読み込み中

読み込み中

あさくら よしかげ

朝倉義景

1533.10.12 〜 1573.9.16

 
朝倉義景のイラスト
  

朝倉義景(延景)は、現在の福井県にあたる越前の武将・大名です。室町幕府15代将軍・足利義昭の上洛をきっかけに織田信長と対立します。同盟関係にあった浅井長政をはじめ、比叡山や石山本願寺らとともに何度も信長と戦い、苦しめましたが敗れます。家臣の裏切りによって追いつめられ、自害しました。享年41歳。

朝倉義景の人物タイプ
文化

このページでは、朝倉義景が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・朝倉義景のことがきっと好きになります。

  • 出身地:越前(福井県)
  • 特 徴:なかなか決断できない
  • 領 地:越前、若狭
  • 居 城:一乗谷城

信長の背中を小突くヒット&アウェイで翻弄するもマジギレされた

朝倉義景と浅井長政は、祖父の代から続く同盟関係にありました。そこに織田信長というクセが強い人が入ってきて、浅井長政と婚姻関係を結ぶと、三者はバランスが悪い三角関係になります。
そもそもお互いをおもしろく思っていなかった朝倉義景と織田信長ですが「足利義昭の上洛をきっかけに対立した」のが、ドロッドロの戦いを繰り広げる発端となりました。

義昭の上洛に協力しなかった朝倉義景と、上洛を成功させて将軍に就かせた織田信長のあいだでは「あいつはムカつくヤローだ」という感情がヒートアップします。
ついに朝倉義景を征伐する兵を挙げた信長に対して、浅井長政(信長の義理の弟)を味方につけるというウルトラCを繰り出した朝倉義景は、織田軍の背後を浅井軍に襲わせました。

信長が三好氏と石山本願寺の討伐に出かけると、朝倉義景は浅井氏を誘って一緒に織田領を攻めます。信長の弟・織田信治と重臣・森可成を戦死させ、領内に火を放ちました。
朝倉&浅井軍の不意打ちにあわてて信長が引き返してくると、朝倉義景は比叡山に立て篭もって、鉄砲武装した坊さんに守ってもらいました。

イライラした信長が「日にちを決めて決戦しようや」と呼びかけますが、無視して応じませんでした。
このようなことが繰り返され、朝倉義景はマジギレした織田信長に滅ぼされてしまいますが、織田軍にけっこうな被害も与えました。

[生涯] わかりやすい解説

① 家督相続

朝倉孝景の長男として生まれます。
16歳のときに父・朝倉孝景が病死、元服して朝倉延景と名乗り、朝倉氏の11代目当主になりました。その後、朝倉義景に改名します。
同族の朝倉宗滴に助けてもらいながら政治を行いますが、宗滴が亡くなると上手くいかなくなります。

② 保護

美濃から明智光秀が越前に逃げてきました。
すると今度は、京都から足利義昭が越前に逃げてきて、義景は二人とも迎え入れてあげました。

足利義昭があたらしい将軍になるために、京都に行く軍を出してほしいと義景にたのみますが、ことわります。足利義昭は、明智光秀をつうじて織田信長を頼ることにしました。
2人とも義景のもとを離れて信長のところに行ってしまいます。

③ 滅亡

義昭は足利15代将軍になりました。
足利義昭を京都につれて行った織田信長は、朝倉義景にあいさつに来るよう命令しますが、義景が無視したので怒りました。

近江の浅井長政に協力してもらいながら、織田信長と戦いました。
なんども争ったすえ、一乗谷城をうばわれた義景は近くの賢松寺に逃げます。
最後は同族の朝倉景鏡にうらぎられて、義景は自害し、朝倉氏は滅びました。

朝倉義景の簡単な年表
朝倉義景の領地・勢力図(1570年)

[能力] 大事なところで弱腰になる悪いクセがでる

足利義昭の上洛チャンスにのらない。信長を一網打尽にできるタイミングで兵を出さない。浅井氏を助けるつもりで出陣したのになにもせずに帰ろうとする。残念ポイントがたくさんある朝倉義景ですが、それぞれには理由があったようです。ですが、どれもこれも「やる気があるアピール」をしていたので、周りからは優柔不断と思われても仕方ありません。

武将としてはからっきしですが、歌道、茶道、絵画などの芸事に精通しています。やっと授かった子供が早死にする、大好きだった側室が病死するなど、心が折れたのかもしれません。

朝倉義景の逸話・面白いエピソード

武田信玄からメチャクチャ怒られてしまう

将軍・足利義昭の「ノブナガを討て」という呼びかけに応じた甲斐の虎・武田信玄が周辺の大名でいっせいに織田氏を攻めることを提案。
「武田は東から織田領を攻めるから、朝倉さんは北から信長を襲ってください」という作戦を持ちかけられます。これに対して「りょーかい!」という返事をしますが、織田軍から反撃をうけると退却してしまいます。そのあとは雪や疲労を言い訳にして、越前から出てこなくなってしまいました。

