読み込み中

読み込み中

むらかみ よしきよ

村上義清

1501.3.29 〜 1573.2.3

 
村上義清のイラスト
  

村上義清は、現在の長野県にあたる信濃の武将です。北信濃に侵攻してきた武田信玄と争い、苛烈な戦いぶりで撃退しました。合戦では負けませんでしたが、武田氏の調略によって領地を奪われ、多くの家臣を引き抜かれてしまい、越後に亡命します。上杉謙信の家来になって、信玄と川中島でも激しく戦いました。享年73歳。

村上義清の人物タイプ
猛将

このページでは、村上義清が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・村上義清のことがきっと好きになります。

  • 出身地:信濃(長野県)
  • 特 徴:押しがつよい
  • 領 地:(信濃)
  • 居 城:葛尾城

野生的な直感力と猛烈な突進力で信玄の侵略を2度も撃退した

猛将・村上義清は、チャンスと見るや思い切りの良い突撃を得意とするブルファイターで、突貫力をいかした采配で武田信玄を2回もフルボッコにしました。
最終的には信玄に敗れて越後に逃げる村上義清ですが、上杉謙信を頼って、川中島の戦いでも武田軍に立ちはだかり、村上の旗印は信玄に悪夢を思い出させたことでしょう。

まだ若かった信玄と争った上田原の戦いでは、圧倒的な格の違いを見せつけます。
村上義清は先陣を使って武田軍の板垣信方を挑発。少しずつ後退しながら、板垣隊を自陣近くまでおびきよせ、慢心した板垣信方に油断がみられると、村上義清は一気に突撃して信方を討ち取りました。
板垣隊が壊滅したため、武田軍に動揺がみられると二方向から挟撃。村上義清が率いる本隊で武田信玄の部隊に猛烈な突撃をして甘利虎泰を討ち取り、信玄を負傷させ、甲斐に押し戻しました。

上田原のリベンジマッチとして、武田信玄が砥石城に攻めてきます。これを受けて、村上義清は葛尾城から出撃して武田軍を急襲し、混乱した敵めがけて砥石城からも討って出させました。またしても大打撃を与えて勝利しています。

[生涯] わかりやすい解説

① 北信濃の防衛

村上顕国の子として生まれます。
15歳で元服し、村上義清と名乗ります。
20歳のときに父・村上顕国が病死、村上氏の当主になりました。
海野氏、真田氏など、北信濃の人たちと争い、信玄の父・武田信虎を味方につけて領地をひろげました。

信玄が武田氏の当主になると村上領に攻めてくるようになったので、対立するようになります。
武田信玄に上田原の戦いで勝った義清は、砥石城でも武田軍を追いはらいました。

② 越後に亡命

武田信玄の家来・真田幸隆の働きかけによって、たくさんの家来が義清を裏切ります。砥石城はあっけなく信玄にとられてしまいました。

味方がいなくなった村上義清は、しかたなく葛尾城を捨てて、おとなりの越後に逃げました。
越後の上杉謙信に「信玄をやっつけてほしい」とお願いして、家来になりました。
上杉軍として川中島で信玄と戦った義清は、長生きして、越後の根知城で亡くなりました。

村上義清の簡単な年表
村上義清の領地・勢力図(1550年)

[能力] 信玄キラーでも組織の崩壊は防げなかった

村上義清は、単純な猪突猛進型におさまらず、戦局を読む能力あるいは野生的な勘に優れていて、嗅覚が鋭いひとです。豪胆で、長槍の扱いに長けていた義清は、先頭に立って戦ったそうです。猛将なだけでなく、勝負どころを間違わない采配によって、武田信玄を苦しめています。

間違いなく強かった義清ですが、家来のヘッドハンティングをとめることができず、独りぼっちになるまで味方を引き抜かれてしまいました。

村上義清の逸話・面白いエピソード

兵種別の編隊をはじめて合戦に取り入れた人

武田軍に甚大な被害をあたえて勝利した上田原の戦いで、義清は兵種で分けた隊列を使っています。具体的には、最前列に弓兵や鉄砲兵(飛び道具)を配置して、矢と銃弾がなくなるまで攻撃する。矢がなくなったら弓を捨てて白兵戦で斬りかかるというもの。

