読み込み中

読み込み中

あさくら よしかげ

朝倉義景

1533.10.12 〜 1573.9.16

 
朝倉義景のイラスト
  

朝倉義景(延景)は、現在の福井県にあたる越前国の武将・大名です。室町幕府15代将軍・足利義昭の上洛をきっかけに織田信長と対立します。同盟関係にあった浅井長政をはじめ、比叡山や石山本願寺らとともに何度も信長と戦い、苦しめますが敗れます。家臣の裏切りによって追いつめられ、自害しました。享年41歳。

朝倉義景と似ている人物
足利義昭
六角義賢

このページでは、朝倉義景が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・朝倉義景のことがきっと好きになります。

  • 名 前:朝倉延景 → 朝倉義景
  • 幼 名:長夜叉
  • 官 位:左衛門督
  • 出身地:越前国(福井県)
  • 領 地:越前国、若狭国
  • 居 城:一乗谷城
  • 正 室:細川晴元の娘、近衛稙家の娘
  • 子ども:3男 4女

背後を突くヒット&アウェイで信長を翻弄してマジギレされた

朝倉義景と浅井長政は、祖父の代から続く同盟関係にありました。そこに織田信長というクセが強い人が入ってきて、浅井長政と信長の妹が結婚したことをきっかけに、三者はバランスが悪い三角関係になります。

信長と朝倉義景の関係は、足利義昭の上洛を機にドロッドロの争いに発展します。

そもそも朝倉義景と織田信長は、お互いをおもしろく思っていませんでした。


足利義昭の上洛
のった人とそった人

()るか()るかとは、成否を天にまかせて「思い切って物事をやってみよう」という意思を表す言葉です。足利義昭の上洛に際して、まさに2人は対照的でした。

義昭の上洛に協力しなかった朝倉義景と、上洛にチャレンジして将軍に就かせた織田信長のあいだでは、お互いに「あいつはムカつくヤローだ」という感情がヒートアップします。
信長から、将軍に就任した義昭に挨拶に来いと命令されますが、朝倉義景はこれを無視しました。

怒った信長が朝倉討伐の兵を挙げますが、朝倉義景は浅井長政(信長の義理の弟)を味方につけるウルトラCで、前後から信長を挟みうちにしました。たまらず信長も逃げ出し、まずは朝倉義景が1勝します。

信長もこのまま黙ってはいません。徳川家康を引き連れて、リベンジマッチに臨んだ姉川の戦いは織田軍が勝利します。思い知ったか!と信長が意気揚々と引きあげ、三好氏の残党を始末しに出かけると、この隙に織田領を攻めました。

信長の弟・織田信治と重臣・森可成を戦死させ、領内に火を放ちました。この不意討ちに、慌てて信長が戻ってくると、朝倉義景は比叡山に逃げ込んで、鉄砲武装した坊さんたちに匿ってもらいました。朝倉義景2勝。

日にちを決めて決戦しようや」という信長の呼びかけにも、無視して応じませんでした。そのうちに、足利義昭が信長包囲網を結成すると、便乗してワオワオします。

信長にけっこうなダメージを与えた朝倉義景ですが、最後は信長に攻められた浅井長政を助けようとして、近くまで行ったものの、もたもたしているうちに、方向を変えて向かってきた織田軍に攻められて、滅亡してしまいます。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

朝倉義景の簡単な年表

① 生まれ

朝倉義景は、越前国の一乗谷城に父・朝倉孝景と高徳院の長男として生まれます。父が41歳のときに生まれた、唯一の実子でした。
16歳のときに父が病気で亡くなったため、朝倉氏11代目当主になりました。

② 保護

朝倉氏は、義景の大叔父にあたる朝倉宗滴が、うまくやっていました。しばらくは順調でしたが、義景が23歳のときに宗滴が病死すると、うまくいかなくなります。
それから少し経ったころ、美濃国からきた明智光秀を保護します。つぎは京を追われてきた足利義昭を保護しました。

③ 転機

36歳のとき、可愛がっていた長男・阿君丸が亡くなりました。義景は悲しみに暮れて、しゅんとしてしまいました。このころ、つぎの将軍になろうとする足利義昭に、京まで行く兵を出してほしいと頼まれます。義景がこれを断ると、義昭は明智光秀をつれて、織田信長のところへ行きました。

④ 浅井&朝倉連合軍

義昭は、信長の協力で将軍になりました。えらくなったつもりの信長が、命令してくるので、義景は無視しました。すると、怒った織田信長が朝倉氏を滅ぼそうとしたので、古いつきあいがある浅井氏に助けを求めます。はじめは迷っていた浅井長政が、味方をしてくれたので、いっしょに信長と戦いました。

⑤ 最後と死因

浅井氏を助けに行ったところを信長にやられてしまい、一乗谷城ちかくの賢松寺に逃げます。ところが、従弟・朝倉景鏡に裏切られて、追いつめられた朝倉義景は自害しました。41歳でした。
義景の頭蓋骨は、織田信長によって金箔加工を施され、箔濃(はくだみ)にされました。

戦国時代で朝倉義景が生きた期間の表
朝倉義景の領地・勢力図(1570年)

性格:人物像・どんな人?

