読み込み中

読み込み中

あしかが よしあき

足利義昭

1537.12.15 〜 1597.10.9

 
足利義昭のイラスト
  

足利義昭(義秋、覚慶、昌山)は、現在の京都府にあたる山城の武将・大名です。織田信長の協力を得て、室町幕府15代将軍になります。意見が合わなくなった信長と対立し、全国の大名をつかった包囲網で戦いますが、敗れて京都から追放されました。晩年は将軍を辞職して、豊臣秀吉のもとで延命しました。享年61歳。

足利義昭の人物タイプ
文化

このページでは、足利義昭が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・足利義昭のことがきっと好きになります。

  • 出身地:山城(京都府)
  • 特 徴:筆まめでしぶとい
  • あだ名:流れ公方、鞘公方、ネギ坊主
  • 居 城:二条城

室町幕府さいごの将軍は打倒・信長を画策してお便りを書き続けた

室町幕府15代将軍・足利義昭は、僧侶として生涯を終えるはずでした。兄・足利義輝が暗殺されるクーデター(永禄の変)によって、坊さんだった彼は織田信長の力添えもあって、いきなり武家のトップである将軍になります。

しかし、意にそぐわない信長が次第にじゃまになります。そこで、足利義昭は「信長のことが嫌いな人ネットワーク」を構築します。
将軍という立場をフル活用した、私情がドバドバの職権濫用でしたが、ともかく賛同者を得ることに成功します。

まずはじめに、武田信玄、上杉謙信、毛利輝元など、強そうな大名にアプローチしました。
六角義賢、浅井長政、朝倉義景、石山本願寺など、もともと信長と敵対していた勢力を誘うことも忘れません。なんと、兄・義輝の仇であった三好三人衆や松永久秀もこのサークルに加えて、ついにお手紙のやりとりだけで信長をグルッと囲う「信長包囲網」を結成しました。

第2次・信長包囲網の図

武田信玄が西上作戦を開始すると、徳川領をバンバン攻略し、同時に美濃から織田領に攻め込みました。まさに信長はピンチを迎えます。ここで足利義昭は、打倒・信長の挙兵をしました。ところが、武田信玄が陣中で病死してしまいます。

武田軍が引き返していくと、一転して信長のターンになり、足利義昭は二条城と槇島城で戦いますが、敗れてしまい、信長包囲網もあえなく崩れ去りました。

本能寺の変で信長が死ぬまで、足利義昭は打倒・信長サークルの募集告知を全国の大名に送りつづけました。
「毛利氏が協力してくれないのは、きっと大友氏と争っているからだ」と考えた足利義昭は、九州の島津氏に ”大友を討伐せよ” のお手紙を出し、大友宗麟が島津義久に攻められてしまうおもしろ展開をプロデュースしています。

[生涯] わかりやすい解説

① 永禄の変

12代将軍・足利義晴の次男として生まれます。
兄・足利義輝が将軍職をつぐと決まっていたので、義昭は寺で修行をします。
29歳のとき、三好三人衆と松永久通に兄・足利義輝が殺されてしまう永禄の変がおこります。
将軍になるために修行をやめて、京都を目指すことになりました。

② 将軍就任

越前の朝倉義景に協力してもらって京都に向かうつもりでしたが、義景がなかなか動きません。
イライラした義昭は、明智光秀をつうじて美濃の織田信長を頼ります。

信長はすぐに兵をあつめて京都に向かい、三好三人衆を追い払って、義昭を将軍にしてくれましたが、上からものをいう信長のことが好きになれませんでした。
武田信玄など、つよい大名のちからを借りて信長と戦いますが、敗れて京都を追放されました。

③ 晩年

いつか京都に戻るという目標をもって、信長と戦う仲間をさがしますが、うまくいきません。
本能寺の変で織田信長が亡くなり、豊臣氏の時代になると、足利義昭は将軍を辞めました。
晩年は天下統一を果たした豊臣秀吉の話し相手として過ごし、大坂で亡くなりました。

足利義昭の簡単な年表

[能力] アドレス帳はビッグネームがズラリの陰謀将軍

武田信玄、上杉謙信、北条氏政、毛利輝元、島津義久、石山本願寺、比叡山延暦寺など、足利義昭がお手紙を出した相手はビッグネームばかり。織田信長を倒そうというのだから、相応の大名をぶつける必要があるのはごもっとも。現職の将軍という地位があったとはいえ、お手紙だけでビッグネームを動かしたのは、なにげにスゴイ実績です。

大名たちを扇動するメールをばら撒いたことで混乱を招いたのも事実で、天下を治めるどころか、ひっかきまわしてしまった陰謀将軍という風評も否めません。

足利義昭の逸話・面白いエピソード

お手紙で信長にめちゃくちゃディスられる

ある日、征夷大将軍・足利義昭のもとに織田信長からお便りが届きます。内容は17か条からなる意見書(ダメだし)で、36歳の義昭を盛大かつ嫌味たっぷりにディスッたものでした。

