読み込み中

読み込み中

まえだ としいえ

前田利家

1539.1.15 〜 1599.4.27

 
前田利家のイラスト
  

前田利家は、現在の愛知県西部にあたる尾張国の武将・大名です。織田信長とは少年時代からの付き合いで、合戦では親衛隊として戦いました。6mもある派手な槍を振るって大暴れする姿から、槍の又左と呼ばれました。信長の死後は豊臣秀吉に仕えて、加賀百万石を領有し、豊臣家のご意見番になりました。享年61歳。

前田利家は何をした人?このページは、前田利家のハイライトになった出来事をなるべく正しく、独特の表現で紹介しています。きっと前田利家が好きになる「信長の親衛隊長・槍の又左が秀吉の時代に家康を抑えた」ハナシをお楽しみください。

  • 名 前:前田利家
  • 幼 名:犬千代
  • あだ名:槍の又左
  • 官 位:従四位下・左近衛権少将、筑前守、右近衛権中将、正四位下・参議、従三位・権中納言、従二位・権大納言、贈従一位
  • 出身地:尾張国(愛知県)
  • 領 地:能登国、加賀国、越前国
  • 居 城:七尾城 → 小丸山城 → 金沢城
  • 正 室:まつ(篠原一計の娘)
  • 子ども:8男 10女 1養
  • 跡継ぎ:前田利長
  • 父と母:前田利春 / 長齢院

信長の親衛隊長・槍の又左が秀吉の時代に家康を抑えた

前田 ”又左衛門” 利家は、自分で赤く塗ったという長さ6.3mの大槍を振るって戦場を暴れ回りました。顔面に矢を受けたまま、槍で敵を仕留めたこともあり『槍の又左またざ』と呼ばれました。

女物の着物を着くずしてアレンジした珍妙な格好で練り歩く傾奇者(かぶきもの)だった前田利家は、うつけ(ばか)と言われていた若き日の織田信長を取り巻く悪ガキの筆頭格でした。

赤い母衣(ほろ)を背負った精鋭部隊『赤母衣衆』を率いて、佐々成政の黒母衣衆とともに信長の親衛隊をつとめました。信長の側近だったころの前田利家は、暴れん坊そのもの。1559年にうっかり茶坊主をぶっ殺してしまう事件を起こして、信長から追放されています。


日本無双
槍の又左

馬上にまたがる前田利家の腰のまわりに首が3つ4つ、手に持った槍の先にも首が突き刺してある恐ろしいワンショットが残っています。

【槍の又左】血気盛んな前田利家の画

これは桶狭間の戦いの前田利家を描いたものですが、この合戦には呼ばれていませんでした。信長のもとに復帰したかったので、勝手に参戦して、おびただしい数の首をとってアピールをしたわけです。

ところが、信長は喜びもせず勝手に参戦したことを怒ります。復帰を認めてもらえなかった前田利家は、腹が立って持参した首を泥のなかにぶちこんでしまいました。

冷静になった前田利家は「もっと大物でなければ目立たない」と考えます。こんどは美濃国を攻める織田軍に勝手に加わり、怪力の豪傑・足立六兵衛を一騎討ちで討ち取りました。『首取足立』と呼ばれた猛者の首を持参し、1561年に織田家への復帰を許されました。

1570年の野田城・福島城の戦いで、撤退する織田軍が石山本願寺の門徒に追撃されます。前田利家は淀川を挟んだ対岸に立ち、橋を渡ってくる本願寺門徒をたったひとりで相手にするという、三国志の張飛のような活躍をします。この働きを信長は ”日本無双の槍” と称えました。


豊臣政権の
北陸の親分

信長の死後、マブダチだった秀吉の側近になって、献身的に豊臣政権を支えます。

柴田勝家の領地だった能登国、加賀国、越前国を引き継いで加賀百万石の礎をつくる大領主となり、北方を統括する立場に出世しました。これには関東の徳川家康を牽制する意味があり、大坂の秀吉の前に立ちはだかる盾の役割をかねていました。

