読み込み中

読み込み中

うえすぎ のりまさ

上杉憲政

1523.? 〜 1579.4.13

 
上杉憲政のイラスト
  

上杉憲政(憲当、憲當、光徹)は、現在の群馬県にあたる上野国の武将・大名です。関東管領の山内上杉氏の家柄に生まれ、家督争いのすえ9歳で当主になります。北条氏、武田氏に敗れて権威をなくし、越後国に亡命。長尾景虎(上杉謙信)に家督と管領職を譲って隠居しました。謙信亡きあと、御館の乱で死亡。享年57歳。

上杉憲政と似ている人物
丹羽長秀
高坂昌信
石田三成

このページでは、上杉憲政が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。きっと上杉憲政のことが好きになります。

  • 名 前:上杉憲政 → 上杉憲当 → 上杉憲當 → 上杉光徹
  • 官 位:兵部少輔
  • 出身地:上野国(群馬県)
  • 領 地:上野国
  • 居 城:平井城
  • 子ども:5男 3養
  • 跡継ぎ:上杉謙信
  • 父と母:上杉憲房 / 不明

負け続けた関東管領が逆転の切り札に謙信を召喚した

上杉憲政が生まれた山内(やまのうち)上杉氏は、関東を総管する関東管領という職務を担う家柄です。当然ながら、関東で一番えらいのです。

分家に扇谷(おうぎがやつ)上杉氏があり、近接する古河公方(こがくぼう)足利氏はご先祖さまを謀殺した家柄。いずれも山内上杉氏と対立する関係にありました。戦国時代の武蔵国(現在の埼玉県、東京都あたり)では、山内と扇谷の上杉氏と、古河公方足利氏による紛争が続いていました。

したがって、上杉憲政が関東管領になった時点で、すでに関東の治安は乱れまくっていたのです。

1530年頃から、新興勢力の後北条氏が介入してきたので、さらにややこしいことになります。とりあえず、新参者の北条氏康がムカつくので、扇谷と古河公方と手を組んで追い払おうと画策しますが、1546年の河越夜戦でみんなまとめて返り討ちにあってしまいます。

北条氏に負けた汚名を晴らそうと、武田晴信(信玄)に食ってかかりますが、これも惨敗。関東の豪族たちから「関東管領の上杉って弱いんじゃないw」と噂されはじめます。


求む、強いひと
上杉謙信を召喚

負けが込んで一文無しになることを『オケラ』といいますが、家臣が離れていき、最後に残った平井城まで失った上杉憲政は、まさにオケラでした。

”もっと強い人じゃなきゃ北条とか武田に勝てない…” そう考えた上杉憲政の脳裏に浮かんだのは、初陣から負け無しの越後の長尾景虎でした。

上杉憲政の上野国と越後国はお隣。「そうだ、越後に行こう」1553年に上杉憲政は、家来筋である長尾家を頼ることにします。

長尾景虎を養子にした上杉憲政は、1561年に山内上杉の家督と関東管領を譲ります。景虎は、すぐに関東に出陣し、北条討伐の(げき)を飛ばしました。これに10万を越す兵が集まり、北条氏康の居城・小田原城まであっというまに攻めて行きました。

すさまじい強さで北条氏から土地を奪還するさまは、まさに関東を総管するものの迫力でした。関東管領の役職は、強いだけの豪族だった長尾景虎に大義名分を与えました。長尾景虎は名を上杉姓を名乗り、こうして不敗の軍神・上杉謙信が降臨しました。

上杉憲政の生涯をふりかえる

上杉憲政は、1523年に上野国・平井城に関東管領の子として生まれます。3歳のときに父・上杉憲房が亡くなり、古河公方から養子にきた上杉憲寛と家督を争い『関東享禄の内乱』が勃発します。これに勝利し、擁立派に推されて9歳で関東管領になりました。しかし、北条氏や武田氏に敗れて権威を失い、越後国の上杉謙信を頼ります。

謙信にすべてを譲って越後国・春日山城で穏やかに暮らしますが、謙信が後継者を決めずに他界。1579年に勃発した『御館(おたて)の乱』で上杉家の家督争いに巻き込まれます。上杉景虎の味方をしますが、上杉景勝に敗れて捕まり、殺害されました。57歳でした。

幼少のおりに家督争いの渦中に放り込まれた上杉憲政でしたが、最後も家督争いに翻弄されて命を落としました。

上杉憲政の領地・勢力図(1545年)

上野国と武蔵国の一部で50万石ほどが上杉憲政の領地でした。西部を武田信玄に、残りの大半を北条氏康にかじり取られました。

もっとくわしく戦国時代を知る本
戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がよくわかる!

