読み込み中

読み込み中

きっかわ もとはる

吉川元春

1530.? 〜 1586.12.25

 
吉川元春のイラスト
  

吉川元春(毛利元春)は、現在の広島県西部にあたる安芸国の武将です。毛利元就の次男ですが、安芸国人の吉川氏の養子に入り、家督を継ぎます。弟・小早川隆景と毛利両川の一翼を担って、尼子氏との戦いなど、山陰地方の制圧に活躍しました。生涯76戦で負けなし。毛利氏の御四人に列する猛将です。享年57歳。

吉川元春と似ている人物
榊原康政
前田利家
島津義弘
山県昌景
村上義清

このページでは、吉川元春が何をしたどんな人なのか、ハイライトやエピソードを紹介しています。戦国武将・吉川元春のことがきっと好きになります。

  • 名 前:毛利元春 → 吉川元春
  • 幼 名:松寿丸
  • 官 位:治部少輔、駿河守
  • 戦 績:76戦 64勝 0敗 12分
  • 出身地:安芸国(広島県)
  • 居 城:小倉山城 → 日野山城
  • 正 室:熊谷信直の娘(新庄局)
  • 子ども:4男 2女
  • 跡継ぎ:吉川元長

生涯無敗、不退転の頑固者は背水の陣で秀吉をびびらせて退かせた

不退転とは、何事にも屈せず、決して退かないことです。謀将・毛利元就の次男として生まれた吉川元春は、謀略を得意とした父とは似つかわしくない剛直そのもので、勇名を轟かせました。

太閤・豊臣秀吉は晩年になって「吉川元春とのいくさの話がしたい」と、懐かしむように振り返ったといいます。

吉川元春は荒ぶる勇ましさで、秀吉が率いた数万の軍勢を尻込みさせました。


橋をぶっ壊して
自ら退路を断つ

大きな川や海などを背に陣立て、あとに引けない状況に自らを置くことを『背水の陣』といいます。中国の楚漢戦争で、漢軍が用いたとされる捨身の戦法です。

毛利領の鳥取城が、羽柴(豊臣)秀吉のえげつない兵糧攻めによって陥落しました。『鳥取の(かつ)え殺し』と呼ばれたこの戦いは、城内が餓死者であふれる凄惨なものでした。

鳥取城が落とされた日、援軍に向かっていた吉川元春は付近の馬ノ山に到着します。これに、すぐさま秀吉軍が対応し、6万の軍勢が対陣しました。吉川元春の兵は6千ほど。兵力差は歴然としていました。しかし、将兵の「一旦、退きましょう」の声にも、吉川元春は耳を傾けません。

雪が降る橋津川に陣を構えた吉川元春は、橋津川に架かる橋を破壊します。味方の舟もすべて焼き払い、橋津川を背にして秀吉軍を睨みました。背水の陣です。

馬ノ山の対陣の図

吉川元春は土塁と堀を築いて、10倍の軍勢を相手に一歩も引かず、臨戦態勢をとりました。吉川の陣の背後には、舟を焼く炎があがっていたといいます。これには秀吉も戦慄し、味方の被害をおそれて撤退しました。

このときのヒリヒリした緊張感を秀吉は生涯忘れることはなく、思い返すたびに奮い立たされる記憶を、周囲になんども話したそうです。

吉川元春の背水の陣は、結果的に功を奏しました。囲碁で思い切った手を打つことを『吉川の橋を引く』と言い、この出来事が語源になっています。

毛利元就は、”攻戦はすべて元春に任せなさい。どんな敵でも負けることはない。元春の意見を用いなければ負ける” と、孫・毛利輝元に教えました。事実、吉川元春が戦場に立った合戦で、毛利軍が負けたことはありませんでした。

父・兄・甥の毛利三代を支えた無敗の男は、時勢が秀吉に傾いたことを察すると「秀吉の家来にはなりたくない」と言って隠居しました。

ちょっと気になる戦国武将グッズ

生涯:生まれから最後まで

吉川元春の簡単な年表

① 生まれ

吉川元春は、安芸国の吉田郡山城に父・毛利元就と母・妙玖の次男として生まれます。毛利三兄弟(隆元、元春、隆景)の二番目です。
小さなころから気が強い子でした。吉田郡山城に敵兵が迫っているときいて、元服もしていない11歳のときに父の反対をおして初陣しました。

② 転機

18歳のときに父に相談もせずに、熊谷信直の娘と結婚します。それからすぐに、元春は母の実家である吉川家に養子に出されました。しばらくして、父が当主・吉川興経とその子を殺してしまいます。このようなゴタゴタのなか、元春は21歳のときに、吉川氏15代目当主になりました。

