読み込み中

読み込み中

いい なおまさ

井伊直政

1561.3.4 〜 1602.3.24

 
井伊直政のイラスト
  

井伊直政は、現在の静岡県にあたる遠江の武将・大名です。徳川四天王のひとり。武田軍から引き継いだ赤備えで、赤鬼と恐れられた猛将です。徳川家康の腹心として、さまざまな交渉役をこなす外交官でもありました。東軍を率いて勝利に導いた関ヶ原の戦いでは、槍働きに加えて敵将の調略と戦後交渉も行いました。享年42歳。

井伊直政の人物タイプ
参謀

このページでは、井伊直政が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・井伊直政のことがきっと好きになります。

  • 出身地:遠江(静岡県)
  • 特 徴:カーッとなりやすい
  • あだ名:井伊の赤鬼、人斬り兵部
  • 領 地:上野、近江
  • 居 城:箕輪城 → 高崎城 → 佐和山城

鬼の赤備えと抜け駆け上等の一番槍で家康に天下をとらせた

抜け駆け(ぬけがけ)とは、戦争で手柄を立てるために、持ち場を離れて敵陣に攻め入ること。他人を出し抜いて自分が先に行動してしまう意味として使われます。
「あたしが先に目をつけてたんだから抜け駆けしないでよ!」といったあれです。

天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いは、東軍の井伊直政が西軍の宇喜多秀家に発砲して開戦となりました。しかし、宇喜多隊に攻撃を仕掛けるのは、本来なら先鋒をつとめる福島正則のはずでした。
福島隊を差し置いて「井伊直政は抜け駆けを決行した」のです。
抜け駆けは軍律違反として罰せられる行為ですが、徳川家康の天下がかかった重要な一戦で、井伊直政は勝つために手段を選びませんでした。

先鋒をつとめる福島正則は、武勇で知られた猛将です。”宇喜多ちゃんは俺の獲物” というキャラですので、先鋒を譲ったりしません。ところが、福島隊がなかなか動かない。
そこで、井伊直政は「松平忠吉さま(家康の子)に戦場をお見せするから、ちょっと通して」と持ちかけ、福島隊をスルーして前線に抜け出ると、ひと駆けに宇喜多秀家を攻撃しました。

あわてた福島正則が宇喜多ちゃんに撃ちかけ、東軍にキックオフ直後のイニシアチブ(主導権)をとらせました。

関ヶ原の戦いで井伊直政が描いた勝利のロードマップ

関ヶ原の開戦前には、引き抜き工作によって、京極高次、竹中重門、加藤貞泰、稲葉貞通、関一政、相良頼房、犬童頼兄といった西軍・豊臣派の大名を東軍・徳川派に転じさせています。
開戦後は、黒田長政を通じて小早川秀秋(豊臣秀吉の義理の息子)を東軍に寝返らせ、勝利を決定的なものにしました。

西軍の島津義弘の退却(島津の退き口)を追撃、島津豊久を討ち取るダメ押しゴールまで決めて家康を勝たせました。井伊直政は味方もついていけないスピードで、ひとりで島津軍を追ったそうです。

敗れた西軍サイドとの講和交渉では、徳川優勢に進めつつも、遺恨を残さない敗軍への配慮も忘れず、江戸幕府を見据えた完璧なクローザーの役目も果たしました。

[生涯] わかりやすい解説

① 井伊の赤備え

井伊直親の長男として生まれます。
2歳のころ、父・直親が今川氏真のワナによって殺されてしまい、お寺に逃げて過ごしました。
15歳のころ、徳川家康の小姓になり、ボディガードをつとめます。
家康が寝ているところに忍びこんだ忍者をやっつけて出世します。
22歳で元服し、井伊直政と名乗ります。
武田氏が滅ぶと武田騎馬隊を家来にして、山県昌景と同じ赤備えを引き継ぎました。

