読み込み中

読み込み中

真田家に関連するページ

真田家について

家紋・真田六文銭
真田六文銭
  • 根拠地:信濃国
  • 出 自:国人
  • 家 祖:真田頼昌
  • 最盛期:真田信之
  • その後:繁栄

真田氏は、2代目・幸隆の頃から武田信玄に仕え、信濃侵攻で活躍します。信玄の死後、武田氏が滅亡したあとは混迷し、徳川氏などの強国を渡り歩いて存続しました。関ヶ原の戦いでは、東軍と西軍に分かれてそれぞれに属し、徳川家臣である真田信之によって、信濃真田氏は幕末まで続きました。

真田昌幸のイラスト
真田昌幸のハナシを読む

真田昌幸(武藤喜兵衛)は、現在の長野県にあたる信濃国の武将・大名です。武田家臣でしたが、主家が滅ぶと信濃国衆をまとめて独立。強国に囲まれながらも、ズル賢く立ち回り、真田の家を守ります。上田合戦で2度も徳川軍を撃退しますが、関ヶ原の戦いで敗軍に属したため、九度山に流罪となりました。享年65歳。