読み込み中

読み込み中

もうり もとなり

毛利元就

1497.4.16 〜 1571.7.6

 
毛利元就のイラスト
  

毛利元就(多治比元就)は、現在の広島県西部にあたる安芸国の武将・大名です。尼子氏、大内氏の配下で力を蓄え、陶晴賢が起こした内乱に乗じて主家を滅ぼします。山陰と山陽の有力な国人の家督を息子たちに継がせ、磐石な支配体制を築きつつ、巧みな謀略で領土を拡げて、中国地方の統一を果たしました。享年75歳。

毛利元就は何をした人?どんな人?このページでは、毛利元就のハイライトとなった出来事や逸話を紹介しています。あなたもきっと毛利元就のことを誰かに話したくなります。

  • 名 前:多治比元就 → 毛利元就
  • 幼 名:松寿丸
  • あだ名:謀神、乞食若殿
  • 官 位:右馬頭、治部少輔、陸奥守
  • 戦 績:60戦 49勝 9敗 2分
  • 出身地:安芸国(広島県)
  • 領 地:中国地方
  • 居 城:吉田郡山城
  • 正 室:吉川国経の娘(妙玖)
  • 子ども:10男 3女
  • 跡継ぎ:毛利隆元
  • 父と母:毛利広元 / 福原氏

謀略と兵法と折れない三本の矢で中国地方を統一した

毛利氏といえば、中国地方に広大な領土をもつ西国の名門というイメージですが、もとは安芸国の一部を領有する小さな国人衆のひとつに過ぎませんでした。毛利氏は、東に尼子氏、西に大内氏という強大な勢力に挟まれながらしぶとく存続していました。

そこに現れたのが毛利元就で、弱小国人の毛利氏が元就一代で西国の覇者にまで成り上がったのです。すべて毛利元就の計算どおりでしたが、彼はひとつの機会も見逃しませんでした。

毛利元就が当主になった1523年頃の毛利氏は、尼子経久に仕えていました。尼子氏を見限ってライバル筋の大内義興に寝返ると、毛利元就は大内氏のちからを利用して少しずつ影響力を強めます。


元就の謀略
三本の矢は折れない

1544年のある日、山陽地方の竹原小早川家の当主が亡くなり、後継者が不在になるビッグチャンスが舞い込みます。ここに三男・徳寿丸(隆景)を養子に出して家を継がせ、ついでに沼田小早川家の当主を追い出してこれも継がせ、2つあった小早川家を統合しました。ちゃっかり小早川水軍も手に入れます。

労せずに有力な国人を支配下に入れた毛利元就は、これに味をしめます。

1547年に妻の実家である山陰地方の吉川家に次男・元春を送り込むと、その3年後に従兄とその息子を殺害して、元春に吉川家を継がせました。

こうして毛利元就は、1550年に安芸国の国人である吉家と小早家で毛利家の両脇を固めた『毛利両川(りょうせん)体制』を構築しました。

【毛利両川】毛利・吉川・小早川の三家による政治組織

長男・毛利隆元を中心に、次男・吉川元春、三男・小早川隆景がこれを支える体制を持ったことで安芸国の支配が強まり、毛利家は大名として独立する準備が整いました。さながら『三本の矢の教え』を体現したような強固な支配体制でした。


元就の謀略
出そうな杭は打つ

幼い頃、父と母を亡くしたうえに家来にだまされて、孤児からスタートした毛利元就の人生はエクストラハードモードだったため、並の疑心暗鬼ではありませんでした。

用心深い性格の毛利元就は、これだけでは安心できません。絶対に裏切られないように、態度が大きい奴、生意気な奴をあらかじめ抹殺しました。そのうえで、毛利氏の家来筋ではない人たちにも忠誠を誓わせる起請文(きしょうもん)を書かせて徹底的に統制しました。

このあとも粛清と起請文を駆使して組織を洗練させていき、毛利元就は着実に足場を固めました。


元就の謀略
謀は多いほうが勝つ

(はかりごと)は多いほうが勝ち、少ないほうが負ける。謀とは「勝利の条件」を指しており、孫子の教えのひとつです。合戦にのぞむ前の仕掛けこそ毛利元就の真骨頂でした。

大内氏に従属していた毛利元就は、独立の機会を待っていました。すると1551年の大寧寺の変で、陶晴賢が当主・大内義隆を討つというビッグチャンスが舞い込みます。しばらくは陶に協力するふりをしていましたが、次第に大内家に混乱の種を蒔きます。

