読み込み中

読み込み中

みよし ながやす

三好長逸

生没年不明

 
三好長逸のイラスト
  

三好長逸(北斎宗功、長縁)は、現在の徳島県にあたる阿波国の武将です。年長者として三好政権を支えた重鎮です。三好政康、岩成友通らとならんで三好三人衆と呼ばれました。永禄の変で13代将軍・足利義輝を殺害した中心人物です。織田信長の畿内進出に抵抗し続けますが、敗れて消息不明になりました。生没年不詳。

三好長逸と似ている人物
直江兼続
豊臣秀長
黒田官兵衛
小早川隆景
北条綱成

このページでは、三好長逸が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。きっと三好長逸のことが好きになります。

  • 名 前:三好長縁 → 三好長逸 → 北斎宗功
  • 官 位:日向守
  • 出身地:阿波国(徳島県)
  • 居 城:飯岡城
  • 子ども:1男
  • 跡継ぎ:三好長虎

三好三人衆の筆頭格で一族の長老が永禄の変を起こした

歴史は、勝者によって紡がれていく物語です。ことに戦国時代では、死人に口なし・敗者に弁解なし、負けたらノーチャンスです。
混乱が続く京に、秩序を取り戻した三好政権の功績は、将軍暗殺という凶行によって、負のイメージに変わってしまいました。

三好長逸が率いた三好三人衆は、ヒール(悪役)として不名誉な名を残します。

三好一族の年長者として、三好政権を支えた三好長逸は、三好政康、岩成友通とともに『三好三人衆』と呼ばれるユニットを組み、彼はそのリーダーでした。この三好三人衆が、現職の将軍を殺害する大事件を起こします。


三好氏が支えた
足利将軍と幕府

そもそも、細川晴元という独裁者に将軍が追い出されたために、幕政が停滞していました。三好長慶が晴元を追い出して将軍を連れ戻し、幕府の機能を取り戻したのです。

ところが、将軍・足利義輝は、長慶の暗殺を企んだり、あろうことか細川晴元と手を組んで、京に火をつけたりしました。それでも長慶は、義輝に将軍をやめさせたりしませんでした。

やがて三好長慶が亡くなると、足利義輝が権力を自分に集中させようとします。義輝は諸大名に、兵をつれて京にくるよう声をかけます。この呼びかけに誰も応じませんでしたが、これは義輝の裏切り行為でした。


やるしかない
永禄の変

三好氏を潰そうとする将軍を放ってはおけない。三好長逸は、三好三人衆と1万の兵で、二条御所を囲んで威圧しました。

足利義輝に辞職を勧告しますが、義輝は断固拒否。どちらもヒートアップして「このわからずや!もうやるっきゃない!」となってしまい、抜刀して暴れる将軍を、乱戦のすえ討ち取りました。これが永禄の変です。

こうなったら、やぶれかぶれ。やっちまったと浮き足立つ三好家中は大混乱。
重臣の松永久秀は、三好長逸ら三人衆と対立して、三好家は分裂しました。三好政権は崩壊し、バターが溶け出すように消滅しました。

・・・・・

この後に現れた英雄・織田信長が、京を右往左往する三好勢を蹴散らして、足利義昭を将軍にします。こうして三好三人衆は、歴史の敗者として語られるようになりました。

もっとくわしく戦国時代を知る本
戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がよくわかる!

戦国 忠義と裏切りの作法

ユニークな視点で深掘りする戦国武将の作法!

