読み込み中

お待ちくだされ

いい なおまさ

井伊直政

1561.3.4 〜 1602.3.24

 
井伊直政のイラスト
  

井伊直政は、現在の静岡県にあたる遠江国の武将です。徳川四天王のひとり。武田軍から引き継いだ赤備えで、赤鬼と恐れられた猛将です。徳川家康の腹心として、さまざまな交渉役をこなす秘書官でもありました。東軍を勝利に導いた関ヶ原の戦いでは、槍働きに加えて、敵将の調略と戦後交渉も行いました。享年42歳。

井伊直政は何をした人?このページは、井伊直政のハイライトになった出来事をなるべく正しく、独特の表現で紹介しています。きっと井伊直政が好きになる「抜け駆け上等の赤備えが関ヶ原で家康に天下を取らせた」ハナシをお楽しみください。

  • 名 前:井伊万千代 → 井伊直政
  • 幼 名:虎松
  • あだ名:井伊の赤鬼、人斬り兵部
  • 官 位:従五位下、従四位下、修理大夫、侍従、贈従三位
  •  藩 :高崎藩主、彦根藩主
  • 出身地:遠江国(静岡県)
  • 領 地:上野国、近江国
  • 居 城:箕輪城 → 高崎城 → 佐和山城
  • 正 室:花(徳川家康の養女)
  • 子ども:2男 2女
  • 跡継ぎ:井伊直孝
  • 父と母:井伊直親 / ひよ
  • 養父母:松下清景、井伊直虎

抜け駆け上等の赤備えが関ヶ原で家康に天下を取らせた

抜け駆け」とは、戦争で手柄を立てるために、持ち場を離れて敵陣に攻め入ること。他人を出し抜いて自分が先に行動してしまう意味として使われます。

「あたしが先に目をつけてたんだから抜け駆けしないでよ」とされるアレです。抜け駆けは友情を壊しかねない行いですが、合戦においては軍律違反で(ばっ)せられる行為でした。

徳川家康が率いる東軍と、石田三成が率いる西軍による天下分け目の決戦である関ヶ原の戦いは、じつは井伊直政の抜け駆けによって開戦したのでした。


ちょっと通して
からの抜け駆け

1600年、関ヶ原の戦いで東軍の先陣をつとめた福島正則は、一番(やり)の武勇で知られる猛将です。”宇喜多ちゃんは俺の獲物(えもの)” というキャラですので、手柄をゆずったりはしません。ところが、福島隊がなかなか動かない。しびれを切らした井伊直政は、松平忠吉(ただよし)を伴って50騎ほどを連れて福島陣営を訪ねます。

忠吉(ただよし)さま(家康の子)に戦場をお見せするから、ちょっと通して」と福島陣営に入ります。しれっと前線に出ると、そのまま駆けて行って宇喜多秀家の陣に向けて発砲しました。先を越された福島正則が、あわてて宇喜多ちゃんに撃ちかけて関ヶ原の戦いはキックオフしたのです。

福島隊が宇喜多隊に向かっていくのを見届けると、井伊直政は徳川本陣に戻りました。この行為は明らかに抜け駆けでしたが、結果的にこれが東軍に勢いをあたえました。

井伊直政が(えが)く勝利のロードマップは、ここからさらに加速します。

関ヶ原の戦いで井伊直政が描いた勝利のロードマップ

井伊直政の関ヶ原の戦いは、開戦のずっと前からはじまっていました。そもそも関ヶ原の戦いとは、1598年に豊臣秀吉が没したあと、主導権あらそいが表面化し、豊臣家が分裂(ぶんれつ)して起こった紛争です。

同じ組織内(豊臣家)での抗争ですので、同士が多い方が有利に戦えます。井伊直政は、京極(きょうごく)高次、竹中重門、加藤貞泰、稲葉貞通、関一政、相良(さがら)頼房、犬童頼兄(いんどうよりもり)といった名だたるメンツを徳川派(東軍)に引き込むことに成功します。

合戦がはじまると抜け駆けで福島正則を動かし、黒田長政を通じて小早川秀秋(豊臣秀吉の養子)を寝返らせて勝利を決定的なものにしました。

その後、島津義弘の1千6百の兵が退却を開始すると、井伊直政はこれを追撃します。このときの井伊直政は味方も追いつけない速さで、ほとんど一人で島津軍を追って行ったといいます。義弘の甥・島津豊久に追いつくと、銃弾を脚に受けながらも豊久を討ち取りました。

ここでゲームセット。

こうして徳川家康は関ヶ原の戦いに勝利しました。井伊直政は毛利輝元をはじめ、西軍に(くみ)した大名との講和交渉に奔走(ほんそう)します。後々に遺恨(いこん)を残さないよう、絶妙なさじ加減で戦後交渉をまとめました。