③ 毛利両川

山陰地方の吉川氏の当主になった元春は、山陽地方の小早川氏を継いだ弟・小早川隆景とともに、毛利両川(もうりりょうせん)と呼ばれ、父と兄・毛利隆元を支えました。元春が26歳のころから、父が活発に領土をひろげます。大内氏や尼子氏との戦いをくりかえし、父といっしょに中国地方を統一しました。

④ 豊臣秀吉と対立

播磨国に侵攻してきた織田家臣・豊臣秀吉が、尼子再興派の山中鹿介たちと手を組みました。どちらもやっつけたい元春は、上月城で尼子再興派をやぶり、その後は織田軍となんども戦いました。
秀吉に攻められた鳥取城の吉川経家が自刃するなど、毛利軍は苦戦を強いられます。元春はこれを決死の覚悟で迎えうちました。

⑤ 最後と死因

備中高松城の戦いのあと、53歳で長男・吉川元長に家督を譲って隠居します。
しばらくして、秀吉の九州征伐に加わるように命令されて、しぶしぶ参加しますが、吉川元春は豊前国の小倉城二の丸で亡くなりました。がん、化膿性炎症が死因とされています。57歳でした。

戦国時代で吉川元春が生きた期間の表

性格:人物像・どんな人?

吉川元春の能力チャート

吉川元春は「どこまでも強気でイケイケな人」です。豪快な快男児ですが、勢いまかせなのが玉にきず。親に相談もなく勝手に結婚してしまうなど、父いわく、犬コロのようにかわいいやつです。
基本的に退くことはしません。戦場での覚悟は凄まじいものがあり、いかなる武将も萎縮させてしまうほどでした。

不美人といわれる嫁をもらった際は、周囲に「ブスをもらってやった俺に義父も感謝するだろう」なんて強がってみせますが、奥さんとめちゃくちゃ仲良しの愛妻家です。奥さん一筋で、子沢山の家庭を築いています。

尼子氏を討伐する陣中で、およそ2年かけて太平記を書き写しています。原作に忠実な全40巻が記されている貴重な資料として『吉川本太平記』は、国指定の重要文化財になっています。

三鍬形(みつくわがた)の前立てが雄々しい、カラフルな兜を愛用しており、実際に着用していたものが現存しています。

吉川元春の戦い・有名な合戦

吉田郡山城の戦い よしだこおりやまじょうのたたかい 1540.6.? 〜 1541.1.13 ● 尼子軍3万 vs 大内(毛利)軍1万2千 ○

大内氏と交戦する尼子晴久が吉田郡山城(広島県安芸高田市吉田町)を攻めた合戦。郡山合戦ともいわれる。尼子軍と毛利勢が激突した第2次侵攻で、毛利元就は少数の兵を三手に分けて尼子軍を攻撃。大打撃を与えて撃退した。この戦いの後、尼子氏は安芸から撤退した。

吉田郡山城の戦いで吉川元春は勝っています。
まだ元服もしていない11歳の元春は、父・元就の反対を押し切って初陣します。このときから、自ら戦場に立つ勇猛なスタイルは確立されました。

厳島の戦い いつくしまのたたかい 1555.10.16 ● 大内(陶)軍2万 vs 毛利軍4千 ○

兵数で劣る毛利元就は、厳島(広島県廿日市市宮島町)に陶晴賢の大軍を誘い出すことに成功。毛利軍は、小早川隆景らの別働隊と同時に、風雨の激しい夜に作戦を開始した。挟撃による奇襲に慌てた陶軍は混乱して舟に向かうが、村上水軍がこれを迎撃。陶晴賢は自害した。

厳島の戦いで吉川元春は勝っています。
吉川元春のターニングポイントになった戦いです。
父、兄とともに陸軍を率いて陶軍を襲撃、敗走する晴賢を追撃しました。晴賢が自害したあとも、抵抗を続ける弘中隆兼・隆助父子をしつこく追い、柵で包囲して討ち取りました。

月山富田城の戦い がっさんとだじょうのたたかい 1565.4.17 〜 1566.11.21 ○ 毛利軍3万 vs 尼子軍1万 ●

尼子氏の居城である月山富田城(島根県安来市広瀬町)をめぐって、たびたび行われた合戦。第2次合戦では、尼子十旗と呼ばれる支城を落とした毛利軍によって包囲される。山中鹿介が一騎討ちを制するなど尼子軍も奮戦したが、毛利元就の兵糧攻めによって陥落した。

月山富田城の戦いで吉川元春は勝っています。
父・元就の指揮下で、弟・隆景とともに毛利軍の一翼を担います。月山富田城の西側にある塩谷口で、尼子倫久と山中鹿介の軍勢と戦いました。

