読み込み中

読み込み中

やまがた まさかげ

山県昌景

1529.? 〜 1575.6.29

 
山県昌景のイラスト
  

山県昌景(飯富源四郎)は、現在の山梨県にあたる甲斐の武将です。武田四天王のひとり。身長140cmほどの小柄な体格で、ひときわ大きな太刀をふるい、戦国最強といわれた赤備えの武田騎馬隊を率いた猛将です。徳川領攻略の前線で存在感を発揮しますが、長篠の戦いで織田軍の鉄砲隊に敗れて戦死しました。享年47歳。

山県昌景の人物タイプ
猛将

このページでは、山県昌景が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・山県昌景のことがきっと好きになります。

  • 出身地:甲斐(山梨県)
  • 特 徴:しつこく追いかけ回す
  • 居 城:江尻城

最強・武田騎馬隊の赤備えを率いて家康を恐怖で震えあがらせた

三方ヶ原の戦いで浜松城に逃げ帰った徳川家康は、転がるように馬からおりました。「おそろしやー!ヤマガター!」家康はこう叫びました。彼はさきほどまで赤い鬼に追いかけられており、命びろいしたことを実感するのにしばらく時間がかかったといいます。

山県昌景が率いた騎馬軍団は、頭から足まで、全身を赤い武装で統一していたことから「赤備え」と呼ばれていました。
この赤装備は、山県昌景が兄・飯富虎昌から継承したものですが、徳川領を数日で制圧する、織田信長が率いる4万の大軍を6千の兵で撃退し、信長の旗本衆を討ち取るなど、昌景の苛烈な戦いぶりから、いつしか赤備えは「最強の部隊にのみ許される自己表現」と考えられるようになりました。

武田騎馬隊=最強というイメージも山県昌景によるもので、赤備えは敵軍を震えあがらせました。さぞかしゴツい大男かと思いきや、当時の日本人男性の平均身長が160cm程度なのに対して、山県昌景は130〜140cmほどの小男だったそうです。

山県昌景の身長は130〜140cmほど

第4次川中島の戦いでは、その小男が160cmもある大太刀を振り回して無双するさまを「真っ向縦割り、輪切り、縦切り、膝折、腰車と切り伏せ、切り伏せる…」とあり、なんだかすさまじい様子が伝わってきます。
ちっちゃいけどムチャクチャ強い山県昌景が出陣すると「小男が出たぞー」といって、敵陣はパニックになりました。

500人に1人の有病率とされる口唇裂を患っていたといわれています。徳川家では同様の症状をもって生まれた子を山県昌景になぞらえて「強くなるから縁起がいい」とされていたそうです。
山県昌景の死後、赤備えは井伊直政によって徳川家に引き継がれます。山県昌景によって恐怖のズンドコを経験した徳川家康は、畏敬の念をもって後世に伝えました。

[生涯] わかりやすい解説

① 赤備え

飯富道悦の子として生まれます。
飯富源四郎と名乗り、武田信玄の小姓として働きました。
昌景の兄・飯富虎昌の裏切りを信玄に報告して、武田家を守ったこともあります。
昌景の忠義に感心した信玄から「山県の苗字と赤備え」をもらい、山県昌景と名乗るようになります。

高坂昌信らとともに武田四天王と呼ばれ、昌景の赤い騎馬隊は武田軍のシンボルとして、上杉謙信とも戦いました。
駿河を攻める指揮官をまかされるようになって、徳川家康と争いながら領地をひろげました。

② 長篠の戦い

信玄が亡くなったあとは武田勝頼の家来になりますが、昌景は嫌われてしまいます。
長篠の戦いで、織田信長が用意した大量の鉄砲隊と柵をみた昌景は、このまま騎馬隊で突っこむのはあぶないと勝頼に忠告しますが、聞き入れてもらえません。
最後は銃弾をうけながら織田軍に突撃して、壮絶な戦死をしました。

山県昌景の簡単な年表

[能力] 信玄に尽くした忠義と勝頼に従った生真面目さ

兄である飯富虎昌の謀反を密告してクーデターを未然に防いだとされる忠義心、いくら主君の命令でも、死地に飛び込んでいく律儀さは山県昌景の性格なのでしょう。最期まで武田家に忠節を尽くしています。

