明智光秀を保護した言い伝えがあります。

山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れた明智光秀は、落武者狩りの竹槍に突かれて絶命したとされていますが、じつは逃げ延びて、南光坊天海というお坊さんになったというのが、光秀生存説です。

南光坊天海と明智光秀は同一人物かもしれない光秀生存説

天海は、徳川家康の政治参謀のような役割をしていました。家康が豊臣氏を攻める口実をつくった「方広寺鐘銘事件」にも天海が関与しています。

天海の前半生は不明ですが、出身地とされる比叡山の叡山文庫には、俗名を光秀と名乗った僧侶の記録があるそうです。また、光秀が亡くなった1582年以降に光秀の名前で寄進された石碑が比叡山にあります。かつて光秀の居城があった近江の坂本に南光坊天海のお墓があります。

徳川家康を祀っている日光東照宮に、明智家の桔梗紋が使用されていて、日光には明智平という地名があり、いずれも天海が関わってると考えられています。

比叡山の焼き討ちでヒャッハーしてしまう

戦国史に残る凄惨な事件「比叡山焼き討ち」は、敵対していた比叡山の僧侶を殲滅するために、僧侶はもとより、女性も子供も、国宝も、すべて山ごと燃やしてしまった織田信長の過激な行動として知られていますが、これを主導したのは明智光秀でした。

焼き討ちの10日前、光秀は信長にサラリと告げます。
「比叡山の件ですが、みなごろしにしましょう」
「ぉ、おう!みなごろしじゃ!」と信長もGOサインを出しました。

用意周到に配置した発火ポイントに火をつけ、逃げてくる人々をバッサバッサと斬りまくります。悲鳴が聞こえなくなったころ、信長もドン引きするほどの惨状だったそうです。

比叡山の掃討戦でMVPとなった明智光秀には近江坂本が与えられ、築城OKというボーナスまでつき、織田家臣団ではじめての城持ち大名になりました。

本能寺の変の1年前まで信長とリスペクトしあっていた

信長に対して「がらくたみたいだった自分を立派にしてくれた織田さまには子々孫々、末代まで感謝の気持ちを忘れちゃならね」と、明智光秀は書き残しています。

本能寺の変が起こる1年前「光秀はスゲェ。日本一の武将だ。みんなも見習え」と織田信長も激賛しており、互いにリスペクトしていました。

光秀の寝室には、信長直筆の掛け軸が飾ってあったという話も残っています。
本能寺の変を起こすまでの1年のあいだになにかあったのか?ますます謎が深まります。

明智光秀の戦い・有名な合戦

金ヶ崎の戦い かねがさきのたたかい 1570.4.28 ● 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万5千 ○

越前の朝倉義景を攻めていた織田信長を朝倉軍と浅井軍が金ヶ崎(福井県敦賀市金ヶ崎町)で挟み撃ちにした戦い。浅井長政の裏切りによって、織田軍は撤退を余儀なくされる。木下秀吉が、客将として参戦していた明智光秀ととも撤退戦の殿を担い、信長を無事に逃げさせた。

金ヶ崎の戦いで明智光秀は敗れています。
織田軍にゲストとして参加していた光秀は、信長をピンチから逃がす活躍をします。金ヶ崎からの撤退戦によって、信長から大きな信頼を得ました。

黒井城の戦い くろいじょうのたたかい 1578.3 〜 1579.6 ○ 織田軍1万 vs 赤井軍1千8百 ●

丹波平定を目指す明智光秀が黒井城(兵庫県丹波市春日町)を攻めた合戦。2回にわたり赤井氏と争った。第2次の戦いでは、黒井城と波多野氏の八上城の支城を陥落させ、丹波勢の連携を分断。赤井氏と波多野氏を同時に攻略した一連の勝利によって、丹波を平定した。

黒井城の戦いで明智光秀は勝っています。
2つの部隊を同時に使い分けたハイレベルな軍略で成し遂げた丹波平定は、司令官として極めて有能であることを示しました。この功績に信長も惜しみない賛辞を送り、織田家の実力者として認められました。

本能寺の変 ほんのうじのへん 1582.6.21 ○ 明智軍1万3千 vs 織田軍2百 ●

本能寺(京都府中京区小川通蛸薬師元本能寺町)に織田信長が宿泊していたところを家臣の明智光秀が襲撃した事件。早朝、喧騒で目を覚ました信長は、明智軍に包囲・攻撃されている事実を知ると「余は自ら死を招いたな」と覚悟し、弓と槍で鬼神のごとく応戦したのち、本能寺に火を放って自害した。