上月城の戦い こうづきじょうのたたかい 1578.4.18 〜 7.3 ○ 毛利軍3万 vs 尼子再興軍3千 ●

織田軍に降った尼子勝久ら再興派が篭る上月城(兵庫県佐用郡佐用町)を、吉川元春を中心とした毛利軍が攻めた合戦。陣城に空堀や柵で防備を固めた毛利軍は、圧倒的な大軍で包囲、威嚇した。三木城攻めを優先する織田軍からの援軍はなく、孤立した尼子軍は降伏開城した。

上月城の戦いで吉川元春は勝っています。
毛利陣営にいた小早川隆景の策で、積極的な戦闘が行われなかった合戦です。損失を出さずに、尼子再興派を降しますが、これを契機に織田氏との対立が激化します。

備中高松城の戦い びっちゅうたかまつじょうのたたかい 1582.4.15 〜 6.4 △ 織田軍3万 vs 毛利軍5千 △

織田氏の羽柴秀吉が、備中高松城(岡山県岡山市北区高松)を攻めた合戦。秀吉は蜂須賀正勝に命じて、足守川の水をせきとめる高8m、幅12mの堤防を構築し、清水宗治が篭る高松城を水没させた。しかし、本能寺の変が起こったため、毛利氏と和睦することとなった。

備中高松城の戦いで吉川元春は引き分けています。
高松城の救援に向かいますが、すでに水没していました。秀吉と和睦したあと、信長の横死を知って追撃を主張しますが、実行されませんでした。

吉川元春の詳しい年表・出来事

吉川元春は西暦1530年〜1586年(享禄3年〜天正14年)まで生存しました。
戦国時代中期から後期に活躍した武将です。

15301毛利元就の次男として安芸国に生まれる。幼名:松寿丸
154011”吉田郡山城の戦い”尼子晴久との戦に参加。
154314元服 → 毛利(少輔次郎)元春
154718熊谷信直の娘(新庄局)と結婚。
母・妙玖の従兄・吉川興経の養子になる。興経の子・千法師を養子にする。
”神辺合戦”山名理興との戦に参加。
155021父・毛利元就の命令で、義父・熊谷信直が養父・吉川興経と千法師が謀殺する。
養父・興経の死去により吉川氏の家督を相続。
小倉山城に入る。
日野山城を築き、居城を移す。
155526”厳島の戦い”陶晴賢との戦に参加。
155627”忍原崩れ”尼子晴久との戦に参加。
155930”降露坂の戦い”尼子晴久との戦に参加。
156334兄・毛利隆元が死去。甥・毛利輝元を補佐して軍事を担当する。
156637”第2次月山富田城の戦い”尼子義久との戦に参加。尼子家滅亡
156940周防国で反乱を起こした大内氏の遺臣を鎮圧。大内輝弘を自害させる。【大内輝弘の乱】
157041”布部山の戦い”石見勢を率いて尼子再興派と戦い、鎮圧する。
157142父・毛利元就が死去。次々代・毛利輝元に仕える。
”新山城の戦い”尼子再興派の拠点である新山城を攻略。尼子勝久は逃走。山中鹿介を捕らえるが、脱走される。
157748播磨国に侵攻してきた織田家臣・羽柴(豊臣)秀吉と争う。
織田氏の支援を受けた尼子再興派が、赤松政範が篭る上月城を攻め落とす。
157849播磨国・三木城の別所長治が織田氏に叛く。
”第2次上月城の戦い”別所長治の動きに乗じた宇喜多直家の要請を受けて、尼子再興派が篭る上月城を包囲。威嚇行動と兵糧攻めで陥落させた。尼子勝久ほか一族は自害。
158051三木城が織田氏に落とされる。
備前国の宇喜多直家、伯耆国の南条元続が織田氏に服従し、豊後国の大友宗麟らが呼応して、毛利領を脅かす。
158152”馬ノ山の対陣”決死の覚悟をみせた背水の陣で羽柴秀吉を退かせる。
158253”備中高松城の戦い”織田氏に包囲される清水宗治の救援に向かう。羽柴秀吉からの申し出により、和睦。
家督を長男・吉川元長に譲り隠居。
158657”九州征伐”豊臣秀吉の要請を受けて、しぶしぶ島津氏討伐に参加する。
小倉城の陣中で死去。

当サイトは「Amazonアソシエイト・プログラム」「Rakutenアフィリエイト」に参加しています。

戦国武将のぶっとんだエピソード集!すごいとやばいを知る一冊!

戦国時代のマニアックな知識や裏設定がイラストでよくわかる!

定番の歴史シミュレーションゲーム最新作で天下をねらえ!