これに怒った信玄は「おい!朝倉!おい!」と何度もブチキレますが、音信不通となった義景は返答せず。石山本願寺の顕如が「朝倉はん!」と呼びかけますが、これも無視。
結局、武田信玄が病死してしまい、信長を討つ絶好の機会をなくしてしまいました。

朝倉義景の戦い・有名な合戦

金ヶ崎の戦い かねがさきのたたかい 1570.4.28 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万5千

越前の朝倉義景を攻めていた織田信長を朝倉軍と浅井軍が金ヶ崎(福井県敦賀市金ヶ崎町)で挟み撃ちにした戦い。浅井長政の裏切りによって、織田軍は撤退を余儀なくされる。木下藤吉郎が、客将として参戦していた明智光秀ととも撤退戦の殿を担い、信長を無事に逃げさせた。

金ヶ崎の戦いで朝倉義景は勝っています。信長に金ヶ崎城を攻略されましたが、浅井長政の登場で形勢を逆転します。織田軍を追い払うことに成功しますが、信長とのあいだに深い遺恨を残します。因縁の争いのターニングポイントとなりました。

姉川の戦い あねがわのたたかい 1570.7.30 織田&徳川軍3万 vs 浅井&朝倉軍2万

金ヶ崎の敗戦から2か月、織田信長と援軍として参陣した徳川家康が浅井&朝倉軍と姉川(滋賀県長浜市野村町)で激突した合戦。徳川軍の本多忠勝が単騎で朝倉軍に突入、真柄直隆を一騎打ちで討ち取った。激戦で姉川は血に染まり、血原や血川橋という地名を残した。

姉川の戦いで朝倉義景は敗れています。この合戦に義景は参加していません。朝倉景健を大将とした朝倉軍は、徳川軍によって敗走します。

一乗谷城の戦い いちじょうだにじょうのたたかい 1573.8.8 〜 8.20 織田軍3万 vs 朝倉軍2万

織田軍に包囲された浅井氏を救援すべく朝倉義景は出陣した。しかし、浅井氏の劣勢をみて撤退を開始する。義景の撤退を予測していた織田信長は、猛追撃して朝倉軍を壊滅させた。一乗谷城(福井県福井市城戸ノ内町)は陥落し、朝倉氏は滅亡した。刀根坂の戦いとも。

一乗谷城の戦いで朝倉義景は敗れています。浅井氏の援軍に出かけてウロウロしていたところを織田軍に見つかり、信長の容赦ない追撃を受けてしまいます。義景に対する刹年の恨みから、信長の怒りが炸裂した掃討戦(みなごろし)となりました。
朝倉氏を滅ぼした信長は、勢いを増して天下統一への覇道を突き進んでいきます。

朝倉義景の年表を詳しく

朝倉義景は西暦1533年〜1573年(天文2年〜天正元年)まで生存しました。戦国時代中期に活躍した武将です。
浅井長政の12歳上、足利義昭の4歳上、明智光秀の5歳下です。
織田信長より1年さきに生まれています。

15331朝倉孝景の嫡男として越前に生まれる。幼名:長夜叉
154816父・朝倉孝景の死去により家督を相続。
元服 → 朝倉延景
155220改名 → 朝倉義景
155523政務・軍事補佐をしていた同族の朝倉宗滴が死去。
155624美濃から逃れてきた明智光秀を客将として迎える。
156331若狭守護・武田義統も謀反を起こした粟屋勝久を攻める。
156634足利義秋(義昭)が越前に逃れてくる。これを歓迎する。
156735一向一揆と共謀した堀江景忠が謀反を起こす。和睦して景忠を追放する。
156836嫡男・阿君丸が急死する。
足利義昭の上洛に前向きではなかったため、義昭は織田信長を頼って美濃に移る。
若狭で内紛が起こり、これに乗じて守護職・武田元明を連れ去る。若狭の一部を支配する
織田信長が足利義昭を奉じて上洛。信長から京都に出向くよう命じられるが拒否する。
157038織田氏&徳川氏の連合軍が越前に侵攻してくる。天筒山城、金ヶ崎城を攻め落とされる。
”金ヶ崎の戦い”浅井長政の救援をうけて織田信長を挟み撃ちにし、撃退する。
”姉川の戦い”家臣・朝倉景健を総大将として浅井氏とともに織田氏&徳川氏の連合軍と戦うが、敗れる。
浅井氏とともに近江の織田領を攻める。
”志賀の陣”浅井氏とともに比叡山に立て篭もって織田信長に抵抗する。【第1次信長包囲網】
将軍・足利義昭の調停によって、織田信長と和睦する。
157139浅井氏とともに近江の織田領を攻めるが、敗れる。
157240将軍・足利義昭の要請により織田信長討伐の挙兵をするが、すぐに撤退する。【第2次信長包囲網】
157341武田信玄と石山本願寺の顕如から信長討伐の出兵を要請されるが、兵を出さない。
織田信長が近江に侵攻。浅井氏の援軍を出すが、織田氏との戦闘を避けて撤退する。
”一乗谷城の戦い”越前に退却するところを信長に追撃されて一乗谷城が陥落。逃れるが、朝倉景鏡に裏切られて自害した。朝倉家滅亡
朝倉義景のページの先頭に戻る