読み込み中

読み込み中

しまづ いえひさ

島津家久

1547.? 〜 1587.7.10

 
島津家久のイラスト
  

島津家久は、現在の鹿児島県西部にあたる薩摩の武将です。島津四兄弟の四男で、三人の兄たちの異母弟です。兄たちと協力して、九州統一を目指しました。釣り野伏せに代表される軍略に異才を発揮して、沖田畷の戦いや戸次川の戦いなど、数的不利でも島津軍を勝利に導き、敵将を討ち取る活躍をしました。享年41歳。

島津家久の人物タイプ
策士

このページでは、島津家久が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・島津家久のことがきっと好きになります。

  • 名 前:島津家久
  • 出身地:薩摩(鹿児島県)
  • 居 城:佐土原城
  • 正 室:樺山善久の娘
  • 子ども:3男 3女
  • 跡継ぎ:島津豊久

必殺の釣り野伏せ戦法をつかって敵将をつぎつぎと討ち取った

祖父・忠良いわく「軍法戦術に妙を得たり」と、島津家久を評しています。長兄・島津義久が考案し、次兄・島津義弘も採用した戦法として知られる「釣り野伏せ」を島津家久も使いました。長兄・義久が島津氏の最盛期を築いた背景には、島津家久の大物を釣りまくるジャイアントキリングがありました。

島津家久は、異常なほどの高確率で敵将を討ち取って勝利を重ねました。

得意の釣り野伏せを駆使した四兄弟で最強のバトルマシーンです。
釣り野伏せとは、隊を3つに分けて、左右に伏兵を配置。中央の部隊が敵兵と接触して、敗けたふりをしながらトラップエリアまで誘導する「釣りの動き」をします。釣られてきた敵兵を伏兵の「野伏せの動き」で左右から挟撃、釣り隊も加わって、袋叩きにします。

【釣り野伏せ】島津氏が得意とした戦法

寡兵(兵数が少ない)の場合に、兵力で優位な相手をフルボッコにする殲滅戦法です。島津家久のキル能力は、必殺の戦法とした釣り野伏せによって開花しています。
決死の覚悟が求められる釣り隊が重要で、作戦の遂行には高度な戦術理解と統制、なによりも士気が肝心です。敵前逃亡しようもんなら、うしろには敵兵よりも恐ろしい島津家久がいましたので、高い士気が保てたそうです。

デビュー戦の廻坂の合戦で、肝付兼続の家臣・工藤隠岐守を一騎打ちで仕留めると、その後の合戦でも、龍造寺氏の当主・龍造寺隆信、長宗我部氏の嫡男・長宗我部信親、十河氏の当主・十河存保、名だたる武将を討ち取りました。

まちがいなく島津家久の戦闘能力は、島津氏が九州統一にあと一歩まで迫った原動力になっています。領土の拡大をする進撃隊と、前線の防衛網としての機能を担っていました。

[生涯] わかりやすくまとめ

① 生まれ

薩摩国の伊作城に薩摩守護大名の父・島津貴久と母・肥知岡氏の四男として生まれます。母は側室で、3人の兄たちは異母兄でした。
元服して今津家久と名乗ります。15歳の初陣で敵将を討ち取る活躍をしました。

② 九州制圧戦

32歳から38歳までのあいだ、戦上手な次兄・島津義弘といっしょに、長兄・島津義久のもとで九州統一のためにひたすら戦います。
釣り野伏せと呼ばれる島津氏特有の戦法で、大友宗麟といった強敵にも次々と勝ちました。
北九州の有馬晴信と連合して、沖田畷の戦いで龍造寺隆信を討ち取りました。

③ 豊臣軍との戦い

40歳のとき、豊臣秀吉の軍勢が九州に攻めてきます。
豊臣軍の先鋒隊を率いる仙石秀久に勝利して、長宗我部信親と十河存保を討ち取りました。
兄たちも、つぎつぎと上陸する豊臣軍と必死で戦いました。

④ 最後

押し寄せる大軍に耐えきれず、家久は単独で豊臣秀長に降参しました。
それからすぐに佐土原城で急死しました。死因は病死とされていますが、豊臣氏または島津氏による毒殺という説もあります。41歳でした。

島津家久の簡単な年表

[性格] どんな人?人物像

島津家久の能力チャート
長所
ストイック
短所
劣等感が強い

コツコツとひたむきな努力ができる人です。側室の子という強いコンプレックスにさいなまれますが、長兄・義久の「親が誰であろうと関係ない。努力して立派な人になれ」という言葉でやる気を出す素直な子です。兄の言葉でリミッターが外れると、昼夜、学問と武芸に没頭し、少しも時間を無駄にしなかったそうです。

