読み込み中

読み込み中

いまがわ よしもと

今川義元

1519.? 〜 1560.6.12

 
今川義元のイラスト
  

今川義元(梅岳承芳)は、現在の静岡県中部にあたる駿河国の武将・大名です。数奇な運命から今川氏の当主になります。武田、北条、織田という強国に囲まれながらも、巧みな外交戦略で東海道の覇権を握りました。尾張国の織田領に侵略しようとした矢先、桶狭間の戦いで織田信長の強襲に遭い、討死しました。享年42歳。

今川義元と似ている人物
佐竹義重
伊達政宗
島津義久
北条氏康
武田信玄

このページでは、今川義元が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・今川義元のことがきっと好きになります。

  • 名 前:栴岳承芳 → 今川義元
  • 幼 名:芳菊丸
  • あだ名:海道一の弓取り
  • 官 位:治部大輔
  • 出身地:駿河国(静岡県)
  • 領 地:駿河国、遠江国、三河国
  • 居 城:駿府城
  • 正 室:武田信虎の娘(定恵院)
  • 子ども:2男 3女
  • 跡継ぎ:今川氏真

織田、北条とのシーソーゲームを制して東海道に覇権を唱えた

今川氏の駿河は、現在の静岡県にあたり、甲斐(山梨県)の武田氏、相模(神奈川県)の北条氏、尾張(愛知県)の織田氏に囲まれていました。これらの列強と今川義元は互角以上にわたりあい、東海道を領国としました。

今川義元の領土拡大が上手くいった要因は、戦略的な外交で課題をシンプルにしたことです。

侵攻したい方向、敵対する勢力、専守するボーダーライン、これらを明確にして、巧みな外交戦術によって線引きしていく。これこそが『海道一の弓取り』といわれた今川義元の強さです。


東の防衛線
西の領土拡大

関東の北条氏との抗争のおり、上野(群馬県)の上杉憲政を動かし、北条氏康を二方向から同時に攻めるプランを実行します。

今川義元は、北条氏を共通の敵とする利害関係によって、難なく上杉憲政を味方につけることに成功しました。加えて、武田晴信(信玄)とともに北条領を攻撃、苦境に立たされた北条氏康に対して、武田晴信を介して交渉をまとめ、所領を奪還しています。

西に進路をとりたい今川義元にとって、武田氏や北条氏はディフェンスラインとして機能させたい東側の壁ですので、互いに婚姻関係を結ぶ『甲相駿三国同盟』で領土の守りを固めます。

【甲相駿三国同盟】武田・北条・今川の婚姻関係によって締結された同盟

三河の松平氏に肩入れをする姿勢をみせて、松平広忠を服属させて実質的な支配権を握ると、三河を自分のものにしました。松平氏から嫡男・竹千代(徳川家康)を人質にとって、支配を磐石なものにしました。

これでいよいよ、侵攻するターゲットが尾張の織田氏に絞れました。


義元の野望
信長という誤算

織田信秀との奪い奪われというシーソーゲームを徐々に優勢にしていった今川義元は、駿河・遠江・三河の制圧に成功し、天下に一番近い男といわれるまでになりました。
東海道を制した今川義元は、信秀の跡を継いだ織田信長をやっつけて、尾張からさらに西に侵略していくプランを立てました。

残念ながら、桶狭間の戦いで織田信長の返り討ちにあってしまい、今川義元の野望はここまでとなりました。領土の大きさや軍事力から考えても、負けるはずがなかった織田氏との戦いですが、織田信長という非凡な才能は大きな誤算でした。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

今川義元の簡単な年表

① 生まれ

駿河国の駿府城に駿河・遠江の守護大名の父・今川氏親と母・寿桂尼の三男として生まれます。
つぎの当主は兄・今川氏輝と決まっていたので、義元は4歳のころから太原雪斎のもと、お寺で修行しました。

② 家督相続

18歳のころ兄・氏輝と、もう一人の兄・彦五郎が二人とも同じ日に亡くなってしまいます。急に家督を継ぐことになり、対抗する異母兄・玄広恵探と花倉の乱で争います。
北条氏の支援もあって勝利すると、家督を継いで今川義元と名乗り、11代目当主になりました。

③ 河東の乱と小豆坂の戦い

2回戦った河東の乱では、駿河の東側をめぐって北条氏綱に敗れますが、氏綱の子・北条氏康に勝って取り戻しました。
小豆坂の戦いでは、三河の土地を信長の父・織田信秀と取り合いました。
はじめは負けてしまいますが、30歳のころに織田氏に勝って三河から追い出しました。

④ 松平氏を支配

家康の父・松平広忠をしたがわせて松平領を支配し、広忠の嫡男・徳川家康を人質にとって、三河を抑えました。
こうして駿河、遠江、三河を手に入れた35歳のとき、1つの国家として室町幕府から独立を宣言します。

