読み込み中

読み込み中

さかきばら やすまさ

榊原康政

1548.? 〜 1606.6.19

 
榊原康政のイラスト
  

榊原康政は、現在の愛知県東部にあたる三河の武将・大名です。徳川四天王のひとり。豪胆で、思い切りが良く、遊撃隊を率いて局面を打開するのが得意な猛将です。武勇一辺倒ではなく、教養もあり、文字を書かせれば達筆という文武両道の人物でした。江戸幕府では、上野・館林藩の初代藩主になりました。享年59歳。

榊原康政の人物タイプ
猛将

このページでは、榊原康政が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・榊原康政のことがきっと好きになります。

  • 名 前:榊原康政
  • 幼 名:亀丸
  • 官 位:式部大夫
  • 出身地:三河(愛知県)
  • 領 地:上野
  • 居 城:館林城
  • 正 室:大須賀康高の娘
  • 子ども:3男 2女 2養
  • 跡継ぎ:榊原康勝

達筆の猛将は秀吉をキレさせて10万石の賞金首をかけられた

猿のように顔を赤めて激怒する羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)は「こやつを討ち取ったものに10万石やる!」と、懸賞金をかけて家臣に命令しました。賞金首にされたのは、榊原康政。徳川家康に仕える武将です。秀吉の怒りの原因は、榊原康政から届いた書状にありました。

戦局を動かすために秀吉を怒らせるのが、榊原康政のねらいだったのです。

織田信長が本能寺の変で亡くなった2年後、織田信雄&徳川家康の連合軍と羽柴秀吉が小牧・長久手の戦いで争います。兵力で勝る羽柴軍を野戦にひっぱり出したい。そうだ、秀吉を怒らせよう!榊原康政は、次のような手紙を送りました。

「身分いやしい猿吉、信長公の世話になったくせに、恩知らず、ばーか」(超訳)

貧民出身の秀吉にとって出自は最大のタブー。おまけに榊原康政は達筆で、流れるような美しい文字で罵ったのです。教養をみせられて、普段なら冷静に対処する秀吉も見事に煽られました。
岩崎城に攻め寄せる羽柴秀次に、待ってましたと榊原康政は側面から突撃、壊滅させました。

榊原康政の奇襲が呼び水となって、徳川軍本隊が行動を開始。神出鬼没の徳川軍の登場にあわてた池田恒興、森長可らを戦死させ、見事に戦勝しました。
このあと戦いは和睦し、榊原康政と対面した羽柴秀吉は、戦いぶりと豪胆さを称えて許しました。

主君や同僚にも容赦しません。関ヶ原の戦いに遅刻した徳川秀忠に怒る家康を「子を待たずに始める親があるか!」と、あべこべに叱って反省させたそうです。
姉川の戦いでは、先陣の酒井忠次がもたつくのを見ていられず、追い越して朝倉軍の側面に突撃し、勝利しています。

思い切りと度胸で徳川家を支えた榊原康政は、合戦がなくなった晩年はさびしそうに拗ねて過ごしたそうです。

[生涯] わかりやすくまとめ

① 生まれ

三河国の上野郷に父・榊原長政と母・道家氏の次男として生まれます。
13歳のとき、桶狭間の戦いの直後に徳川家康が立ち寄った大樹寺で出会い、小姓になりました。

② 戦場での活躍

16歳の初陣で三河一向一揆と戦い、活躍が認められて、家康(松平元康)の「康」の字をもらって、榊原康政と名乗ります。同い年の本多忠勝といっしょに、19歳で旗本先手役にえらばれ、姉川の戦いでの勝利を呼び込む活躍をはじめ、徳川氏のおもな合戦で武功をかさねました。
小牧・長久手の戦いでは、豊臣秀吉を挑発して戦況を動かす頭脳もみせます。

③ 補佐官として

家康の側近として働き、大事な書状を作成したりもしました。家康を暗殺しようとした石田三成の計画を防いだこともありました。
53歳でむかえた関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠の補佐をつとめ、真田昌幸の上田城に苦戦して遅刻した秀忠に激怒した家康をなだめて丸くおさめました。

④ 最後

江戸幕府がひらかれると、上野・館林藩の初代藩主になります。
ほどなくして、59歳で館林城で亡くなりました。毛嚢炎の悪化が死因でした。

榊原康政の簡単な年表
榊原康政の領地・勢力図(1603年)

[性格] どんな人?人物像

榊原康政の能力チャート
長所
遠慮なく発言する
短所
誰でも敵視してしまう

負けん気が強くて上司にもズケズケ言える人です。相手が誰であろうと正しいことを主張します。強い信念を持っており、情に厚い。初陣のときに友人からプレゼントされたボロの甲冑をいつまでも大切にするなど、義理堅い性格がうかがえます。家臣からの信頼も厚く、康政の死後、あとを追って殉死する者もいました。
そりが合わない本多正信を「腸が腐っている」と嫌っています。

