読み込み中

読み込み中

たけだ しんげん

武田信玄

1521.12.1 〜 1573.5.13

 
武田信玄のイラスト
  

武田信玄(晴信)は、現在の山梨県にあたる甲斐の武将・大名です。甲信地方に勢力を拡げ、最大版図は中部、関東におよびました。戦国最強とも称された国力を誇り、上杉謙信と繰り広げた川中島の合戦は、戦国史のハイライトのひとつになっています。信長討伐軍を率いて西上する最中、志なかばで急逝しました。享年53歳。

武田信玄の人物タイプ
侵略

このページでは、武田信玄が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・武田信玄のことがきっと好きになります。

  • 出身地:甲斐(山梨県)
  • 特 徴:駆け引きが上手い
  • あだ名:甲斐の虎
  • 戦 績:63戦 46勝 4敗 13分
  • 領 地:上野、甲斐、信濃、駿河、遠江
  • 居 城:躑躅ヶ崎館

戦国最強の甲斐の虎は風林火山の旗のもと領土拡大を目指した

風林火山とは、”風のように速く攻め、林のように静かに待ち、火のような勢いで侵略し、山のように陣を守る” といった意味の兵法の極意です。戦のバイブルといえる孫氏の兵法書にある教えです。武田信玄は、この「風林火山」をモットーとしていました。

徳川領に侵攻したおりは、一言坂の戦い → 撃破、二俣城の戦い → 落城、三方ヶ原の戦い → 撃破、野田城の戦い → 落城と、圧巻の侵略ぶりを発揮して、オセロのように徳川領を武田領に変えてみせました。まさに疾風怒濤、進撃のタケダでした。
徳川家康が身を持って恐怖を感じたであろう甲州流軍学は、武田氏が滅亡したあと、井伊直政によって徳川軍に受け継がれています。

武田信玄の理念・領土拡大と富国強兵

もうひとつ、武田信玄が掲げたモットーがあります。
”人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇は敵なり” これは「国づくりには人が一番大切だよ」という意味です。武田信玄は、どちらか一方の肩を持つようなことはせず、つねに公平に接したそうです。

やる気のある人には、身分を問わず重要な役割を与えて、期待以上の成果を引き出せる人材マネジメントの名人でもありました。領内のいざこざを裁く「甲州法度之次第」を制定して、訴訟にも公平なルール(けんか両成敗)を設けました。

内政面でも武田信玄は持ち前の頭脳を活かして、領土を豊かにします。
釜無川の氾濫区域に独自の治水構造物を設置し、水害をなくしました。この治水技術は「信玄堤」と呼ばれ、なんと現在も機能しています。
黒川金山から採掘された金で金貨をつくったり、道路整備によって経済の発展をさせました。

武田信玄の最上位にある思考は、領土拡大という野心でした。最強・武田軍は、このような政策によって国づくりの基盤が支えられており、武田信玄の理念が富国強兵を可能にしていたのです。
戦国のカミソリ経営者といった感じです。

[生涯] わかりやすい解説

① 信濃攻略

武田信虎の長男として生まれます。
16歳で元服し、武田晴信と名乗ります。
21歳のとき、父・武田信虎を追放して武田家の当主になりました。
信濃に何度も攻めていき、諏訪頼重や小笠原長時を破って南信濃を手に入れます。
北信濃の豪族・村上義清と激しく争い、計略によって義清を追い出して信濃を支配しました。

② 川中島の戦い

北信濃の領地をとられた村上義清が、越後の上杉謙信に助けを求めると、怒った謙信が北信濃に攻めてきます。
信濃と越後の国境にある千曲川(信濃川)を挟んで、11年間で5回も川中島の戦いをします。
謙信との戦いは互角で、決着がつかないまま、うやむやになります。

同じころ、駿河の今川義元、相模の北条氏康と甲相駿三国同盟を結んで、おたがいに領地の安全を約束しました。
出家して、武田信玄と名乗ります。

③ 西上作戦

桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれると、信玄は今川領を攻めます。
駿河、遠江を自分の領地にすると、甲斐、信濃、上野をあわせて5つの国を持つ大大名になりました。