【十七箇条意見書】織田信長から17ものダメ出しが書かれた手紙を受け取り激怒する足利義昭

”女中さんのなかで俺と仲がいい子たちをいじめてるらしいけど、どういうつもり?”
”献上金を貯めこんでるけどなんなの?”
”ケチな将軍だと俺まで恥ずかしくなる”

こんなのがネチネチと17つも書かれた『十七箇条意見書』に義昭は激怒し、これが2人の仲を決定的に悪くしたと考えられています。
今でいえば、SNSのDMや個人チャットで、嫌味が17連投で送られてくるかんじでしょうか。

足利義昭の戦い・有名な合戦

槇島城の戦い まきしまじょうのたたかい 1573.7.18 織田軍7万 vs 足利軍1万2千

再び反信長の挙兵をした足利義昭が篭る槇島城(京都府宇治市槇島町)を織田信長が攻めた合戦。信長は宇治川を渡って槇島城を包囲すると、城壁を破壊して城に火を放った。義昭は嫡男を人質として差し出し、降伏した。合戦のあと、足利義昭は河内に追放された。

槇島城の戦いで足利義昭は敗れています。将軍・足利義昭と室町幕府のターニングポイントになった籠城戦です。これに敗れて室町幕府は滅び、京を追放された義昭は再び放浪して、河内、紀伊、備後と移り住みます。「流れ公方」と呼ばれた義昭は、槇島城の敗戦から12年後、豊臣氏の時代になってからようやく京都の地に戻りました。

足利義昭の年表を詳しく

足利義昭は西暦1537年〜1597年(天文6年〜慶長2年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。
毛利輝元の16歳上、豊臣秀吉と同じ歳、明智光秀の9歳下、武田信玄の16歳下です。
織田信長より3年あとに生まれています。

15371足利義晴の次男として山城に生まれる。幼名:千歳丸
15426興福寺に入る。法名:覚慶
15652913代将軍・足利義輝(兄)、母、弟が三好三人衆と松永久通に暗殺される。【永禄の変】
松永久通に捕縛されたが、和田惟政、三渕藤英、細川藤孝らによって救出される。
近江の六角義賢を頼って保護される。
156630還俗 → 足利義秋
次期将軍に立候補する。
三好三人衆に矢島御所を襲撃される。
六角義賢が三好氏と通じたため、若狭を経由して、越前の朝倉義景のもとに逃げる。
156832従兄弟・足利義栄が三好氏の働きかけで14代将軍になる。
改名 → 足利義昭
明智光秀を通じて美濃の織田信長のもとに移る。
織田氏&浅井氏の軍勢によって京へ上洛を開始。六角氏と三好三人衆を退けて入京する。
14代将軍・足利義栄が死去により15代将軍に就任。【室町幕府の再興】
156933織田氏の軍勢が警護から離れて帰国。三好三人衆に襲撃される。【本圀寺の変】
織田信長が二条城(烏丸中御門第)の修築を行う。
織田信長に和泉一国を与え、幕府官職に就任させ、山城も共同統治とする。
伊勢を攻めた織田氏と北畠氏の和睦を仲介する。
157034上洛を支えた織田氏と浅井氏の同盟が破綻する。
”第1次石山合戦”織田氏とともに三好三人衆の討伐に出陣。石山本願寺、浅井氏、朝倉氏が挙兵して織田領に侵攻したため、退却する。【第1次信長包囲網】
比叡山延暦寺に籠って抵抗を続ける浅井氏&朝倉氏と織田氏の和睦を仲介する。
157135上杉氏、武田氏、毛利氏、六角氏に信長討伐を打診する。
157236織田信長から態度を改めるよう求められる。【17か条意見書】
武田信玄が上洛を開始、呼応して信長打倒の挙兵をする。浅井氏、朝倉氏、石山本願寺、三好三人衆らが賛同する。【第2次信長包囲網】
157337織田信長からの和睦の提案を拒否して近江で交戦するが、敗れる。朝廷の仲介で講和する。
”槇島城の戦い”再び信長打倒の挙兵をするが、敗れて降伏する。
山城を追放されて河内に移る。【室町幕府の滅亡】
157640毛利輝元を頼り、備後の鞆で保護される。
158246織田信長が本能寺の変で横死する。幕府再興のため、毛利氏、羽柴氏、柴田氏、徳川氏に上洛の支援を求める。
158549豊臣秀吉が関白になる。九州の島津氏に豊臣氏との和睦を勧める。
158852将軍職を辞任する。
受戒 → 昌山(道休)
豊臣秀吉の側近(御伽衆)として仕える。
159761死去。
足利義昭のページの先頭に戻る