読み込み中

読み込み中

うえすぎ のりまさ

上杉憲政

1523.? 〜 1579.4.13

 
上杉憲政のイラスト
  

上杉憲政(憲当、憲當、光徹)は、現在の群馬県にあたる上野の武将・大名です。関東管領の山内上杉氏の家柄に生まれ、家督争いのすえに9歳で当主になります。北条氏、武田氏に敗れて権威をなくし、越後に亡命。長尾景虎(上杉謙信)に家督と管領職を譲って隠居しました。謙信亡きあと、御館の乱で死亡。享年57歳。

上杉憲政の人物タイプ
官僚

このページでは、上杉憲政が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・上杉憲政のことがきっと好きになります。

  • 名 前:上杉憲政 → 上杉憲当 → 上杉憲當 → 上杉光徹
  • 官 位:兵部少輔
  • 出身地:上野(群馬県)
  • 領 地:上野
  • 居 城:平井城
  • 子ども:5男 3養
  • 跡継ぎ:上杉謙信

負けっぱなしの関東管領が逆転の切り札として謙信を誕生させた

上杉憲政が生まれた山内(やまのうち)上杉氏は、関東の政治を総管する関東管領という職務を担う家柄です。当然ながら関東で一番えらい名門です。
分家に扇谷(おうぎがやつ)上杉氏があり、近接する古河公方(こがくぼう)足利氏はご先祖さまを謀殺した家柄。いずれも山内上杉氏と対立する関係にありました。

武蔵の国(現在の埼玉、東京あたり)では、山内と扇谷の上杉氏と古河公方足利氏による紛争が続いていました。

上杉憲政が関東管領になった時点で、すでに関東の治安は乱れまくっていました。

ここに新興勢力の後北条氏が介入してきたので、扇谷と古河公方と手を組んで追い払おうと画策しますが、返り討ちにあってしまいます。


求む、強いひと
上杉謙信を召喚

負けが込んで一文無しになることをオケラといいますが、家臣が離れていき、最後に残った平井城まで失った上杉憲政は、まさにオケラでした。

「もっと強い人でなければ北条に勝てない…」そう考えた上杉憲政の脳裏に、初陣から負け無しと評判の長尾景虎が浮かびます。
そうだ、越後に行こう」家来筋である長尾家を頼ることにします。

長尾景虎を養子にして、山内上杉の家督と関東管領を譲ります。景虎は、上杉政虎ついで輝虎と名乗り、関東に出陣すると、北条氏の悪虐非道を掲げて檄を飛ばしました。
この呼びかけに10万を越す兵が集まり、北条氏康の居城・小田原城まで攻め進みました。

すさまじい勢いで北条領を縦断するさまは、まさに関東の政治を総管するものの迫力でした。関東管領という役職は、戦が強いだけの豪族だった長尾景虎に大義名分を与えました。名を謙信に改め、水を得た魚のように連戦連勝を重ねて、不敗の軍神・上杉謙信となりました。

しばらく穏やかに暮らした上杉憲政でしたが、後継者を決めずに謙信が他界したために起こった御館(おたて)の乱で命を落とします。
幼少のおりに家督相続の渦中に放り込まれ、名門の宿命に踊らされた上杉憲政は、最後も家督争いに巻き込まれてしまいました。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

上野国の平井城に関東管領の父・上杉憲房の子として生まれます。母は不明。
3歳のときに父・憲房が亡くなり、古河公方からむかえた養子の兄・上杉憲寛が家督を継ぎます。

② 家督相続

憲政を当主にしようとする家来たちに担がれて、現当主である兄・憲寛と家督を争います。
古河公方足利氏を巻き込んだ関東享禄の内乱で、憲政派が勝利したため、9歳で山内上杉氏の15代目当主になりました。

③ 北条氏と対立

後北条氏の3代目・北条氏康が武蔵をねらって攻めてきます。
これに対抗しますが、負けてしまったので、仲が悪かった扇谷上杉氏や古河公方足利氏と協力して、北条氏と戦います。
ところが、河越城を大軍で包囲した合戦で大敗をしてしまい、周囲の信頼を失いました。

④ 越後に亡命

関東で一番えらい管領という立場が危うくなったので、いいところを見せようと、信濃を攻めた武田信玄をやっつけようとしますが、こてんぱんにされます。家来も逃げてしまいました。
途方に暮れたのち、越後の長尾景虎を頼ります。景虎を養子にして、上杉謙信と名乗らせ、家督と関東管領を譲りました。

⑤ 最後

しずかな隠居生活を送りますが、謙信が亡くなると家督争いに巻き込まれます。
憲政の住居である御館(おたて)に立て篭もった上杉景虎の和睦の使者として、上杉景勝のところに向かう途中、景勝派に討たれました。57歳でした。

上杉憲政の簡単な年表
上杉憲政の領地・勢力図(1545年)

性格:人物像・どんな人?