② 関ヶ原の戦い

徳川家康と石田三成が関ヶ原の戦いで争うことになると、三成の西軍からつよい武将を味方につけて、家康の東軍を有利にします。

本多忠勝とともに東軍の監督をして、島津豊久を討ちとる活躍をしますが、脚に銃弾をうけて破傷風になってしまい、関ヶ原から2年後に佐和山城で亡くなりました。
関ヶ原の戦いのあとの話し合いをまとめたり、徳川幕府のアイデアを出したり、直政は合戦のほかにも、たくさんの仕事をしました。

井伊直政の簡単な年表

[能力] 先陣で無双する猛将だけど交渉術で真価を発揮

勝ち気で無鉄砲、危険をかえりみず敵中に突っ込んでいくスタイルで相手を脅かし、背中で味方を牽引する猛将です。島津の決死隊を一人で追いかけるなど、無茶がすぎます。つねに生傷が絶えなかったといい、関ヶ原の戦いで受けた傷がもとで早世したといわれています。

猛将の井伊直政とはうってかわって、交渉ごとになると爽やかな雰囲気が快く、接しやすい人だったようです。頭がよく、人に寄り添った考え方ができたので、信頼され、交渉をまとめる能力は名人級です。二面性を使い分けていたのか、二重人格なのか、不思議な人です。

井伊直政の逸話・面白エピソード

ちょっとミスっただけでも部下を斬り捨ててしまう

合戦では誰よりも前で戦い、日々の業務でも完璧な成果をあげられるように必死で働いた井伊直政は、半端な成果では満足しません。つねに100パーセント、いつもナンバー1が絶対でした。
部下のミスも許しません。うっかりミスってしまった部下を「こいつはミスした」といって斬り捨てるので、役職の兵部少輔(ひょうぶのしょう)にちなんで「人斬り兵部」と呼ばれました。

毎日のように同僚が斬られるさまを見ていた直政の部下たちは、”今日は俺かもしれない” と覚悟して、家族と水杯を交わす最期のお別れを済ませてから出勤しました。
あまりの厳しさに「給料が下がってもいいから…」と、本多忠勝のところに逃げ込む人が続出。井伊の赤備えは、超絶ブラックな組織だったようです。

ビジュアル戦略で家康を射止める

井伊直政はジュノンボーイみたいなルックスのイケメンくん。
井伊の家を残すには徳川家康の家来にしてもらうのが一番と考えた直政の養母・井伊直虎は、直政に化粧と派手な衣装を施し、鷹狩りから帰る家康が通る道に置きました。井伊直政を見た家康は一目惚れ。絶対そばで働かせたい!と即採用しました。

もともと家康に男色の気はありませんでしたが、直政は別格。家康もメロメロなら、同僚の男たちにもモテまくりでした。
直政のイケメンっぷりは、豊臣秀吉の実母(大政所)まで夢中にさせてしまったそうです。

井伊直政の戦い・有名な合戦

高天神城の戦い たかてんじんじょうのたたかい 1581.4.25 徳川軍5千 vs 武田軍6百

高天神城(静岡県掛川市)をめぐって、武田氏と徳川氏が2回争った。武田勝頼の大軍によって、少数で守る徳川軍はあっけなく落城。その後、徳川家康が奪還に乗り出し、包囲戦で飢えさせた。岡部元信の突撃も虚しく、本多忠勝らによって武田軍は掃討された。

高天神城の戦いで井伊直政は勝っています。高天神城に物資を運ぶ武田軍と衝突した局地戦(芝原の戦い)のおり、直政は突き掛かり戦法で活躍しました。家康の寝所に入った忍者も仕留めたといい、ダブルの武功をあげました。

小牧・長久手の戦い こまき・ながくてのたたかい 1584.3.13 〜 11.12 羽柴軍10万 vs 徳川&織田軍3万

信長の死後、羽柴秀吉に不満を持つ信長の次男・織田信雄と徳川家康が小牧山城(愛知県小牧市、長久手市)で一進一退の局地戦を展開した。秀吉が別部隊で三河の徳川領を突こうとするが、家康に裏をかかれて大敗。秀吉と信雄が和議を結び、痛み分けとなった。

小牧・長久手の戦いで井伊直政は引き分けています。猛将・井伊直政のターニングポイントになった合戦です。武田軍から引き継いだ赤い軍装の「井伊の赤備え」を率いた直政は、先陣を切って敵陣に突入し、鬼のように槍を振るい、威風堂々とした赤備えデビューをしました。

