読み込み中

読み込み中

まつなが ひさひで

松永久秀

1508.? 〜 1577.11.19

 
松永久秀のイラスト
  

永久秀は、現在の奈良県にあたる大和国または大阪府北中部にあたる摂津国の武将です。三好長慶の参謀ですが、13代将軍・足利義輝の側近として幕府の業務も行いました。長慶が亡くなると、三好義継に仕え、独立し、織田信長に従いましたが、2度の謀反を起こし、最後は茶釜に火薬をつめて自爆しました。享年70歳。

松永久秀は何をした人?このページは、松永久秀のハイライトになった出来事をなるべく正しく、独特の表現で紹介しています。きっと松永久秀が好きになる「信長を二度も裏切った極悪人で平蜘蛛を抱えて爆死した」ハナシをお楽しみください。

  • 名 前:松永久秀
  • あだ名:乱世の梟雄
  • 官 位:従四位下、弾正忠、山城守、弾正少弼
  • 幕 府:相伴衆
  • 戦 績:30戦 18勝 5敗 7分
  • 出身地:摂津国(大阪府)
  • 領 地:大和国
  • 居 城:滝山城 → 信貴山城 → 多聞山城
  • 正 室:松永女房、保子(広橋兼秀の娘)
  • 子ども:2男 3女 1養
  • 跡継ぎ:松永久通
  • 父と母:不明

信長を二度も裏切った極悪人で平蜘蛛を抱えて爆死した

松永久秀は、歴史シミュレーションゲーム『信長の野望シリーズ』で義理ステータス値が1であることから「ギリワン」と呼ばれ、最後は爆死したことから「ボンバーマン」とも揶揄されるクセが強い人物です。

戦国史上ナンバーワンの呼び声も高い悪役であり、斎藤道三や宇喜多直家とならび、松永久秀は『戦国三大梟雄(きょうゆう)』にカテゴライズされている悪人です。

この松永久秀=悪党というイメージは、織田信長のひとことによって定着しました。徳川家康と松永久秀を引き合わせた際に、織田信長は「久秀(こいつ)はすげぇワルなんだぜ」と紹介します。

信長いわく、松永久秀は
三好家をつぶした悪党
将軍を殺した悪党
奈良の大仏を黒コゲにした悪党
であるとのこと。

まさしくこれが松永久秀がやらかしたとされる三悪事ですが、信長はからかい半分で悪ふざけをして、大袈裟に話を盛りました。


怪奇!
つぎつぎと人が死ぬ

松永久秀が三好長慶のもとで働くようになってから30年ほど経ったころ、三好家が度重なる不幸に見舞われます。

三好長慶の唯一の跡取りだった三好義興が22歳の若さで病死、長慶の末弟・十河一存、長弟・三好実休が続けざまに亡くなってしまいました。

ションボリした三好長慶は、なにを思ったか次弟・安宅冬康を殺害。その長慶もあとを追うように病没しました。少し前には、三好氏の主家筋にあたる細川晴元が病死するという奇妙な連鎖が起こります。

松永久秀を取り巻く相関図と不審死

一連のコンビネーション死は、(たぶん)松永久秀の謀略によるもので、この結果として畿内で権力を強めました。


神仏も将軍も
恐れねえ

どうせなら将軍もやっちまおうと考えた松永久秀は1565年、嫡男・久通と三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)をつかって、自分の手を汚さずに13代将軍・足利義輝を殺害します。その後、権力を独り占めにしたい松永久秀は、三好三人衆とも敵対しました。

三好三人衆は大仏様のお膝元なら、いくら悪党でも攻撃できまいと、大仏殿を本陣にして松永軍と対峙しましたが、松永久秀は「そんなの関係ねぇ」と大仏殿を攻めて全焼させました。


信長に従って
チャンスを待つ

三好三人衆が思いのほか手強かったので、1568年に上洛してきた織田信長にすり寄って、これを蹴散らしてもらいました。助けてもらったので、一時的に信長の家来になることにしました。

畿内はすっかり織田信長のものになってしまいましたが、松永久秀は虎視眈々とワンチャン狙います。そうしているうちに、なんと信長が将軍にした足利義昭が信長討伐の命令を下しました。

これを受けて、立ち上がった武田信玄などの諸勢力に加わって、1572年に信長に対してはじめての謀反を起こしますが不発に終わります。信長に許してもらいますが、1576年に上杉謙信が信長打倒に立ち上がると、再び謀反を起こします。

