読み込み中

お待ちくだされ

とよとみ ひでより

豊臣秀頼

1593.8.29 〜 1615.6.4

 
豊臣秀頼のイラスト
  

豊臣秀頼は、現在の大阪府北中部にあたる摂津国の武将・大名です。晩年を迎えた豊臣秀吉に生まれた待望の男子でした。幼くして父を亡くし、母である淀殿が豊臣家を主導しますが、征夷大将軍となった徳川家康に天下を奪われてしまいます。逆賊の汚名を着せられて大坂城を総攻撃され、母と自害しました。享年23歳。

豊臣秀頼は何をした人?このページは、豊臣秀頼のハイライトになった出来事をなるべく正しく、独特の表現で紹介しています。きっと豊臣秀頼が好きになる「時代に取り残され母・淀殿と大坂城と運命をともにした」ハナシをお楽しみください。

  • 名 前:豊臣秀頼
  • 幼 名:拾
  • 官 位:従三位、左近衛権中将、従二位、権中納言、権大納言、正二位、内大臣、右大臣
  • 出身地:摂津国(大阪府)
  • 領 地:摂津国、河内国、和泉国
  • 居 城:大坂城
  • 正 室:千姫(徳川秀忠の娘)
  • 子ども:2男 1女
  • 父と母:豊臣秀吉 / 淀殿

時代に取り残され母・淀殿と大坂城と運命をともにした

豊臣秀頼の父親は、天下人・豊臣秀吉です。この不世出(ふせいしゅつ)の英雄には、子宝(こだから)に恵まれない悩みがありました。ようやく側室・淀殿(よどどの)が男子を出産しますが、数え年3歳になる1591年に他界してしまいます。落胆(らくたん)した秀吉は(おい)・豊臣秀次に関白(かんぱく)職をゆずり、やむなくこれに家督をつがせることにしました。

ところが、1593年にふたたび淀殿(よどどの)が男子を出産。あきらめていた秀吉は狂喜し、授かった希望の子を「(ひろい)」と名づけて溺愛(できあい)しました。

すると、関白(かんぱく)・豊臣秀次が邪魔になります。

秀吉は(ひろい)に家督を継がせるため、(おい)である秀次を切腹させてしまいます。その翌年の1596年、わずか4歳で元服(げんぷく)した(ひろい)は豊臣秀頼と名乗り、急ピッチで家督相続が進められました。晩年を迎えていた秀吉には時間がなかったのです。

幼い我が子を補佐する『五大老・五奉行』のサポートシステムを制定し、1598年に秀吉はこの世を去りました。死に際に徳川家康の手を握り、涙して「秀頼を頼みます」と懇願(こんがん)しました。

【五大老・五奉行】豊臣秀頼を補佐するメンバー


五大老・五奉行とは
なんだったのか

秀吉が没すると、豊臣秀頼のことはそっちのけで徳川家康が権力を増幅させます。この裏切り行為にキレた石田三成が1600年に関ヶ原の戦いを起こしますが、勝ったのは家康でした。これを境に五大老・五奉行システムは終了。以後は、(よど)ママが豊臣秀頼を後見(こうけん)することになります。

これだけでも誤算だったのに、家康は関ヶ原の戦いの恩賞と称して太閤蔵入地(たいこうくらいれち)(豊臣家の直轄領)を大名たちに分け与えてしまいます。この結果、豊臣秀頼には大坂城の周辺しか領地が残されませんでした。

1603年、徳川家康が征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)になって江戸幕府をひらきます。(よど)ママには寝耳に水でしたが、これで調子に乗った家康から豊臣秀頼も臣下に加わるよう求められます。

当然これに(よど)ママは猛反発。「家来はお前のほうじゃろが!」と拒絶しました。

1605年には家康の三男・徳川秀忠が2代目将軍に就任。この先も徳川氏が武家を治めることをアピールされます。いよいよ「豊臣の天下ってどこいった?」という状況になりました。


そして、滅びの道へ
大坂冬の陣

江戸幕府をひらいた家康は、豊臣秀頼が邪魔になります。それはかつて、関白(かんぱく)・秀次が邪険(じゃけん)にされたのと似ていました。母子が暮らす大坂城に徳川の脅威が迫ります。