越後に逃れた村上義清によって、村上式の隊形と戦術が上杉謙信に伝わり、謙信はこれを常備軍に採用して「五段隊形」と呼ばれるフォーメーションを完成させました。
謙信に対抗するために関東各地で陣形が使われるようになり、西日本にも広がっていきました。しまいには中国大陸の戦術にも影響を及ぼし、村上メソッド・フォーメーションは江戸時代の末期まで使われました。

村上義清の戦い・有名な合戦

上田原の戦い うえだはらのたたかい 1548.3.23 武田軍8千 vs 村上軍5千

上田原(長野県上田市)に進軍した武田晴信と守勢・村上義清の合戦。これまで無敗で快進撃を続けていた晴信がはじめて大きな敗北を喫した。武田勢・板垣信方の油断を見逃さなかった村上義清の猛攻撃によって、武田軍は板垣ら重臣を失い、武田晴信も負傷した。

上田原の戦いで村上義清は勝っています。武田晴信に壊滅的なダメージを与えたこの合戦で、村上義清が用いたとされる兵種別の編隊が、日本の合戦のスタンダードになります。戦国時代の合戦の常識を変えることになった、なにげに大きなターニングポイントです。

砥石崩れ といしくずれ 1550.9.? 〜 10.1 武田軍7千 vs 村上軍2千5百

北信濃の制圧に乗り出した武田晴信が砥石城(長野県上田市上野)を攻めた合戦。わずか500で守る村上義清に強攻をしかけるが苦戦する。1か月にわたる城攻めを断念した武田軍が撤退を開始すると、村上軍2,000の後詰めと城兵が追撃し、晴信を撃退した。

砥石崩れで村上義清は勝っています。見事な籠城戦略で武田軍に完勝しますが、皮肉にも武田晴信に計略の重要性を気づかせる戦いになりました。智謀調略を得意とする名将・武田信玄は、義清との敗戦から生まれました。このあと、武田氏の調略によって家臣を失った義清は越後に逃れます。

川中島の戦い かわなかじまのたたかい 1561.10.18 上杉軍1万3千 vs 武田軍2万

北信濃を国人衆のもとに取り戻そうとする上杉謙信と、これを支配しようとする武田信玄の合戦。千曲川(長野県長野市小島田町)を挟んで5回対戦したが、決着はつかず。激戦となった第4次・八幡原の戦いでは、謙信が武田本陣に突撃し、信玄を斬りつけたエピソードがある。

川中島の戦いで村上義清は引き分けています。第4次・八幡原の戦いでは、武田軍の別働隊を率いた高坂昌信の合流を阻止する役目をしました。

村上義清の年表を詳しく

村上義清は西暦1501年〜1573年(文亀元年〜元亀4年)まで生存しました。戦国時代初期から中期に活躍した武将です。
上杉謙信の29歳上、武田信玄の20歳上です。
織田信長より33年さきに生まれています。

15011村上顕国の子として信濃に生まれる。幼名:武王丸
151515元服 → 村上(右京権亮)義清
152020父・村上顕国の死去により家督を相続。
154141”海野平の戦い”武田信虎、諏訪頼重と結託して小県郡に侵攻する。海野氏、根津氏、真田氏を撃破。
154848”上田原の戦い”北信濃に侵攻してきた武田晴信(信玄)を撃退。武田氏の重臣・板垣信方を討ち取る。
155050”砥石崩れ”砥石城に攻めてきた武田晴信に大勝する。
155151”常田の戦い”武田勢に勝利する。
武田家臣・真田幸隆の調略によって砥石城を奪われる。
155353村上派だった信濃国衆が相次いで武田晴信に降伏。
葛尾城、光城、上ノ山城、刈谷原城で武田晴信と争うが、連敗する。
葛尾城を捨て、長尾景虎(上杉謙信)を頼って越後に亡命し、家臣になる。
156161”第4次川中島の戦い”武田信玄との戦に参加。
157373死去。
村上義清のページの先頭に戻る