小田原征伐 おだわらせいばつ 1590.4.3 〜 7.5 豊臣軍21万 vs 北条軍5万6千

天下統一を目前にした豊臣秀吉が小田原城(神奈川県小田原市)と、関東の諸城に大攻勢をかけた合戦。小田原城を大軍で包囲。籠城する北条氏直と、隠居の北条氏政、北条氏の重臣たちは結論がでない会議を繰り返したのち、開城降伏した。小田原攻め、小田原の役とも。

小田原征伐で井伊直政は勝っています。豊臣軍として参加した直政は、秀吉の陣営を見て、家康に「今なら秀吉を討てますよ」と助言し、やめるよう注意されたといいます。また、小田原城内を攻撃することに史上はじめて成功しています。

関ヶ原の戦い せきがはらのたたかい 1600.10.21 西軍(豊臣)8万 vs 東軍(徳川)10万

秀吉の死後、徳川家康が権力を増すなか、石田三成が反徳川の挙兵。家康が率いる東軍と三成が率いた西軍が、関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で雌雄を決した。井伊直政が撃ちかけた鉄砲によって開戦。西軍・小早川秀秋が東軍に寝返り、わずか6時間で東軍が勝利した。

関ヶ原の戦いで井伊直政は勝っています。軍監として東軍を指揮します。直政の事前調略によって、西軍派だった多くの大名を東軍につけることに成功しています。抜け駆け、島津軍を追撃するなど、苛烈な戦いぶりに加えて、戦後の講和交渉まで担当し、関ヶ原の勝利は井伊直政によるものと言えます。

井伊直政の年表を詳しく

井伊直政は西暦1561年〜1602年(永禄4年〜慶長7年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。
武田勝頼の15歳下、豊臣秀吉の24歳下、島津義弘の26歳下です。
徳川家康より18年あとに生まれています。

15611井伊直親の嫡男として遠江に生まれる。幼名:虎松
15622父・井伊直親が今川氏真に謀殺される。
今川家臣・新野親矩に引き取られる。
15688三河・鳳来寺に入る。
157414生母(ひよ)の縁で徳川家臣・松下清景の養子になる。
157515徳川家康の小姓になる。
改名 → 井伊万千代
158121”高天神城の戦い”武田勝頼との戦に参加。
158222養母・井伊直虎の死去により家督を相続。
元服 → 井伊直政
本能寺の変のあと、明智光秀の軍勢に襲われた徳川家康を護衛し、三河に帰る。【伊賀越え】
”天正壬午の乱”北条氏と講和を結ぶ使者をつとめ、武田氏の旧領・甲斐と信濃を徳川領とする交渉をまとめた。武田家の旧臣を部下に組み入れ、赤備えの部隊を継承する。
158323徳川家康の養女で松平康親の娘(唐梅院)と結婚。
158424”小牧・長久手の戦い”赤備えを率いて、羽柴秀吉との戦に参加。
158525真田領・上田城攻めからの撤退を指揮する。
159030”小田原征伐”夜襲をしかけて城内に攻め込む。
”九戸政実の乱”九戸城攻めの先鋒をつとめる。【奥州仕置】
上野・箕輪城に入る。
159838豊臣秀吉が死去。豊臣氏の黒田官兵衛・長政父子などを徳川派につける。
高崎城が完成、居城を移す。
160040”関ヶ原の戦い”東軍の軍艦として指揮をとる。京極高次、竹中重門など、多くの西軍・豊臣派の武将を東軍・徳川派に取り込む。撤退する島津軍を追撃し、島津豊久を討ち取る。脚に銃弾を受けて重症を負う。
関ヶ原の戦後処理ならびに西軍総大将・毛利輝元との講和交渉を行う。
徳川氏と島津氏の和平交渉を仲立ちする。
西軍に属した真田昌幸・幸村父子の助命に尽力し、流罪にとどめる。
旧・石田領の佐和山城を与えられる。
江戸幕府の基盤づくりに携わる。
160242死去。
井伊直政のページの先頭に戻る