これに備えるため、豊臣秀頼は関ヶ原の戦い後に徳川家康から罰を受けた者たちに助けを求めます。真田幸村、後藤又兵衛、長宗我部(ちょうそかべ)盛親、毛利勝永、明石全登(てるずみ)らがこれに応じました。牢人(ろうにん)たちも加わり、10万の兵が大坂城に集まりました。

1614年11月、大坂冬の陣が開戦します。しかし、寄せ集めの豊臣勢は足並みが揃いません。真田幸村は大坂城から出撃して戦うことを主張しますが、(よど)ママが「あぶないからダメ」と豊臣秀頼の出陣を却下。籠城(ろうじょう)して戦うことになりました。

大坂冬の陣で野戦を却下される図

大坂城の南に築いた真田丸での局地線に圧勝しましたが、家康は淀殿(よどどの)がいる本丸奥御殿をねらって大砲を撃ち込んできます。女中たちが崩壊した建物の下敷きになるさまを見て、怖くなった(よど)ママは家康に和睦(わぼく)を願い出ました。


ずっとベンチにいた
大坂夏の陣

大坂城の外堀を埋める約束で和睦(わぼく)となりましたが、徳川方は内堀まで埋めてしまいます。これでは約束がちがう。大坂城にいた牢人(ろうにん)たちはこれに腹を立てて堀を掘り返しました。

和睦(わぼく)はなかったことにされ、1615年5月、大坂夏の陣が開戦します。

堀もない。真田丸もない。もう大坂城から出て戦うしかありませんでした。追い詰められた豊臣勢は強く、毛利勝永や真田幸村の奮闘は凄まじいものでした。

ここで ”御大将(おんたいしょう)が出馬すれば勢いがつく” という真田幸村の提案に豊臣秀頼も出陣を決めます。ところが、(よど)ママが「あぶないからダメ!」と通してくれません。

大坂夏の陣で出陣を止められる図

出陣するはずの豊臣秀頼がなかなか出てこないので、御大将(おんたいしょう)馬印(うまじるし)を持って先に戦場に(おもむ)いていた大野治長が迎えに戻ります。

このとき大野治長が馬印(うまじるし)を持って大坂城に戻ったため、遠くから見ていた将兵たちが「秀頼さまが城に退(しりぞ)いていく…負けたんだ」と誤解しました。そして、負けていないのに敗走をはじめます。

こうなると勢いづいたのは徳川のほう。大軍が押し寄せてきて、豊臣秀頼は出陣しないまま大坂城を攻め落とされてしまいました。


きっかけは
寺の釣鐘

大坂冬の陣の3か月前、豊臣秀頼は父・秀吉の17回忌に向けて方広寺を修築しました。その際、釣鐘(つりがね)に彫られた2つの文字を徳川方から問題視されます。

国家安康(こっかあんこう)” は家康の二文字を割っていて縁起が悪い。”君臣豊楽(くんしんほうらく)” は豊臣の二文字が並んでいて縁起が良い。「これは徳川を呪ってる」と因縁をつけられました。

まったくの言いがかりであると弁解しますが聞き入れられず、母子は大坂城を出てよその土地に移るか、江戸城で徳川の管理下に入るか選択を迫られます。

こんな要求に応じられるはずがありません。どちらも拒否しました。しかし、それこそ家康の思うつぼでした。反抗的な態度を誘って、幕府に(そむ)く行為と追求し、攻め滅ぼすつもりだったのです。

この『方広寺鐘銘事件(ほうこうじしょうめいじけん)』を発端として、大坂城攻めが行われてしまったのでした。

* * * * *

大坂城の母子は、知らず知らず時勢から置いてけぼりになっていました。豊臣秀吉が手にした天下が、徳川家康に奪われるとは思ってもいませんでした。1615年の大坂城落城をもって、戦乱の時代は終わりました。

