読み込み中

読み込み中

伊達政宗の名言集

『伊達政宗』はこんな人

伊達政宗は、独眼竜のニックネームでお馴染みの戦国武将です。群雄割拠の時代に遅れて生まれたものの、天下取りへの野心を抱き続けました。思い通りにいかないことさえ、捉えかた次第であるといった、洒落ていて、ひねりのきいた名言を多く残しています。

伊達政宗のイラスト

この世に客に来たと思えば何の苦もなし

ある日、突然やってきた派手な転校生。あるいは生意気な新入社員。だけど何でもこなせるマルチなアイツ。見た目もオシャレで話も面白い。身近にこんな人が現れたら、気になってしまいませんか?
圧倒的な話題性で歴女たちに大人気の伊達政宗はそんな人物です。

ユニークな生き様とは裏腹に、政宗の人生は苦難の連続。幼い頃に片目の視力を失い、家督を継いでからは身内とも争いました。生まれてきたのが遅かったため、実力があっても、豊臣秀吉や徳川家康に従わざるをえない日々。そんな彼の言葉は、がっかりしたときに優しく肩を叩いてくれます。

政宗が残した『五常訓』には、生きづらい世の中でも、スッと気持ちが楽になる魔法の言葉が並んでいます。少し長いので、抜粋して紹介します。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

じんすぎればよわくなる。

優しいだけじゃなめられる” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

すぎればかたくなる。

正しいばかりじゃつまんない” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

れいすぎればへつらいとなる。

合わせてばかりじゃお世辞になる” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

すぎればうそをつく。

知恵におごれば嘘をつく” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

しんすぎればそんをする。

信じてばかりじゃ馬鹿をみる” という意味です。

ここまでが「仁・義・礼・智・信」の五常訓です。これに続いて、政宗は次のような言葉を遺訓として残しています。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

このきゃくたとおもえばなんもなし。

この世に客に来たと思えば何もつらくない” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

朝夕あさゆう食事しょくじは、うまからずともめてうべし。元来がんらいきゃくなればきらいはもうされまい。

招いてもらった客の身なら文句もないよね” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

ながく心穏こころおだやかにして、よろず倹約けんやくもちい、かねそなうべし。倹約けんやく仕方しかたは、不自由ふじゆうしのぶにあり。

無駄づかいはせず、気長にのんびりと” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

ひとがこのまれて百万長者ひゃくまんちょうじゃも、最後さいごおよんでようするところは、方六尺ほうろくしゃくあなひとつ、戒名かいみょうきざんだ石碑せきひひとつで、いえも、くらも、かねも、地所じしょも、つまも、も、すべてをのこして、死出しで旅路たびじをただ一人ひとり辿たどる。

どんな人でも最後は墓に入り、何も持って行けない” という意味です。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

かつものおもったもの、ひとつとしてわれともなうはない。われ客人きゃくじんであったのである。

お供は要らない。私は客人だったのだ” という意味です。

自分を中心に考えるから、思いどおりにならないと「なぜ自分ばかりが…」とつらくなります。そもそも、この世に客人として招いてもらっていると思えば、大抵のことは我慢できるし、気持ちの切り替えも楽になります。天下を欲した政宗は、秀吉や家康に夢を阻まれましたが、しぶとく生きました。

サクッと読める短い名言

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

まともでない人間にんげん相手あいてをまともにすることはない。

バカはほっとけ” という意味です。
そうそう。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

大事だいじひと談合だんごうせず、一心いっしんもとめたるがよし。

大事なことは他人に相談せず、自分で決めよう” という意味です。
誰かに相談すると、失敗しても他人のせいにしてしまいます。自分の決断にひとりで向き合い、責任を持ちましょう。成功も失敗も、自分次第なのです。

グッとくる深い名言

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

物事ものごと小事こごとより大事だいじはっするものなり。油断ゆだんすべからず。

小さなことから大事おおごとになる” という意味です。
大したことないと思っていても、気がつけば大変な事態になることも。気をつけましょう。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

戦場いくさばまわっていたわたしが、たたみうえぬとはおもっていなかった。

こういう最後になるとはなぁ” という意味です。
晩年、がんを患っていた政宗が病床でつぶやきました。翌日の早朝、波乱の生涯を終えました。

ビジネスに使える名言

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

馳走ちそうとはしゅんしなをさりなくし、主人しゅじんみずか調理ちょうりして、もてなすことである。

ご馳走とは、主人が集めた食材を料理して客人に振る舞うこと” という意味です。
馳走という熟語には、走るという意味の字がふたつ並んでいます。主人は野山を走り回って食材を調達し、料理するという手間をかけ、その手間こそがおもてなしの心であると説いています。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

仮初かりそめにもひと振舞候ふるまいそうろうは、料理りょうり第一だいいちことなり。なににても、あるじ勝手かってはいらずば、しき料理りょうりなどして、差当さしあた虫気むしけなどあらば、気遣きづか千万せんばんならん。

料理は主人がやる。他人が作った料理で客人の具合が悪くなったら大変” という意味です。
お客様をおもてなしする席は、他人に任せたりせず、主人が自らお膳立てすること。政宗は、部下に対しても自ら料理の腕を振るってもてなしたといいます。

伊達政宗の辞世の句

破天荒なイメージの伊達政宗ですが、70歳の天寿を全うしています。数々の困難を乗り越えた人生の辞世の句がこちらです。

伊達政宗
伊達政宗の顔イラスト

くもりなき こころつきを さきだてて 浮世うきよやみを らしてぞ

光をさえぎるものがない心にある月、自分の信念だけを頼りに、真っ暗で先が見えない戦乱の世を生き抜いた。

豊臣秀吉、徳川家康というふたりの天下人が入れ代わる、激動の戦国末期に、強烈なキャラクターで存在感を示した伊達政宗らしい粋な句だと思います。

伊達政宗のイラスト
伊達政宗のハナシを読む

伊達政宗は、現在の山形県にあたる出羽国および宮城県・福島県にあたる陸奥国の武将・大名です。18歳で家督を継ぐと周辺の勢力を斬り従えて奥州を席巻しました。秀吉、家康の時代を生き、10年早く生まれていれば天下も狙えたといわれています。おしゃれな人を指す『伊達者』の語源になっています。享年70歳。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

超ビジュアル!戦国武将大事典

110万部突破のベストセラー!オールカラー武将図鑑

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

戦国武将に学ぶ究極のマネジメント

三英傑の言動にみる発想や知恵から学ぶ!仕事に役立つ

歴史が教えてくれる 働き方・生き方

歴史上の人物から学ぶ生き方のヒント!勇気と知恵をもらう