単身で京に赴いたおり、織田家臣・明智光秀の接待を受けますが、茶道の作法を知らなかったので、お茶ではなく水を所望したというシャイボーイです。
ルイス・フロイスは「極めて優秀なカピタン(武将)にして老練な主将」と評しています。

島津家久の逸話・面白いエピソード

長宗我部元親にやさしい心づかいをした

豊臣軍を迎撃した戸次川の戦いで、長宗我部信親を討ち取る戦果をあげました。信親の父・長宗我部元親は落胆し、そのうえ干潮のために船が出せず、退却できないでいました。島津軍にとっては追撃をする絶好のチャンスでした。
島津家久は長宗我部軍に使いを出して、粋な心づかいをします。

”嫡男・信親を討ったのは、戦場の習いでやむを得ませんでした。追い討ちなどしませんので、潮が満ちるのを待って、ゆっくりと退いてください”

約束どおり追撃しなかった家久に深く感謝して、長宗我部軍は無事に引き上げたといいます。

島津家久の戦い・有名な合戦

耳川の戦い みみかわのたたかい 1578.10.20 〜 11.12 ● 大友軍4万 vs 島津軍3万 ○

日向を制圧した島津氏に対して、大友宗麟が進軍。大筒を投入し、耳川ちかくの高城(宮崎県児湯郡木城町)を積極的に攻めた合戦。島津義久は伏兵を配備して迎撃する。島津義弘と、高城から出撃した島津家久が伏兵によって大友軍を一網打尽にした。高城川の戦いとも。

耳川の戦いで島津家久は勝っています。高城から出撃した家久は、兄・義久、義弘とともに大友宗麟を撃退することに成功しています。この勝利によって大友氏の勢力は衰退し、島津氏が北九州に進出します。

沖田畷の戦い おきたなわてのたたかい 1584.5.4 ● 龍造寺軍2万5千 vs 有馬&島津軍6千 ○

離反した有馬晴信を龍造寺隆信が攻めた合戦で、島津家久が有馬氏の援軍として参陣。泥田・沼地の沖田畷(長崎県島原市北門町)を決戦の地とした。地形を利用した伏兵戦術で、有馬軍と島津軍が圧勝。大敗を喫した龍造寺氏は、龍造寺隆信ほか多数が討ち死にした。

沖田畷の戦いで島津家久は勝っています。単独で勝利した家久が軍略家として認められることとなったターニングポイントです。兄・義久からの援軍を待たずに龍造寺氏と決戦に持ち込み、一本道の畷(田んぼの間の道)に展開させて、完璧な釣り野伏せが炸裂した合戦です。

戸次川の戦い へつぎがわのたたかい 1587.1.20 ○ 島津軍1万 vs 豊臣軍2万 ●

大友氏の要請を受けた豊臣秀吉が九州征伐軍を派兵。大友領に侵攻した島津家久を牽制するため、仙石秀久を主将とした豊臣軍が戸次川(大分県大分市中戸次)に布陣。秀吉の待機命令に反して、仙石隊は攻撃を開始。島津軍はこれを返り討ちにし、長宗我部信親を討ち取った。

戸次川の戦いで島津家久は勝っています。豊臣軍を相手に初戦を勝ちますが、このあとの豊臣オールスターに本気を出させてしまいました。

島津家久の年表・出来事

島津家久は西暦1547年〜1587年(天文16年〜天正15年)まで生存しました。戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

戦国時代で島津家久が生きた期間の表
15471島津貴久の四男として薩摩に生まれる。幼名:又七郎
156115”廻坂の合戦”肝付氏との戦に参加。工藤隠岐守を討ち取る。
156923大口城に篭る菱刈氏&肝付氏の連合軍を伏兵で敗る。
157529伊勢神宮などを参詣するため上洛。明智光秀から接待を受ける。
157832”耳川の戦い”島津義弘とともに大友氏と激しく争い、撃破する。
158236龍造寺氏に叛いた有馬晴信を島津義弘とともに援護し、千々石城を攻略する。
158438”沖田畷の戦い”龍造寺氏の大軍を撃破し、龍造寺隆信を討ち取る。
158640”戸次川の戦い”長宗我部氏らが率いる豊臣秀吉の九州征伐軍を撃退。長宗我部信親、十河存保を討ち取る。
大友氏の鶴賀城を開城させ、鏡城、小岳城、府内城を攻略。大友宗麟が篭る臼杵城を包囲。
158741九州征伐軍の本隊20万と対峙。豊臣秀長と単独講和する。
死去。

オールカラーの武将ビジュアルがカッコイイ!入門書として最適!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!

武将になって戦場を駆けろ!一人称視点で無双する爽快アクション!

島津家久のページの先頭に戻る