読み込み中

読み込み中

ほんだ ただかつ

本多忠勝

1548.3.17 〜 1610.12.3

 
本多忠勝のイラスト
  

本多忠勝は、現在の愛知県東部にあたる三河の武将・大名です。徳川四天王のひとり。幼い頃から徳川家康に仕えて行動を共にし、主君のピンチを何度も救います。天下無双の槍使い、単騎での突撃が知られますが、戦で傷ひとつ負わなかったという伝説があります。晩年は伊勢・桑名藩の初代藩主になりました。享年63歳。

本多忠勝と似ている人物
榊原康政
前田利家
島津義弘
山県昌景
村上義清

このページでは、本多忠勝が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・本多忠勝のことがきっと好きになります。

  • 名 前:本多忠勝
  • 幼 名:鍋之助
  • あだ名:トンボ切りの平八郎
  • 官 位:中務大輔
  • 出身地:三河(愛知県)
  • 領 地:伊勢、志摩
  • 居 城:大多喜城 → 桑名城
  • 正 室:阿知和玄鉄の娘・於久の方
  • 子ども:2男 5女
  • 跡継ぎ:本多忠政

蜻蛉切と呼ばれる6mの槍を振り回して生涯無傷で無双した

穂の長さは43.8cm、笹穂型の穂先に止まったトンボが真っ二つになったという、切れ味バツグンの槍を本多忠勝は愛用していました。通常、長槍の柄の長さは4.5mほどでしたが『蜻蛉切(とんぼきり)』と呼ばれた本多忠勝の槍は、柄の部分が6mもありました。

敵の有効打撃圏の外から正確無比な一撃で、本多忠勝は傷を負うことなく相手を仕留めました。


素早く
一撃で急所を突く

空中を飛ぶトンボを狙えるほど槍の扱いが巧かったといわれています。
馬術にも長けていた本多忠勝は、人馬一体となった馬上からの攻撃が得意で、首や脇などの急所に正確な一撃を加えることができました。

無双の豪傑ですが、特別大柄ではありませんでした。当時の日本人男性の平均身長は160cm程度で、本多忠勝もそのくらいでした。そのため、通常のものよりもはるかに長い槍を使って、リーチを伸ばしました。

本多忠勝の間合いのイメージ図

槍を振るう範囲とスピードは常識を大きく越えており、本多忠勝の間合いに一歩踏み込めば、立ちどころに必殺の一撃をうけてしまいます。
タテ・ヨコ・後ろにもブンブン振り回せるように鎧は軽装を好みました。


戦場の華
一騎打ちの記録

一騎討ちの記録が残っているのも本多忠勝の特徴です。

姉川の戦いでは、朝倉軍の前に立ちはだかり、2メートルの豪傑・真柄直隆と一騎討ちをしています。真柄直隆は、175cmの大太刀による斬撃と打撃を得意とするファイター型の猛将です。
わずか一撃、本多忠勝は槍を一閃して急所をひと突きにし、直隆を討ち取りました。

小牧・長久手の戦いでは、500の兵を連れて出撃し、8万の秀吉軍の前に立ちはだかると、秀吉子飼いの猛将・加藤清正と一騎討ちを演じています。
虎退治で知られる加藤清正を討ち取るには至りませんでした、本多忠勝を脅威に感じた秀吉陣営は手出しができなかったといいます。

桶狭間の戦いの前哨戦で初陣して以来、関ヶ原の戦いまで戦場に立ち続けて、徳川家康を支えました。江戸幕府が開かれると、桑名藩の初代藩主になった本多忠勝は、川の流れを変えて外堀に使うなど、桑名城下の開発や町割を行いました。今でも桑名市の中心部には「慶長の町割」の名残りが見られます。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

三河国の額田郡蔵前に父・本多忠高と母・小夜の長男として生まれます。
子どものころから徳川家康に仕えていて、13歳で元服すると本多忠勝と名乗って、桶狭間の戦いの数日前に行われた大高城の戦いで初陣します。

② 武勇

19歳で榊原康政といっしょに旗本先手役になり、ほとんどの戦に出陣します。
23〜25歳のころ、姉川の戦いで朝倉軍の真柄直隆を討ち取る、三方ヶ原の戦いで武田軍の山県昌景を夜襲で混乱させるなど、強敵をやぶる活躍で武勇が知られました。
徳川軍が負けた戦でも、忠勝だけは局地戦で負けませんでした。

③ ボディガード

家康のそばでボディガードをつとめました。本能寺の変が起きたとき、京都にいた家康一行を守りながら三河に帰る「伊賀越え」でも活躍をしました。
関ヶ原の戦いでは、本陣で徳川家康の護衛をしました。

④ 最後

江戸幕府がひらかれると、伊勢・桑名藩の初代藩主になり、区画整備にちからを注ぎました。
眼の病気にかかるなど、しだいに衰えて、63歳で桑名城で亡くなりました。
糖尿病網膜症だった可能性があり、糖尿病を死因とする説があります。

本多忠勝の簡単な年表
本多忠勝の領地・勢力図(1603年)

性格:人物像・どんな人?