「信長をやっつけろ」という将軍・足利義昭の呼びかけで、信玄は西に向かって攻めていきます。
順調に徳川家康の領地を攻め落としましたが、具合が悪くなり、甲斐に帰る途中で亡くなりました。

武田信玄の簡単な年表
武田信玄の領地・勢力図(1572年)

[能力] 時代にマッチした最高適正のミスター戦国大名

戦にかかる労力を減らしてから合戦に臨むことを信玄は得意としていました。相手の重要人物を調略する、巧みな外交術で多方向に敵をつくらないようにするなど、達人の技です。合戦では戦況にすぐさま対応するアドリブも豊富で、負けない・勝ちすぎない巧妙なさじ加減も抜群です。
トータルバランスに優れ、ほどよい冷酷さもあわせ待っています。

人材や領民を尊重した政策や領土経営からもわかるように、国を豊かにするという意識が強く、上に立つ人間としてバランスの良さを感じます。領土の拡大を虎視眈々と狙いつつ、領国をとても大切にする国主です。

武田信玄の逸話・面白いエピソード

相撲で負けて領地をとられてしまう

長年にわたって上杉謙信と争った川中島の戦いは、5度におよぶ対戦の末、決着がついていません。謙信は勝ったのは自分だとし、信玄も勝ったのはワシだと主張します。主張するだけなら「強いのは俺」でいいのですが、そもそも北信濃の領有権を争った戦いなので、白黒はっきりさせたいところ。

そこで、信玄は「双方から代表の力士を出して、川中島周辺の領有権だけでも相撲で決めよう」と謙信に持ちかけます。望むところと謙信もこれに応じます。かくして代表力士による大一番が組まれ、結果は謙信の長谷川与五左衛門が勝ちました。サッカーでいうPK戦のような決着で、川中島は越後・上杉領になりましたとさ。

武田信玄の戦い・有名な合戦

砥石崩れ といしくずれ 1550.9.? 〜 10.1 武田軍7千 vs 村上軍2千5百

北信濃の制圧に乗り出した武田晴信が砥石城(長野県上田市上野)を攻めた合戦。わずか500で守る村上義清に強攻をしかけるが苦戦する。1か月にわたる城攻めを断念した武田軍が撤退を開始すると、村上軍2,000の後詰めと城兵が追撃し、晴信を撃退した。

砥石崩れで武田信玄は敗れています。村上義清にボロ負けしたことを契機として、調略によって戦力を削ぐ、ときには冷酷な計略によって戦意を萎えさせるなど、信玄は勝つためのあらゆる手段を講じるようになります。大敗を喫しましたが、武田信玄を思慮深い稀代の智将に変えたターニングポイントとなった合戦です。

川中島の戦い かわなかじまのたたかい 1561.10.18 上杉軍1万3千 vs 武田軍2万

北信濃を国人衆のもとに取り戻そうとする上杉謙信と、これを支配しようとする武田信玄の合戦。千曲川(長野県長野市小島田町)を挟んで5回対戦したが、決着はつかず。激戦となった第4次・八幡原の戦いでは、謙信が武田本陣に突撃し、信玄を斬りつけたエピソードがある。

川中島の戦いで武田信玄は引き分けています。因縁の相手である上杉謙信との激戦は、戦国合戦史のハイライトの一つです。しかし、信玄にとっては12年間も同じ問題を抱え続けたのも事実で、大きな足かせになっていた出来事です。
川中島の戦いは、戦国時代に華をそえていますが、領土拡大を狙う信玄がペースアップできなかった要因になっています。

三方ヶ原の戦い みかたがはらのたたかい 1573.1.21 武田軍3万 vs 織田&徳川軍1万5千

西上作戦で遠江に侵攻した武田信玄と織田徳川の連合軍が三方ヶ原(静岡県浜松市北区三方原町)で激突した合戦。徳川の本拠地・浜松城をスルーして進軍した信玄の策略にかかった徳川家康が、城から出て野戦をしかけた。山県昌景の猛攻を受けて徳川軍は壊滅、敗走した。