⑤ 甲相駿三国同盟

つぎは尾張の織田氏をやっつけようと考え、甲斐の武田信玄と、相模の北条氏康と同盟を結びます。
お互いに息子と娘を結婚させることでつながる甲相駿三国同盟を成立させて、領地の東側を安全なものにしました。

⑥ 最後と死因

西方向に攻め進んだ今川軍は、はじめ織田領の砦を落とします。ところが桶狭間の戦いで、織田信長に敗れてしまいます。
はげしい雨のなか、突入してきた織田軍と混戦になり、義元も毛利良勝の指を食いちぎる抵抗をしましたが、あえなく討ち取られました。42歳の生涯でした。

戦国時代で今川義元が生きた期間の表
今川義元の領地・勢力図(1560年)

性格:人物像・どんな人?

今川義元の能力チャート

かなりの野心家で自信がある人です。
織田信長に負けた人というマイナスイメージのせいで、軟弱で無能と誤解されますが、そんなことありません。他勢力を巧みに利用して実利を得る手法で、強敵たちを出し抜くさまは見事。
領土の統治も上手で、領内の人々は豊かに暮らしていました。

室町幕府から独立を宣言したり、そもそも坊さんだったのに名門武家の頭領に立候補したり、よほど自信がなければできません。しかし、有能であるがゆえに慢心してしまうことも。
京都文化を好み、装束は公家風でした。連歌はあまり得意ではありません。

胴長短足で馬に乗れなかった義元は、輿に乗って移動していました。剣術や弓術はわりと得意です。桶狭間の戦いでも刀を抜いて、相手の膝を斬りつけるなど、戦っています。
義元の愛刀『義元左文字(よしもとさもんじ)』は、信長 → 秀吉 → 家康によって、天下バトンのごとく引き継がれ、今も現存しています。

今川義元の逸話・面白いエピソード

幼い徳川家康にやさしい「むごい教育」をした

三河の松平氏から人質として預かった徳川家康(竹千代)は、まだ8歳の子供でした。人質とはいえ、三河の武家の御曹司です。今川義元は部下にむごい教育をせよと命じます。

”竹千代には、朝から晩まで海の幸や山の恵みで贅沢にもてなしてあげて。寝たいときに眠らせ、いつでも好きなことをさせてあげて。夏は暑くならないように、冬は寒くないようにしてあげて。勉強が嫌ならさせなくていいよ”

今に例えると、毎日ご馳走、ゲームでもYouTubeでも好きなときに好きなだけやっていいよ、学校も塾も行かなくてOK!子供なら誰もが羨むVIP待遇です。なぜ、これがむごい教育なのでしょう?義元は最後にこう言います。

「そのようにしていれば、たいていの人間はダメになるから」

竹千代が成人したときに自分の脅威とならないよう、ダメ人間にしておくつもりだったのです。意味がわかるとコワイ話ですね。

桶狭間の戦いの直前にライバルの亡霊を見てしまう

家督相続のおりに花倉の乱で争ったライバル、異母兄・玄広恵探は、義元に敗れて自害しました。この玄広恵探が、桶狭間の戦いに出陣する直前に義元の夢に現れて「こたびの出陣を止めよ」と告げました。
義元が「そなたは我が敵。お前の言うことなんて聞かんわ」と一蹴すると、恵探は「今川家のために言っておる」と返したそうです。

桶狭間に向けて駿府から出陣し、藤沢にさしかかったころ、義元は玄広恵探の姿を見つけ、とっさに刀の柄に手をかけたといいます。これより先の地で、今川義元は討ち死にしました。

今川義元の戦い・有名な合戦

花倉の乱 はなくらのらん 1536.6.13 〜 6.28 ●玄広恵探軍? vs 栴岳承芳軍? ○

今川氏10代目・今川氏輝ならびに彦五郎が謎の死を遂げ、当主不在となったことで勃発した今川氏の内乱。正当な後継者として栴岳承芳を推した太原雪斎らが、玄広恵探の派閥を花倉城(静岡県藤枝市)で打ち破った合戦。勝利した承芳は当主となり、今川義元と名乗った。

花倉の乱で今川義元は勝っています。
亡くなった当主・氏輝は、義元の同母の兄であり、家督争いの対抗馬になった玄広恵探は、異母兄であったため、今川家臣の多くは義元に味方しました。
太原雪斎の活躍により勝利した今川義元は、雪斎を参謀に起用しました。

河東の乱 かとうのらん 1545.7.? 〜 11.? ○ 今川&武田&山内上杉連合軍? vs 北条軍? ●

駿河東部(静岡県沼津市あたり)をめぐり今川氏と北条氏が2回行った合戦。はじめ、今川義元が家督を継いだばかりの今川領を北条氏が奪った。第2次の戦いでは、武田晴信とともに義元が北条氏康を攻撃、上杉憲政が北条領を脅かす挟み撃ちによって河東を取り返した。