大軍の指揮は本多忠勝にも勝ると称され、槍働きが得意な猛将ですが、勉学を好み、書を読んで、字が大変上手かったそうです。行政能力もあったので、たびたび家康の書状を代筆しました。
身長は160cmくらいで平均的な体格です。

榊原康政の戦い・有名な合戦

三河一向一揆 みかわいっこういっき 1563.9.5 〜 1564.1.15 ● 一向一揆? vs 松平軍? ○

上宮寺や勝鬘寺(ともに愛知県岡崎市)などの寺社を拠点とした本願寺門徒と松平家康の争い。今川氏から独立して三河の支配を強める松平氏が、上宮寺から無理に兵糧を奪ったことを発端とする一向一揆。本多正信らが一揆に加担し、松平家中で家康に反する内紛が起きた。

三河一向一揆で榊原康政は勝っています。この戦いが初陣だった康政は、ここでの活躍が認められて、徳川家康の側近に抜擢されていきます。

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 ○ 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万 ●

浅井&朝倉軍と、織田信長の援軍で参陣した徳川家康が姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。徳川軍の活躍が目覚ましく、本多忠勝が一騎打ちで真柄直隆を討ち取り、榊原康政が突撃して朝倉軍を敗走させた。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで榊原康政は勝っています。徳川軍は朝倉軍と戦いました。朝倉軍の勢いは強く、しばらく防戦が続きましたが、陣形が縦に伸びきったところを榊原隊が側面から突撃、激しく攻め立てて敗走させました。
榊原康政や本多忠勝の武名は知れ渡り、三河武士の屈強さを示すターニングポイントになりました。

三方ヶ原の戦い みかたがはらのたたかい 1573.1.21 ○ 武田軍3万 vs 織田&徳川軍1万5千 ●

西上作戦で遠江に侵攻した武田信玄と織田徳川の連合軍が三方ヶ原(静岡県浜松市北区三方原町)で激突した合戦。徳川の本拠地・浜松城をスルーして進軍した信玄の策略にかかった徳川家康が、城から出て野戦をしかけた。山県昌景の猛攻を受けて徳川軍は壊滅、敗走した。

三方ヶ原の戦いで榊原康政は敗れています。武田信玄の前に潰走した徳川軍でしたが、康政は武田軍に夜襲をかけます。一斉に大声をあげながら武田軍に突入し、混乱を誘い、瓦解させてから浜松城に引きあげました。

小牧・長久手の戦い こまき・ながくてのたたかい 1584.3.13 〜 11.12 △ 羽柴軍10万 vs 織田&徳川軍3万 △

信長の死後、羽柴秀吉に不満を持つ信長の次男・織田信雄と徳川家康が小牧山城(愛知県小牧市、長久手市)で一進一退の局地戦を展開した。秀吉が別部隊で三河の徳川領を突こうとするが、家康に裏をかかれて大敗。秀吉と信雄が和議を結び、痛み分けとなった。

小牧・長久手の戦いで榊原康政は引き分けています。秀吉を挑発して怒らせ、手柄を急いだ秀吉の甥・羽柴秀次を壊滅させる働きで徳川軍の戦況を有利にしました。

榊原康政の年表・出来事

榊原康政は西暦1548年〜1606年(天文17年〜慶長11年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で榊原康政が生きた期間の表
15481榊原長政の次男として三河に生まれる。幼名:亀丸
156013松平元康(徳川家康)に仕える。
156215父・榊原長政が死去、兄・榊原清政を差し置いて家督を相続。
156316”三河一向一揆”一向宗門徒の鎮圧戦に参加。
改名 → 榊原(小平太)康政
156619徳川家康の旗本先手役になる。
元服
157023”姉川の戦い”浅井氏&朝倉氏との戦に参加。朝倉軍を撃破して敗走させる。
157225”三方ヶ原の戦い”三河に侵攻してきた武田信玄に徳川軍は敗れるが、康政の部隊は夜襲で武田軍を崩す。
157528”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。
158134”第2次高天神城の戦い”武田勝頼との戦に参加。
158235本能寺の変のあと、明智光秀の軍勢に襲われた徳川家康を護衛し、三河に帰る。【伊賀越え】
158437織田氏にとって代わろうとする羽柴秀吉に挑発文を送る。
”小牧・長久手の戦い”羽柴秀吉との戦に参加。羽柴秀次を壊滅させ、池田恒興と森長可を戦死させた。
159043”小田原征伐”下総方面を攻略する豊臣軍に参加。
上野の館林城を拝領する。利根川水域の堤防整備に取り組む。
159952宇喜多秀家の家臣同士の対立を調停人として大谷吉継とともに介入する。【宇喜多騒動】
徳川家康を誅殺しようとする石田三成の企てを察知して防ぐ。
160053”第2次上田合戦”徳川秀忠を補佐して真田昌幸との戦に参加。関ヶ原の戦いに遅刻する。
160356上野・館林藩の藩主になる。【江戸幕府の創設】
160659死去。

オールカラーの武将ビジュアルがカッコイイ!入門書として最適!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

武将になって戦場を駆けろ!一人称視点で無双する爽快アクション!

榊原康政のページの先頭に戻る