戦国 忠義と裏切りの作法

ユニークな視点で深掘りする戦国武将の作法!

上杉憲政の性格と人物像

上杉憲政は「身勝手だけどちょっぴり健気な人」です。時代に翻弄されてしまった感は否めず、全盛期の北条氏や武田氏を相手にしたのはマズかった。一応は役割をこなそうとしますが、敵対する相手は身の丈に合いませんでした。

3歳で父が亡くなり、9歳で家督争いからのキラーパスを受けて関東管領になる、なかなかのハードモードで幼少期を過ごしています。権力をかざした結果、すべてを失ってしまい、こんどは憲政から上杉謙信にキラーパスします。

贅沢三昧でわがまま。だらしなく女遊びに興じるなど、感心できません。北条軍に攻められて、嫡男・龍若丸を置き去りにするへっぴり腰。謙信とは正反対の性質です。

憲政が着用したと伝わる甲冑『素懸紫糸威黒塗板物五枚胴具足(すがけむらさきいとおどしくろぬりいたものごまいどうぐそく)』は、牡丹獅子があしらわれた豪華絢爛な逸品。ほか、謙信や景勝に贈った武具の数々も残っています。

上杉憲政の能力を考えてみる

上杉憲政の能力チャート

上杉憲政にはこれといった強みがなく、関東管領という役職だけが唯一の美点でした。

上杉憲政の戦い・有名な合戦

河越夜戦 かわごえやせん 1546.5.19 ● 山内上杉&扇谷上杉&古河足利軍8万 vs 北条軍1万1千 ○

山内、扇谷の上杉氏、古河公方足利氏の大連合軍で北条綱成が守る河越城(埼玉県川越市郭町)を包囲した合戦。北条氏康は鎧兜を装備しない兵士たちを率いて夜襲を決行。半年にわたる包囲戦で油断していた連合軍を大混乱に陥れ、扇谷の当主・上杉朝定を討ち取った。

河越夜戦で上杉憲政は敗れています。
上杉憲政のターニングポイントになった戦いです。
宿敵だった扇谷上杉氏と古河公方を抱き込み、後北条氏から河越城を奪還する予定でしたが、まさかの大敗を喫します。ここから転がり落ちるように、権威を失ってしまいました。

上杉憲政の詳しい年表・出来事

上杉憲政は西暦1523年〜1579年(大永3年〜天正7年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15231上杉憲房の子として上野国に生まれる。
15253父・上杉憲房が死去。養子・上杉憲寛が家督を相続。
15319上杉憲房の実子である憲政の擁立派と、養子で現当主の憲寛の保守派で対立。これに勝って、山内上杉氏の家督と関東管領職を相続する。【関東享禄の内乱】
154119信濃国から逃れた海野棟綱、真田幸隆が頼ってくる。
*長野業政に海野領・佐久郡の奪還に向かわせる。諏訪頼重と和睦するが真田領・小県郡には介入せず。
真田幸隆が離反する。
154523扇谷上杉・上杉朝定、古河公方・足利晴氏と盟約を結び、北条氏の関東侵攻に備える。
”第2次河東の乱”今川義元と同盟し、駿河国に侵攻した北条氏康の背後を攻め、山内上杉&扇谷上杉&古河公方の連合軍8万で河越城を包囲する。
154624”河越夜戦”北条氏康の奇策に敗れて退却する。
改名 → 上杉憲当
154725”小田井原の戦い”武田晴信に攻められた志賀城の笠原清繁を救援に向かうが、惨敗する。
成田長泰ら家臣が離反し、北条氏に服従した。
155230御嶽城が北条氏康に攻め落とされる。さらに家臣の離反が進む。
平井城から逃亡し、長尾景虎(上杉謙信)を頼って亡命する。
北条氏康に捕縛された嫡男・龍若丸が処刑される。
155735長尾景虎を養子にする。
156139関東管領職と山内上杉氏の家督を長尾景虎に譲り隠居。
改名 → 上杉光徹
157856上杉謙信が死去。
157957上杉景勝と上杉景虎が家督を争う。上杉景虎を擁護するが越後国・春日山城で殺害される。【御館の乱】
戦国時代で上杉憲政が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

キャラ絵で学ぶ!織田信長図鑑

ゆるいイラストが面白い!内容も申し分なしの一冊!

すごいヤバい 戦国武将図鑑

戦国武将のぶっとんだ逸話!すごいとやばいを知る一冊!

信長の野望・大志 with パワーアップキット

定番の歴史シミュレーションゲームで天下をねらえ!

戦国無双5

爽快アクション!戦国武将になって無双しろ!

上杉憲政の顔イラスト