生涯を簡単に振り返る

1593年、豊臣秀頼は摂津国(せっつのくに)・大坂城に太閤(たいこう)である豊臣秀吉の庶子(しょし)として生まれます。側室・淀殿(よどどの)が産んだ第2子でしたが、第1子が夭逝(ようせい)していたため、誕生をとても喜ばれました。しかし、関白(かんぱく)を継いでいた叔父・秀次が粛清(しゅくせい)されるなど、秀吉がすすめた強引な家督相続によって、大きな混乱がありました。

父・秀吉の没後、サポート役の五大老・五奉行に不和が生じて、徳川家康が権力を強めます。関ヶ原の戦いに勝利した家康によって豊臣領の再編成が行われ、一大名に格下げされてしまいました。その後、徳川氏による江戸幕府がひらかれると疎外され、天下泰平を乱す者として討伐の兵が向けられてしまい、牢人(ろうにん)を集めて抵抗しました。

最後と死因

大坂夏の陣で総攻撃を受けて炎上する天守閣から逃れ、豊臣秀頼は摂津国(せっつのくに)・大坂城の山里丸で母・淀殿(よどどの)や大野治長らと最期を迎えました。1615年6月4日、死因は自害。23歳でした。山里丸に徳川兵の銃弾が撃ち込まれるなか、近習(きんじゅう)を伴って籾蔵(もみぐら)で腹を切り、毛利勝永に介錯(かいしゃく)されたといいます。大坂城の焼け跡から遺体は発見されませんでした。

領地と居城

豊臣秀頼の領地・勢力図(1614年)

摂津国(せっつのくに)河内国(かわちのくに)和泉国(いずみのくに)の3か国65万石が豊臣秀頼の領地でした。関ヶ原の戦いの後、徳川家康によって大名の所領が再編成され、その騒動にまぎれて220万石あった直轄領を減らされてしまいました。

豊臣秀頼の性格と人物像

豊臣秀頼は「母親に反抗できない子」です。

淀殿(よどどの)というクセがつよい母親を持つと子も大変ですが、一度も反抗しなかったのは(ゆが)んだ母子関係を物語っています。

公家風の教育を受けており、字が上手で文化的教養がありました。ケガを心配する淀殿(よどどの)が武術の稽古(けいこ)を好まなかったため、武将としての猛々(たけだけ)しさはありません。礼儀正しく、私欲がなく、領民思いのやさしい人柄です。

かまぼこが好物。後天性の難聴で左耳が不自由でした。身長6尺5寸(197cm)、体重43貫(161kg)という並はずれた巨漢です。二条城で秀頼に会った徳川家康は、その巨体に圧倒されて、生かしておいては危険と秀頼の討伐を決めたといいます。

天下一といわれた愛馬『太平楽(たいへいらく)』は体高170cmのアラビア馬系。こちらも大柄な馬ですが、秀頼があまりの巨体であるため、馬に乗れなかったという説があります。

近年になって、豊臣秀頼のものと思われる頭蓋骨が見つかっています。高価な焼き物と一緒に埋葬され、墓穴にはハマグリやアサリが敷き詰められていました。太平楽(たいへいらく)とみられる馬の骨も近くから見つかっています。

戦場で使われることはありませんでしたが、秀頼の甲冑『金小札緋絲縅具足(きんこざねひおどしにまいどうぐそく)』が現存しています。

能力を表すとこんな感じ

豊臣秀頼の能力チャート

豊臣秀頼は評価される実績が(とぼ)しく能力は未知数です。しかしながら、人々が命を()して戦ってくれるほどの人望があり、民衆からも慕われる魅力がありました。

信長の野望シリーズに登場する豊臣秀頼の能力値も参考にしています。

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ひかえめに言って傑作

豊臣秀頼の面白い逸話やエピソード

本当の父親は豊臣秀吉ではないかもしれない

豊臣秀頼は、豊臣秀吉の子ではないかもしれないというのは有名な話です。

秀吉には大勢の側室がいましたが、子どもを産んだのは淀殿(よどどの)だけ。秀頼の身長は2メートルもあったのに、父である秀吉は140cmほどしかない小男。このような不自然さで、当時から本当に秀吉の子?と疑われていました。

では、豊臣秀頼は誰の子なのか?

