読み込み中

読み込み中

まえだ としいえ

前田利家

1539.1.15 〜 1599.4.27

 
前田利家のイラスト
  

前田利家は、現在の愛知県西部にあたる尾張の武将・大名です。織田信長とは少年時代からの付き合いで、戦場にでるようになってからは親衛隊として戦いました。6mもある派手な槍を振るって大暴れする姿から、槍の又左と呼ばれました。信長の死後は豊臣秀吉に仕えて、加賀百万石を領する大大名になりました。享年61歳。

前田利家と似ている人物
榊原康政
島津義弘
山県昌景
村上義清
本多忠勝

このページでは、前田利家が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・前田利家のことがきっと好きになります。

  • 名 前:前田利家
  • 幼 名:犬千代
  • あだ名:槍の又左
  • 官 位:左近衛権少将、筑前守、右近衛権中将、参議、権中納言、権大納言
  • 出身地:尾張(愛知県)
  • 領 地:能登、加賀、越前
  • 居 城:小丸山城 → 金沢城
  • 正 室:篠原一計の娘・まつ
  • 子ども:8男 10女 1養
  • 跡継ぎ:前田利長

信長の親衛隊・槍の又左は秀吉の懐刀として家康に睨みを利かせた

自分で赤く塗ったという長さ6.3mの大槍を振るっていた前田”又左衛門”利家は、暴れ回る様子をみた人々から「槍の又左」と呼ばれるようになりました。うつけと呼ばれた織田信長と同じく、女物の着物をアレンジした珍妙ないでたちで練り歩く傾奇者、頭ひとつ飛び出るほどの長身で、異彩を放つ存在でした。

前田利家は、威圧感が抜群で、歴戦の猛者たちも一目置いたコワモテです。


血気盛んな
親衛隊長

赤い母衣(ほろ)を背負った精鋭部隊「赤母衣衆」を率いて、佐々成政の黒母衣衆とともに信長の親衛隊をつとめました。信長の側近だったころの前田利家は、暴れん坊そのもの。
茶坊主ともめて、うっかりぶっ殺してしまう事件を起こしたり、信長も手を焼く問題児でした。


日本無双
槍の又左

馬上にまたがる前田利家の腰のまわりに首が3つ4つ、手に持った槍の先にも首が突き刺してある恐ろしいワンショットの肖像画が残っています。

「首取足立」の異名を持つ怪力の豪傑・足立六兵衛を一騎討ちで討ち取るなど、合戦での槍働きは目覚ましく、数々の武勇伝を残しています。

石山本願寺を相手に苦戦した織田軍が退くおりには、たったひとりで敵兵を食い止める奮闘をして、信長から日本無双の槍と称えられています。


豊臣政権の
北陸の親分

豊臣政権でも側近として、もとよりマブダチだった秀吉を支えます。

柴田勝家の領地だった能登、加賀、越前を引き継ぐと、加賀百万石の大領主となり、北陸から東北の大名たちを統括する立場に出世します。
おそらく、これは豊臣秀吉の狙いであり、関東の徳川家康を牽制する意味がありました。

北陸番長・前田利家は徳川家康を牽制する意味があった

秀吉から絶大な信頼を得ていた前田利家は、豊臣政権を監督する大老として、最晩年まで睨みを利かせます。政権がほしい徳川家康も、前田利家が気になって動くに動けませんでした。

豊臣秀吉が亡くなった翌年に前田利家は亡くなります。
すると翌年、前田利家の睨みが解けた徳川家康がアクションを起こし、政権を賭けた関ヶ原の戦いが勃発しました。

生涯:生まれから最後まで

① 生まれ

尾張国の海東郡荒子村に父・前田利春と母・長齢院の四男として生まれます。
子どもの頃から織田信長の遊び友達でした。14歳で元服して前田利家と名乗り、信長の親衛隊長になりました。

② 槍の又左

18歳のときに織田氏の内紛がおこって、稲生の戦いに出陣。矢でうたれた利家は、敵を槍で突き刺してたおしました。
それ以来、槍の又左と呼ばれ、信長の尾張統一に大活躍しました。

③ 処罰

信長のお気に入りの茶坊主・拾阿弥とケンカしたあげくに斬ってしまいます。柴田勝家がお願いして死罪は免れますが、21歳で織田家をクビになりました。
なんとか戻りたくて、桶狭間の戦いなどに無断で参加し、何人も敵をやっつけましたが許してもらえません。2年後の森部の戦いで、やっと復帰を許されました。

④ 賤ヶ岳の戦い

織田家に復帰すると、父親のように慕っていた柴田勝家のサポートに配属され、さまざまな合戦で活躍しました。しかし、本能寺の変で織田信長が亡くなると、友達の豊臣秀吉と柴田勝家が争うようになりました。悩んだすえ、賤ヶ岳の戦いで秀吉の味方をします。
45歳のとき、利家は柴田勝家を攻めて、死なせてしまいました。