小学生にもわかりやすく
– 生涯、生まれから最後 –

三好長逸の簡単な年表

1. 生まれ

三好長逸は、阿波国の三好郡に父・三好長則の子として生まれます。母は不明です。三好氏の庶流の家柄で、当主・三好長慶従叔父(いとこおじ)にあたります。

2. 三好政権

将軍よりも強いちからを持った三好氏は、幕府をしきるようになります。三好政権で長逸は、松永久秀とならんで司令官のはたらきをしました。播磨の別所就治をやっつけたり、京がある山城の南半分を治めました。しかし、長慶が亡くなると、将軍との関係はギクシャクしました。

3. 転機

13代将軍・足利義輝は、幕府の政治から、三好氏を追い出そうとしました。長逸は、三好三人衆といっしょに義輝を攻めて、殺してしまいます。政権をつづけるために、足利義栄を14代将軍にしました。ところが、あたらしく当主になった三好義継を連れ去ったことで、松永久秀とケンカになり、三好政権はバラバラになってしまいました。

4. 将軍の交代

足利義昭を将軍にするために、織田信長が京に攻めてきました。長逸と三人衆は対抗しましたが、負けてしまいます。悪いタイミングで、14代将軍・足利義栄が病気で亡くなり、信長がつれてきた足利義昭が15代将軍になりました。
長逸たち三人衆は、義昭を殺そうとしますが、明智光秀に追い払われました。

5. 最後と死因

石山本願寺をまきこんで信長に対抗したり、足利義昭の信長包囲網にくわわるなど、抵抗をつづけました。しかし、状況はどんどん悪くなり、三人衆の岩成友通が戦死してしまい、このあと三好長逸がどうなったのか不明です。信長との戦いで討ち死にしたという説があります。

どんな人だったのかな
– 能力、性格と人物像 –

三好長逸の能力チャート

三好長逸は「豊富な経験と指導力がある人」です。
細川氏の家臣だった三好氏の多くは、細川氏の内乱によって亡くなってしまいました。そのなかで、あまたのトラブルをくぐり抜けてきた、三好一族の生き証人であり長老でした。

ルイス・フロイスの記録に、三好長逸の善良さを伝える記述があります。松永久秀と交戦している最中、京から堺に追放される外国人の宣教師に護衛をつけて保護しており「生来善良な人、教会の友人」と記されています。

天下4人の執政のひとりと称され、堺に豪邸を持っています。当主であった三好義継が逃亡したあとの三好家では、長逸がトップの立場を引き継いでいました。
肖像画など、容姿がわかる資料は残っていません。

三好長逸の戦い・有名な合戦

永禄の変 えいろくのへん 1565.6.17 ○ 三好軍1万 vs 足利幕府軍3十 ●

清水寺参詣を名目に、三好長逸ら三好三人衆が1万の兵を結集。訴訟があるとして、二条御所(京都府京都市中京区二条城町)に押し寄せた。二条御所にいた幕府主従30名ほどで応戦し、剣の達人であった将軍・足利義輝も奮戦したが、数で勝る三好勢がこれを討ち取った。

永禄の変で三好長逸は勝っています。
三好長逸のターニングポイントになった戦いです。
首謀者として関与したこの事件によって、破滅の道を辿ることになります。
このあと、織田信長が足利義昭を連れて上洛します。結果的に、信長が中央政権に進出するきっかけをつくった出来事で、日本史に大きな影響を与えています。

東大寺大仏殿の戦い とうだいじだいぶつでんのたたかい 1567.4.18 〜 10.11 ○ 松永軍? vs 三好&筒井&池田軍2万8千 ●

三好三人衆に筒井順慶、池田勝正を加えた連合軍と、松永久秀が東大寺(奈良県奈良市雑司町)で激突した合戦。三好長逸は、東大寺なら攻められまいと考えたが、松永軍はひるまず夜襲を決行。三好・松永の兵火とも呼ばれ、東大寺の多くの建造物が焼失。大仏も焼け崩れた。

東大寺大仏殿の戦いで三好長逸は敗れています。
交戦中の松永久秀を挑発し、手出しができないよう、東大寺に陣を張りましたが、罰当たりな久秀のまさかの奇襲にやられました。