俗説(ぞくせつ)では、歌舞伎(かぶき)役者の名古屋山三郎、あるいは側近の大野治長が疑われています。しかし、秀吉のお気に入りである淀殿(よどどの)に手を出したら命はないでしょうから、2人ともそんなリスクを(おか)すとは思えません。

この時代には、子宝(こだから)に恵まれない家を存続させるために、パートナーを変えて神社や寺に(こも)って祈祷(きとう)が行われることがありました。祈祷(きとう)と称して神仏の前で受胎(じゅたい)を試みるのです。淀殿(よどどの)は秀吉の公認でこの祈祷(きとう)を行ったと考えられています。

このような場合、複数のパートナーと祈祷(きとう)を行います。誰が親なのか特定できないようにするためです。したがって、淀殿(よどどの)が誰の子を宿したのか本人にもわかりません。

淀殿(よどどの)は2回出産しています。2回目が秀頼なのですが、2回目の祈祷(きとう)は秀吉の承認なく行われました。というのも、秀頼を懐妊(かいにん)したのは秀吉が朝鮮出兵のために九州に出向いている間のこと。おそらく秀吉が不在なのをいいことに、淀殿(よどどの)が勝手に祈祷(きとう)してしまったようです。

淀殿(よどどの)懐妊(かいにん)の知らせを受けた秀吉は「おまえの乳で育てなさい」と返答しています。側室とはいえ天下人の愛人。身分が高い女性である淀殿(よどどの)に ”てめえで育てろ” とは、かなりお怒りです。

こうして淀殿(よどどの)は秀頼を母乳で育てることになったのですが、これが淀殿(よどどの)を子離れできない母親にしてしまいました。

鹿児島に落ち延びた?秀頼生存説

このような童謡があります。
花のようなる秀頼様を 鬼のようなる真田が連れて 退()きも退()いたよ鹿児島へ

これは、大坂の陣の直後に京都や大坂で流行したもので、真田幸村が豊臣秀頼をつれて鹿児島へ落ち延びたことを歌っています。

鹿児島で秀頼は「宗連(そうれん)」と名乗り、秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)の兄・木下家定の三男・木下延俊の庇護(ひご)をうけて45歳まで生きたといいます。秀頼の子・国松は延俊の子として木下延由(のぶよし)を名乗り、豊後国(ぶんごのくに)・立石領主になったと直系子孫によって語り継がれています。

薩摩国(さつまのくに)・谷山に『谷山の酔喰(えいぐら)』という酒好きの浪士がいました。この男は1615年ごろから谷山に住みつき、酒を飲んではあちこちで寝転んでいました。国主は領民に対してこの人物に手出し禁止(ちょっかい出しちゃだめ)を命じていたことから、高貴な身分の人=秀頼と(うわさ)されました。

島津氏を頼って鹿児島に逃げたという伝承は『秀頼の薩摩(さつま)落ち』として伝わり、鹿児島市谷山には豊臣秀頼の墓とされる宝塔があります。

豊臣秀頼の有名な戦い

大坂冬の陣 おおさかふゆのじん 1614.11.19 〜 12.20 △ 徳川幕府軍20万 vs 豊臣軍9万 △

方広寺鐘銘事件を発端に、徳川氏と豊臣氏がついに衝突。徳川家康は20万の大軍で大坂城(大阪府大阪市中央区)に迫った。豊臣秀頼は牢人を集めて籠城。真田幸村が考案した真田丸で徳川勢を撃退した。しかし、徳川軍の大砲の威力を前に、豊臣氏は和睦を申しでた。

大坂冬の陣で豊臣秀頼は引き分けています。
豊臣討伐に動き出した徳川家康を大坂城に籠城(ろうじょう)して迎えうちます。真田幸村らが善戦しましたが、秀頼が陣頭に立つことはなく、本丸に砲撃を受けて母・淀殿(よどどの)和睦(わぼく)を願い出ます。大坂城の堀を埋めることで講和となりました。