上杉憲政の能力チャート

役人気質でちょっぴり健気な人です。
3歳で父が亡くなり、9歳で家督争いからのキラーパスを受けて関東管領になる、なかなかのハードモードで幼少期を過ごしています。周囲の大人たちの事情で重い責務を背負いますが、一応は役割をこなそうという責任感を感じます。

時代に翻弄されてしまった感は否めず、全盛期の北条氏や武田氏を相手にしたのはマズかった。最強クラスの大名たちに食い物にされてしまいます。自身ではどうにもならず、すべて失ったところで、上杉謙信に関東管領職をキラーパスします。ようやく非力さを受け入れた結論でした。

勇ましい表情をした鎧姿の肖像がありますが、容姿や性格がわかるエピソードなどはありません。

甲冑:所用の兜と鎧

上杉憲政の甲冑『素懸紫糸威黒塗板物五枚胴具足』

出典:宮坂考古館|甲冑

『素懸紫糸威黒塗板物五枚胴具足(すがけむらさきいとおどしくろぬりいたものごまいどうぐそく)』
山形県指定重要文化財として、上杉憲政が着用していた甲冑が宮坂考古館に展示されています。

前立ての仏像は、戦場で仏様に加護を願い、守ってもらうというもの。当時の流行のひとつです。全体的に凝ったつくりになっていて、すね当ては金色で描かれた牡丹獅子でおしゃれにきめています。

上杉憲政の戦い・有名な合戦

河越夜戦 かわごえやせん 1546.5.19 ● 山内上杉&扇谷上杉&古河足利軍8万 vs 北条軍1万1千 ○

山内、扇谷の上杉氏、古河公方足利氏の大連合軍で北条綱成が守る河越城(埼玉県川越市郭町)を包囲した合戦。北条氏康は鎧兜を装備しない兵士たちを率いて夜襲を決行。半年にわたる包囲戦で油断していた連合軍を大混乱に陥れ、扇谷の当主・上杉朝定を討ち取った。

河越夜戦で上杉憲政は敗れています。
上杉憲政のターニングポイントになった戦いです。
宿敵だった扇谷上杉氏と古河公方を抱き込み、後北条氏から河越城を奪還する予定でしたが、まさかの大敗を喫します。この敗戦を機に、転がり落ちるように権威を失ってしまいました。

上杉憲政の詳しい年表・出来事

上杉憲政は西暦1523年〜1579年(大永3年〜天正7年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で上杉憲政が生きた期間の表
15231上杉憲房の子として上野に生まれる。
15253父・上杉憲房が死去。養子・上杉憲寛が家督を相続。
15319上杉憲房の実子である憲政の擁立派と、養子で現当主の憲寛の保守派で対立。これに勝って、山内上杉氏の家督と関東管領職を相続する。【関東享禄の内乱】
154119信濃から逃れた海野棟綱が頼ってくる。救援のため出兵して、諏訪頼重と和睦する。
154523扇谷上杉・上杉朝定、古河公方・足利晴氏と盟約を結び、北条氏の関東侵攻に備える。
”第2次河東の乱”今川義元と同盟し、駿河に侵攻した北条氏康の背後を攻め、山内上杉&扇谷上杉&古河公方の連合軍8万で河越城を包囲する。
154624”河越夜戦”北条氏康の奇策に敗れて退却する。
改名 → 上杉憲当
154725”小田井原の戦い”武田晴信に攻められた志賀城の笠原清繁を救援に向かうが、惨敗する。
成田長泰ら家臣が離反し、北条氏に服従した。
155230御嶽城が北条氏康に攻め落とされる。さらに家臣の離反が進む。
平井城から逃亡し、長尾景虎(上杉謙信)を頼って亡命する。
北条氏康に捕縛された嫡男・龍若丸が処刑される。
155735長尾景虎を養子にする。
156139関東管領職と山内上杉氏の家督を長尾景虎に譲り隠居。
改名 → 上杉光徹
157857上杉謙信の死後に起きた家督争いに巻き込まれて死亡。【御館の乱】

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

上杉憲政のページの先頭に戻る