本多忠勝の能力チャート

本多忠勝は「ぶっきらぼうだけど忠義に厚い人」です。
”武士にとって大切なのは、手柄や首ではない。主君に忠節を尽くすこと” と遺書に記しており、忠臣と呼ぶにふさわしい奉公ぶりです。本多忠勝が亡くなり、あとを追って殉死した2人の重臣が左右に埋葬されるなど、部下からも信頼されていました。

味方の将兵たちは「平八(忠勝)がいると背中に盾があるみたい」と楽観ムード。
福島正則に武勇を褒められても「俺が強いんじゃなくて敵が弱かっただけ」と答える合戦アスリートです。

身長は平均的。手先が器用で、小刀をつかった木彫りが趣味。
回りくどいことが嫌いで、知恵がまわる同族の本多正信とはそりが合わず、腰抜けと呼んで仲よくありませんでした。

合戦には大きな数珠をたすき掛けして臨み、葬った敵を弔う意味がありました。
大きな鹿の角を模した兜飾りは、和紙を貼り合わせて固めたもので、軽くて取り外せます。実際に着用した甲冑が残っています。
天下三名槍に数えられる忠勝の『蜻蛉切り』は、美しい状態で現存しています。

本多忠勝の逸話・面白いエピソード

生涯通算57回の戦でかすり傷ひとつ負ったことがない

忠勝が生涯で出陣した回数は57回とされていますが、戦において負傷したことは1回もなかったそうです。一騎でもガンガン突っ込んでいく本多忠勝の戦闘スタイルで、ケガがなかったというのは脅威的です。

そんな忠勝も晩年になってはじめてのケガをします。

ぽかぽかとした陽気のある日、縁側に座って小刀で ”ほんだただかつ” と自分の名前を彫っていて、プスッと指先を切ってしまいました。ケガした指先を見つめて「本多忠勝も怪我するようになっちゃおしまいですわ」とつぶやき、数日後に亡くなったそうです。

伊賀越えの窮地を恫喝と破壊で乗り越えてしまう

本能寺の変の直後、大坂に滞在していた徳川家康の一行は、伊賀の険しい山道を越えて三河に帰る「伊賀越え」を決行します。しかし、土地勘がなく、道がわからない。

すると、忠勝は「案内人を連れてきました」と、一人の男を抱えて戻ってきました。
男を脅しながら山を抜ける道を案内させ、家康一行は大きな川に出ました。川を渡ろうにも、船がない。

すると、忠勝は向こう岸にいた船にズドーンを鉄砲を放ち「船をこっちにつけろ!ぶっ殺すぞ!」と怒鳴りつけます。
ガクブルした船乗りたちに向こう岸に渡してもらうと、忠勝は船を破壊して沈めてしまいました。「これで追っ手も来られませんぜ」とドヤ顔。

恫喝と破壊で伊賀越えをする本多忠勝

道中、助けてくれた民間人を震撼させながら、家康一行は無事に三河に帰ったという忠勝の無頼っぷりがわかる逸話です。

本多忠勝の戦い・有名な合戦

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 ○ 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万 ●

浅井&朝倉軍と、織田信長の援軍で参陣した徳川家康が姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。徳川軍の活躍が目覚ましく、本多忠勝が一騎打ちで真柄直隆を討ち取り、榊原康政が突撃して朝倉軍を敗走させた。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで本多忠勝は勝っています。
本多忠勝のターニングポイントになった戦いです。
朝倉軍の真柄直隆を討ち取った忠勝の一騎討ちが契機となって、徳川軍に勢いがうまれました。この戦いで、本多忠勝の名は全国に知られることとなりました。

一言坂の戦い ひとことざかのたたかい 1572.10.13 ○ 武田軍5千 vs 徳川軍3千 ●

徳川領に侵攻してきた武田軍と徳川軍の偵察隊が三河・一言坂(静岡県磐田市一言)で遭遇した偶発的な合戦。武田軍・馬場信春に猛追撃を受けた徳川軍は、本多忠勝が殿(しんがり)を務めた。坂下という不利な地形ながら奮戦し、徳川家康の本隊を無事に退却させた。