北陸番長・前田利家は徳川家康を牽制する意味があった

秀吉から絶大な信頼を得ていた前田利家は、豊臣政権を監督する大老をつとめて秀吉の没後も睨みをきかせます。そのため、徳川家康は政権をとりたくても前田利家が気になって動けませんでした。

1598年に豊臣秀吉が没した翌年の1599年、ちから尽きるように前田利家も亡くなります。すると、前田利家の睨みから解放された徳川家康がアクションを起こして、これを待っていたかのように1600年に豊臣家を二分する関ヶ原の戦いが勃発しました。

生涯をざっくり振り返る

1539年、前田利家は尾張国・荒子城に武士の四男として生まれます。織田信長の小姓から赤母衣衆の筆頭に抜擢されますが、問題を起こして追放されます。その後、復帰を果たすと数々の戦いで武功をあげました。信長が没した後、豊臣秀吉の家臣に加わり、天下統一に尽力します。豊臣政権では秀吉の最側近をつとめました。

晩年は豊臣五大老のトップに就任し、秀吉死後の家中の統制に腐心します。徳川家康と石田三成のいざこざを仲裁したのち、秀吉が没した8か月後の1599年に摂津国・大坂城で亡くなりました。死因は消化器系のがんです。61歳でした。

ナチュラルボーン暴れん坊・前田利家は、信長とともに駆け、秀吉とともに治世をし、家康の野心に釘を打ちました。損得勘定の算盤大名でもあった彼は、領地の運営予算の使い方も上手で、現在の石川県の発展にも大きく貢献しました。

領地・支配した地域

前田利家の領地・勢力図(1590年)

能登国、加賀国、越前国あわせて83万石ほどが前田利家の領地でした。前田家が100万石を超えたのは、次代・利長や次々代・利常の頃です。

前田利家の性格と人物像

前田利家は「怖いもの知らずな人」です。

気に入らない奴はぶん殴る、やられたら倍返し。カッとなって、やりすぎてしまうのが玉にきずです。晩年になっても「もしも死んで地獄に落ちるなら、閻魔大王と一戦やってやる」と意気込み「あんたは地獄に行くだろね」と妻から太鼓判をもらっています。

派手好き目立ちたがり屋の傾奇者で知られ、利家(19)まつ(12)で結婚し、翌年に娘が生まれるフリーダムっぷりです。愛妻家で、まつが作った大根やごぼうなどの根菜をつかったあつめ汁と玄米が好物でした。

無給時代の貧乏暮らしから、お金の大切さを知りすぎてケチになってしまいます。しかし、困っている人には大金を貸し「返せないやつの借金はなかったことにしてやれ」と遺言しています。最晩年に死期が近いことを知ると、およそ50名に対して財産分与をかなり細かく決めました。

身長182cm、細身で長身。端正な顔立ちのイケメンで、立っているだけで絵になるタイプでした。織田信長とはリーダーと子分、男色の恋仲でもありました。異様な格好でねり歩く姿は怖がられましたが、若い娘は利家の危険な雰囲気にキャーキャーさわぎました。

つねに持ち歩いていた愛用の算盤(そろばん)(当時はハイテク)は、日本最古の部類のものとして、保管されています。前田利家が身につけたド派手な金ピカの兜『長烏帽子形兜(ながえぼしなりかぶと)』や鍾馗(しょうき)様が描かれたド派手な陣羽織も現存しています。

能力を表すとこんな感じ

前田利家の能力チャート

ゴリゴリの武闘派である前田利家は一騎討ちで強さを発揮します。親分肌で人情味があり、豊臣家の若手武将たちから慕われました。

前田利家の面白い逸話やエピソード

茶坊主を斬って織田家をクビになってしまう

拾阿弥(じゅうあみ)という織田信長のお気に入りの茶坊主がいました。拾阿弥は信長の威を借りて調子に乗っていました。

あるとき、妻・まつからもらって利家が大切にしていた佩刀(はいとう)(こうがい)(髪を整える道具)を拾阿弥が盗んで、からかってきました。カッとなった利家は、信長の目の前で拾阿弥を斬ってしまいます。信長は激怒し、利家を斬り捨てようとしますが、止めに入った柴田勝家のおかげで助かりました。