本能寺の変で明智光秀は勝っています。
明智光秀のターニングポイントになった戦いです。
少数の護衛、しかも就寝中だった信長を襲ったため、一気に現場を制圧しました。合戦というより、襲撃事件である本能寺の変は、当時の情勢と日本史を大きく揺るがす出来事です。

山崎の戦い やまざきのたたかい 1582.7.2 ○ 羽柴軍4万 vs 明智軍1万6千 ●

本能寺で織田信長を討った明智光秀と駆けつけた羽柴秀吉が山崎(京都府長岡京市)で激突した合戦。天王山の戦いとも呼ばれる。秀吉は中国地方で毛利氏と交戦中だったが、これを停戦し、急行した。予想外の速さで現れた羽柴軍に明智軍は劣勢となり、敗走した。

山崎の戦いで明智光秀は敗れています。
本能寺の変から数日後、畿内の掌握に失敗した光秀は、京都に駆けつけた羽柴秀吉に敗れて戦死しました。謀反の真相がわからないまま、豊臣秀吉の時代へと分岐していきました。

明智光秀の年表・出来事

明智光秀は西暦1528年〜1582年(享禄元年〜天正10年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で明智光秀が生きた期間の表
15281明智光綱の嫡男として美濃に生まれる。幼名:彦太郎
15358父・明智光綱の死去により家督を相続。
155629”長良川の戦い”主君・斎藤道三が子・斎藤義龍に敗れる。義龍軍に明智城を追われ、浪人となる。
越前・朝倉義景を頼り、客将になる。
156639足利義昭をサポートする細川藤孝らに加わる。
156841足利義昭を将軍にするため、織田信長に協力をあおぐ。
信長の上洛に尽力し、信長、足利義昭とともに京に入る。
足利義昭が第15代将軍に就任し、幕府の家臣になる。【室町幕府の再興】
156942足利義昭が三好三人衆に襲撃され、警護する。【本圀寺の変】
157043”金ヶ崎の戦い”浅井氏&朝倉氏の挟撃に遭い撤退する織田軍の殿(しんがり)を担い、信長本隊を無事に退却させた。
”志賀の陣”織田氏と浅井氏&朝倉氏&比叡山延暦寺との戦に織田軍として参加。
157144”比叡山焼き討ち”比叡山延暦寺と織田氏の戦に織田軍として参加、実行部隊の指揮をとる。
157346”槇島城の戦い”足利義昭が挙兵。織田軍に加わり、これを破る。【室町幕府の滅亡】足利家滅亡
幕府と織田氏をつなぐ役割をしていたが、織田の家臣になる。
坂本城が完成、居城とする。
”一乗谷城の戦い”朝倉氏との戦に参加。朝倉家滅亡
”小谷城の戦い”浅井氏との戦に参加。浅井家滅亡
157548石山本願寺、越前一向一揆との戦いに参加。
”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。
織田信長から丹波攻略を命ぜられる。
”第1次黒井城の戦い”丹波に侵攻し、赤井直正が篭る黒井城を包囲する。
157649波多野秀治の裏切りに遭い、包囲していた黒井城から撤退。
”天王寺砦の戦い”石山本願寺との戦に参加。
157750”紀州征伐”雑賀衆との戦に参加。
”信貴山城の戦い”信長に対して謀反を起こした松永久秀との戦に参加。
157851羽柴秀吉の援軍として播磨での戦に参加。
”有岡城の戦い”信長に対して謀反を起こした荒木村重との戦に参加。
157952”八上城の戦い”包囲戦の末、波多野秀治を捕縛。波多野家滅亡
”第2次黒井城の戦い”赤井直正の死去により弱まっていた黒井城を攻略。
丹波を平定。
細川藤孝の協力を得て丹後も平定。
158053織田信長から丹波一国を拝領する。
信長の命令により、丹後・細川藤孝、大和・筒井順慶が配下に加わり、近畿方面軍を統括する。
158255”甲州征伐”信濃・武田領の攻略に従軍。武田家滅亡
主君・織田信長ならびに織田信忠を襲撃、殺害する。【本能寺の変】
”山崎の戦い”羽柴秀吉との戦に敗れて敗走、落武者狩りに遭い、絶命した。

オールカラーの武将ビジュアルがカッコイイ!入門書として最適!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

武将になって戦場を駆けろ!一人称視点で無双する爽快アクション!

明智光秀のページの先頭に戻る