家康に貢献した
一番の功労者

その後、井伊直政は家康がはじめる江戸幕府にも熱心にアイデアを出し、自身が治めることになっていた彦根藩(ひこねはん)の基盤づくりに熱心に取り組みました。

しかし残念ながら、江戸幕府がひらかれるのを見ることなく、関ヶ原の戦いで島津軍に撃たれた傷の悪化と働きすぎがもとで井伊直政はこの世を去ります。その翌年の1603年に徳川家康は征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に就任し、江戸幕府をひらいて天下を治めました。

生前の井伊直政の働きは、家康が幕府を開くにあたって一番の功労者である” と江戸幕府編修の『徳川実紀(とくがわじっき)』に記録されています。


なぜ、井伊直政は
赤備えを率いたか

井伊の赤備え』と恐れられた赤い軍装の騎馬隊は、井伊直政の前は武田騎馬隊の山県昌景が率いていました。1582年に武田家滅亡をうけて、かつて最強と呼ばれたこの騎馬隊は解散となりましたが、徳川氏が武田旧領を手に入れたことで武田遺臣(いしん)帰参(きさん)しました。

このとき武田旧領をめぐって北条氏と争った天正壬午(てんしょうじんご)の乱で、家康は弱冠22歳の井伊直政に武田旧領を分け合う交渉役を命じます。井伊直政の見事な交渉力によって、甲斐国(かいのくに)信濃国(しなののくに)の大半を徳川領として得ることに成功し、この働きに対して家康から与えられたボーナスが赤備えの最強部隊でした。

赤備えと同時に、かつて武田信玄が採用していた『甲州流軍学(こうしゅうりゅうぐんがく)』を継承、井伊直政によって武田メソッドが徳川軍に導入されました。これにより、徳川軍のパワーアップにも大きく貢献(こうけん)しました。

生涯を簡単に振り返る

1561年、井伊直政は遠江国(とおとうみ)井伊谷(いいのや)に井伊直親の長男として生まれます。今川氏真に父が謀殺され、命を狙われたため2歳の頃から寺に逃れて過ごします。しばらくして叔母・井伊直虎に引き取られ、叔母の計らいで徳川家康の小姓になりました。家康の寝室に忍び込んだ刺客(しかく)を討ち取って出世し、北条氏との交渉役に抜擢(ばってき)されます。

天正壬午(てんしょうじんご)の乱で北条氏との交渉を成功させた褒美として武田家の遺臣(いしん)を与えられ、徳川軍を武田流に移行しました。井伊の赤備えを率いて転戦し、関ヶ原の戦いでは軍監として戦ったのち、戦後処理にも忙しく走り回ります。来るべき江戸幕府の開府に備えて近江に彦根城を築きました。

最後と死因

彦根城の完成を待たずに、井伊直政は近江国(おうみのくに)佐和山城(さわやまじょう)で亡くなりました。1602年3月24日、死因は関ヶ原で負傷した足の破傷風(はしょうふう)または(なまり)中毒および過労。42歳でした。遺体は遺志により芹川(せりかわ)で火葬されました。火葬した場所には、長松院(ちょうしょういん)建立(こんりゅう)されました。

領地と居城

井伊直政の領地・勢力図(1600年)

関ヶ原の戦いのあと、石田三成の旧領を継いだ近江国(おうみのくに)佐和山(さわやま)18万石が井伊直政の領地でした。上野国(こうずけのくに)・高崎12万石からの加増で、徳川家臣団で最高の石高でした。

井伊直政の性格と人物像

井伊直政は「自分にも他人にも厳しく短気な人」です。

いつもピリピリしているので、まわりの人は気が休まりません。内勤でもミスると斬られる緊張があります。寡黙(かもく)で気難しいオーラがあり、近寄り難い存在です。同僚や家来から気軽に声をかけられることはありません。

養母・井伊直虎の厳しい教えにより、極度の負けず嫌いに育ちます。勝つまでやめないので、決して負けません。本人にとっては勝つことが絶対ですので、他人にも同様の成果や取り組み方を要求してしまいます。家康を(いさ)めることもあり、落ち度があれば上司といえど妥協しません。

勇猛果敢が過ぎて無鉄砲なところがあり、おかまいなしに突っ込む猪突猛進(ちょとつもうしん)型のアタッカーです。合戦では、つねに生傷が絶えず、全身キズだらけでした。多少の攻撃が当たったくらいなら平気という理由で甲冑は重装備を好みました。

身長165cmで童顔。絶世の美男子という評判で、知勇兼備。交渉事になると爽やかな雰囲気で相手に良い印象を与えるナイスガイです。男女問わず魅了する美貌(びぼう)だったので、小姓時代は同僚の男子が布団に入ってきてしまうこともありました。

