読み込み中

読み込み中

さいとう どうさん

斎藤道三

1494.? 〜 1556.5.28

 
斎藤道三のイラスト
  

斎藤道三(利政、長井規秀、西村正利、松波庄五郎)は、現在の岐阜県にあたる美濃または京都府南部にあたる山城の武将・大名です。油売りから武士に転身します。土岐氏に仕えると、謀略によって主家を追いやり、下克上によって美濃の国主になりますが、息子・義龍との合戦で奮闘のすえに討ち死にしました。享年63歳。

斎藤道三の人物タイプ
奸雄

このページでは、斎藤道三が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・斎藤道三のことがきっと好きになります。

  • 出身地:山城(京都府)
  • 特 徴:欲望に素直
  • あだ名:美濃のマムシ
  • 領 地:美濃
  • 居 城:稲葉山城

美濃のマムシと呼ばれた梟雄は謀略と裏切りの下克上で国を盗った

いくら戦国時代でも、ここまで露骨な「下克上・成り上がり」も珍しい。斎藤道三は、マムシの異名で知られる梟雄です。梟雄(きょうゆう)とは、残忍で強くてずる賢い人のことを指します。

斎藤道三のステップアップ法はこうです。まず手頃なところとして、長井長弘に仕えます。長井の上司で美濃で一番えらい人(土岐頼芸)に擦り寄り、頼芸の機嫌をとるために頼芸の兄でありライバル(土岐頼武)をぶん殴って追放します。

頼芸の信頼を得て側近になったところで、同じ位のポストにいる先輩(長井長弘)に敵と通じていたと因縁をつけてぶっ殺します。頼芸の弟(土岐頼純)がじゃまになってきたので毒殺。
まわりに誰もいなくなったところで土岐頼芸をサクッと追放しました。

油の実演販売から、アルバイト同然の地位から武士としてのキャリアをスタートさせた斎藤道三は、こうして美濃を手に入れました。

マムシの道三の下克上

(これまで斎藤道三のザ・下克上は、一代による成り上がり伝説とされていましたが、新たに発見された資料により、親子二代によるファザー・アンド・サンの国盗り物語だったことがわかりました)

裏切りと謀略によって国主となった斎藤道三ですが、領土経営にも頭の良さを発揮しています。
居城としていた稲葉山城下の交通を整備し、楽市楽座(誰も商売ができる制度)を導入するなど、美濃を豊かにしました。これらの政策は、織田信長も採用しており、義父であった斎藤道三の影響も少なからずあったのかもしれません。

[生涯] わかりやすい解説

① 油売り

松波基宗の子として生まれます。
松波庄五郎と名乗り、油問屋の娘を嫁にしたことから油売りをします。
武芸の腕を磨いて、美濃の長井長弘を頼って武士に転職します。
武家・西村の苗字をもらって西村正利と名乗ります。

② 下克上

土岐頼芸に武芸の腕前を気に入られて仲良くなると、頼芸のライバルを消して美濃で一番えらい立場にもち上げました。
自分もどんどんえらくなっていき、出世するたびに目上の人たちを消しました。
由緒ある名前の人が亡くなると苗字を継いで、斎藤利政と名乗りました。

最後に土岐頼芸を追い出して、美濃の国主になります。
同じころ、尾張の織田信秀と争っていましたが、娘を信秀の長男・織田信長と結婚させて同盟を組みました。

③ 長良川の戦い

長男・斎藤義龍と当主を交代して隠居します。
出家して、斎藤道三に名前を変えました。
長男・義龍とは仲が悪く、道三は義龍の弟たちをかわいがっていました。このことがきっかけで、義龍と争うようになり、最後は長良川の戦いに敗れて、壮絶な戦死をしました。

斎藤道三の簡単な年表
斎藤道三の領地・勢力図(1552年)

[能力] 人望なんて関係ない策略と奸計のマイウェイ

道三の計略にまんまとやられてしまう。あるいは悪だくみをしていることをまったく感じさせないのだとしたら、斎藤道三の偽装や罠は、かなりハイレベルなもので、周到にターゲットを追い込む狡猾さはトップクラスです。内政能力が高かったことからも頭の良さがうかがえます。