⑤ 豊臣政権

秀吉の家来になり、みるみる出世して、加賀百万石といわれる大きな領地をもちました。
46歳で関東の徳川家康とならぶ大大名になりました。
北陸でいちばんの勢力を築き、若手に慕われる親分さんになります。
60歳のときに秀吉が亡くなり、あとを継ぐ豊臣秀頼をたすける五大老になりました。

⑥ 最後

徳川家康がルール違反して、大名同士を結婚させてグループをつくりました。これに怒った石田三成の相談をうけて、家康に注意します。
豊臣家を二分する騒ぎになりましたが、なんとかおさめたあと、大坂城で亡くなりました。消化器系のがんが死因と考えられています。61歳でした。

前田利家の簡単な年表
前田利家の領地・勢力図(1590年)

性格:人物像・どんな人?

前田利家の能力チャート

強気で怖いもの知らずな人です。
気に入らない奴はぶん殴る、やられたら倍返し。カッとなって、やりすぎてしまうのが玉にきずです。晩年になっても「死んで地獄に落ちるようなら、閻魔大王と一戦やってやらぁ」と意気込むほど。妻・まつからも「あんたは地獄に行くだろね」と太鼓判をもらっています。

派手好きの目立ちたがり屋、ルール無用の傾奇者で知られています。利家(19)、まつ(12)で結婚し、翌年に娘が生まれるフリーダムっぷりです。

細身で端正な顔立ちの美男子。身長182cmという立っているだけで絵になるタイプ。
織田信長とは暴走族のリーダーと子分、男色の恋仲でした。異様なかっこうで信長といっしょに領内をねり歩いては避けて通られましたが、若い娘は利家の危険な雰囲気にキャーキャーいいました。

無給時代の貧乏暮らしから、お金の大切さを知りすぎてケチになってしまいます。
つねに持ち歩いていた愛用の算盤が家宝(当時はハイテク)が、現存しています。
大根やごぼうなどの根菜をつかったあつめ汁と玄米が好物でした。

前田利家の逸話・面白いエピソード

茶坊主を斬って織田家をクビになってしまう

拾阿弥(じゅうあみ)という茶坊主がいました。
拾阿弥は信長に気に入られていて、それをいいことに調子に乗っていたそうです。

あるとき、利家が妻・まつからもらった佩刀の笄(髪を整える道具)を拾阿弥が盗み、からかってきました。カッとなった利家は、信長の目の前で拾阿弥を斬ってしまいます。
笄(こうがい)斬り」と呼ばれるこの事件で、前田利家は出仕停止処分=クビになってしまいました。

妻・まつの内助の功に助けられる

前田利家の妻・まつは、利家の従妹にあたる親戚筋の娘さんです。
まつは12歳で嫁いで、13歳で娘を出産します。このころ、利家は茶坊主を斬る事件をおこして職を失います。中学生くらいだった妻・まつは、幼な子を抱えて懸命に暮らしを支えました。

織田家に復帰してしばらくは順調でしたが、信長の死後、家族ぐるみで付き合いがあった羽柴秀吉と、利家の上司・柴田勝家が合戦をします。利家が秀吉に降伏する際の交渉役をまつがつとめ、秀吉の奥さんを通じて配下に加えてもらいました。

無職時代に貧乏を経験して以来、すっかりケチになった利家。末森城を攻められても出費を嫌って援軍をしぶります。これをみた妻・まつは「金銀に槍でも持たせたら?w」と皮肉を浴びせます。カチンときた利家は、すぐに末森城に向かうと、敵兵を撃退しました。

前田利家の戦い・有名な合戦

稲生の戦い いのうのたたかい 1556.9.27 ● 織田信勝軍1千7百 vs 織田信長軍7百 ○

織田信長の家督相続を不満とする弟・信勝が挙兵、稲生原(愛知県名古屋市西区名塚町)付近で行われた合戦。序盤、柴田勝家を擁する信勝軍が優勢に進めるが、戦線にいた織田信長が大声で叫ぶと柴田隊が混乱。信長が林通具を討ち取ると信勝軍は敗走、信長が勝利した。

稲生の戦いで前田利家は勝っています。
利家は右頬に矢をうけますが、矢がささったまま戦い、射った弓隊長・宮井勘兵衛を槍で突き刺しました。槍の又左の面目躍如となった合戦です。

森部の戦い もりべのたたかい 1561.5.14 ○ 織田軍1千5百 vs 斎藤軍6千 ●

長良川を渡って森部村(岐阜県安八郡安八町森部薬師堂)に侵攻した織田信長と斎藤氏が激突した合戦。信長は、討って出てきた斎藤軍を沼地に誘い、伏兵で囲い討ちで壊滅させた。織田軍の戦果は目覚ましく、前田利家が敵の豪傑・足立六兵衛を討ち取る活躍をした。