三方ヶ原の戦いで武田信玄は勝っています。晩年、京都を目指す西上作戦で、徳川領に侵攻した信玄は、策を講じた徳川家康のウラをかく戦術でコテンパンにしました。

武田信玄の年表を詳しく

武田信玄は西暦1521年〜1573年(大永元年〜元亀4年)まで生存しました。戦国時代中期に活躍した武将です。
徳川家康の22歳上、上杉謙信の9歳上、今川義元の2歳下、北条氏康の6歳下です。
織田信長より13年さきに生まれています。

15211武田信虎の嫡男として甲斐に生まれる。幼名:勝千代
153313上杉朝興の娘と結婚。(翌年、難産で母子ともに死去)
153616元服 → 武田晴信
三条公頼の娘(三条の方)と結婚。
154121父・武田信虎を追放、家督を相続。
154222”瀬沢の戦い”諏訪氏&小笠原氏の連合軍を退ける。
”桑原城の戦い”信濃・諏訪領に侵攻。諏訪頼重を自害させる。諏訪家滅亡
”宮川の戦い”高遠頼継を撃破し、信濃・諏訪を制圧する。
154424父・信虎と争っていた北条氏と和睦。
154525”高遠合戦”高遠頼継を攻撃。高遠城を奪取する。高遠家滅亡
154727”小田井原の戦い”上杉氏&笠原氏の連合軍を圧倒する。
訴訟の公平性を制定。【甲州法度之次第】
154828”上田原の戦い”北信濃に侵攻し、村上義清と争って敗れる。
”塩尻峠の戦い”小笠原長時が諏訪に侵攻してくるが、急襲により撃破する。
155030信濃に侵攻する。仁科盛能を調略し、小笠原氏を労せず排除。
”砥石崩れ”村上義清と砥石城をめぐって戦い、大敗する。
155131真田幸隆の工作により砥石城を攻略、奪取する。
155333村上義清と争い、光城、上ノ山城、刈谷原城を奪取する。義清は葛尾城を放棄して越後に亡命。
信濃を平定。
”第1次川中島の戦い”長尾景虎が信濃に侵攻、これに応戦する。
155434今川義元の娘を嫡男・義信の嫁にもらう。【甲駿同盟の強化】
北条氏康の嫡男・氏政に娘を嫁がせて同盟を結ぶ。【甲相同盟】
武田氏・北条氏・今川氏が互いに婚姻関係を結ぶ同盟を結成。【甲相駿三国同盟】
155535”第2次川中島の戦い”長尾景虎と200日あまり対陣するが決着はつかず。
155737”第3次川中島の戦い”長尾景虎が北信濃を攻撃するが、交戦を避ける。
155939出家 → 武田(徳栄軒)信玄
156141”第4次川中島の戦い”上杉政虎(長尾景虎=上杉謙信)と八幡原で激突、壮絶な痛み分け。
156444”第5次川中島の戦い”上杉輝虎(政虎=謙信)と対峙。にらみあいに終わる。
156646箕輪城を攻略、西上野を領土化する。
156747今川氏真が武田氏との交易を停止。三国同盟が破綻。
嫡男・義信を廃嫡する。
156848徳川氏と今川領を分割する盟約を交わすが、家臣・山県昌景が越境したため同盟は破談。
今川領に対して侵攻を開始。【第1次駿河侵攻】
156949”三増峠の戦い”北条氏の小田原城を包囲。撤退のおり、三増峠で北条綱成を退ける。
今川領の駿河・駿府を掌握する。【第2次、第3次駿河侵攻】
157151北条氏康の死去により、北条氏との関係を修復。【甲相同盟の再締結】
徳川領・遠江、三河に侵攻を開始する。
157252将軍・足利義昭の要請により織田信長討伐の挙兵をする。【第2次信長包囲網】
”一言坂の戦い”遠江にて徳川氏を撃破。
”二俣城の戦い”徳川氏の二俣城を奪取する。
”三方ヶ原の戦い”徳川氏&織田氏の連合軍に完勝する。
157353”野田城の戦い”三河に侵攻し、徳川氏の野田城を奪取する。
徳川領を侵攻中、死去。
武田信玄のページの先頭に戻る