なんとか命だけは許された利家でしたが『笄斬り』と呼ばれるこの事件で、出仕停止処分=クビになってしまいました。ふたたび信長の前に出仕を許されたのは、それから2年後でした。

妻・まつの内助の功にたびたび助けられる

妻・まつは、利家の従妹にあたる親戚筋の娘さんです。まつは12歳で嫁いで13歳で娘を出産、利家との間に合計で2男9女を授かりました。まつは、利家の子をたくさん産んだという以外にも、多くの面で前田家を支えていました。


まつのおかげで
秀吉に許してもらう

本能寺で織田信長が討たれた後、混乱する織田家では、親友の豊臣秀吉が台頭します。これに対抗したのは利家の上司である柴田勝家でした。

ふたりは1583年に賤ヶ岳の戦いで争うことになりますが、柴田方として参戦した利家は、どうしたらいいのかわからず、何もしないうちに家に帰ってしまいました。

友達の秀吉につきたい気持ちをまつに伝えると、まつは秀吉の妻・ねねに頼んでくれました。敵として対陣した利家に秀吉は怒りましたが、まつが懸命にお願いして、ようやく家来にしてもらいました。


まつのおかげで
末森城を防衛する

小牧・長久手で徳川家康と交戦している秀吉から、利家は北陸の守備を任されます。そこに、かつて信長の親衛隊としてともに戦った佐々成政が攻めかかります。前田領の末森城を攻められた利家でしたが、豊臣秀吉から「金沢城を守れ」の指示があり、末森城に兵を送れずにいました。

まつは、利家に「お金をケチって兵を雇っていなかったからこうなるんでしょ。いっそ金銀に槍でも持たせたらいかが」と皮肉を言って、利家が貯めた金銀が入った袋を差し出しました。

利家はたいそう怒って「金を貯めていたのが正しかったことを見せてやらあ」と、まんまと煽られます。利家はすぐに兵を集めて末森城に向かうと、見事に佐々勢を追い払いました。


まつのおかげで
前田家が助かる

利家の死後、跡を継いだ前田利長は、天下取りに乗り出した徳川家康から言いがかりをつけられます。あらぬ嫌疑をかけられた利長は、家康と一戦交える気でいましたが、まつがこれを止めました。

まつは、自ら人質として家康のもとに出向き、利長の異母弟・前田利常の嫁に徳川秀忠の娘をもらうことで徳川家と争うつもりがないと示しました。前田家は徳川臣下に加わり、まつの機転によって存亡の危機を逃れました。

前田利家の有名な戦い

稲生の戦い いのうのたたかい 1556.9.27 ● 織田信行軍1千7百 vs 織田信長軍7百 ○

織田信長の家督相続を不満とする弟・織田信行が挙兵、稲生原(愛知県名古屋市西区名塚町)付近で行われた合戦。序盤、柴田勝家を擁する信行軍が優勢に進めるが、戦線にいた織田信長が大声で叫ぶと柴田隊が混乱。信長が林通具を討ち取ると信行軍は敗走した。

稲生の戦いで前田利家は勝っています。
利家は右頬に矢をうけますが、矢がささったまま戦い、矢を射った弓隊長・宮井勘兵衛を槍で突き刺しました。凄まじい戦いぶりで、槍の又左の面目躍如となった合戦です。

森部の戦い もりべのたたかい 1561.5.14 ○ 織田軍1千5百 vs 斎藤軍6千 ●

長良川を渡って森部村(岐阜県安八郡安八町森部薬師堂)に侵攻した織田信長と斎藤氏が激突した合戦。信長は、討って出てきた斎藤軍を沼地に誘い、伏兵で囲い討ちで壊滅させた。織田軍の戦果は目覚ましく、前田利家が敵の豪傑・足立六兵衛を討ち取る活躍をした。