朝倉義景の能力チャート

朝倉義景は「大事なところで弱腰になってしまう人」です。先見性がなかったことが悔やまれます。優柔不断なところがあり、なにより良くなかったのが、やる気があるアピールをしていたこと。朝令暮改(ちょうれいぼかい)をくりかえすうちに、家臣の気持ちが離れてしまいました。

やっと授かった子供が早死にしてしまうといった、同情すべきところもありますが、自暴自棄になったのか、昼間から酒と女におぼれて政務をしないなど、残念ポイントが目立ちます。

教養があり、人柄は穏やか。生まれてくる時代が違えば、不幸に見舞われることもなかったかもしれません。行き場をなくした明智光秀や足利義昭を保護する優しさもありました。

武将としてはからっきしですが、歌道、茶道、絵画などの芸事に精通しています。桃山時代を代表する絵師・長谷川等伯の活動を支援するスポンサーでした。

朝倉義景の逸話・面白いエピソード

武田信玄からメチャクチャ怒られてしまう

将軍・足利義昭の「ノブナガを討て」という呼びかけに応じた、甲斐の虎・武田信玄が周辺の大名で、いっせいに信長を攻めることを提案。「武田は東から織田領を攻めるから、朝倉さんは北から信長を襲ってください」という作戦を持ちかけられます。

「りょーかい!」と出陣した義景ですが、信長から反撃をうけてすぐに退却してしまいます。そのあとは、雪や疲労を言い訳にして、越前から出てこなくなってしまいました。

これに怒った信玄は「おい!朝倉!おい!」と何度も催促しますが、音信不通となった義景は返答せず。石山本願寺の顕如が「朝倉はん!」と呼びかけますが、これも無視。結局、武田信玄が病死してしまい、信長を討つ絶好の機会をなくしてしまいました。

朝倉義景の戦い・有名な合戦

金ヶ崎の戦い かねがさきのたたかい 1570.4.28 ● 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万5千 ○

越前の朝倉義景を攻めていた織田信長を朝倉軍と浅井軍が金ヶ崎(福井県敦賀市金ヶ崎町)で挟み撃ちにした戦い。浅井長政の裏切りによって、織田軍は撤退を余儀なくされる。木下秀吉が、客将として参戦していた明智光秀ととも撤退戦の殿を担い、信長を無事に逃げさせた。

金ヶ崎の戦いで朝倉義景は勝っています。
朝倉義景のターニングポイントになった戦いです。
金ヶ崎城を落とされましたが、信長の義弟・浅井長政を味方につけて逆転勝利します。が、この勝利が破滅への入り口となりました。

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 ○ 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万 ●

浅井&朝倉軍と、織田信長の援軍で参陣した徳川家康が姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。徳川軍の活躍が目覚ましく、本多忠勝が一騎打ちで真柄直隆を討ち取り、榊原康政が突撃して朝倉軍を敗走させた。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで朝倉義景は敗れています。
この合戦に義景は参加していません。朝倉景健を大将とした朝倉軍は、徳川軍に敗れました。

一乗谷城の戦い いちじょうだにじょうのたたかい 1573.8.8 〜 8.20 ○ 織田軍3万 vs 朝倉軍2万 ●

織田軍に包囲された浅井長政を救援すべく朝倉義景は出陣した。しかし、浅井氏の劣勢をみて撤退を開始する。義景の撤退を予測していた織田信長は、猛追撃して朝倉軍を壊滅させた。一乗谷城(福井県福井市城戸ノ内町)は陥落し、朝倉氏は滅亡した。刀根坂の戦いとも。

一乗谷城の戦いで朝倉義景は敗れています。
帰ろうとしたところを追撃されて壊滅。信長の逆鱗にふれ、これまでの鬱憤が爆発するかたちとなりました。
朝倉氏を滅ぼした信長は、続けざまに浅井氏の討伐に向かいます。

朝倉義景の詳しい年表・出来事

朝倉義景は西暦1533年〜1573年(天文2年〜天正元年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15331朝倉孝景の嫡男として越前国に生まれる。幼名:長夜叉
154816父・朝倉孝景の死去により家督を相続。
元服 → 朝倉(孫次郎)延景
155220改名 → 朝倉義景
155523政務・軍事補佐をしていた大叔父・朝倉宗滴が死去。
155624美濃国から逃れてきた明智光秀を客将として迎える。
156331若狭守護・武田義統も謀反を起こした粟屋勝久を攻める。
156634足利義秋(義昭)が越前国に逃れてくる。これを歓迎する。
156735一向一揆と共謀した堀江景忠が謀反を起こす。和睦して景忠を追放する。
156836嫡男・阿君丸が急死する。
足利義昭の上洛に前向きではなかったため、義昭は織田信長を頼って美濃に移る。
若狭国で内紛が起こり、これに乗じて守護職・武田元明を連れ去る。若狭国の一部を支配する
織田信長が足利義昭を奉じて上洛。信長から京に出向くよう命じられるが拒否する。
157038織田氏&徳川氏の連合軍が越前国に侵攻してくる。天筒山城、金ヶ崎城を攻め落とされる。
”金ヶ崎の戦い”浅井長政の救援をうけて織田信長を挟み撃ちにし、撃退する。
”姉川の戦い”家臣・朝倉景健を総大将として浅井氏とともに織田氏&徳川氏の連合軍と戦うが、敗れる。
浅井氏とともに近江国の織田領を攻める。
”志賀の陣”浅井氏とともに比叡山に立て篭もって織田信長に抵抗する。【第1次信長包囲網】
将軍・足利義昭の調停によって、織田信長と和睦する。
157139浅井氏とともに近江国の織田領を攻めるが、敗れる。
157240将軍・足利義昭の要請により織田信長討伐の挙兵をする。【第2次信長包囲網】
157341武田信玄と石山本願寺の顕如から信長討伐の出兵を要請されるが、兵を出さない。
織田信長に敗れた足利義昭が京を追放される。【室町幕府の滅亡】
織田信長が近江に侵攻。浅井氏の援軍を出すが、織田氏との戦闘を避けて撤退する。
”一乗谷城の戦い”越前国に退却するところを信長に追撃されて一乗谷城が陥落。逃れるが、従弟・朝倉景鏡に裏切られて自害。朝倉家滅亡

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!