実際に井伊直政が着用していた鬼のようなシルエットの『天衝脇立兜(てんつきわきだてかぶと)』が現存しています。大きな脇立がトレードマークの真っ赤な具足は健在で、以降は井伊家のシンボルとして受け継がれています。

能力を表すとこんな感じ

井伊直政の能力チャート

井伊直政は、行動力と個の強さが際立ちます。強いパーソナリティーで鬼の赤備えを牽引(けんいん)しました。知性があり、交渉人としても超優秀でした。

信長の野望シリーズに登場する井伊直政の能力値も参考にしています。

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ひかえめに言って傑作

井伊直政の面白い逸話やエピソード

家康もぞっこんのイケメンだった

井伊直政は、ジュノンボーイみたいなイケメンくん。存亡の危機にあった井伊家が生き残るために養母・井伊直虎は、直政のルックスに賭けます。徳川氏に仕官させるために家康公のスケジュールを入手し、(たか)狩りの帰りをねらって、おめかしをした直政を通り道に置きました。

道端に立つ15歳の美少年をみた家康一行は、その美貌(びぼう)に目を奪われます。男の子には興味がなかった家康も「ユー、どこの誰?名前は?誰かに仕えているの?」と前のめり。直虎の思惑(おもわく)どおり、直政に一目()れした家康は即採用を決めました。

井伊直政は超絶イケメン

一説では、直政の元服が22歳と遅かったのは、徳川家康が手元に置いておきたかったためといわれており、かなりの寵愛(ちょうあい)っぷりでした。戦場で直政の戻りが遅いと家康は落ち着かず、軍配をガジガジかじるので、歯形だらけだったといいます。


絶世の美貌に
誰もが夢中

一時期、豊臣秀吉の実母・大政所(おおまんどころ)を人質として徳川家に預かったおり、直政が世話役をしました。気配りにも抜け目がない直政が生菓子を持って大政所(おおまんどころ)を訪ねると、女中たちは浮き足立って「井伊様〜」と追いかけ回します。直政が来ると聞くと、大政所(おおまんどころ)もはしゃいだといいます。大政所(おおまんどころ)が大坂に帰るときは警護のリクエストを受けてお供しました。

ミスっただけで部下を斬ってしまう

一切の妥協も許せないミスターストイック・井伊直政は、部下にも完璧を求めます。うっかりミスってしまった部下を斬り捨ててしまうので、役職の兵部少輔(ひょうぶのしょう)にちなんで『人斬(ひとき)兵部(ひょうぶ)』と呼ばれました。

毎日のように同僚が斬られるさまを見ていた直政の部下たちは、”今日は俺かもしれない…” と覚悟を決めて、家族と水杯を交わして(お別れの儀式)出勤しました。毎朝、すれちがう他の職場の人から「おっ、まだ生きてたか」なんて声をかけられたりもしました。

あまりの厳しさに、本多忠勝のところに転属を希望する人が続出。井伊の赤備えは高給が約束されていましたが、超絶ブラックな職場でした。

井伊直政の有名な戦い

小牧・長久手の戦い こまき・ながくてのたたかい 1584.3.13 〜 11.12 △ 羽柴軍10万 vs 織田&徳川軍3万 △

信長の死後、羽柴秀吉に不満を持つ信長の次男・織田信雄と徳川家康が小牧山城(愛知県小牧市、長久手市)で一進一退の局地戦を展開した。秀吉が別部隊で三河の徳川領を突こうとするが、家康に裏をかかれて大敗。秀吉と信雄が和議を結び、痛み分けとなった。

小牧・長久手の戦いで井伊直政は引き分けています。
武田軍から引き継いだ赤い軍装の『井伊の赤備え』を率いた直政は、先陣を切って敵陣に突入し、鬼のように(やり)を振るい、威風堂々(いふうどうどう)とした赤備えデビューをしました。

小田原征伐 おだわらせいばつ 1590.4.3 〜 7.5 ○ 豊臣軍21万 vs 北条軍5万6千 ●

天下統一に迫る豊臣秀吉が小田原城(神奈川県小田原市)を大軍で包囲した合戦。籠城する北条氏直と、隠居の北条氏政、重臣たちは「小田原評定」と揶揄された結論がでない会議を繰り返した。北条父子を黒田官兵衛が説得し、降伏開城した。小田原攻め、小田原の役とも。

小田原征伐で井伊直政は勝っています。
豊臣軍として参加した直政は、秀吉の陣営を見て、主君である家康に「今なら秀吉を討てますよ」と助言し、やめるよう注意されたといいます。この戦いで直政は、史上初めてとなる小田原城内への攻撃を行っています。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 ● 西軍8万 vs 東軍10万 ○

