読み込み中

読み込み中

やまがた まさかげ

山県昌景

1529.? 〜 1575.6.29

 
山県昌景のイラスト
  

山県昌景(飯富源四郎)は、現在の山梨県にあたる甲斐国の武将です。武田四天王のひとり。身長140cmほどの小柄な体格で、ひときわ大きな太刀をふるい、戦国最強といわれた赤備えの武田騎馬隊を率いました。徳川領の攻略で存在感を発揮しますが、長篠の戦いで織田軍の鉄砲隊に敗れて戦死しました。享年47歳。

山県昌景と似ている人物
吉川元春
榊原康政
前田利家
島津義弘
村上義清

このページでは、山県昌景が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・山県昌景のことがきっと好きになります。

  • 名 前:飯富源四郎 → 山県昌景
  • あだ名:小男
  • 出身地:甲斐国(山梨県)
  • 居 城:江尻城
  • 子ども:4男 3女 2養
  • 跡継ぎ:山県昌重

最強・武田騎馬隊の赤備えを率いて家康を恐怖で震えあがらせた

三方ヶ原の戦いで、浜松城に逃げ帰った徳川家康は、転がるように馬からおりて、こう叫びます。「おそろしや!ヤマガター!」さきほどまで、彼は赤い鬼に追いかけられ、命びろいしたことを実感するのに、しばらく時間がかかったといいます。

赤備えと呼ばれた山県昌景の騎馬隊は、見た者を恐怖で震えさせました。


小男あらわりて
敵陣が震える

山県昌景が現れただけで、敵は恐怖しました。ゴツい大男かと思いきや、山県昌景は、当時の日本人男性の平均身長が160cm程度に対して、130〜140cmの小男だったそうです。

山県昌景の身長は130〜140cmほど

山県昌景が出陣すると、敵陣では「小男が出たぞー!」の声があがり、パニックになりました。

第4次川中島の戦いで、この小男が160cmもある大太刀を振り回して無双するさまを「真っ向縦割り、輪切り、縦切り、膝折、腰車と切り伏せ、切り伏せる…」とあり、すさまじい様子が記録されています。


最強の象徴
赤備え

烈火のごとく徳川領を数日で侵略したり、織田信長が率いる4万の大軍を6千の兵で迎撃し、信長の旗本衆を討ち取るなど、山県昌景の苛烈な戦いぶりから、いつしか赤備えは「最強部隊のみ許される自己表現」と考えられるようになりました。

戦国最強の武田騎馬隊と山県昌景にも、とつぜん終わりが訪れます。

信玄の死後、武田勝頼の指揮下でのぞんだ長篠の戦いで、連吾川沿いに2kmにわたって設置された柵をみた山県昌景は、騎馬隊の不利を察します。柵のうしろから、鉄砲で撃たれてはひとたまりもないからです。これを勝頼に説きますが、臆病者といわれ、山県昌景は「犬に説教してもはじまらぬ」と嘆いて、突撃します。

3千挺もの鉄砲隊から、絶え間ない銃撃をうけても、山県昌景は落馬せず、被弾して手足がきかなくなると、采配を口にくわえて戦い、壮絶な戦死をしました。

長篠の戦いから7年後、武田領は徳川氏のものになり、山県昌景が率いた赤備えは、井伊直政に引き継がれます。

500人に1人の有病率とされる、口唇裂を患っていたといわれています。徳川家では、口唇裂で産まれた子を「強くなるから縁起がいい」とされ、徳川家康は畏敬の念をもって、山県昌景の強さを後世に伝えました。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

山県昌景の簡単な年表

① 生まれ

山県昌景は、甲斐国の飯富村に飯富道悦の子息として生まれます。父母は不明です。昌景は、もとは飯富(おぶ)源四郎という名前で、歳のはなれた兄・飯富虎昌が、武田信玄に仕えていました。

② 転機

兄と同じように信玄に仕えると、信濃国攻めで活躍します。24歳の若さで侍大将になりました。昌景が37歳のときに、兄と信玄の長男・武田義信が謀反を計画します。昌景は、これを信玄に知らせました。

③ 山県昌景の赤備え

兄は切腹となりましたが、昌景には山県の苗字と、兄が率いていた赤備えの騎馬隊がプレゼントされました。こうして、山県昌景の赤備えが誕生しました。
昌景の赤備えは、武田軍のシンボルになり、最強騎馬隊と呼ばれました。

④ 合戦での活躍

信濃国をめぐる上杉謙信との川中島の戦いをはじめ、北条領を攻めて北条綱成をやぶる活躍をしました。駿河国の江尻城に入って、41歳のころから、徳川家康を攻める指揮官になります。
徳川領の遠江国、三河国まで攻めていって、武田信玄が京に攻めのぼるルートをつくりました。

⑤ 最後と死因

信玄が病気で亡くなると、武田勝頼に仕えますが、意見があいません。
長篠の戦いで、鉄砲に騎馬隊で戦うのはよくないと説明しますが、わかってもらえず、織田信長の鉄砲隊に突撃して、山県昌景は戦死しました。47歳でした。

戦国時代で山県昌景が生きた期間の表

性格:人物像・どんな人?