本圀寺の変 ほんこくじのへん 1569.1.31 ● 三好軍1万 vs 足利幕府軍2千 ○

三好三人衆が、本圀寺(京都府京都市山科区)の15代将軍・足利義昭を襲撃した事件。13代将軍を殺害した永禄の変と同様に、三好長逸らが攻め入るが、織田氏の助勢もあって、幕府軍が義昭の防衛に成功した。明智光秀が活躍した合戦。本圀寺合戦、六条合戦とも。

本圀寺の変で三好長逸は敗れています。
三好三人衆は、ふたたび将軍の御所を襲撃しますが、信長が本圀寺に多くの兵を待機させていたため、三人衆の計画は失敗しました。

野田城・福島城の戦い のだじょう・ふくしまじょうのたたかい 1570.8.26 〜 9.23 ● 織田&雑賀衆&根来衆軍5万 vs 三好&本願寺軍? ○

摂津国中嶋(大阪府大阪市福島区)に城を築いて挙兵した三好三人衆を、織田信長が討伐に向かった合戦。三角州をまたいで、両軍鉄砲による銃撃戦が行われた。突如、本願寺軍が織田軍を背後から攻撃。第1次石山合戦とも呼ばれ、本願寺と信長が10年も抗争する発端になった。

野田城・福島城の戦いで三好長逸は勝っています。
石山本願寺をはじめ、浅井氏、朝倉氏などの反信長勢力と連携して、織田軍を撃退しました。

三好長逸の詳しい年表・出来事

三好長逸は生没年が不明です。
戦国時代中期に活躍した武将です。

三好長則の子として阿波国に生まれる。※芥川長光の子とする説あり
1549”江口の戦い”三好政長との戦に参加。香西元成と交戦する。
1550”中尾城の戦い”幕府との戦に参加。近江国に逃れる幕府軍を追い討ちする。
1554播磨国に侵攻し、別所就治の三木城を攻めて支城7つを攻略。
1555丹波国に侵攻し、波多野元秀と争うが、敗れる。
山城国・飯岡城の城主となる。
1558”北白川の戦い”幕府との戦に参加。
1564主君・三好長慶が死去。次代・三好重存(義継)に仕える。
1565三好政康、岩成友通、松永久通らと共謀し、13代将軍・足利義輝を殺害。【永禄の変】
松永久秀と対立。三人衆は飯盛山城に入り、三好義継を高屋城に移す。
1566”上芝の戦い”松永氏&畠山氏の連合軍を退ける。
足利義栄を阿波国から摂津国に移す。
1567主君・三好義継が離反し、松永久秀のもとに逃亡。
”東大寺大仏殿の戦い”筒井氏、池田氏を伴って松永久秀と争うが、敗れる。大仏殿が消失する。
1568三好三人衆が擁立した足利義栄が14代将軍になる。
織田信長の上洛軍に敗れて京から摂津国、さらに追われて阿波国に退散。
14代将軍・足利義栄が病死。
織田信長が擁立した足利義昭が15代将軍になる。【室町幕府の再興】
1569足利義昭を襲撃するが、幕府&織田氏の連合軍に敗れる。【本圀寺の変】
1570”野田城・福島城の戦い”摂津国で挙兵、織田氏に抗戦する。石山本願寺を味方につけ、浅井氏&朝倉氏の連合軍に織田領を攻めさせる。【第1次信長包囲網】
1572将軍・足利義昭の織田信長討伐に加勢する。【第2次信長包囲網】
1573織田信長に敗れた足利義昭が京を追放される。【室町幕府の滅亡】
摂津国で織田軍に抗戦するが、敗れる。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

キャラ絵で学ぶ!織田信長図鑑

ゆるいイラストが面白い!内容も申し分なしの一冊!

すごいヤバい 戦国武将図鑑

戦国武将のぶっとんだ逸話!すごいとやばいを知る一冊!

信長の野望・大志 with パワーアップキット

定番の歴史シミュレーションゲームで天下をねらえ!

戦国無双5

爽快アクション!戦国武将になって無双しろ!

三好長逸の顔イラスト