森部の戦いで前田利家は勝っています。
出仕停止中だった利家は、押しかけで勝手に参戦し、足立六兵衛を討ち取りました。「足立の首は城ひとつに値する」と信長から帰参を許された合戦です。

賤ヶ岳の戦い しずがたけのたたかい 1583.3.12 〜 4.23 ○ 羽柴軍5万 vs 柴田軍3万 ●

信長亡きあと、織田家の掌握を狙う羽柴秀吉と、家中を二分していた柴田勝家が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)付近で展開した戦い。前田利家の戦線離脱によって、柴田軍は潰走。勢いづく秀吉に北ノ庄城を攻められ落城した。秀吉子飼いの加藤清正ら若手武将が活躍した。

賤ヶ岳の戦いで前田利家は敗れています。
前田利家のターニングポイントになった戦いです。
悩んだすえ、利家は、親友・羽柴秀吉との戦闘を避けました。秀吉に降伏したのち、柴田勝家を攻める先鋒を命じられ、世話になった上司に引導を渡しました。
この戦いを境に、秀吉の側近として天下に影響力を持つまでになります。

末森城の戦い すえもりじょうのたたかい 1584.10.12 ● 佐々軍1万5千 vs 羽柴軍4千 ○

小牧・長久手で羽柴氏と徳川氏の争いがおこると、能登では佐々成政が前田領の末森城(石川県羽咋郡宝達志水町)を攻撃。城主・奥村永福が奮闘するが、落城寸前まで追い込まれる。金沢城から駆けつけた前田利家が背後から佐々勢を攻めて撃退に成功した。末森の合戦とも。

末森城の戦いで前田利家は勝っています。
秀吉から、利家は金沢城の守備を命じられていましたが、末森城の援軍に向かい、ギリギリのところで佐々成政を退けました。

前田利家の詳しい年表・出来事

前田利家は西暦1539年〜1599年(天文7年〜慶長4年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で前田利家が生きた期間の表
15391前田利春の四男として尾張に生まれる。幼名:犬千代
155113織田信長に仕える。
155214”萱津の戦い”織田信友との戦に参加。
元服 → 前田(又左衛門)利家
155618”稲生の戦い”織田信勝との戦に参加。
155819”浮野の戦い”織田信賢との戦に参加。
篠原一計の娘で従妹(まつ=芳春院)と結婚。
155921同朋衆の拾阿弥を斬り殺す。織田信長に激怒されて出仕停止処分になる。【笄(こうがい)斬り】
156022”桶狭間の戦い”今川義元との戦に無断で参加。
156123”森部の戦い”斎藤龍興との戦に無断で参加。織田信長に許されて帰参する。
156931兄・前田利久に代わって家督を相続。
157032”金ヶ崎の戦い”浅井氏&朝倉氏の挟撃に遭い撤退する織田信長の警護をする。
”姉川の戦い”浅井氏&朝倉氏との戦に参加。
”春日井堤の戦い”石山本願寺との戦で殿(しんがり)を務める。
157335”一乗谷城の戦い”朝倉氏との戦に参加。朝倉家滅亡
157436”長島一向一揆”一向一揆との戦に参加。
柴田勝家の与力になる。
157537”長篠の戦い”武田勝頼との戦に参加。
157840”三木合戦”別所長治との戦に参加。
”有岡城の戦い”荒木村重との戦に参加。
158143織田信長から能登を拝領する。
158244”魚津城の戦い”柴田勝家の指揮下で上杉景勝との戦に参加。
主君・織田信長が死亡。【本能寺の変】
158345”賤ヶ岳の戦い”柴田勝家の指揮下で羽柴秀吉との戦に参陣するが戦線を放棄して、秀吉に単独降伏する。
”北ノ庄城の戦い”羽柴秀吉の先鋒隊として柴田勝家の居城を攻め落とす。
羽柴秀吉から加賀の一部を加増される。
金沢城に居城を移す。
158446”末森城の戦い”能登に侵攻してきた佐々成政を撃退する。
”富山の役”佐々領・越中まで攻め込む。羽柴軍10万で富山城を包囲。佐々成政が降伏。
丹羽長秀が死去により越前を引き継ぎ、北陸最大の大名となる。
159052”小田原征伐”北国勢の総指揮を務める。上杉景勝、真田昌幸を指揮して、松井田城、鉢形城、八王子城など、北条領を攻略する。
小田原参陣に遅れた伊達政宗を尋問。奥羽の制圧をする。
159860家督を子・利長に譲り隠居。
豊臣秀頼を支える五大老・上首に任ぜられる。
豊臣秀吉が死去。
159961豊臣秀頼の傅(もり)役として大坂城に入る。
徳川家康の婚姻政策に反発。豊臣家中で騒動になるが、誓書を交換して収める。
死去。

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

有名人物50名収録!戦国武将の魅力を知るちょうどいい一冊!