読み込み中

読み込み中

やまもと かんすけ

山本勘助

1493.? 〜 1561.10.18

 
山本勘助のイラスト
  

山本勘助(菅介、源助、晴幸、道鬼斎)は、現在の愛知県東部にあたる三河国または静岡県にあたる駿河国の武将です。甲陽軍鑑にしか登場せず、存在が疑問視されていた幻の天才軍師で、武田信玄に仕えました。川中島の戦いで啄木鳥戦法を考案しますが失敗し、責任を感じて敵中に突撃して討死しました。享年69歳。

山本勘助は何をした人?このページは、山本勘助のハイライトになった出来事をなるべく正しく、独特の表現で紹介しています。きっと山本勘助が好きになる「創作上の人物とされていた信玄の天才軍師は実在した」ハナシをお楽しみください。

  • 名 前:山本源助 → 大林源助 → 大林勘助 → 山本勘助 → 山本晴幸 → 山本道安 → 山本道鬼斎
  • 別 名:菅介、勘介
  • 出身地:三河国(愛知県)
  • 子ども:3男 1女
  • 跡継ぎ:山本菅介
  • 父と母:山本貞幸 / 安

創作上の人物とされていた信玄の天才軍師は実在した

武田信玄が版図を拡大できた背景には、天才軍師・山本勘助がいた。というイメージは小説やドラマで定着しました。この山本勘助、じつは武田氏の軍記物『甲陽軍鑑』にしか登場せず、天才軍師どころか実在しないとされた戦国フィクションです。

が、山本勘助の名が記された『市川家文書』『真下家所蔵文書』『沼津山本家文書』などが発見され、2006年頃からは実在が確実視されるようになりました。

なるほど、特殊な経歴がまるで作り話のような人物でした。

山本勘助は長年武者修行の旅をし、兵法と築城のスペシャリストを自称して今川家に仕官を希望しますが門前払いされます。悶々としていたところを武田信玄にスカウトされ、(よわい)51ではじめて就職したというのです。

諸国の情勢に詳しい情報収集能力が信玄から評価され、初任給200貫(年収2,400万円)の高待遇で側近に取り立てられたシンデレラボーイです。


川中島の戦いで
天才に敗れる

山本勘助のハイライトは、武田信玄と上杉謙信が激突した1561年の第4次川中島の戦いです。

戦国史上屈指の名勝負といわれるこの戦いで、山本勘助は二手で上杉軍を攻める『啄木鳥(きつつき)戦法』を考案します。妻女山の上杉本陣を奇襲し、あわてて逃げてきた謙信を挟み撃ちして討ち取っちゃおうという策でした。

【啄木鳥戦法】川中島の戦いで山本勘助が考案した作戦

しかし、戦の天才・上杉謙信に啄木鳥戦法は完璧に見破られてしまい、妻女山を奇襲するより早く山を降りていた謙信に武田本隊が奇襲されます。

山本勘助の失策で大ピンチ。予想していなかった展開に混乱した武田軍は、信玄の弟・武田信繁が戦死するなど大きな被害が出てしまいます。責任を感じた山本勘助は上杉軍に突入して奮戦しますが、10人ほど倒したところで囲まれ、四方から槍で突かれて、坂本磯八に討ち取られました。

歴戦の名軍師が天才に敗れたイメージが強い川中島の戦いですが、山本勘助が作戦参謀を務めたのはこれが最初で最後でした。というのも、信玄の参謀を担っていた原虎胤が負傷していたため、代理としての大抜擢でした。

はじめて得たアピールのチャンスが川中島の戦いだったわけです。相手が悪すぎました。


諏訪御料人を
信玄にマッチング

山本勘助が武田史に大きく関わったもうひとつの出来事があります。

1542年に攻め滅ぼした諏訪氏の娘・諏訪御料人を、信玄が側室にしたいと言いました。諏訪御料人にとって信玄は父の仇ですから、家臣たちは娘を側室にすることに反対します。