河東の乱で今川義元は勝っています。
家督を継いだ直後に北条氏綱に敗れますが、北条氏康の代になってリベンジを果たします。
義元にとっては駿河東部を奪還した戦いにとどまりますが、この合戦を契機に河越野戦に発展し、後北条氏が関東を制するきっかけとなりました。

小豆坂の戦い あずきざかのたたかい 1548.4.27 ● 織田軍4千 vs 今川&松平軍1万 ○

三河・岡崎城の攻略を目指す織田信秀と守る今川氏と松平氏の連合軍が小豆坂(愛知県岡崎市羽根町)で争った合戦。数で劣る織田軍も奮戦したが、今川軍の伏兵によって崩された。太原雪斎を大将とした今川軍は、坂上の地形を活かしつつ粘り強く戦って大勝した。

小豆坂の戦いで今川義元は勝っています。
義元の出陣はありませんでしたが、太原雪斎を総大将とした今川軍は、信長の父・織田信秀に勝利し、三河の覇権を握りました。

桶狭間の戦い おけはざまのたたかい 1560.6.12 ● 今川軍2万5千 vs 織田軍3千 ○

尾張に侵攻してきた今川義元を桶狭間(愛知県名古屋市緑区桶狭間)で織田信長が討ち取った合戦。10倍近い圧倒的な兵力差があり、局面的に織田勢が不利だったが、今川の本陣を強襲し、義元の首級をあげる快挙となった。戦国史上もっとも有名なジャイアントキリング。

桶狭間の戦いで今川義元は敗れています。
今川義元のターニングポイントになった戦いです。
前哨戦となった大高城、鷲津砦、丸根砦での勝利で慢心したか、今川軍に楽勝ムードが漂います。義元本隊がランチ休憩していたところを織田軍に襲われました。
桶狭間のショックは、大きな影響を与えます。この後、織田信長の躍進につながったほか、徳川家康が独立を果たす契機にもなっています。

今川義元の詳しい年表・出来事

今川義元は西暦1519年〜1560年(永正16年〜永禄3年)まで生存しました。
戦国時代中期に活躍した武将です。

15191今川氏親の三男として駿河国に生まれる。幼名:芳菊丸
15235駿河国・善得寺に入る。
15268父・今川氏親が死去。兄・今川氏輝が家督を相続。
152911太原雪斎に師事する。
雪斎とともに京都・建仁寺に入る。
153012剃髪して、梅岳承芳と名乗る。
153618兄・氏輝と彦五郎が同日に急死。今川氏の当主が不在になる。家督を継ぐために京から駿河国に戻る。
”花倉の乱”家督相続をめぐって内紛が勃発、異母兄・玄広恵探を当主に推進する派閥が挙兵する。北条氏の協力を得てこれに勝利。玄広恵探は自害。
家督を相続。
改名 → 今川義元
153719武田信虎の娘(定恵院)と結婚。
”第1次河東の乱”武田氏との同盟に反発した北条氏綱が駿河国に侵攻、駿河国東部を奪われてしまう。
堀越氏、井伊氏が今川家を離反する。
154022織田信秀が三河国に侵攻してくる。三河国・松平領を織田氏と争う。
154224”第1次小豆坂の戦い”三河国で織田信秀に決戦を挑み敗北する。
154527”第2次河東の乱”上杉憲政と同盟を結ぶ。上杉氏と結託、北条氏を挟撃して窮地に追い込む。
武田晴信(信玄)の仲介によって、北条氏康から駿河国東部を今川氏に返してもらう条件で和睦する。
154729松平広忠が服属する。三河国・松平領を支配する。
松平氏から人質として松平竹千代(徳川家康)が引き渡される途中、戸田康光の裏切りによって織田信秀に奪われる。
戸田康光の田原城を攻略。
154830”第2次小豆坂の戦い”三河国の支配権をめぐって織田信秀と争い、太原雪斎らの活躍により大勝する。
154931松平広忠が死去。岡崎城を支配し、当主が不在となった服属していた松平氏の領地を今川氏の直轄領にする。
安祥城を攻略、三河から織田氏を駆逐する。
信長の義母兄・織田信広を捕え、織田氏に奪われていた松平竹千代と人質を交換する。
三河国を平定。
155234武田晴信(信玄)の嫡男・義信に娘を嫁がせる。【甲駿同盟の強化】
155335室町幕府の統制下から独立を宣言。
155436北条氏康の娘を嫡男・氏真の嫁にもらって同盟を結ぶ。北条氏康の四男・氏規を人質として預かる。【相駿同盟】
武田氏、北条氏、今川氏が互いに婚姻関係を結ぶ同盟を結成。【甲相駿三国同盟】
155840家督を子・氏真に譲り隠居。義元は三河国の完全制圧と領土経営に専念する。
156042”桶狭間の戦い”尾張国に侵攻。先鋒隊が織田領を攻略していくが、義元の本陣を織田信長に急襲されて討死。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!