陶派に「側近の江良房栄が裏切るぞ」という嘘の情報を流して、陶晴賢に江良房栄(無罪)を殺害させました。脅威であった江良が排除されたところで、陶晴賢との合戦に持ち込みました。

兵力に勝る陶軍とまともに戦っても不利なので、大軍が同時に行動できない厳島(いつくしま)に誘い出します。陶晴賢が厳島に上陸すると、風雨にまぎれて奇襲をかけ、あらかじめ買収しておいた村上水軍に退路をふさがせて陶軍を大混乱させました。

厳島の戦いの図

舟をつないでおく艫綱(ともづな)を切って陶軍の舟を沖に流しておく念の入れようで、逃げることもできなくなった陶晴賢を自害に追い込みました。大内家中の実力者だった陶晴賢を討ったことで、大内氏の弱体化にも成功しました。

毛利元就が鮮やかな勝利を飾った1555年の厳島の戦いは、桶狭間の戦いや河越夜戦とともに『日本三大奇襲』に挙げられています。

厳島の戦いの2年後、毛利元就は大内氏を攻め滅ぼします。続けて、かつての主君であった尼子氏を滅ぼし、中国地方を制しました。毛利元就は、謀略(敵の戦力を下げる)知略(自軍を好条件にする)武略(実戦での駆け引き)を天才的に掛け合わせる権謀術数(けんぼうじゅっすう)の名人でした。

中国の兵法書を極めて日本国内にひろめた大江匡房の子孫だったという毛利元就も、匡房が書いた『闘戦経』をはじめ『孫子』『呉子』など、中国から伝来した兵法書を読みあさりました。

鎌倉幕府で源頼朝の腹心を務めた大江広元も毛利元就の先祖であり、その頭脳は受け継がれていました。

どっぷりと戦国時代を味わう
信長の野望・新生

定番シミュレーション最新作で天下をねらえ!

生涯をざっくり振り返る

1497年、毛利元就は安芸国・鈴尾城に毛利広元の次男として生まれます。幼い頃に両親を亡くし、家臣に多治比猿掛城を追い出されて孤児になります。困っていたところを養母の杉大方に救われました。兄・毛利興元が亡くなると、跡を継いだ甥を後見しますが、甥が早世したため毛利家を継ぎます。ここに尼子氏の妨害が入って異母弟と家督を争いました。

大内氏に与して尼子氏に対抗しつつ、吉川家と小早川家を息子に継がせて実効支配します。大内義隆に謀反を起こした陶晴賢を討って独立したのち、大内氏や尼子氏を倒して70歳で中国地方を統一しました。晩年まで戦場に立ち続け、1571年に安芸国・吉田郡山城で亡くなりました。死因は老衰または食道がんです。75歳でした。

西国の覇者になった毛利元就ですが「天下なんて望みません」と宣言しており、自身の大躍進も運がよかったと分析しています。これ以上を望むのはリスクがあると感じていたようです。

毛利元就の領地・勢力図(1568年)

中国地方10か国と伊予国、筑前国を合わせた200万石が毛利元就の領地でした。安芸国の弱小国人だった毛利氏を一代で急成長させ、江戸時代になっても長州藩を治める大大名として君臨する基礎をつくりあげました。

毛利元就の性格と人物像

毛利元就は「頭が良すぎてつらい人」です。

”本当に頭が良い人って親友がいないよね。友達といえるのは歴史上の偉人くらいだよね” と嘆いてしまう面倒くさい天才です。誰ともイメージを共有できない孤独さから、異常とも思えるほど、念をおしてしまう癖があります。

兵法に明るく、寡兵でも大軍に勝つ方法を心得ています。計略によって敵の戦力を削ぐ手腕は、戦国史上でも屈指です。勇猛果敢な指揮官であり、自ら戦場に立つことが多く、元就が陣頭で指揮をとった合戦はひとつも負けていません。