ところが山本勘助だけは賛成し「武田家の子を産めば諏訪家の血を断絶から救えるし、諏訪の者たちを従わせやすくなる」と皆に説き、家臣たちも納得しました。

こうして諏訪御料人は1543年に武田家に迎えられ、1546年に男子を出産します。この子が信玄の跡を継ぐ武田勝頼となるのでした。


嘘だと言われりゃ
そうかもしれない

甲陽軍鑑の川中島の戦死者リストで山本勘助は旗本足軽頭となっています。軍師という記録はありません。呪術師や祈祷師とする説もあります。占いや祈願を行う軍配者の役割をしており、総じて軍師という人物像になったと予想されます。

山本勘助のみを対象とした場合、出来事の内容や時期が史実と合わず嘘っぽい逸話もあります。例えば、村上義清との上田原の戦いや砥石崩れは、史実では武田信玄が大敗していますが、山本勘助のおかげで勝ったことなってたりします。

未知の部分が多く想像をめぐらせる楽しさこそ、山本勘助の魅力かもしれません。

生涯をざっくり振り返る

1493年頃、山本勘助は三河国・宝飯(ほい)郡牛窪に武士の子として生まれます。駿河国・富士郡の出身という説もあります。20代の頃から関東〜西日本を渡り歩いて剣術や兵法、築城術を学びました。駿河国の太守・今川義元に仕官を断られ、放浪したのち武田信玄に仕えます。

信玄の側室に諏訪御料人を迎えることを賛成するなど次第に発言の機会を得て、知恵者として側近くに置かれました。信濃攻めの参謀に抜擢されますが、1561年の川中島の戦いで討ち死にしました。69歳でした。

生涯のほとんどを牢人で過ごし、いきなり信玄に取り立てられて活躍の場を得た山本勘助は、個性的な武田軍団のなかでも極めて異色の存在でした。

山本勘助の性格と人物像

山本勘助は「只者ではない雰囲気がある人」です。

周囲とは違った意見をすることで非凡さを演出する術に長けており、つねに逆張りをねらいました。全国を旅したという経歴や異様な風貌から異質な空気をぷんぷん漂わせています。

諸国の情勢に詳しく、毛利元就や大内義隆といった西国大名まで熟知しており、今川義元に至ってはいつか討死すると予見しています。ネットがない時代、離れた地域の事情を知っていた勘助は、武田信玄にとってWikipediaのような存在でした。

兵法を極めたと自負していますが年齢の割に実践経験がなく、献策をするものの成功率は未知数。勘だのみな点は否めません。築城術は見事なもので、対謙信の城である海津城の築城を任されています。

身長150cmと背が低く色黒。大きな猪に襲われたことがあり、全身は傷だらけでした。隻眼(どちらかは不明)、片足が不自由で手の指も揃っておらず醜悪な容貌。見た目を理由に今川義元から仕官を拒否されています。

相当な剣の腕前で、真剣を構えた相手を棒っきれで倒したことがあるそうです。勘助が着用したと伝わる『鮑貝形兜(あわびがいなりかぶと)』ほか数点の兜が現存しています。

能力を表すとこんな感じ

山本勘助の能力チャート

見識の広さをセールスポイントにした弁舌こそ山本勘助の真骨頂です。根拠がなく奇抜なアイデアでも不思議な説得力がありました。

山本勘助の面白い逸話やエピソード

”ヤマカン” の語源になっている

ヤマカン』とは、勘でやまをはること。あてずっぽう。試験で ”ヤマカンが当たった” などと言われることがある ”あてずっぽうの勘に頼ること” です。

鉱脈などを見つける師のになぞらえて、勘に頼って成功をねらうことを意味する言葉ですが、もうひとつの語源とされているのが、助でした。

良くも悪くも勘助の策が勘に頼ったものであり、一か八かを狙った運任せであったことから、当てずっぽう=ヤマ(山本)カン(勘助)と言われるようになったとされています。

山本勘助の有名な戦い

上田原の戦い うえだはらのたたかい 1548.3.23 ● 武田軍8千 vs 村上軍5千 ○

上田原(長野県上田市)に進軍した武田晴信と守勢・村上義清の合戦。これまで無敗で快進撃を続けていた晴信がはじめて大きな敗北を喫した。武田勢・板垣信方の油断を見逃さなかった村上義清の猛攻撃によって、武田軍は板垣ら重臣を失い、武田晴信も負傷した。