不器用なタイプだったといわれていますが、恭順や降伏を望む国衆や国人を取り次ぐ、今川領をめぐって徳川家康との交渉を担当するなど、軍師的な役目もしていたようです。徳川氏と決めた約束を忘れて、うっかり城を攻めてしまうおちゃめな一面も。

山県昌景の戦い・有名な合戦

川中島の戦い かわなかじまのたたかい 1561.10.18 上杉軍1万3千 vs 武田軍2万

北信濃を国人衆のもとに取り戻そうとする上杉謙信と、これを支配しようとする武田信玄の合戦。千曲川(長野県長野市小島田町)を挟んで5回対戦したが、決着はつかず。激戦となった第4次・八幡原の戦いでは、謙信が武田本陣に突撃し、信玄を斬りつけたエピソードがある。

川中島の戦いで山県昌景は引き分けています。決着はつきませんでしたが、第4次・八幡原の戦いで、越後の豪傑・鬼小島弥太郎と一騎討ちをしています。

三方ヶ原の戦い みかたがはらのたたかい 1573.1.21 武田軍3万 vs 織田&徳川軍1万5千

西上作戦で遠江に侵攻した武田信玄と織田徳川の連合軍が三方ヶ原(静岡県浜松市北区三方原町)で激突した合戦。徳川の本拠地・浜松城をスルーして進軍した信玄の策略にかかった徳川家康が、城から出て野戦をしかけた。山県昌景の猛攻を受けて徳川軍は壊滅、敗走した。

三方ヶ原の戦いで山県昌景は勝っています。徳川軍の本多忠勝に苦戦しますが、体勢を立て直すと形勢を逆転します。猛烈に徳川軍を追撃をした昌景は、家康を浜松城まで追い回して、かの有名な脱糞エピソードが生まれました。

長篠の戦い ながしののたたかい 1575.6.29 武田軍1万5千 vs 織田&徳川軍3万8千

長篠城(愛知県新城市)をめぐって、織田徳川連合軍と武田勝頼が争った。この合戦で織田信長は、武田騎馬隊を馬防柵によって封じ、3,000挺からなる鉄砲隊で絶え間なく銃弾を浴びせる近代戦術を使った。山県昌景が戦死した武田騎馬隊は壊滅、被害は1万人とも。

長篠の戦いで山県昌景は敗れています。決死の突撃をした昌景は、全身に銃弾を浴びて、手足がきかなくなった後も落馬せず、采配を口にくわえて敵陣を目指し、絶命したそうです。
戦死者リストの一番上には山県昌景の名があり、信長と家康は、勝利よりも昌景を討ち取ったことを喜びました。長篠の戦いでの敗戦は、武田家の衰退を決定づけるターニングポイントになってしまいました。

山県昌景の年表を詳しく

山県昌景は西暦1529年〜1575年(享禄2年〜天正3年)まで生存しました。戦国時代中期に活躍した武将です。
織田信長より5年さきに生まれています。

15291飯富道悦の子として甲斐に生まれる。
武田晴信(信玄)の奥近習になる。
155224信濃攻めの功績により150の騎馬隊を率いる侍大将に抜擢される。
156133”第4次川中島の戦い”上杉政虎(謙信)との戦に参加。
156436飛騨に侵攻し、江馬時盛、姉小路嗣頼を降伏させる。
156537武田信玄の嫡男・義信の謀反を摘発する。謀反に関与した兄・飯富虎昌は切腹。
飯富虎昌が率いた赤備えを継承する。
山県姓を継ぐ → 山県(三郎兵衛)昌景
156941対徳川氏の指揮官に任命され、駿河・江尻城に入る。
”三増峠の戦い”北条氏との戦で別働隊を率いる。
157143徳川領・遠江、三河に侵攻し、山家三方衆らを従属させる。
大野田城を攻略、菅沼定盈を蹴散らす。
157244武田信玄の西上作戦で、別働隊を率いて信濃から三河に侵攻する。
三河・柿本城、武節城、長篠城を攻略、遠江・井平城を攻略。
”一言坂の戦い”徳川氏との戦に参加。
”二俣城の戦い”徳川氏との戦に参加。
”三方ヶ原の戦い”徳川氏&織田氏の連合軍との戦に参加。徳川軍を猛追する。
157345武田信玄が死去。武田勝頼に仕える。
157446美濃・織田領の明智城を攻め、織田信長を退ける。
157547”長篠の戦い”織田氏&徳川氏の連合軍との戦に参加し、戦死。
山県昌景のページの先頭に戻る