しかし、二度目の謀反も不発に終わり、松永久秀は信貴山城で孤立します。

降伏勧告を聞き入れず、信長が欲しがっていた茶釜『古天明平蜘蛛(こてんみょうひらぐも)』に火薬をしこたま詰めて、ザマーミロとばかりに爆死しました。

と、ここまでが通説ですが、松永久秀の歴史にさまざまな状況が混入しているケースがあり、真相は謎です。爆死も創作の可能性があります。

爆発炎上した松永久秀の命日は、天正5年10月10日(1577年11月19日)。これより10年前、奇しくも東大寺の大仏が燃えたのも同じ10月10日でした。

生涯をざっくり振り返る

1508年、松永久秀は摂津国・五百住に武士の子として生まれます。阿波国、山城国など出自については諸説あります。弟・長頼とともに三好長慶に仕えて、将軍家や細川晴元と争い、三好家の政権獲得に貢献。幕臣としても活躍します。長慶の没後、将軍・足利義輝が殺害される永禄の変で混乱した幕府から離れ、三好長逸ら三好三人衆と対立しました。

織田信長が上洛するとこれに協力して、三好義興を擁護しつつ信長に従います。足利義昭の信長討伐令に便乗して二度の謀反を起こしますが、1577年に大和国・信貴山城を織田軍に包囲され、自害しました。70歳でした。

三好家臣であるかたわら、三好氏を主軸とした幕府の政務に深く関わりました。つねに暗雲がたちこめる京、畿内の政治中心地で、さまざまな陰謀や闘争に明け暮れたのち、新たなちからの台頭による栄枯盛衰(えいこせいすい)を体現したような一生でした。

領地・支配した地域

松永久秀の領地・勢力図(1568年)

大和国45万石が松永久秀の領地でした。所領をめぐって筒井順慶と争いましたが、織田信長が畿内を制圧したことで順慶との領有問題も終わりました。

松永久秀の性格と人物像

松永久秀は「消えることのない野心を秘めた人」です。

悪人だけど憎めない。畿内の権力者であり続ける願望を抱いていました。ルイス・フロイスが「博識で辣腕(らつわん)、腕利きだが狡猾である」と評しているように、あらゆることに精通していて、どこで身につけたのか、高度な知識、技能、作法を会得していました。

茶道を極めており、茶道具の目利きはピカイチです。久秀の茶器コレクションは信長も夢中にさせました。久秀が朝倉宗滴から購入し、信長に献上した7cmほどの小さな茶入『九十九髪茄子(つくもかみなす)』は、唐物茄子茶入(からものなすびちゃいれ)とも呼ばれ、大名物(だいめいぶつ)として現在も残っています。1,000貫(1.2億円)の価値があるといいます。

奇襲を得意とした戦上手です。「戦場で恐怖を感じたことはないが、亡くなった奥さんが化けてでたときは怖かった」と話すおちゃめさん。

健康に気づかっており、中風予防のため、脳天のツボにお灸をする習慣がありました。自筆で出版もしてします。著書にエッチなハウツー本があり、けっこう売れています。

身長180cm。公家の日記には、優雅な立ち振る舞いの風流人と書かれています。白髪で悪い妖怪のような姿をした松永久秀の絵は、すべて江戸時代に描かれたもの。それ以前に描かれた身なりが良い肖像画も存在し、出っ歯で頬が赤いおもしろ顔で妖怪とは似ても似つきません。

能力を表すとこんな感じ

松永久秀の能力チャート

教養があり悪知恵も働く頭脳が松永久秀の強みです。どこで身につけたのか上級武家の作法にも詳しく、幕府の政治を行う高官も務めています。

松永久秀の面白い逸話やエピソード

じつは悪いことはしていない

松永久秀がしでかしたとされる3つの悪事ですが、実際はひとつも関わっていなかったという説があります。悪役のイメージが強い松永久秀の人物像についても、最近の研究では事実と異なる可能性が指摘されています。


ちがう、俺じゃない
『三好家乗っ取り』

松永久秀は三好家を乗っ取っていません。少なくとも、主君・三好義継を蹴落とすようなことはしていません。それどころか、義継を排除しようとした三好長逸ら三好三人衆と戦っています。

三人衆ともめた松永久秀は三好家から独立します。そのあとで、三好義継が三人衆から逃れて、久秀を頼ってきたため、主従が逆転してしまった感じになりますが、傀儡(かいらい)にしたわけではありませんので、完全に風評被害です。