大坂夏の陣 おおさかなつのじん 1615.4.26 〜 5.7 ○ 徳川幕府軍16万5千 vs 豊臣軍5万5千 ●

大坂冬の陣から半年後、徳川家康による豊臣氏の殲滅戦。大坂城付近(大阪府藤井寺市、阿倍野区など)で激しい局地戦が行われた。毛利勝永が奮闘し、徳川本陣に真田幸村が決死の突撃をしたが、数で勝る徳川軍が押し切った。大坂城は落城。豊臣秀頼は出陣の機会なく自害した。

大坂夏の陣で豊臣秀頼は敗れています。
豊臣秀頼のターニングポイントになった戦いです。
堀を埋められて裸城(はだかじろ)となった大坂城では戦えず、野戦となります。頃合いをみて秀頼も出陣するはずでしたが、大坂城から出ないまま敗れ、豊臣氏は滅びました。このあとは、徳川氏の時代が続いてゆきます。

豊臣秀頼の詳しい年表と出来事

豊臣秀頼は西暦1593年〜1615年(文禄2年〜慶長20年)まで生存しました。戦国時代後期に活躍した武将です。

15931豊臣秀吉の庶子として摂津国に生まれる。幼名:拾
15953豊臣秀吉が関白・豊臣秀次を切腹させる。【秀次切腹事件】
15964元服 → 豊臣(藤吉郎)秀頼
15975左近衞権中将に就任。
15986権中納言に就任。
父・豊臣秀吉の死去により家督を相続。
豊臣秀吉の遺命により五大老・五奉行による合議制が敷かれる。
15997五大老筆頭・徳川家康と奉行・石田三成が対立。
傅役・前田利家が死去。
16008石田三成、大谷吉継が反徳川の挙兵。
関ヶ原の戦いが勃発。大坂城で毛利輝元に庇護される。
徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利する。
徳川家康によって豊臣領が諸大名に分配される。220万石 → 65万石。
16019権大納言に就任。
徳川家康が奏上して九条兼孝が関白になる。
160311徳川家康が征夷大将軍になる。【江戸幕府の創設】
内大臣に就任。
徳川秀忠の娘(千)と結婚。
160513右大臣に就任。
徳川家康から会見を打診されるが母・淀殿が拒否する。
160715右大臣を辞任。
160917方広寺の大仏殿の再建を開始。
161119加藤清正に護衛されて徳川家康と二条城で会見する。【二条城会見】
161422方広寺の釣鐘に彫られた「国家安康」の文字が不敬であるとして徳川家康から責められる。【方広寺鐘銘事件】
徳川氏の攻勢に備えて大坂城に牢人を雇い入れる。真田幸村、後藤又兵衛、長宗我部盛親、毛利勝永、明石全登らが加わる。
”大坂冬の陣”徳川家康が大坂城に攻めてくる。真田丸の真田幸村が善戦するが、大坂城本丸に大砲を受けて和睦。和睦の条件として真田丸の撤去と大坂城の外堀が埋められる。
161523約束に反して大坂城の内堀まで埋められる。不服とした牢人たちが乱暴、狼藉をはたらき、塀や堀の復旧作業をする。
徳川家康から牢人の解雇および領地の移封を提案されるが拒否する。
”大坂夏の陣”徳川家康が大坂城に攻めてくる。道明寺、八尾、天王寺などで大規模な局地戦が行われる。真田幸村、後藤又兵衛らが戦死。摂津国・大坂城で母・淀殿と自害。豊臣家滅亡
戦国時代で豊臣秀頼が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

どうする家康 前編(NHK大河ドラマ・ガイド)

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」の公式ガイド!電子版もあり

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ひかえめに言って傑作

太閤立志伝V DX

戦国リコエイションゲーム!立身出世をどっぷり楽しめ

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

超ビジュアル!戦国武将大事典

110万部突破のベストセラー!オールカラー武将図鑑

戦国武将の解剖図鑑

有名武将50人以上を収録!図解とデータがわかりやすい

戦国武将に学ぶ究極のマネジメント

三英傑の言動にみる発想や知恵から学ぶ!仕事に役立つ

豊臣秀頼の顔イラスト