筆まめで、たくさんの書状を残していますが、数メートルにおよぶ紙にびっしりと同じことを繰り返し書くので、ねちっこいを手紙を息子たちは鬱陶(うっとう)しく思いました。愛する妻や養母に対する思いも書き(つづ)って息子に送っています。

孤児同然のところを養母に救われ、生涯に大きな影響を受けています。そのためか、身分が低い者にも気を配る人柄でした。愛妻家であり、妻と養母をつづけて亡くし、落胆しています。

大酒が原因で父と兄を亡くしているので、お酒は飲んでも小椀に2杯までと決めていました。健康に気づかっており、薬膳酒は飲みます。好物はお餅と団子とおはぎ。瀬戸内海でとれた小魚、山芋が食事の定番でした。

連歌と和歌に凝っていて『毛利元就詠草連歌(えいそうれんが)』というオリジナルの歌集を残しています。毛利元就が身につけていた甲冑『色々威腹巻(いろいろおどしはらまき)』と、戦場で手に持っていた金の軍配も実際に使用したものが残っています。

能力を表すとこんな感じ

毛利元就の能力チャート

相手のことも意のままに操り、ことごとく謀略を成功させる頭脳こそ、毛利元就の恐ろしいところです。一代で中国地方を制した実力は戦国最強との呼び声も高く、まったく弱点が見当たりません。

毛利元就の逸話やエピソード

三本の矢の教えで矢を使った実演はしていない

毛利家といえば『三本の矢の教え』が有名です。死期を悟った毛利元就が、3人の息子(隆元、元春、隆景)を集めて協力することの大切さを説いたという逸話です。

元就「この矢を折れるものは?」
息子たち「こんなもの、簡単です。ボキッ」
元就「では、三本ではどうかな?」
息子たち「あれ!?折れない!ふしぎ!」

三本合わされば矢も折れない。これを実演して一族の結束の重要性を説きました。じつはこれ、つくり話です。というのも、元就が最晩年を迎えるより8年も前に長男・毛利隆元は亡くなっていますので、この時点で三兄弟が揃うことは不可能でした。

この逸話は、元就が息子たちに書き残した『三子教訓状(さんしきょうくんじょう)』がもとになっています。教訓状には、毛利・吉川・小早川の三家は、ずっとパートナー、毛利の苗字を忘れない、毛利が大事、毛利が一番、兄弟みんな毛利、俺もお前も毛利といった14条からなり、長さ3mにもなりました。くどいので矢に例えてシンプルにしたという話です。

ちなみに、日本のサッカーチーム『サンフレッチェ広島』は、三(さん)本の矢(フレッチェ)を名前の由来としています。

子どもたちの雪合戦から両川体制を思いついた

次男・元春と三男・隆景が子どもの頃、雪合戦をしているようすを父・元就は眺めていました。ふたりは仲間をつれあって、5対5で雪合戦をしていました。

はじめは、元春チームがしきりに雪玉を投げつけて、隆景チームを負かせました。つぎの回がはじまると、隆景チームには3人しか見当たりません。元春が隆景に突進したそのとき、両脇に隠れていた2人が飛び出し、雪玉で囲いうちにしました。

ここで元就は勝負をとめて「どちらも勝ち」としました。兄弟に個性の違いをみて、最適な活用方法を思いつきます。

合戦の強さが求められる山陰地方には、次男・吉川元春が適任。
計略と交際の巧みさが重要な山陽地方には、三男・小早川隆景が適任。
毛利両川体制は、こうして思いついたとか。

毛利元就の有名な戦い

有田中井手の戦い ありたなかいでのたたかい 1517.10.22 ● 安芸武田軍5千 vs 吉川&毛利軍1千 ○

吉川氏の有田城(広島県北広島町)を攻めた武田氏を多治比元就が破った合戦。数で勝るが、押しきれない状況に業を煮やした武田元繁が又打川を渡ろうとしたところを、毛利軍が弓で一斉射撃して討ち取った。兵力差から西国の桶狭間ともいわれる戦い。有田合戦とも。

有田中井手の戦いで毛利元就は勝っています。
縁戚の吉川氏の援軍として毛利軍を率いた元就はこれが初陣でした。兵法を駆使して、安芸武田氏当主を討ち取り、瞬く間に名が知られることとなります。この戦いより以降、安芸武田氏は弱体化します。