山県昌景の能力チャート

山県昌景は「面倒見がいい謙虚な人」です。家系のルーツが甲斐ではなかったため、他国から武田氏に就職した人たちの面倒をみていました。強さの秘訣を問われると、他国出身の部下たちが頑張ってくれるから、と答える良い上司です。

いつも初陣の気持ちで、勝てると確信しないかぎり戦わないと心がける慎重派。これも大切な部下を死なせないための気づかいです。

身長は140cmほどしかなく、上半身がかなり短い小男で、体重も軽かったといいます。小さくても、立ち上がって下知する声は、カミナリが落ちたような迫力でした。

山県昌景が身につけていた甲冑は現存しており、井伊直政の重臣・三浦十左衛門によって保管され、関ヶ原の戦いで十左右衛門が着用したといいます。威風堂々とした赤備えは健在です。

山県昌景の戦い・有名な合戦

川中島の戦い かわなかじまのたたかい 1561.10.18 △ 上杉軍1万3千 vs 武田軍2万 △

北信濃を国人衆のもとに取り戻そうとする上杉謙信と、これを支配しようとする武田信玄の合戦。千曲川(長野県長野市小島田町)を挟んで5回対戦したが、決着はつかず。激戦となった第4次・八幡原の戦いでは、謙信が武田本陣に突撃し、信玄を斬りつけたエピソードがある。

川中島の戦いで山県昌景は引き分けています。
越後の豪傑・鬼小島弥太郎(194cm)と一騎討ちをしています。武田義信のピンチを知り、弥太郎に「勝負を預けたい」と伝えて、義信の救出に向かいました。

三増峠の戦い みませとうげのたたかい 1569.10.8 ○ 武田軍2万 vs 北条軍2万 ●

北条氏の本拠地を攻めて、甲斐に引き揚げる武田信玄を、三増峠(神奈川県愛甲郡愛川町)で北条軍が迎撃した合戦。北条綱成の鉄砲隊の攻撃で、浅利信種が討ち死にするなど、序盤は北条有利。しかし、山県昌景の奇襲が成功すると、武田軍が勢いづき、北条軍を押し退けた。

三増峠の戦いで山県昌景は勝っています。
別働隊を率いて、山岳地帯の高所から一気に北条軍に襲いかかってやぶりました。

三方ヶ原の戦い みかたがはらのたたかい 1573.1.21 ○ 武田軍3万 vs 織田&徳川軍1万5千 ●

西上作戦で遠江に侵攻した武田信玄と織田徳川の連合軍が三方ヶ原(静岡県浜松市北区三方原町)で激突した合戦。徳川の本拠地・浜松城をスルーして進軍した信玄の策略にかかった徳川家康が、城から出て野戦をしかけた。山県昌景の猛攻を受けて徳川軍は壊滅、敗走した。

三方ヶ原の戦いで山県昌景は勝っています。
徳川軍の本多忠勝に苦戦しますが、体勢を立て直すと形勢を逆転します。昌景は、猛烈に徳川軍を追撃をして、家康公の脱糞エピソードが生まれました。

長篠の戦い ながしののたたかい 1575.6.29 ● 武田軍1万5千 vs 織田&徳川軍3万8千 ○

長篠城(愛知県新城市)をめぐって、織田徳川連合軍と武田勝頼が争った。この合戦で織田信長は、武田騎馬隊を馬防柵によって封じ、3,000挺からなる鉄砲隊で絶え間なく銃弾を浴びせる近代戦術を使った。山県昌景が戦死した武田騎馬隊は壊滅、被害は1万人とも。

長篠の戦いで山県昌景は敗れています。
山県昌景のターニングポイントになった戦いです。
戦死者リストの一番上には山県昌景の名があり、信長と家康は勝利よりも、山県昌景を討ち取ったことを喜びました。この敗戦をさかいに、武田家は没落していきます。

山県昌景の詳しい年表・出来事

山県昌景は西暦1529年〜1575年(享禄2年〜天正3年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15291飯富道悦の子息として甲斐国に生まれる。※安芸の出身とする説あり
武田晴信(信玄)の奥近習になる。
155224信濃国攻めの功績により150の騎馬隊を率いる侍大将に抜擢される。
156133”第4次川中島の戦い”上杉政虎(謙信)との戦に参加。
156436飛騨国に侵攻し、江馬時盛、姉小路嗣頼を降伏させる。
156537武田信玄の嫡男・義信の謀反を摘発する。謀反に関与した兄・飯富虎昌は切腹。
飯富虎昌が率いた赤備えを継承する。
山県姓を継ぐ → 山県(三郎兵衛)昌景
156941対徳川氏の指揮官に任命され、駿河国・江尻城に入る。
”三増峠の戦い”北条氏との戦で別働隊を率いる。
157143徳川領・遠江国、三河国に侵攻し、山家三方衆らを従属させる。
大野田城を攻略、菅沼定盈を蹴散らす。
157244武田信玄の西上作戦で、別働隊を率いて信濃国から三河国に侵攻する。
三河国・柿本城、武節城、長篠城を攻略、遠江国・井平城を攻略。
”一言坂の戦い”徳川氏との戦に参加。
”二俣城の戦い”徳川氏との戦に参加。
”三方ヶ原の戦い”徳川氏&織田氏の連合軍との戦に参加。徳川軍を猛追する。
157345主君・武田信玄が死去。次代・武田勝頼に仕える。
157446美濃国・織田領の明智城を攻め、織田信長を退ける。
157547”長篠の戦い”織田氏&徳川氏の連合軍との戦に参加し、戦死。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!