森部の戦いで前田利家は勝っています。
出仕停止中だったので、オフィシャルではない立場ながら、押しかけ参戦した利家は、斎藤方の厄介者・足立六兵衛をひとりで討ち取りました。「足立の首は城ひとつに値する」と信長から帰参を許された合戦です。

野田城・福島城の戦い のだじょう・ふくしまじょうのたたかい 1570.8.26 〜 9.23 ● 織田&雑賀衆&根来衆軍5万 vs 三好&本願寺軍? ○

摂津国中嶋(大阪府大阪市福島区)に城を築いて挙兵した三好三人衆を、織田信長が討伐に向かった合戦。三角州をまたいで、両軍鉄砲による銃撃戦が行われた。突如、本願寺軍が織田軍を背後から攻撃。第1次石山合戦とも呼ばれ、本願寺と信長が10年も抗争する発端になった。

野田城・福島城の戦いで前田利家は敗れています。
戦いに敗れはしますが、そこからが利家の見せ場でした。春日井堤に留まって、本願寺門徒をひとりで相手にし、信長を京に退かせました。

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 ○ 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万 ●

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの福島正則ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで前田利家は敗れています。
前田利家のターニングポイントになった戦いです。
悩んだすえ、利家は親友・羽柴秀吉との戦闘を避けました。秀吉に降伏したのち、柴田攻めの先鋒を命じられ、世話になった上司に滅ぼしました。これを境に秀吉の側近として天下に影響力を持つまでになります。

末森城の戦い すえもりじょうのたたかい 1584.10.12 ● 佐々軍1万5千 vs 羽柴軍4千 ○

小牧・長久手で羽柴氏と徳川氏の争いがおこると、能登では佐々成政が前田領の末森城(石川県羽咋郡宝達志水町)を攻撃。城主・奥村永福が奮闘するが、落城寸前まで追い込まれる。金沢城から駆けつけた前田利家が背後から佐々勢を攻めて撃退に成功した。末森の合戦とも。

末森城の戦いで前田利家は勝っています。
秀吉からは金沢城の守備を命じられていましたが、まつの助言もあって末森城の援軍に向かい、ギリギリのところで佐々成政を退けました。