のちに、松永久秀は義継のもとで三好家を再興させようとまでしています。しかし、これは足利義昭の妨害によって頓挫しました。


ちがう、俺じゃない
『将軍殺し』

少なくとも実行犯ではありません。松永久秀は殺害現場にすら居ませんでした。

永禄の変で、13代将軍・足利義輝を殺害したのは、三好長逸を筆頭とする三好三人衆です。これに久秀の嫡男・松永久通が加わっていましたので、ごっちゃになって広まった可能性があります。


ちがう、俺じゃない
『大仏殿を燃やす』

これは久秀と交戦中だった三好三人衆が東大寺に本陣を構えたために起こった事故です。先に松永領を攻めたのは三人衆のほうで、三人衆は久秀を挑発しながら東大寺まで退きました。

三人衆の本陣に久秀は夜襲をかけますが、混乱に乗じたキリスト教徒が大仏殿に火を放ったという説が有力です。松永久秀が大仏にダイレクトな放火したわけではありません。

お城に天守閣を築いた最初の人

お城のてっぺんにどんと構える城主の館『天守閣』。日本のお城というと、ほとんどの人が熊本城や姫路城のような立派な天守をイメージするかと思いますが、戦国時代の城にはああいった天守は存在しませんでした。

戦いのための要塞である城には、見た目の美麗さは不要でした。そのため、城といってもほとんどが大きな館のようなものでした。

1562年に松永久秀が築いた多聞山(たもんやま)城が日本初の天守閣とされています。

晩年の信長が居城にした安土城にも、豪華絢爛な天守閣があったといいますが、これは多聞山城のてっぺんにある天守閣をみた織田信長が「すげえクール」と気に入り、真似をしたのだそうです。

松永久秀の有名な戦い

相国寺の戦い しょうこくじのたたかい 1551.7.14 〜 7.15 ● 足利幕府軍3千 vs 三好軍4万 ○

三好軍が京の奪回をはかる足利義藤を迎撃した合戦。相国寺(京都府京都市上京区)に陣をとった晴元派の三好政勝に対し、4万の大軍を率いた松永久秀がこれを撃退した。戦いに勝利した三好長慶は権威を増し、幕府管領・細川晴元の失脚が決定的なものとなった。

相国寺の戦いで松永久秀は勝っています。
三好軍の指揮官として、将軍ならびに細川晴元派の京都奪回を退けています。

北白川の戦い きたしらかわのたたかい 1558.7.4 ● 足利幕府軍3千 vs 三好軍1万5千 ○

北白川(京都府京都市左京区)周辺で行われた合戦。幕府は細川晴元と協力して、京都を三好長慶から奪還する兵を挙げた。将軍山城をめぐる攻防が行われ、如意ヶ嶽では、松永久秀が率いる三好軍が、将軍・足利義輝の奉公衆を70人ほど討ち取る戦果を挙げて勝利を決めた。

北白川の戦いで松永久秀は勝っています。
将軍家がまたしても京で戦闘を起こし、これを撃退しました。この合戦により、三好家と足利義輝の戦いにピリオドが打たれ、後に久秀は将軍御供衆に就任、幕政に関わるようになります。

東大寺大仏殿の戦い とうだいじだいぶつでんのたたかい 1567.4.18 〜 10.11 ○ 松永軍? vs 三好&筒井&池田軍2万8千 ●

三好三人衆に筒井順慶、池田勝正を加えた連合軍と、松永久秀が東大寺(奈良県奈良市雑司町)で激突した合戦。三好長逸は、東大寺なら攻められまいと考えたが、松永軍はひるまず夜襲を決行。三好・松永の兵火とも呼ばれ、東大寺の多くの建造物が焼失。大仏も焼け崩れた。

東大寺大仏殿の戦いで松永久秀は勝っています。
松永久秀のターニングポイントになった戦いです。
日本の文化財が多数失われたショッキングな事件ですが、ここを戦場に選んだのは三好三人衆でした。三人衆に手を焼いていた久秀が、織田信長と接点を持つきっかけになった合戦です。

金ヶ崎の戦い かねがさきのたたかい 1570.4.28 ● 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万5千 ○

越前の朝倉義景を攻めていた織田信長を朝倉軍と浅井軍が金ヶ崎(福井県敦賀市金ヶ崎町)で挟み撃ちにした戦い。浅井長政の裏切りによって、織田軍は撤退を余儀なくされる。木下秀吉が、客将として参戦していた明智光秀ととも撤退戦の殿を担い、信長を無事に逃げさせた。

金ヶ崎の戦いで松永久秀は敗れています。
10数名を連れて落ち延びる絶体絶命の信長に同行し、浅井領を通過するおりに交渉力を発揮しています。朽木元綱を調略して退路をつくり、大ピンチだった信長の退却を助けました。