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで井伊直政は勝っています。
井伊直政のターニングポイントになった戦いです。
開戦前から終戦後まで、すべての場面で獅子奮迅(ししふんじん)の活躍をします。智勇兼備の直政の面目躍如(めんもくやくじょ)となった合戦でした。勝利から3年後、徳川家康が江戸幕府をひらきます。

井伊直政の詳しい年表と出来事

井伊直政は西暦1561年〜1602年(永禄4年〜慶長7年)まで生存しました。戦国時代後期に活躍した武将です。

15611井伊直親の嫡男として遠江国に生まれる。幼名:虎松
15622今川氏真に父・井伊直親が謀殺される。
今川家臣・新野親矩に引き取られる。
15655叔母・井伊直虎の養子になる。
15688三河国・鳳来寺に入る。
157414生母の縁で徳川家臣・松下清景の養子になる。
157515徳川家康の小姓になる。
改名 → 井伊万千代
157616”芝原の戦い”初陣。武田勝頼との戦に参加。突き懸かり戦法で敵陣を崩す。徳川家康の暗殺を謀った刺客・近藤武助を寝所で討ち取る。
158121”第2次高天神城の戦い”武田勝頼との戦に参加。
158222養母・井伊直虎の死去により家督を相続。
元服 → 井伊直政
織田信長のもとに出向く徳川家康に同行して上洛。摂津国・堺の見物を楽しむ。
織田信長が死亡。【本能寺の変】
明智光秀の軍勢に追われる徳川家康を護衛して畿内を脱出。【伊賀越え】
北条氏政・氏直父子と講和を結ぶ使者を務める。旧武田領・甲斐国と信濃国を徳川領とする交渉をまとめた。【天正壬午の乱】
武田軍法と武田遺臣を引き継ぎ、山県昌景の赤備えを継承する。
158323徳川家康の養女・松平康親の娘(花)と結婚。
158424”小牧・長久手の戦い”羽柴(豊臣)秀吉との戦に参加。赤備えの部隊を率いて左翼先陣で池田恒興を蹴散らす。
158525”第1次上田合戦”上田城を攻める鳥居元忠らを撤退させる指揮を執る。
石川数正が出奔。これに伴い武田式の軍制に転換する司令官を任じられる。
158626豊臣秀吉の実母(大政所)が岡崎城に送られてくる。世話役を任じられる。
大政所を警備して豊臣秀吉のもとに送る。
159030”小田原征伐”北条氏の討伐戦に参加。夜襲をしかけて小田原城内に攻め込む。北条家滅亡
徳川家康から上野国・箕輪を拝領する。
箕輪城を居城にする。
159131”九戸政実の乱”九戸政実の鎮圧戦に参加。奥州仕置軍の先陣を務める。【第2次奥州仕置】
159232朝鮮出兵に備えて肥前国・名護屋城に入った徳川家康に代わって領内統治をする徳川秀忠を後見する。
159838豊臣秀吉が死去。政治抗争が起こり、諸将との交渉役を務める。黒田官兵衛・長政父子などを徳川派につける。
箕輪城を廃城。
和田城を改築して高崎城に改め、居城にする。
160040”関ヶ原の戦い”石田三成との戦に東軍の軍監として参加。京極高次、竹中重門など西軍の武将を東軍に取り込む。撤退する島津義弘を追撃して島津豊久を討ち取る。脚に銃弾を受けて重症を負う。
関ヶ原の戦後処理ならびに西軍総大将・毛利輝元との講和交渉を行う。
西軍・長宗我部盛親の謝罪を仲立ちする。
西軍・真田昌幸・幸村父子の助命に尽力、流罪にとどめる。
徳川氏と島津氏の和平交渉を仲立ちする。
徳川家康から旧石田領の近江国・佐和山を拝領する。
佐和山城を居城にする。
大津城や佐和山城を廃城にし、資材を再利用して彦根城の築城を開始。
江戸幕府の基盤づくりに携わる。
160242近江国・佐和山城で病死。
戦国時代で井伊直政が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

どうする家康 前編(NHK大河ドラマ・ガイド)

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」の公式ガイド!電子版もあり

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ひかえめに言って傑作

太閤立志伝V DX

戦国リコエイションゲーム!立身出世をどっぷり楽しめ

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

超ビジュアル!戦国武将大事典

110万部突破のベストセラー!オールカラー武将図鑑

戦国武将の解剖図鑑

有名武将50人以上を収録!図解とデータがわかりやすい

戦国武将に学ぶ究極のマネジメント

三英傑の言動にみる発想や知恵から学ぶ!仕事に役立つ

井伊直政の顔イラスト