鏡山城の戦い かがみやまじょうのたたかい 1523.6.13 〜 6.28 ○ 尼子軍? vs 大内軍? ●

尼子氏が大内氏の鏡山城(広島県東広島市)を攻撃した合戦。城を守る蔵田房信はよく戦ったが、多治比元就の計略に内応した房信の叔父・蔵田直信が、尼子軍を城内に入れてしまう。尼子経久が率いる軍勢が押し寄せて制圧。妻子と城兵の助命を嘆願して、房信は自害した。

鏡山城の戦いで毛利元就は勝っています。
元就の計略によって勝ちましたが、尼子経久は警戒心を抱いて恩賞を払いませんでした。これにより尼子氏との主従関係が微妙になりました。

吉田郡山城の戦い よしだこおりやまじょうのたたかい 1540.6.? 〜 1541.1.13 ● 尼子軍3万 vs 大内(毛利)軍1万2千 ○

大内氏と交戦する尼子晴久が吉田郡山城(広島県安芸高田市吉田町)を攻めた合戦。郡山合戦ともいわれる。尼子軍と毛利勢が激突した第2次侵攻で、毛利元就は少数の兵を三手に分けて尼子軍を攻撃。大打撃を与えて撃退した。この戦いの後、尼子氏は安芸から撤退した。

吉田郡山城の戦いで毛利元就は勝っています。
2千4百ほどの兵で10倍以上の尼子軍を粉砕し、大内氏の援軍を得て撃退しました。侵攻してきた尼子氏をやぶるカウンターを決めて勢いに乗り、尼子派の安芸武田氏を攻め滅ぼしました。

厳島の戦い いつくしまのたたかい 1555.10.16 ● 大内(陶)軍2万 vs 毛利軍4千 ○

兵数で劣る毛利元就は、厳島(広島県廿日市市宮島町)に陶晴賢の大軍を誘い出すことに成功。毛利軍は、小早川隆景らの別働隊と同時に、風雨の激しい夜に作戦を開始した。挟撃による奇襲に慌てた陶軍は混乱して舟に向かうが、村上水軍がこれを迎撃。陶晴賢は自害した。

厳島の戦いで毛利元就は勝っています。
毛利元就のターニングポイントになった戦いです。
謀略を駆使して、ライバルの陶晴賢に完封勝ちをした合戦です。徹底した陶派の殲滅(せんめつ)作戦を実行し、一兵として残さず討ち取りました。この勝利によって大内氏の弱体化に成功し、西国の勢力争いにリードしました。

月山富田城の戦い がっさんとだじょうのたたかい 1565.4.17 〜 1566.11.21 ○ 毛利軍3万 vs 尼子軍1万 ●

尼子氏の居城である月山富田城(島根県安来市広瀬町)をめぐって、たびたび行われた合戦。第2次合戦では、尼子十旗と呼ばれる支城を落とした毛利軍によって包囲される。山中鹿介が一騎討ちを制するなど尼子軍も奮戦したが、毛利元就の兵糧攻めによって陥落した。

月山富田城の戦いで毛利元就は勝っています。
第2次合戦で尼子氏を降した元就は、尼子一族を安芸に引き取って幽閉しました。事実上、戦国大名としての尼子氏は滅亡し、毛利氏が中国地方を完全に制圧しました。