野田城・福島城の戦い のだじょう・ふくしまじょうのたたかい 1570.8.26 〜 9.23 ● 織田&雑賀衆&根来衆軍5万 vs 三好&本願寺軍? ○

摂津国中嶋(大阪府大阪市福島区)に城を築いて挙兵した三好三人衆を、織田信長が討伐に向かった合戦。三角州をまたいで、両軍鉄砲による銃撃戦が行われた。突如、本願寺軍が織田軍を背後から攻撃。第1次石山合戦とも呼ばれ、本願寺と信長が10年も抗争する発端になった。

野田城・福島城の戦いで松永久秀は敗れています。
織田陣営として三好三人衆と戦っています。三好義継とともに野田城・福島城の対岸にある浦江城を攻め落としました。この戦いで久秀は破壊力が高い大鉄砲を使用しています。

信貴山城の戦い しぎさんじょうのたたかい 1577.10.5 〜 10.10 ○ 織田軍4万 vs 松永軍8千 ●

ふたたび信長に叛いた松永久秀が信貴山城(奈良県生駒郡平群町)に籠城して織田軍を迎え討った合戦。織田信忠を総大将とした4万の大軍で包囲された久秀は、しばらく抵抗したのち、一国にも値するといわれた茶釜・古天明平蜘蛛とともに壮絶な爆死を遂げた。

信貴山城の戦いで松永久秀は敗れています。
前回の謀反は、武田信玄の上洛にあわせて挙兵して失敗。2回目は、上杉謙信の上洛にあわせて挙兵しますが、謙信の急死によりこれも失敗しました。
信長からの降伏勧告に応じず、松永久秀の代名詞となる自爆をしました。