上田原の戦いで山本勘助は敗れています。
村上義清が用いた画期的な戦術に気付いた勘助は、兵種別に隊列を組む村上軍の様子を詳細にメモして持ち帰り、武田軍に採用しました。以降、合戦に陣形が用いられるようになります。

砥石崩れ といしくずれ 1550.9.? 〜 10.1 ● 武田軍7千 vs 村上軍2千5百 ○

高梨氏と村上義清が争っている隙をねらった武田晴信が砥石城(長野県上田市上野)を攻めた合戦。義清は高梨政頼と和睦して急ぎ兵を向け、城攻めに苦戦して撤退しようとする武田軍を城兵と挟み撃ちにする。晴信は影武者を身代わりにしてなんとか逃げた。

砥石崩れで山本勘助は敗れています。
50騎を連れて(おとり)になり『破軍建返(はぐんたてがえ)し』の計で村上軍を陽動。敵兵の注意を引くことで自軍の立て直しを助けました。猛者ぞろいの武田家臣たちも「摩利支天(まりしてん)」のようだと勘助の活躍に驚いたといいます。

川中島の戦い かわなかじまのたたかい 1561.10.18 △ 上杉軍1万3千 vs 武田軍2万 △

北信濃を国人衆のもとに取り戻そうとする上杉謙信と、これを支配しようとする武田信玄の合戦。千曲川(長野県長野市小島田町)を挟んで5回対戦したが、決着はつかず。激戦となった第4次・八幡原の戦いでは、謙信が武田本陣に突撃し、信玄を斬りつけたエピソードがある。

川中島の戦いで山本勘助は引き分けています。
山本勘助のターニングポイントになった戦いです。
勘助が献策した啄木鳥作戦が失敗し、武田軍が窮地に立たされた結果だけ見れば、功をあせったのが悔やまれます。皮肉にも山本勘助を有名にした出来事になってしまいました。

山本勘助の詳しい年表と出来事

山本勘助は西暦1493年〜1561年(明応2年〜永禄4年)まで生存しました。戦国時代初期から中期に活躍した武将です。※生年は諸説あります。出来事は武田信玄の年表に合わせて調整しています。

14931山本貞幸の子として三河国に生まれる。※駿河国の出身とする説あり
151826武者修行の旅に出る。
10年ほどかけて関東、中国、四国、九州を遍歴。京流兵法、築城術、戦法を極める。
毛利元就や大内義隆に関する情報を得る。
153644今川義元に仕官を希望して朝比奈信置を頼る。今川義元に採用してもらえず駿河国でしばらく過ごす。
板垣信方にスカウトされて武田晴信(信玄)に仕える。
154250”瀬沢の戦い”諏訪氏&小笠原氏との戦に参加。
”桑原城の戦い”諏訪頼重との戦に参加。諏訪家滅亡
”宮川の戦い”高遠頼継との戦に参加。
154351武田晴信が諏訪頼重の娘(諏訪御料人)を側室にする。大いに賛同する。
154755高遠城の築城奉行を務める。
武田晴信が訴訟の公平性を制定。アドバイスを加える。【甲州法度之次第】
154856”上田原の戦い”村上義清との戦に参加。村上軍の陣形戦術を盗む。
155058”砥石崩れ”村上義清との戦に参加。50騎を率いて村上軍を陽動して武田軍を救う。
155462小諸城の築城奉行を務める。
155967出家 → 山本道鬼斎
156068海津城の築城奉行を務める。
156169原虎胤の負傷に伴って武田信玄の参謀に抜擢される。
”第4次川中島の戦い”上杉輝虎(謙信)との戦に参加。挟撃作戦を献策するが見破られる。上杉軍に突入し討死。
戦国時代で山本勘助が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

地域別 × 武将だからおもしろい 戦国史

戦国時代の勢力の移り変わりがよくわかる!重宝してます

戦国武将の解剖図鑑

図解やデータがおもしろい!有名どころの武将がバッチリ

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ドハマリします

山本勘助の顔イラスト