前田利家の詳しい年表と出来事

前田利家は西暦1539年〜1599年(天文7年〜慶長4年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15391前田利春の四男として尾張国に生まれる。幼名:犬千代
155113織田信長に仕える。
155214”萱津の戦い”初陣。織田信友との戦に参加。
元服 → 前田(又左衛門)利家
155618”稲生の戦い”織田信行との戦に参加。
155819”浮野の戦い”織田信賢との戦に参加。
篠原一計の娘で従妹(まつ=芳春院)と結婚。
155921同朋衆の拾阿弥を斬り殺す。織田信長に激怒されて出仕停止処分になる。【笄斬り事件】
156022”桶狭間の戦い”今川義元との戦に無断で参加。3の首級をあげるが許されず。
156123”森部の戦い”斎藤龍興との戦に無断で参加。足立六兵衛を一騎討ちで討ち取る。織田信長に許されて出仕停止から復帰する。
156931織田信長の命令で兄・前田利久に代わって家督を相続。
157032”金ヶ崎の戦い”朝倉義景との戦に参加。退却する織田信長の護衛を務める。
”姉川の戦い”浅井氏&朝倉氏との戦に参加。浅井弥七郎を討ち取る。
”野田城・福島城の戦い”三好三人衆との戦に参加。淀川の春日井堤に留まり、ひとりで本願寺勢を食い止めて信長本隊を退却させる。
”志賀の陣”比叡山延暦寺に篭る浅井氏&朝倉氏との戦に参加。
157133”第1次長島一向一揆”一向宗門徒の鎮圧戦に参加。
”比叡山焼き討ち”比叡山延暦寺の殲滅戦に参加。
157335”一乗谷城の戦い”朝倉義景との戦に参加。朝倉家滅亡
”小谷城の戦い”浅井長政との戦に参加。浅井家滅亡
”第2次長島一向一揆”一向宗門徒の鎮圧戦に参加。
157436”第3次長島一向一揆”一向宗門徒の殲滅戦に参加。早尾口から攻める。
柴田勝家の与力になる。
157537”第2次高屋城の戦い”三好康長&石山本願寺との戦に参加。
”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。
”越前一向一揆”一向宗門徒の殲滅戦に参加。捕縛した千人ほどを磔、釜茹でにする。
織田信長から越前国・府中を拝領する。佐々成政、不破光治と分割統治する。
157739”手取川の戦い”柴田勝家の指揮下で上杉謙信との戦に参加。
157840”三木合戦”羽柴秀吉の指揮下で別所長治との戦に参加。
”有岡城の戦い”荒木村重との戦に参加。
158042”加賀平定戦”柴田勝家の指揮下で一向宗門徒の殲滅戦に参加。
158143織田信長から能登国を拝領する。
七尾城を居城にする。
京都で行われた軍事パレードに参加。【京都御馬揃え】
158244七尾城を廃城し、小丸山城を築城。
小丸山城を居城にする。
”魚津城の戦い”柴田勝家の指揮下で上杉景勝との戦に参加。
主君・織田信長が死亡。【本能寺の変】
158345”賤ヶ岳の戦い”柴田勝家の指揮下で羽柴(豊臣)秀吉との戦に参加。戦線を放棄して単独降伏する。
”北ノ庄城の戦い”羽柴秀吉の指揮下で柴田勝家の居城を攻める。先陣を務める。
羽柴秀吉から加賀国・石川を拝領する。
金沢城を居城にする。
158446”末森城の戦い”佐々成政が能登国に侵攻してくるが、撃退する。
158547”越中征伐”佐々成政との戦に参加。富山城を包囲する羽柴軍10万を先導する。
丹羽長秀が自害。羽柴秀吉から丹羽領・越前国を拝領する。
北陸地方最大の大名となる。
158648”九州征伐”島津氏の討伐で留守になる畿内の守備を任される。
159052”小田原征伐”北条氏の討伐戦に参加。上杉景勝、真田昌幸を従えて北条領を攻める。
”碓氷峠の戦い”大道寺政繁を碓氷峠で撃破。松井田城を包囲して開城降伏させる。
箕輪城に進軍。無血開城させる。
上野国を平定。
北条領・武蔵国に侵攻。北条氏邦が篭る鉢形城、松山城を次々と開城降伏させる。
”八王子城の戦い”八王子城を陥落させる。
”忍城の戦い”石田三成の指揮下で成田長親との戦に参加。
豊臣秀吉が小田原城を開城降伏させる。北条家滅亡
豊臣秀吉の天下統一が成る。
小田原参陣に遅れた伊達政宗を尋問。
豊臣秀吉の奥羽地方の領土仕置に同行する。【第1次奥州仕置】
159153”九戸政実の乱”九戸政実の鎮圧戦に参加。津軽方面から制圧する。【第2次奥州仕置】
159254朝鮮出兵に備えて肥前国・名護屋城に入る。朝鮮には渡らず。【文禄の役】
159557徳川家康、前田利家、宇喜多秀家、毛利輝元、小早川隆景が五大老に任じられる。
蒲生氏郷の死後、蒲生家のお家騒動を調停する。【蒲生騒動】
159860長男・前田利長に家督を譲って隠居。
豊臣秀頼を支える五大老・上首に任じられる。
主君・豊臣秀吉が死去。
159961豊臣秀頼のもり役として大坂城に入る。
徳川家康の婚姻政策に石田三成が反発し、騒動になる。仲裁して誓書を交わさせる。
摂津国・大坂城で病死。
戦国時代で前田利家が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がわかる!持ってて損なし

地域別 × 武将だからおもしろい 戦国史

戦国時代の勢力の移り変わりがよくわかる!重宝してます

戦国武将の解剖図鑑

図解やデータがおもしろい!有名どころの武将がバッチリ

信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!ドハマリします

前田利家の顔イラスト