松永久秀の詳しい年表と出来事

松永久秀は西暦1508年〜1577年(永正5年〜天正5年)まで生存しました。戦国時代初期から後期に活躍した武将です。

15081摂津国に生まれる。※阿波国、山城国の出身とする説あり
153326幕府管領・細川晴元の家臣・三好長慶に仕える。
154235”大平寺の戦い”木沢長政との戦に参加。山城国南部に滞陣して大和国人を制圧する。
154942三好長慶が細川晴元と足利義晴・義藤(義輝)父子を失脚させて幕府の実権を握る。
山科言継と今村慶満の所領問題を仲裁する。
三好氏の家宰になる。
京の防衛と敵勢力の残党を掃討する。
155144”相国寺の戦い”京に侵攻してきた幕府軍を撃退する。
155346摂津国・滝山城の城主となる。
三好長慶から丹波国の平定を任じられる。
波多野秀親の数掛山城を攻めるが、幕府軍に挟撃されて惨敗する。
155851”北白川の戦い”京に進軍する足利義輝と細川晴元の幕府軍を撃退する。
155952朝敵とされていた楠木正虎の赦免を正親町天皇から許可される。
河内守護代・安見宗房と争うが、根来衆に敗れる。
三好軍本隊と合流して高屋城、飯盛山城を攻略。
三好長慶から安見宗房の追討を命じられて大和国に攻め込み、筒井順慶の筒井城を陥落させる。
*弟・長頼が波多野秀親、波多野次郎を従わせる。
*弟・長頼が波多野領・八上城を攻略。
*弟・長頼が赤井時家・直正父子を播磨国に追い出す。
丹波国を平定。
多聞山城の築城を開始する。
156053大和国・興福寺を制圧する。
大和国を平定。
三好長慶の幕府御相伴衆に就任に伴い、幕府御供衆に加わる。
信貴山城を居城にする。
156154将軍・足利義輝から桐紋と塗輿の使用され、幕府から主君・三好長慶と同等の待遇を受ける。
”将軍地蔵山の戦い”畠山氏&六角氏&細川氏の連合軍との戦に参加。永原重澄を討ち取って将軍山城を落とすが、六角義賢に撃退される。
156255”教興寺の戦い”畠山高政との戦に参加。
幕府政所執事・伊勢貞孝が三好氏に対して挙兵。討伐に向かい伊勢貞孝・貞良父子を討ち取る。
多聞山城が完成、居城にする。
156356多武峰衆と交戦し苦戦する。足利義輝に仲介を頼むが多武峰衆に拒否される。
三好家の嫡男・三好義興ならびに細川晴元・氏綱父子が病死。
156457三好長慶が実弟・安宅冬安を殺害。
主君・三好長慶が死去。次代・三好重存(義継)に仕える。
156558嫡男・久通が三好三人衆とともに13代将軍・足利義輝を襲撃、殺害する。【永禄の変】
大和国・興福寺にいた足利義輝の弟・覚慶(足利義昭)を幽閉するが、逃げ出される。
弟・長頼が赤井直政と交戦し討死。丹波国を失う。
三好三人衆に飯盛城を襲われて主君・三好義継を奪われる。
”第6次筒井城の戦い”筒井順慶の筒井城を攻略。
156659三好三人衆が足利義栄を14代将軍に擁立する。
将軍・足利義栄から松永討伐令が出される。
畠山高政、安見宗房と同盟を結ぶ。
根来衆と連携して三好義継の高屋城を攻める。
”上芝の戦い”畠山氏とともに三好三人衆&筒井氏の連合軍と戦い敗れる。敗走後しばらく行方不明になる。
摂津国および山城国の城を三好三人衆に攻め落とされる。
”第7次筒井城の戦い”筒井城を筒井順慶に奪還される。
織田信長に助勢を頼む。
156760三好義継が三好三人衆のもとから逃げてくる。これを保護する。
”東大寺大仏殿の戦い”三好三人衆&筒井氏&池田氏の連合軍に勝利する。大仏殿が消失する。
156861信貴山城に篭って三好三人衆&筒井氏の連合軍と戦うが、敗れる。
足利義昭を奉じて上洛する織田信長に従う。
14代将軍・足利義栄が病死。
織田信長が京から三好三人衆を蹴散らす。
織田信長が足利義昭を15代将軍に擁立する。
織田信長に九十九髪茄子を差し出して、三好義継と従属する。
足利義昭から大和国を拝領する。
改めて幕府御供衆になる。
織田信長から佐久間信盛、細川藤孝、和田惟政の援軍を得る。
筒井領・信貴山城を攻めて奪還する。
”第8次筒井城の戦い”筒井領・筒井城を攻める。織田信長から佐久間信盛ら援軍を得て勝利する。筒井順慶は逃亡。
156962三好三人衆に足利義昭が襲撃される。織田信長と救援に向かう。【本圀寺の変】
157063”金ヶ崎の戦い”朝倉義景との戦に参加。織田信長の退却を助けるため朽木元綱を調略する。
”野田城・福島城の戦い”三好三人衆との戦に参加。浦江城を攻略して織田軍の拠点とする。【第1次信長包囲網】
織田氏と三好三人衆の和睦を仲介する。娘を織田信長の養女にしたうえで人質として三好三人衆に預ける。
157164畠山秋高の家臣・安見右近を謀殺し交野城を攻める。
三好三人衆と呼応して畠山領・河内国に侵攻する。
将軍・足利義昭が養女を筒井順慶に嫁がせる。これに反発して幕府に叛く。
近江国・中山道を封鎖。織田軍の行軍ルートを塞ぐ。
”辰市城の戦い”筒井領・辰市城を攻めるが、大敗する。
高槻城を包囲する荒木村重に加わり城下を焼き払う。織田信長から撤兵勧告を受けて退く。
阿波三好氏(三好長治、十河存保、篠原長房)と講和を結ぶ。分裂していた三好勢力を再結集する。
三渕藤英、細川藤孝と交戦して山城国・普賢寺城を制圧する。
足利義昭の槙島城を攻める。
佐久間信盛と明智光秀の仲介で筒井順慶と和睦する。
157265畠山領・交野城を再び攻めるが、柴田勝家と佐久間信盛に撃退される。
将軍・足利義昭が織田信長と敵対する。これに加勢する。【第2次信長包囲網】
157366足利義昭が織田信長に敗れて京から追放される。【室町幕府の滅亡】
三好義継が織田信長に討伐される。三好家滅亡
織田軍に多聞山城を包囲されて降伏する。
織田信長の配下に加わる。
157669”天王寺砦の戦い”石山本願寺との戦に参加。
157770佐久間信盛の指揮下で天王寺砦に残り石山本願寺を包囲する。無断で戦線から離脱する。
長男・久通の子2人が京都で処刑される。
”信貴山城の戦い”織田氏に叛いて挙兵。織田信忠が信貴山城に攻めてくる。大和国・信貴山城で自害。
戦国時代で松永久秀が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

地域別 × 武将だからおもしろい 戦国史

戦国時代の勢力の移り変わりがよくわかる!重宝してます

戦国武将の解剖図鑑

図解やデータがおもしろい!有名どころの武将がバッチリ

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ドハマリします

松永久秀の顔イラスト