武士に転職するにあたり、槍と鉄砲を体得した道三は、武芸の腕前が気に入られて出世しています。道三のフィジカルの強さは合戦のほか、恫喝、脅迫、追放の際にも効いていたのかもしれません。

斎藤道三の逸話・面白いエピソード

敏腕の実演販売セールスマンだった

松波庄五郎の名前で油を売っていた頃の道三は、山崎屋という屋号で商売をしていました。
漏斗(油をそそぐ皿のような道具)を使わずに一文銭の穴に通して油を注いでみせる、失敗したら代金はいらない、という啖呵売でお客さんを集めます。油売りパフォーマンスは連日盛況で、美濃で評判だったそうです。
どうすればウケるのか、他人より売り上げるにはどうしたらいいのか、商売人としても成り上がっていたようです。

斎藤道三の戦い・有名な合戦

加納口の戦い かのうぐちのたたかい 1547.11.4 織田軍5千〜2万? vs 斎藤軍?

美濃に侵攻した織田信秀が斎藤領内の田畑に放火、加納口(岐阜県岐阜市)の周辺で積極的な攻勢をしかけた合戦。はじめ消極的な姿勢をみせていた斎藤道三だったが、日没になったので兵を引こうとした織田氏を急襲し、大打撃を与えて勝利した。井ノ口の戦いとも。

加納口の戦いに斎藤道三は勝っています。織田信秀を返り討ちにした合戦で、美濃のマムシの手強さを一層印象づけました。斎藤氏と織田氏が手を結ぶに至るターニングポイントでもあり、結果として信秀の嫡男・織田信長と道三の娘・帰蝶を結婚させました。

長良川の戦い ながらがわのたたかい 1556.4.20 斎藤(義龍)軍1万7千 vs 斎藤(道三)軍3千

斎藤家前当主・斎藤道三を討ち果たすべく挙兵した息子・斎藤義龍による父子の合戦。長良川(岐阜県)を挟んで対峙した両者は、午前8時頃に激突した。槍の名手だった道三も奮闘したが討ち死に。義理の息子にあたる織田信長は道三の援軍に向かったが間に合わなかった。

長良川の戦いで斎藤道三は敗れています。道三に味方した明智光秀らは国外に逃亡、または義龍に討たれました。舅である道三が戦死したため、織田信長が美濃を攻めることになります。

斎藤道三の年表を詳しく

斎藤道三は西暦1494年〜1556年(明応3年〜弘治2年)まで生存しました。戦国時代初期から中期に活躍した武将です。
織田信秀の17歳上、土岐頼芸の8歳上です。
織田信長より40年さきに生まれています。

14941山城に生まれる。幼名:峰丸
150411京都・妙覚寺に入門。
152128名前:松波庄五郎
油問屋の娘と結婚。油売りになる。
美濃・土岐家臣・長井長弘に仕える。
長井氏の家臣・西村姓を継ぐ。
改名 → 西村(勘九郎)正利
152734土岐氏の内紛が起こる。兄・頼武に家督相続で敗れた弟・頼芸に味方する。土岐頼武を急襲し、越前に追放する。
土岐頼芸を美濃守護職に就かせる。
153037長井長弘を殺害し、長井姓を継ぐ。
改名 → 長井(新九郎)規秀
153845美濃守護代・斎藤利良が病死。斎藤姓を継ぐ。
改名 → 斎藤(新九郎)利政
153946稲葉山城を改築。
154148土岐頼芸の弟・頼満を殺害。頼芸と対立する。
154249大桑城を攻撃、土岐頼芸と子・頼次を尾張に追放し、美濃国主となる。
154754”加納口の戦い”美濃に侵攻してきた織田信秀が稲葉山城を攻撃、籠城戦で反撃し、織田氏に大打撃を与えて撃退する。
154956娘・帰蝶を織田信秀の子・信長に嫁がせる。
織田氏と和睦する。
155259織田信秀の協力により、反対勢力であった長屋氏らを掃討し、美濃を平定。
155461家督を子・義龍に譲り隠居、鷺山城に移る。
出家 → 斎藤道三
155562斎藤義龍が弟・孫四郎と喜平次を殺害。父・道三に対して挙兵する。
155663”長良川の戦い”子・義龍と争い、戦死。
斎藤道三のページの先頭に戻る