一言坂の戦いで本多忠勝は敗れています。
本多忠勝としては、むしろ大活躍した合戦です。退却する徳川軍の最後尾で、武田軍の馬場信春の追撃を退けました。

三方ヶ原の戦い みかたがはらのたたかい 1573.1.21 ○ 武田軍3万 vs 織田&徳川軍1万5千 ●

西上作戦で遠江に侵攻した武田信玄と織田徳川の連合軍が三方ヶ原(静岡県浜松市北区三方原町)で激突した合戦。徳川の本拠地・浜松城をスルーして進軍した信玄の策略にかかった徳川家康が、城から出て野戦をしかけた。山県昌景の猛攻を受けて徳川軍は壊滅、敗走した。

三方ヶ原の戦いで本多忠勝は敗れています。
徳川軍としては敗戦ですが、忠勝は孤軍奮闘しています。武田軍の山県昌景が配備された左翼を撃退し、武田陣営に夜襲をかけて大混乱に陥れました。

高天神城の戦い たかてんじんじょうのたたかい 1581.4.25 ○ 徳川軍5千 vs 武田軍6百 ●

高天神城(静岡県掛川市)をめぐって、武田氏と徳川氏が2回争った。武田勝頼の大軍によって、少数で守る徳川軍はあっけなく落城。その後、徳川家康が奪還に乗り出し、包囲戦で飢えさせた。岡部元信の突撃も虚しく、本多忠勝らによって武田軍は掃討された。

高天神城の戦いで本多忠勝は勝っています。
忠勝は鳥居元忠らと城内に突入して、高天神城を制圧しました。

小牧・長久手の戦い こまき・ながくてのたたかい 1584.3.13 〜 11.12 △ 羽柴軍10万 vs 織田&徳川軍3万 △

信長の死後、羽柴秀吉に不満を持つ信長の次男・織田信雄と徳川家康が小牧山城(愛知県小牧市、長久手市)で一進一退の局地戦を展開した。秀吉が別部隊で三河の徳川領を突こうとするが、家康に裏をかかれて大敗。秀吉と信雄が和議を結び、痛み分けとなった。

小牧・長久手の戦いで本多忠勝は引き分けています。
留守を任されていた忠勝は、徳川軍の苦戦を聞いて出陣します。わずかな兵で大軍に立ちはだかった忠勝の迫力に、秀吉は兵を退きました。決着はつきませんでしたが、加藤清正と一騎討ちをしています。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで本多忠勝は勝っています。
井伊直政と東軍を率いる軍監として参加しました。戦いの終盤に、少数の兵を率いて西軍に壊滅的な被害を与えています。

本多忠勝の詳しい年表・出来事

本多忠勝は西暦1548年〜1610年(天文17年〜慶長15年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で本多忠勝が生きた期間の表
15481本多忠高の嫡男として三河に生まれる。幼名:鍋之助
156013元服 → 本多(平八郎)忠勝
”桶狭間の戦い”大高城での戦に参加。
156316”三河一向一揆”一向宗門徒の鎮圧戦に参加。
156619徳川家康の旗本先手役になる。
157023”姉川の戦い”浅井氏&朝倉氏との戦に参加。真柄直隆を一騎打ちで討ち取る。
157225”一言坂の戦い”武田信玄に敗れて遭い撤退する徳川軍の殿(しんがり)を担い、家康本隊を無事に退却させた。
”三方ヶ原の戦い”三河に侵攻してきた武田信玄に徳川軍は敗れるが、忠勝の部隊は山県昌景を撃退し、夜襲によって武田軍を混乱させた。
157528”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。長篠城を奪還する。
158134”第2次高天神城の戦い”武田勝頼との戦に参加。高天神城を奪還する。
158235本能寺の変のあと、明智光秀の軍勢に襲われた徳川家康を護衛し、三河に帰る。【伊賀越え】
158437”小牧・長久手の戦い”少数で出撃し、羽柴秀吉の大軍に立ちはだかる。
159043”小田原征伐”岩付城、鉢形城を攻略する豊臣軍に参加。
160053”関ヶ原の戦い”東軍の軍艦として指揮をとる。西軍に突入して追い討ち敗走させる。
160154伊勢に移封。城郭の修築や町割りなどを行う。
160356伊勢・桑名藩の藩主になる。【江戸幕府の創設】
160962家督を子・忠政に譲り隠居。
161063死去。

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!