毛利元就の詳しい年表と出来事

毛利元就は西暦1497年〜1571年(明応6年〜元亀2年)まで生存しました。戦国時代初期から後期に活躍した武将です。

14971毛利弘元の次男として安芸国に生まれる。幼名:松寿丸
15004父・毛利弘元が隠居。兄・毛利興元が家督を相続。
父と多治比猿掛城に引っ越す。
150610父・毛利弘元が死去。
家臣・井上元盛に領地を横領され、追い出されてしまう。
母も他界していたため、養母・杉大方を頼る。
151115元服 → 多治比(少輔次郎)元就
151620兄・毛利興元が死去。兄の嫡男・幸松丸が家督を相続。
幸松丸の後見になる。
151721”有田中井手の戦い”吉川領に侵攻した武田元繁と熊谷元直を討ち取って撃退する。
吉川国経の娘(妙玖)と結婚。
152327”鏡山城の戦い”大内義興との戦に参加。
幸松丸の死去により家督を相続。
改名 → 毛利元就
152428尼子氏の支援を受けた異母弟・相合元綱が毛利氏家督争いに擁立される。相合元綱を自害させて鎮圧する。
152529尼子経久から離反して、大内義興に臣従する。
152832主君・大内義興が死去。次代・大内義隆に仕える。
152933高橋興光を破り安芸国、石見国を制圧する。
153539備後国に侵攻。多賀山通続を降伏させる。
153741嫡男・隆元を人質として大内氏に預ける。
154044”吉田郡山城の戦い”侵攻してきた尼子氏を居城にて迎撃、撃退する。
安芸国内の尼子勢力を駆逐し、安芸武田氏を攻め滅ぼす。武田家滅亡
安芸武田氏の川内警固衆を毛利水軍に組み入れる。
安芸国を平定。
154347”第1次月山富田城の戦い”大内氏と尼子氏との戦に大内軍として参加。敗走する大内軍の殿(しんがり)を担う。
154448三男・徳寿丸(隆景)を竹原小早川氏の養子にして当主にする。
154549妻(妙玖)と養母(杉大方)が相次いで亡くなる。
154650家督を長男・毛利隆元に譲り隠居。後見として政治・軍事に関わり続ける。
154751次男・元春を妻の実家である吉川氏の養子にする。
”神辺合戦”山名理興の神辺城を攻める。
155054横暴にふるまっていた家臣・井上元兼とその一族を抹殺。
家臣全員に起請文に署名をさせて、毛利家への忠誠を誓わせる。
吉川氏の当主・吉川興経と子・千法師を謀殺。
次男・元春を吉川氏の当主にする。
沼田小早川氏の当主・小早川繁平を拘禁したのち、隠居、出家させる。繁平派を粛清。
三男・隆景と繁平の妹を結婚させて沼田と竹原2つの小早川氏を統合する。
155155主君・大内義隆が死亡。【大寧寺の変】
義隆を討った陶晴賢が大内義長を当主に擁立。これに賛同する。
義隆派の国人を攻撃。頭崎城を攻略、平賀氏の実権を握る。
155357備後国に侵攻し、高杉城と旗返山城を攻略。
安芸国に侵攻してきた尼子晴久を撃退する。
大内氏の実権を握る陶晴賢と関係が悪化。讒言を用いて大内家中の内部分裂を誘う。
155458大内氏から離反して独立。
”折敷畑の戦い”安芸国に侵攻してきた陶軍を撃退。宮川房長を討ち取る。
155559”厳島の戦い”毛利領の厳島に上陸を進める陶軍を、挟撃により撃破。村上水軍に退路を断たせ、陶晴賢を自害させる。
155660”忍原崩れ”尼子晴久に敗れ、石見銀山を奪われる。
155761大内領に侵攻。大内義長を自害させる。【防長経略】大内家滅亡
周防国を平定。
長門国を平定。
155963”降露坂の戦い”石見銀山の奪還のため、尼子領を攻めるが大敗する。
156367嫡男・毛利隆元が死去。隆元の嫡男・幸鶴丸が家督を相続。
幸鶴丸の後見になる。
156670”第2次月山富田城の戦い”7ヶ月の兵糧攻めにより、尼子義久を降す。尼子家滅亡
伯耆国を平定。
出雲国を平定。
隠岐国を平定。
大病を患い、名医・曲直瀬道三の治療を受ける。
156771伊予国の河野氏に加勢して土佐一条氏と伊予宇都宮氏と戦い、勝利する。
156872河野通宣が服属する。
三男・小早川隆景が伊予国を平定。
156973”立花合戦”大友領・立花山城を攻略。毛利領内で尼子氏再興の動きがあり、撤退する。
157175安芸国・吉田郡山城で病死。
戦国時代で毛利元就が生きた期間の表

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国の合戦と武将の絵事典

戦国時代のマニアックな裏設定がよくわかる!

戦国 忠義と裏切りの作法

ユニークな視点で深掘りする戦国武将の作法!

太閤立志伝V DX

大ヒット中の出世ゲーム!戦国の世で成り上がれ

毛利元就の顔イラスト